最新ニュースインタビューライブレポート

インタビュー_よしもと漫才劇場

2017年2月16日 (木)

よしもと漫才劇場6年目以下のネタバトルイベント「Kakeru翔GP」 優勝は『ダブルヒガシ』

2月12日(日)よしもと漫才劇場にて6年目以下のネタバトルイベント「Kakeru翔GP」が開催されました。
「Kakeru翔LIVE」に出演するNSC33期以下の33組に、オーディションライブ「UP TO YOU!」からの選抜8組を加えた計41組が「今、1番面白いヤツ」を目指して戦う白熱のバトルライブ。

20170216144918-56c0ce8321eefb29971abfcbf6de1b28f7295b1f.jpg

今月のMCは見取り図。翔メンバーはどの組も気合い十分。さらに「UP TO YOU!」選抜メンバーはあまえんB(33期)、おたまじゃくし(33期)、熱いお茶(34期)、カベポスター(36期)、ちからこぶ(36期)、ラテンソウ(36期)、チャンプチョップ(37期)、フースーヤ(38期)の8組で緊張感が漂います。
4つのブロックに分けて、それぞれがネタを披露しお客様は「面白いと思った4組」に投票できるこのライブ。いよいよ闘いの幕がきっておとされます。

Aブロック】

フースーヤ、ラテンソウ、おたまじゃくし、ダークニンゲン、電氣ブラン、きみどり、スーパーノヴァ、ZAZY、ポートワシントン、蛙亭

Bブロック】

ちからこぶ、あまえんB、ロックンロールブラザーズ、清友、ノーザンダンサー、エンペラー、なにわスワンキーズ、テコンドー近藤、さや香、からし蓮根

Cブロック】

カベポスター、やまぐちたけし、たくろう、クラスメイト、ゆりやんレトリィバァ、絶対アイシテルズ、ニッポンの社長、ネイビーズアフロ、ミキ、アキレスと亀

Dブロック】

チャンプチョップ、熱いお茶、コウテイ、馬と魚、いなかのくるま、ヒガシ逢ウサカ、ビスケットブラザーズ、マユリカ、ラニーノーズ、霜降り明星、ダブルヒガシ

「UP TO YOU!」組からは、教員免許を持っている相方に対して俺も出来ると言い出し学校の先生をやるネタを披露した"ちからこぶ"。愛されキャラの"ビスケットブラザーズ"は、今回コントではなく漫才を披露。女の子にモテるためにジムに行き、女性インストラクターとやり取りするネタ。"霜降り明星"は「初めてのお遣い」をテーマにした漫才と、様々な個性的なネタのオンパレードにより客席は大盛況。客席からは常に変わらぬ大きな笑いが。出場芸人全組を見終わったところで、いよいよ投票が行われます。

そして、ついに結果発表。
4位...コウテイ
新しく来た先生がとんでもなく暴れまくるコント。

3位...蛙亭
美容師の彼氏とギャルの彼女がサプライズをしあうコント。

2位...エンペラー
生まれ変わるなら絶対女が良いと言い合いをする漫才。

そして1は...『ダブルヒガシ』

明るくて楽しませる事ができるエレベーターボーイを再現する漫才ネタを披露。

20170216144737-01a87dc999556d6b627a585625fc482cdd9a5229.jpg

【ダブルヒガシのプロフィール】

▼大東翔生(おおひがししょうい)【左】
生年月日 1993年1月16日
NSC大阪校 36期生
【趣味・特技】
格闘ゲーム、麻雀、整形している人を当てる事が出来る


▼東良介(ひがしりょうすけ)【右】
生年月日1992 年8月25日
NSC大阪校 36期生
【趣味・特技】
貯金、舌を三つおりに出来る

【ダブルヒガシからのコメント】

前回に引き続き優勝する事ができました。2017年幸先の良いスタートがきれました。この勢いで3連覇します。そして、他の賞レースでも結果を残せるように頑張りますので今年も宜しくお願い致します。

2017年2月15日 (水)

笑う門には福来る! "笑い"の医学的検証についての共同発表会見をよしもと漫才劇場で開催!

20170215201317-501319439d12f7551d4deda629e6fa561b82189c.jpg

毎日たくさんの人が新喜劇や漫才などを見るために足を運び、大いに笑う、なんばグランド花月。この日本を代表する笑いの殿堂で、"笑い"によるメンタル面での医学的検証事業が行われることとなり、2月15日(水)から研究の第一ステージがスタート。共同発表会見も行われました。

<br/ >

吉本興業とタッグを組むのは、昨年12月に包括提携協定を締結した近畿大学です。さらにオムロン株式会社、西日本電信電話株式会社も参画。両社の高い技術力とノウハウを使い、"笑い"のストレスマネジメントプログラムの早期開発を目指します。今回の検証研究は健常者が対象。笑いの習慣を日常に取り入れることで、体や心にどんな影響を与えるのか、また新たな笑いの測定方法の開発も目的となっています。

<br/ >

20170215201605-89d22a9a65c7d9f168a18323160f93c32d949186.jpg

20170215201644-63c2fe7ed5e9f2435ff02c155681d20021fe09d3.jpg

第一ステージ開始日となったこの日。1日の大まかな流れは、新喜劇や漫才など150分のお笑いを鑑賞。見ている間の表情データや生体データを回収するとともに、各鑑賞前後に質問用紙、心理検査用紙を配布、回収するというもの。集まった男女の被験者を前に、まずは近畿大学 医学部 内科学教室 心療内科部門 阪本 亮助教が、今回の検証について説明します。被験者が選ばれた条件は健康であること、社会人であること。研究の方法としては、会場でお笑いを鑑賞する際、席の前に置かれた表情を見る機器、心拍や呼吸などを測定する機器が計測を行っていること。検証は本日、2週間後、4週間後の3回行なわれることなどが話されました。続いて近畿大学 医学部 内科学教室 心療内科部門 小山敦子教授が「長丁場になりますが、よろしくお願いいたします」とあいさつ。なんばグランド花月に移動し、いよいよ検証のスタートです。

<br/ >

20170215202002-129e7a15aac67e0da53bd7c938ea8d0d9e0454ea.jpg

20170215202029-b51f0322459155ae5f0de2c32f84f82126c7a129.jpg

2階席最前列に設けられた被験者の席の前には小さな機械が向き合って設置され、そこから伸びたコードが足元に置かれているノート型の端末へ。これらで表情や心拍などの変化を測定、検証していきます。最初は少し緊張していた様子の被験者の方々も、時間が過ぎるうち舞台に引き込まれ、お笑いを楽しんでいました。

