最新ニュースインタビューライブレポート

« 内場「いいものをお届けします!」と来場を呼びかけ!! 舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』囲み取材 | メイン | ココリコが浴衣で盆踊り! 日本橋で「アートアクアリウム夏祭り」開催中 »

2017年7月14日 (金)

「超コントLIVE by ジャルジャル・倉本美津留のデジジャル」第7弾が東京で開催決定!!

LINELIVEにて配信されている「ジャルジャル×倉本美津留の『デジジャル』
〜Road to DIGITAL SUPERSTAR JARUJARU!!!〜」から生まれた、全く新しい形のコントライブの第7弾が東京で開催決定!
20170714151615-4d63b39fceff6f5f241f5acd6072e8861e1dcbb9.jpg

「ジャルジャル×倉本美津留の『デジジャル』 〜Road to DIGITAL SUPERSTAR JARUJARU!!!〜(旧:ジャルジャル×倉本美津留のコント会議)」は、現在LINELIVEにて隔週月曜日21時から配信しているネット配信番組です。当番組では、これまでにない新しい笑いを追求する番組としてさまざまなイベントを行ってきました。
その一例として、世界的カメラマンのレスリー・キーとジャルジャルのコラボ作品であるヌード写真集「SUPER JARUJARU」の発売や、お客様から頂いた漫才テーマからその場でジャルジャルが漫才を披露していく「超漫才LIVE」などの大好評イベントがあります。
20170714151857-2a00ab04173aa873e9c2424375d5b25d32cb2b09.jpg

今回開催する「超コントLIVE」は、お客様から頂いた"前にくる言葉"と"後ろにくる言葉"を繋ぎ合わせたものをタイトルに、プレイヤーのジャルジャルがその場でコントを披露していくといもの。コント中には、コミッショナーとして参加する構成作家の倉本美津留が、照明や音響をその場で駆使してジャルジャルのコントを盛りあげていきます。

さらに今回は、ワタナベエンターテインメント所属のAマッソが超コントLIVEに初参戦いたします!今年の4月には、天竺鼠やマヂカルラブリーも参戦した超コントLIVEですが、ゲストプレイヤーに女性芸人を迎えるということは超コントLIVE始まって以来初の試みです。新進気鋭の若手芸人Aマッソは、どのような超コントを見せてくれるのでしょうか!?

また、先述の「超漫才LIVE」で行った"超漫才"も披露いたします!2017年6月5日に東京で公演したライブでは、『時そば』『靴ビショビショ』といった12のテーマから2時間に渡って超漫才を披露いたしましたが、その中から厳選しブラッシュアップしたものを特別に披露!今回は、超コントだけではなく超漫才も楽しんでいただけるものになっております。
20170714152341-dd40386498c230be525f0e5d92517b930d565ad7.jpg
ジャルジャルは過去にM-1やキング・オブ・コントの決勝戦にも出場した程の実力者です。
さらに、今もなお一定の期間で単独ライブを開催し、超コントLIVEも3年近く行うなど(前身のLIVEである『あっぷくライブ』を含める)、そのコントに対する思い入れは他の追随を許しません。そんなジャルジャルがあなたの言葉から紡ぎだすコントは、一体どのような化学反応を見せるのでしょうか!?

お客様の言葉から生まれるコントを超えた"超コント"!!
彼らによる、数々の名作"超コント"を是非お楽しみください。


【ジャルジャル】

イベント詳細

<出演>
プレイヤー:ジャルジャル、Aマッソ
コミッショナー:倉本美津留

<開催日時>
2017年8月28日(月) 19時開場 19:30時開演 21:30終演予定
@渋谷ユーロライブ

<チケット>
チケットよしもと ※7月16日(日)10時~発売開始
電話:0570-550-100
WEB : http://ticket.yoshimoto.co.jp
【お問合わせ】0570-550-100(10:00~19:00)
※0570で始まる番号は、一部携帯電話からの発信ができません
前売り2500円 Yコード:【105627】
『ジャルジャル×倉本美津留の「デジジャル」 〜Road to DIGITAL SUPERSTAR JARUJARU!!!〜』

第2・第4月曜日21時からLINELIVEにて生配信。
スマートフォンの方は、ジャルジャルの公式LINEアカウントをフォロー、または『LINE LIVE』アプリから。バソコンの方は、『LINE LIVE』公式サイトからご覧ください!
https://live.line.me/landing
観客のお題に対して、必ず笑いを取るジャルジャルの漫才の世界を是非とも皆様にご覧いただき、今後の参考にしていただければと思っております。