<br/ >

20170215202151-15ab38803ba2116f5956684d83963b99f625315e.jpg

15時30分からは、よしもと漫才劇場で共同発表会見が行われました。出席したのは小山教授、吉本興業株式会社 戸田義人取締役。さらに、阪本助教、オムロン株式会社 アプリケーションオリエンティド事業部 上辻正義氏、西日本電信電話株式会社 ビジネス営業本部 石原圭太郎氏の3人も陪席者として登壇しました。まずは出席者挨拶から。小山教授は、笑いのストレスマネジメントの研究に着手することになったことを改めて発表。ストレス社会で精神疾患の患者は年々増加していて、投薬だけでなくストレスマネジメントが大切であること、そこで"笑い"を科学的、医学的に検証し、疾患に役立てていこうということなどを説明しました。「なんかそれおもろいやん、とのってくださったのは、大阪人の心意気と思う」と話し、必ず成果をお手元にお届けしたいと力強く語りました。

<br/ >

20170215202236-bd747b69b953ca6e118e52aeea6fb4db378af6e6.jpg

続いて吉本興業の戸田取締役が「弊社と近畿大学の包括連携協定が結ばれ、具体的な取り組みが動き始めるなか、近畿大学、オムロン、NTT西日本といっしょに、医学に関わる部分で笑いが持つ効果を実証する実験が行われることを嬉しく思う」と発言。そしてこれまでにも笑いが健康にいいとは言われていたものの、医学的な意味でどういう効果があるのか明確ではなかったと説明。そこをこの4社タッグでやっていくとアピール。「ひとつでも実りのある結果を出せるようがんばっていきたい」と述べました。

<br/ >

20170215202336-a281d6b01015b5e06f10d10075dd301f327ce169.jpg

続いては壇上のモニターを使って、小山教授より今回の研究内容の説明が行なわれました。今回の研究は、まだ解明されていない"笑い"の効果、"笑い"のチカラの可視化にチャレンジするもの。各分野のプロフェッショナルとして、吉本興業、近畿大学、オムロン、NTT西日本が「笑い」の研究に挑むことを改めて宣言。具体的な研究内容としては、日常的な笑いの刺激が心理的健康に与える効果、お笑いの測定方法の開発、笑いの疫学的、行動医学的調査などとなることを話しました。

<br/ >

検証の結果は順次発表される予定とのこと。さらに開発するアプリの実用化を目指すことも発表されました。ほかにも様々なアイディアを公表。小山教授は「商都大阪ならぬ笑都大阪を目指していきます」と締めくくりました。

20170215202428-6fa9a31da877317e21d31326ce33e222e635b286.jpg

20170215202421-43b10eae2e246c43a20bfb038ee010512697cfae.jpg

続いては、小山教授が今回実際に使用する機器の前に座り、オムロン株式会社の上辻氏、NTT西日本の石原氏よる解説が行われました。「ヒューマンビジョンコンポ」は表情の変化を1秒間に3回カメラで読み取るもので、喜びや怒りなど5つの表情を測定します。「マイクロ波センサー」は、マイクロ波を使うことで、体にストレスを与えることなく、心拍数、呼吸数、体の動きを測定できると説明されました。

<br/ >

20170215202501-405a8a575f905a8608396b15d786954a8bb9a95a.jpg

ここで、応援芸人として、吉本新喜劇から諸見里大介、吉田裕、さらに人気上昇中のミキ、ゆりやんレトリィバァが登場です。「笑うことによってストレスが発散できる」と吉田。諸見里は滑舌が悪くて何を言っているのかわからず、会場の笑いを誘います。ミキの昴生は「めっちゃ笑って風邪が治ったことがある」と告白。ゆりやんも「いっつも笑ってるので、まったくもって健康です!」とアピールします。続いてはこのメンバーで、測定機器の前に座った小山教授を実際に笑わせることに。

<br/ >

20170215202556-c7808edebfa1be48003d7bc14e3f0a4530d6bb72.jpg

まずはミキからチャレンジ。白髪を抜こうとして...というネタに教授も思わず笑顔。「心拍数も上がっていて、センサーも反応している」と解説があり、テンションの上がる芸人たち。「どんどんいこうぜ!」とみなやる気になります。

<br/ >

20170215202702-229541f2994208a4b2992c1fd5bfc0247d246120.jpg

ここでゆりやんの「長澤まさみです」が飛び出しますが「...特に変化はないですね」と無情の判定。ユリやんは負けずにギャグを連発。折れない心でギャグを繰り出すその姿に心拍数の上がる小山教授。そして、笑いすぎたのかソフトがフリーズするハプニングが。「機械を止めてしまうのは初めてかも」という上辻氏の言葉に、ゆりやんの「落ち着いていきや〜!」の声が響きます。

<br/ >

20170215202806-3fcb4d7ba86ddb97346c3135ca196243916b580e.jpg

20170215203004-dfd29597b85e8f055c200cb1046d430420e0e228.jpg

20170215202802-a5cb5f004bb426a1c103e16f0c4248b67f79cc1d.jpg

さらに、諸見里と吉田の乳首ドリルが炸裂。小山教授がめちゃめちゃ笑っていると解説が入ります。笑顔の小山教授を見て、吉田も満足そう。呼吸数が少なかったので、息するのを忘れて笑っていたのかも、という解説に「反応しないでおこうと思ったものの、思わず笑ってしまった」と小山教授。上辻氏は「本当に素直な笑いが出ていた。笑いすぎて機械がつぶれるとは思わなかった」とびっくりの表情。石原氏も「心拍数の上がり下がり、呼吸数がぐっと下がるところ、さすが笑いのスペシャリストだと思いました」と芸人たちのがんばりを絶賛しました。

<br/ >

20170215202859-aea17b104ba61051f432a90bb35c9fbafc398296.jpg

フォトセッションのあとは、質疑応答の時間に。よしもとはタッグを組むことでどんな展開をしていきたいかという質問について、戸田取締役は「(笑いという)アナログなものがデータ化、数値化されることになって研究材料になるのは、我々にとってもありがたいこと。芸人にとっても励み、基準になることもあるのでは」と話し「(よしもとには)芸人だけでなく文化人の方もいる。そういう方とコラボしてもらって、新しいチャレンジができると、アイデアが広がったり、可能性が見えてくると思うので楽しみにしている」と展望を語りました。さらに「ライブで見ていただくのが一番いいかもしれませんが、足を運べないという人のために届けるコンテンツの作り方、笑いの表現の仕方もノウハウがあると思うので、一番いい形をチャレンジできれば」と以降の活動についても意欲を見せていました。

<br/ >

そのあとも被験者数や今後の検証についてなどの質問に小山教授、阪本助教が答え、共同会見は終了しました。

20170215203053-ee2247f44e8da12cacee79145d22e94d5e1703a4.jpg

"笑い"が人間に与える様々な効果を検証する今回の研究。どんな結果が得られるのか、目が離せません。

<br/ >

【諸見里大介(吉本新喜劇)】【吉田裕(吉本新喜劇)【ミキ】【ゆりやんレトリィバア】

<br/ >

今度は写仏! 笑い飯・哲夫の写経サークル "大覚寺カフェ「大・哲夫塾2」〜今度は、仏様の絵を描いてみよう〜"開催!!

チュートリアルの2人が店長、シェフを務めるインターネット上のカフェが"大覚寺カフェ"。オリジナルメニューの開発などのほか、これまで様々な活動が行われてきました。今回はそのなかでも人気の高い"哲夫塾"のスペシャルバージョン"大・哲夫塾"2回目の開催。2月10日(金)、多数の応募者から厳選された約100名が、旧嵯峨御所 大本山 大覚寺にて"大・哲夫塾2"に参加しました。

20170215194122-ea12d6ab1e52ae152cb3fcc424928d3e7b8de1f2.jpg

第一回では写経を行った"大・哲夫塾"ですが、今回は仏様の絵を描く写仏体験です。一回目同様、コマンダンテも参加します。

前回、写経が初めてだったコマンダンテの2人は、今回の写仏も初体験とのこと。安田は、前回哲夫がラーメンの例え話をたくさんしたことで「ラーメンの口になった」そうで、今回も何の口になって帰ることになるのか、と写仏以外の部分で盛り上がっています。一方の石井は仏像好きとのことで「ニヤけている」というくらい楽しみにしていたそう。今回描く文殊菩薩も「形が好きだし、見ていて癒される」とやる気がみなぎっています。

写仏は仏様を選ぶところが難しいと哲夫。「如来さんはシンプルな姿、明王は飾りなどもあって複雑。でもシンプルで簡単だから描く、複雑で難しいから描かない、というのはどっちも仏さんに失礼な話で、バチが当たる気もする」と思いを語ります。今回は文殊菩薩と決まっているので「煩悩が騒がなくて済む」とホッとしている様子です。

いよいよ大・哲夫塾2のスタートです。会場には、最初にMCを担当するコマンダンテが登場。塾長である哲夫を呼び入れます。拍手で迎えられた哲夫は「(お寺で静かだから)拍手の音が聞こえて安心した」と、ホッとした表情。嵯峨天皇の掛け軸の前で、如来や菩薩などの話しを、ちょっと悪い子に例え、わかりやすく説明。写仏しているとだんだん仏様の姿が現れてくる、心の中にある仏心が徐々に出てくる、と話します。

20170215194211-d707b8f45f92c97cc9e12ba3f15f2eef68b8d51f.jpg

前回同様160畳以上の広さの講堂に集まった参加者は約100名。机の上には、お願いごと、名前などを書く欄のある仏様を書き写す用紙、その下には文殊菩薩の説明と絵の描かれた紙が置かれ、文鎮でしっかり押さえられています。この絵に用紙を重ねて、仏様を描き写していくことになります。哲夫の「はじめ!」の言葉で写仏がスタートしました。

20170215194307-3e23472682a7c2a3870a5c64a52955e5c8927414.jpg

20170215194335-761a32eb4adc215abaa6e34d2ad30b48b906c4dc.jpg

10分ほど経過して、「やめ!」と哲夫の声が響きます。集中していた参加者もみな一旦筆を置き、ここから今回写仏する文殊菩薩の説明を聞くことに。智慧の仏さんであること、その智慧という言葉の意味などを話したあと「文殊菩薩もある仏さんの脇待を務めている」と哲夫から質問です。石井に聞いてみると「釈迦如来さん」と答え、大正解。哲夫がお釈迦様の左側にいることなどを説明します。そして右側にいる普賢さんはなんの仏さん? と安田に聞きますが、安田の答えは「食欲?」。正解は慈悲の仏さんですが、会場の笑いをしっかりゲットしていました。

20170215194410-664099d438105f2ab02a52f4000833fbbb7081c2.jpg

そして二回目の写仏が行われ、また約10分後に哲夫の声が響きます。前回、煩悩や我執の話にラーメンのスープを使ったことをさらに発展させると哲夫。密教を生八ツ橋の餡に例えて話し始めます。密教は人間にはなかなか理解できない教え、だからなんとかそれを知ろうとする。その教えが生八ツ橋のぼんやり見えている餡で、どんな感じなのかをなんとか知ろうとして、じっと眺めたり、押したりする。生八ツ橋の生地が今日写した紙、それはみんなが押して浮かび上がってきたんです、と哲夫。さらにラスト5分では、大覚寺についての話しなどをし、写仏の時間は終了しました。

20170215194444-c71babee9de3186b4e4871469015d8560528f54f.jpg

石井は完成したことが何よりとホッとした表情。「うまくできたかはわからないけど、気持ちは込められました」と充実の時間を過ごせたようです。「何も知らないなかで集中して描くことができた」と安田。しかし「ちょこちょこ生八ツ橋のことが思い出されて...」と、今回も哲夫の食ネタに引きずられたよう。しかし「いい体験ができました」とこちらも納得できた様子です。まだ写経や写仏をしたことのない人に向けては「興味はあるけど、どこでどうしたらいいかわからない人に(哲夫塾は)一番入りやすい入口だと思いますよ」とアピール。石井も「やるまでは敷居が高いという気持ちとかあると思うんですけど、誰でも関係なくできるので、いろんな人に体験してもらえたら」と話しました。

20170215194521-62f52bcad105f86b2497e7f593f50c30c1c69417.jpg

続いては全員が写仏したものを奉納する御影堂へ。凛とした空気のなか、奉納式のスタートです。まず参加者を代表して哲夫が写仏を納め、全員で読経。そのあと大覚寺の竹原教務部長のご法話を聞き、奉納式は終了しました。最後に参加者がアンケートを記入しているところに、哲夫とコマンダンテの3人が挨拶に登場。感謝の言葉を伝えて、イベントは幕を下ろしました。

普段とは違った空気の中、少し特別な時間が過ごせる哲夫塾。今後の

活動から目が離せません!

【笑い飯・哲夫】【コマンダンテ】

●大覚寺カフェとは?

チュートリアルの二人が店長&シェフを務める架空のカフェ。
京都のお寺、旧嵯峨御所 大本山 大覚寺のことをたくさんの方々に知って頂くために、ここで開発されたスイーツが実際に販売されたりするほか、「みんなが集いたくなる場所」として「いけばな」と「写経」の新企画もスタート!




http://daikakujicafe.com/




●いけばなを始めてみませんか?~いけばな発祥の地で学ぶ~
日本古来の伝統のいけばなである「いけばな嵯峨御流」




いけばな嵯峨御流HPはコチラ→ http://www.sagagoryu.gr.jp/


2017年2月14日 (火)

『THE EMPTY STAGE JAPAN TOUR2017』東京公演開幕! ノンスタ石田が井上の近況を

2月13日(月)BENOA銀座店にて、『THE EMPTY STAGE JAPAN TOUR2017』東京公演開幕。「即興」をテーマに「ONE-MAN TALK SHOW(1人喋りショー)」と「IMPROV SHOW featuring The Second City(新ジャンルの即興コントショー)」 の2部構成でお届けする新しい飲食型エンタテインメントステージ。第5弾となる今回は、東京、大阪、宮城など全国8都市を巡る初の全国ツアーを敢行。東京公演初日には、「1人喋りショー」出演のNON STYLE・石田明、「即興コントショー」出演のバッファロー吾郎・竹若元博、なだぎ武、ゆりやんレトリィバァが囲み取材を行いました。
20170214194108-bb4041f44467568f03f26e2666cdca85b5ba17bd.jpg
囲み取材では、NON STYLE・石田への質問が集中。強引に質問にからめ相方の近況をを聞き出そうとする取材陣に、ゆりやんが「落ち着いていきや~」とおなじみのギャグを放ち場を和ませます。先日、抜き打ち自宅を訪ねたという石田は、土下座で謝る井上に「今は体は休めて、再スタートする時には一番いいパフォーマンスがでできる状態にしておけ」と伝えたことを明かしつつ、「特に顔はいい状態のことがないんで」と笑わせました。
本公演については、2014年の初公演から出演している竹若が「チームには芸人の先輩後輩、俳優やアイドルの方もいらっしゃるんですけども、全員で助け合っていく舞台なので、トレーニングを重ねるに連れて信頼関係が築けてすごく仲良くなれる。頼れる仲間とステージを作っていくのが楽しみですね」と意気込みを語りました。
20170214193415-293cec313cca0234217c58e18a3d30090fb30176.jpg
あべこうじがMCを務める東京初日公演は、お客さんからいただいたお題にそってトークを繰り広げる「ONE-MAN TALK SHOW(1人喋りショー)」にNON STYLE・石田が登場。最初のお題"同期"では、売れっ子がそろう同期芸人にの笑えるエピソードを披露。キングコング、ピース、平成ノブシコブシ、南海キャンディーズ・山里、ウーマンラッシュアワー・村本、とろサーモン・久保田ら「問題児ばっかりで、あまり仲良くない」というメンバーながら、ピース・綾部のニューヨーク行きの前には、珍しくみんなで集まろうと計画していたにもかかわらず、やはり問題児たちが様々な問題を起こし開催困難になっている状況を面白おかしく語りました。2つ目のお題には、先日の『博多華丸・大吉26周年記念公演』でナインティナイン・岡村隆史と一夜限りのスペシャル漫才を披露した"OKA STYLE(オカスタイル)"があがり、そのきっかけから、大吉との会合や、「自分はめちゃくちゃ練習するけど、岡村さんはそれ以上にやってる」という岡村の漫才にかける情熱など、貴重な裏話を。中でも、石田が一番アツくなったのは、その漫才を見た一部の井上ファンからの反応について。「"石田さんは誰とでも漫才するんですね"と俺をアバズレみたいに言って!」と悔しさを爆発させ、会場を笑わせました。その他、"家族""奥さんのこと"などのお題にも対応し、ここでしか聞けないプライベートな話題も多数披露しました。
20170214193437-eb845b23f3a7eba9383d9e4efe18ba8f9f9b4bcf.jpg

20170214193454-435f7e7cffdb87355e1085e0ffa49b0c6b620ace.jpg

20170214193512-0ee07a6695c0d233f634ede5cba7459aae2a7655.jpg

20170214193535-e17288c55d0b5fe3e22a6dea35a78545a293dfba.jpg
「IMPROV SHOW featuring The Second City(新ジャンルの即興コントショー)」では、2チームにより、短い即興コントを複数披露する"ショート"と、30~40分の即興コントの"ロング"を。
"ショート"は、なだぎ武、イシバシハザマ(石橋、ハザマ)、プラス・マイナス(兼光、岩橋)、森幸平の"チームE"が登場。お客さんからのお題に対し、チーム6人が肯定派と否定派にわかれディベートを繰り広げる"ブーイェイ"や、有名歌手になりきったメンバーが、お客さんからのお題を導く即興曲を歌うことで鉄壁の警備を突破する"ミュージカルセキュリティー"など5つのシーンを。2人の即興コントを、ヘッドフォンをしながら見ていた別の2人が再現する"サイレントプレイ"では、"学校の先生"というお題を受けた石橋&岩橋コンビが、石橋のヘアスタイルから磔にされたキリストのポーズがキーになる即興コントを展開。ヘッドフォンを外したなだぎ&兼光コンビは、見事にキリストポーズを取り入れ大きな笑いをとるも、お題を"僧侶"と読み間違え正解には至らず。どんなお題でも6人が一言ずつ即興の歌で繋いでラブソングにしてしまう"一言でラブソング"では、"着ぐるみ"というお題が。綿を「詰めて」「取って」というフレーズの繰り返しが笑いを生みだし、最後は「綿」ではなく「愛」を「詰める」というフレーズに繋がり、6人のハーモニーによる感動的なラブソングが完成しました。
20170214193708-b81b09c796305570967e9f502c993912a93dd126.jpg

20170214193726-e2170dc9914075fabdfc089bdbabb1af7e6922af.jpg

20170214193741-dd9113d6442999edeeac73afd16e3c1a0d1cac8f.jpg

20170214193847-c5de07517b24cde94b8a12649518887d91d1289d.jpg
"ロング"は、ギンナナ・金成、ニブンンゴ!・森本、ピクニック、セブンbyセブン(玉城、宮平)、ゆりやんレトリィバァの"チームC"が登場。お客さんからいただいたお題が入ったボックスから6つを引き、2人1組で6つの即興コントを展開、次第には全てのキャラが入り乱れた壮大な即興コントとなる"シークレトボックス"を。まずは玉城&ピクニックが、お題"小山主任"で鍵専門会社の新人と主任の即興コントを展開、ゆりやん&森本は、お題"ユリの花"でプリンセスとじいやを、宮平&金成は、お題"ジェットコースター"でジェットコースターに爆弾を仕掛ける過激犯とそれを止めようとする彼女...と、6つの即興コントを繰り広げていきす。そんな中から生まれた、お題"髪の毛"での、金成&金城による、エセ京都弁の書道の師匠"真田はん"と、彼にかなわぬ思いを寄せる"小野田はん"が会場の笑いを呼び、コントを引っ張っていくことに。最後は、爆弾テロ犯の陰謀を阻止すべく、男女&親子&師弟の愛が入り乱れる感動巨編に⁉ 6人の芸人たちは、台本も道具もないステージで、即興でしか生み出すことのできない笑いの世界を繰り広げました。
20170214193911-4b0b245161d6431386c28bdd43c99260a2c8ca63.jpg

20170214193949-b2603c3c1fa717d62174ca11be14dbafacb4e03a.jpg

20170214194008-3d11fb5c63c0c81faeec634bbab37fb654f67db8.jpg

20170214194034-2223e7454d8ac1b45f0f830b0f0023e08620aacb.jpg
『THE EMPTY STAGE JAPAN TOUR2017』、東京公演は2月26日(日)まで。その後、新潟、大阪、静岡を巡ります。日程&出演芸人などの詳細は、『THE EMPTY STAGE JAPAN TOUR2017』公式サイトへ!

【NON STYLE】【石田明】【バッファロー吾郎】【竹若元博】【なだぎ武】【ゆりやんレトリィバァ】【あべこうじ】【イシバシハザマ】【プラス・マイナス】【森幸平】【ギンナナ】【金成公信】【ニブンンゴ!】【森本英樹】【ピクニック】【セブンbyセブン】

2017年2月13日 (月)

今年も最下位はあの人!? 祇園花月で「ほんまのバレンタイン~ネタとコーナーと瀬戸の逆襲スペシャル~」開催!

20170213235155-b048ebceff882774a9aa6731cfb5c99acf6762dd.jpg

来場者がチョコレートをあげたい人をガチで投票する"チョコレート総選挙"や、出演者が参加するコーナー、爆笑ネタなど、内容盛りだくさんの人気イベント「ほんまのバレンタイン」。3回めとなる今年も、、2月12日(日)よしもと祗園花月にて、多くの観客を集め、開催されました。

20170213235233-2bf60bc896a19de318b7b897298825db7b1208b7.jpg

20170213235337-95ffff876f6464f54348664b4d375d99c09e55ad.jpg

当日の会場ロビーには、今回登場する各芸人のチョコ投票ボックスが置かれ、開演前から熾烈な戦いが繰り広げられています。会場は満席、立ち見も出る盛況ぶり。まずはMCのスーパーマラドーナがステージへ。早速、本日のメンバーを呼び込みます。スマイル・ウーイェイよしたかを先頭に、アキナ、和牛、トット、祇園、コマンダンテ、プリマ旦那が登場。会場は大きな拍手に包まれます。

20170213235441-1a9984e2bf7e2b94adf26c08b76ac2cb29ff6be2.jpg

20170213235515-6330ccd2d12bb2fa5ec8b4ae41b79c4b654c978e.jpg

20170213235637-7b67f470e506a4cd306e82eba0b9c64213be7041.jpg

和牛・水田イジりやアキナ・山名が1位宣言するなど、トークが盛り上がるなか、ある人物がいないことを武智が告げます。ここで不穏なメロディが。2年連続最下位という記録更新中のスマイル・瀬戸が、ダースベーダーのテーマに乗って現れました。「俺はこんなやつを笑いたかった。しかしいつの間にか自分がこんなことになってるわ!」と早速自虐ネタの瀬戸。今年のメンバーに不満があるようで、次回以降のメンバー選考に自分も参加すると無茶を言い出します。さらに、このイベントに向けての意気込みとして「毛、染めてきた」とのことですが、武智に「最下位取らないように気をつけてくださいね!」と釘を刺されていました。

20170213235734-cceb3458d1af4fbdcde47c7d5ba71dbd7f029a0a.jpg

20170213235824-ba846918ec973ea4aac290aeb3eb229d6bea6102.jpg

いよいよイベントがスタート。まずは各コンビのネタからです。一番手は、緑のスーツのトットが登場。結婚して子どもが欲しいと多田。桑原は子どもがトラブルを起こすと大変だと言い出して...。桑原のちょっと変なモンスターペアレンツの姿に客席からは笑いが起こります。

20170213235906-c8f496d930fc42333b19d88f8e0803466215324c.jpg

20170213235953-17a3e9d76420ca5af348be7ad2a9cccfbe0dc861.jpg

プリマ旦那は遊園地でいろいろなライドやアトラクションを楽しむカップルのネタを披露。テンポよく次々と新しいネタを繰り出す二人に、会場はどんどん引き込まれていきます。

20170214000059-fe31e98359e15a128a53dca83375845538c282d4.jpg

20170214000034-ef5624a0c9a583cf15baed1221879877d9701919.jpg

続いて登場した祇園ですが、さっき出番だったプリマ旦那・野村が下げていったマイクスタンドを見て「こんな低くな〜い!」でひと笑い。ネタは小さなころに流行ったものということで、怖い話について。おなじみ木﨑の自己愛が強すぎるネタに会場は苦笑&爆笑に包まれます。

20170214000238-dc894953a0b665e2bf1f25424d629165267d764c.jpg

20170214000227-55c9ec8eeab55e695d12ff64ac745c5e6bc45765.jpg

ハイテンションな祇園と打って変わって、落ち着いたテンションで登場したコマンダンテの二人。刑事ドラマの1シーンを夢中で演じる安田。それを客観的に眺める石井。二人のコントラストと途中に挟み込まれるCM"まるいもの"に客席も笑いが止まりません。

20170214000334-cf44b5442640c84a7298ba9d2d9005fafb15a34b.jpg

20170214000328-d14e2dc49219387e32912515a44c02cb240b4088.jpg

おそろいの白いTシャツと緑のエプロン姿が似合っているアキナは、バイト先の先輩と後輩のショートコントを披露。後輩・秋山と、どことなく不気味な先輩・山名のシュールな笑いが会場を包みます。

20170214000434-a1a700686005baf74ce372a4ba42cf2b0f8da19c.jpg

20170214000428-9ed0074c55abea138a3145e13cfccf67532dbe6c.jpg

和牛は牧場デートに来たカップルのネタ。テンポよくボケを繰り出す水田と的確に突っ込む川西の姿に会場は爆笑の連続です。トークだけでなく動きでも笑いを取っていく二人。安定感抜群の堂々としたステージに、客席からは拍手も起こる盛り上がりぶりでした。

20170214000634-0a9d40f5816cbc8a364e17ed4e39c24f842706ab.jpg

20170214000725-09bead3c2b03a26ab3fa608d0e17f27f261ea985.jpg

プロポーズに行く男の様子をネタにしたスーパーマラドーナ。相手先の玄関から部屋へ上がる一連の流れ、そして両親との話しまで、とことんボケる田中にツッコんでいく武智。彼女の両親もボケまくる展開に、ツッコミの武智も大忙しです。ステージ上がヒートアップするのと同じく、客席も大きな笑いに包まれました。

20170214000803-8169f55f57a18de1d65d17caf98275a22ce2f06b.jpg

20170214000758-4742769e602851442647fc5358b12deca83bde2d.jpg

子どものころにやった"究極の選択"をやり始めるスマイルの二人。ネタ中に瀬戸が始めたのは、よしたかの顔をなでるという違和感のあるツッコミ。さらに、言葉をマシンガンのように繰り出し、よしたかを追い詰めていきます。壊れ始めるよしたかの様子に客席は笑いが止まりませんでした。

20170214000902-9609e23d75552d501c4a539df6f985cc900fa534.jpg

20170214000932-5e114aef075d84b53496fba0e5cd8e430c12553f.jpg

20170214001000-0d524605f2e64f46a832645cd49a0be61c67f31a.jpg

各コンビ、爆笑のネタのあとは"生写真勝ち抜けバトル"。これは抽選に当たった観客が好きな芸人とツーショットの生写真を撮影できるというもの。勝ち抜け方式のため、一度選ばれた芸人は選べないシステムです。木﨑は「自信があります」というものの「意外と木﨑、残るんです」とこれまでの戦績の悪さを白状するひと幕も。最後まで残った2人には罰ゲームがあるということで、早速スタートです。武智がボックスからランダムにひいた席番号の観客5人がまずはステージに。誰を選ぶのか会場中が注目するなか、一人目は...和牛・川西! 会場からは大きな拍手が起こります。相方が選ばれた水田は「2位を聞いてくれ」とアピールしますが、「水田さん」と答えられ、お笑い的においしくない結末に。続いて選ばれたのは祇園・櫻井。「全体的に好き」という理由に「めっちゃ変わってるやん!」とキレる木﨑。2位を聞いても自分ではなく、「もう帰るわ!」とさらにキレていました。続いてのアキナ・山名は、選んでくれたお客さんと二人で思いっきりの決めポーズで撮影です。4番目はなんとMCの武智。「意外とモテるんです」と肩を組んでの撮影に、客席からは悲鳴にも似た歓声が。5番目に選ばれた木﨑は、全身で喜びを表し、「ヨッシャー!」と絶叫しました。

20170214001036-4e272048585e5a6b8ab21e3379410fec0c0b9774.jpg

続いてのブロックでは男性も選ばれました。その男性に選ばれた秋山は、男同士の熱い抱擁で記念撮影。トットの桑原は、選んでくれた女性の肩に緑のジャケットをかけてのツーショット撮影です。和牛の水田は選ばれたものの、相手の女性に大声で話しかけ怖がられる始末。コマンダンテ・安田は選ばれた瞬間「えーッ!」と驚きつつ、相方石井を指差し「えーッ!」と勝ち誇った表情。スーパーマラドーナ・田中も男性に選ばれ、しっかりとハグを披露します。

20170214001150-bb9fab97d261f2c247088206e0895e548f09dc2e.jpg

20170214001242-dd63c8db4018a6ad25e752445b1d7ff129fb8f67.jpg

20170214001313-b48ff9a4b058771fcb70f2f21ac055ba4b6c481b.jpg

残ったのはよしもと漫才劇場男前ランキング1位コマンダンテ・石井、2位のトット・多田と、スマイル、プリマ旦那のコンビ2組。6人のなかからイチ抜けしたのは...石井。思わず土下座で「ありがとうございます」と感謝です。石井はお姫様抱っこの提案をしますが、断られるというまさかの結果に会場は笑いに包まれます。続いては多田。あせっていたせいか、サービス精神旺盛な記念撮影を披露します。いよいよ、スマイル対プリマ旦那の対決に。次に選ばれたのは、プリマ旦那の「カワノさん」ということで、会場は爆笑。ここにきてやっと「ドキドキしてきたーッ!」と瀬戸ですが、一斉に「遅いわ!」とツッコまれます。一人ずつのアピールで、プリマ旦那・野村は「吉田たちと仲いいです!」。よしたかはアラレちゃんギャグを見せ、笑いをゲットします。瀬戸は「リアルに1万円あげる」。選ばれたのは...よしたか! 残された二人はステージ上に倒れ込みました。

20170214001400-60bd8615e1687356fb6ae2573020caa2a624b15e.jpg

20170214001444-dfc393bdd957e53ec34070ce6f32c8cd1aa3ddb5.jpg

罰ゲームは、大きく"私たちは誰にも選ばれませんでした。"とプリントされたTシャツを着て、会場を練り歩くというもの。このときだけは撮影OKとあって、会場のあちこちで写真を撮られまくる2人。やけくそで「撮れよ、撮れよ!」とキレながら、会場中を周っていました。

20170214001514-ad222b061c7d71b965045997635bf55e91b9c456.jpg

続いてのコーナーは"にこいち!トーナメントバトル"です。各芸人がトーナメントで戦うこのバトル。くじ引きで選ばれたお客さんと芸人がチームを組んで様々なゲームにチャレンジします。まずはチームになるお客さん全員がステージ上に。水田のペアに選ばれた客席番号の周辺では悲鳴が上がるなど、ゲームが始まる前から会場は盛り上がります。

20170214001627-f427913fb482b6d2c82b732b041765c886d0ad51.jpg

まずは"愛のマシュマロキャッチ対決"。20秒のうちにチームのお客さんが投げたマシュマロをいくつ食べられるかを競います。すっかりグレている野村は1個、ここにやる気を見せている瀬戸は2個食べますが、余裕の石井はあっという間に3個ゲットし、石井チームが勝利。「ホンマに勝ちたかった〜!」と瀬戸の声が虚しく響きました。2試合目の"愛の風船早割対決"にチャレンジするのは、桑原、秋山、櫻井の各チーム。用意された風船5個をペアで手を使わず割っていくというゲームです。3組とも全身を使ってなんとか風船を割ろうとしますが悪戦苦闘。ようやく5つ割った桑原チームが勝利を収めました。

続いての"愛のボール運び対決"は、ほっぺとほっぺでボールを挟み、コースを早く回ったチームが勝ち。河野、木﨑、水田が挑戦します。しっかり顔を寄せ合う河野はキス疑惑をかけられ、木﨑チームは偶然身長が一緒でネタを披露するなど、バラエティに富んだチームが登場しましたが、圧倒的な勝利を収めたのは水田チーム。マジで勝ちに行った結果の勝利でした。多田、安田、山名が挑戦する4試合目は"愛のにこいち川柳対決"。これはそのまま爆笑川柳を作ったチームが勝利するというもの。まん中の7文字は「せっかくなので」で固定。前半5文字はお客さん、後半5文字を芸人が考えます。多田チーム、安田チームともうまくまとめて、最後の山名チームはシュールなネタで爆笑を誘います。武智の独断で多田ペアの勝利が決まりました。

20170214001746-27d262e90f2f84ec321015dc4f5c76fbfe5b8bde.jpg

芸人の頭の上に落ちる一斗缶を、お客さんがいかにギリギリで止められるかを競う"愛のギリギリ一斗缶対決"が5試合目。川西、よしたか、田中がチャレンジしますが、「ゲームが急に変わりすぎ!」とクレームが入ります。一組目の川西チームが挑戦しますが、頭に当ててはかわいそうと思うのか、ギリギリまでいきません。続いてのよしたかチームはかなりの好成績。最後の田中チームにプレッシャーをかけます。そのプレッシャーにやられたのか、勝ったのは、よしたかチームでした。

これにて一回戦が終了。続いて二回戦の1試合目は"恋愛シチュエーション対決"。様々な恋愛のシチュエーションで爆笑のセリフを言うという大喜利です。まずは一回戦を勝ち抜いた石井、桑原、水田の各チームがチャレンジ。お題は「私のことどれくらい好き?」に対する答え。結果は石井チームが勝ち、決勝に進みました。次は体力勝負の"愛の鼻フック対決"。ペットボトルの重さに何本まで耐えられるか競うのは、多田とよしたか。1本、2本、3本...と増えていくボトルに「ア〜ッ!」「いたたた!」と絶叫する二人。よしたかのあまりにひどい顔に会場中から悲鳴と笑いと拍手が起こります。多田は片方の鼻の穴だけで支えているとアピールしますが、自分でもどうしていいのかわからない様子。そうこうするうちにもボトルが増えていきますが、結果はドロー。お客さん同士のじゃんけんで勝負を決めることになり、よしたかチームが決勝へ。

20170214001918-814ddaf9de682f9ce50d210555046d9279d1d329.jpg

20170214001948-52b93bc0bc4cdf462e4da41e1af0d4aa723863ee.jpg

20170214002027-18cdd4eb32f94781bcdb2029312ef2af082ae3f5.jpg

いよいよ決勝戦。勝負を決めるのは"ギリギリ熱湯アイマスク対決"です。アイマスクをしたお客さんが芸人の頭の上に置かれたコップにポットから熱湯を注ぎ、ギリギリで止めた方が勝ちというもの。石井チームのお客さんの背が低いということで、芸人全員がフォロー。その様子に客席から笑いが起こります。石井チームはコップ半分ほどでストップ。いよいよ、よしたかチームのチャレンジです。こちらもお客さんを全員でフォローしつつ、ゲーム開始。しかし、よしたかチームはこぼしてしまったので、石井チームの優勝が決定しました。 石井チームのお客さんには全員のサインが入った色紙をプレゼントされ、会場からは大きな拍手が。さらに入場前、石井に投票していたお客さんのなかからも1名を抽選。同じくサイン色紙が送られました。

20170214002112-2a366e5e04043ca3318dd93fcfa820af7fcc483b.jpg

最後のコーナーは、お待ちかねの"ホンマのチョコレート総選挙!結果発表!"。まずは4位から13位までが一気に発表されます。4位がトット・桑原、以下、アキナ・秋山、祇園・木﨑、コマンダンテ・石井、コマンダンテ・安田、スーパーマラドーナ・田中、トット・多田、祇園・櫻井、プリマ旦那・野村、スーパーマラドーナ・武智の順が発表されました。

20170214002849-2b72987a8b301d604be3e9202d8dd0cfab60a864.jpg

20170214002842-01cd1156fcacc8355d8de639e8e999b822e4ec75.jpg

20170214002936-2670c57e723f3cfebaa9189c9c651afab73395c7.jpg

そして第3位はアキナ・山名! 思わずガッツポーズです。第2位は和牛・水田。「そんな上とは思ってなかったけど、14〜16位ではないから、まあ2位か3位かな、と」。その冷静さに武智は思わず「ムカつく!」。1位は和牛・川西! なんと和牛が1、2フィニッシュを果たしました。

20170214003013-04fb6f3f28131bc010f0f67feec9eb9ef119cbea.jpg

いよいよ14位、15位、最下位の発表です。残っているのは、スマイルの2人とプリマ旦那の河野。同時に発表の結果は、なんとスマイル・瀬戸が14位! 思わず「よーしッ!」と絶叫する瀬戸。よしたかと河野が同率最下位でした。よしたかは前回1位から今回最下位へ。河野は「カワノに改名します」と白旗宣言。大いに盛り上がったイベントも、いよいよエンディングです。各自が単独ライブや、出演予定のライブの告知を行い、無事イベントが終了しました。

爆笑ネタ&ゲームコーナー、そしてチョコレート総選挙で今回も大いに盛り上がった「ほんまのバレンタイン」。次回、よしたかと河野の同率最下位の二人がどうなるのか? 今回ブービーだった瀬戸の順位は!? ますます盛り上がりそうな来年が待ちきれません!

【スーパーマラドーナ】【スマイル】【アキナ】【和牛】【トット】【祇園】【コマンダンテ】【プリマ旦那】



よしもと祇園花月では、3月もバラエティに富んだ楽しい夜公演を予定! 注目コンビの単独ライブや人気芸人がたくさん出演するイベントなど、おもしろ企画がてんこ盛りのよしもと祇園花月に、ぜひ足をお運びください!!

「祇園de祇園~相席はん、木﨑のお隣よろしいですか?~」

2017年3月2日(木)

開場18:30/開演19:00

前売1,500円/当日2,000円

出演:祇園

ゲスト:相席スタート

「トウザイイマキテルライブ」

2017年3月11日(土)

開場18:30/開演19:00

前売1,500円/当日2,000円

出演:西村ヒロチョ、ラニーノーズ

「祇園花月・漫才強化ライブvol.7 ヘッドライトとゆかいな仲間たち」

2017年3月12日(日)

開場18:30/開演19:00

前売1,500円/当日2,000円

出演:ヘッドライト、ギャロップ、アキナ、パーフェクト・ダブル・シュレッダー、吉田たち、デルマパンゲ、金属バット

「もう中学生presents夢ドリームライブin祇園」

2017年3月23日(木)

開場18:30/開演19:00

前売1,500円/当日2,000円

出演:もう中学生

ゲスト:あり

「トークダンテ+」

2017年3月24日(金)

開場18:30/開演19:00

前売1,500円/当日2,000円

出演:コマンダンテ

シークレットゲスト

「春休み!ぎをんネタ祭り~豪華メンバーでなにがなんだか~!!!~」

2017年3月25日(土)

開場18:30/開演19:00

前売2,000円/当日2,500円

MC:ファミリーレストラン

出演:スーパーマラドーナ、ヒューマン中村、クロスバー直撃、藤崎マーケット、和牛、学天即、タナからイケダ、プリマ旦那、モンブラン、夫婦円満



【チケットのご予約・お問合せ】

チケットよしもと予約問合せダイヤル

TEL: 0570-550-100

音声自動応答24時間受付(※お問合せは10:00~19:00)

Yコード:999-030

鹿児島の美味が勢揃いする「鹿児島うんまか さつまいもの館 大阪店」3周年記念謝恩祭を天竺鼠・ヘンダーソン・酒井藍がPR

鹿児島県のアンテナショップ「鹿児島うんまか さつまいもの館 大阪店」が、このたびオープン3周年を迎え、2月12日(日)〜18日(土)、謝恩祭を開催しています。これにともない、同イベントを広く周知させるべく、よしもと芸人の天竺鼠、ヘンダーソン、吉本新喜劇・酒井藍が、それぞれ「さつまいもの館焼酎PR大使」「さつまいもPR大使」「野菜PR大使」に就任。2月13日(月)、同店にて記者会見が行われました。

20170213160408-b4925f54b37a2871d7ca07174ae0c1ac0147292d.jpg

会見の司会を務めるのはグイグイ大脇。まずは、同店店長の宅間博一さん、かごしまPRキャラクターのぐりぶーが登場し、謝恩祭の概要について、詳しく説明することに。

謝恩祭では、インゲン、ミニトマト、デコポンなど鹿児島県産のフレッシュな農産物を集めたフェア「鹿児島旬農市(しゅんのいち)」や、「2016かごしまの新特産品コンクール」に入選したそら豆醤油や金柑大福などの展示販売を実施。17日(金)・18日(土)限定のガラポン抽選会(終日)では、期間中に1000円(税込)以上購入したお客さんを対象に、プレミアム焼酎の森伊蔵、魔王を定価に近い価格で購入できる権利等各種賞品が当たる抽選会を行うほか、13日(月)〜17日(金)には日替わり1日1銘柄で焼酎お湯割りが200円で楽しめるミニ「かごしま焼酎ガーデン」(平日限定17:30〜19:30/19:00LO)も。店内の一部商品は謝恩価格で販売されており、こちらも要チェックです。

20170213155714-c49353a1f8ccb73d04743672faa92014a3782bf0.jpg

ここでいよいよ、3組のPR大使が登場。天竺鼠のふたりは、揃って鹿児島出身。ブレイク中の『石焼き芋』ネタにちなんで選ばれたヘンダーソンは、挨拶代わりに歌の一節を披露します。酒井はぐりぶーに似ていることから任命されたそうで、この日も緑の衣装に身を包んだそっくりさん状態。しかし「私は昔からこれを着ていた。ぐりぶーの方が寄せてきた」と自身の正当性を主張しました。天竺鼠・川原は、なすびくん姿であるにもかかわらず野菜ではなく焼酎のPR大使となったことに触れ、「キャラが渋滞している」とクレームを!? さらに酒井からは「実は野菜より肉が好き」と爆弾発言も飛び出し、なぜか一同納得のひと幕もありました。

20170213155841-0e81e9e8da57660c786f4bd8ac45e22cd875dad7.jpg

20170213155905-1b0d4ac747c58fbb6ac29222f9a8a5adeff6937e.jpg

自己紹介の後は、それぞれが担当する名産品をアピール。天竺鼠は瀬下、川原ともにもちろん大の焼酎好き。東京で野性爆弾・くっきー、千鳥・大悟とイベントの打ち上げがあり、今朝4時まで飲んでいたという川原は、瀬下曰く「まだ芋焼酎のにおいがしてます(笑)」。そんなふたりが特にオススメする銘柄が「南之方(みなんかた)」。芋の個性・風味はしっかり残しつつ、飲みやすく仕上げられた逸品です。宅間店長によると、「今は白麹が主流だが、昔ながらの黒麹を使っている」のがポイントだとか。さっそくお湯割りにして試飲した川原は「これですよ! うわ〜!」と感嘆の声を上げつつ、「喉がびしょびしょになりました」とボケて笑わせます。ヘンダーソン・中村は「うまいも〜」とダジャレで感想を。「芋を皮ごといってる感じ!」と述べた酒井は、宅間店長から「ほとんどろ過をしていないからなんです。さすが野菜PR大使!」と褒められていました。

20170213160008-0456ec12cda21581d4a84a69ffa9401fb7813d2f.jpg

続いてヘンダーソンは、店内で販売されている焼き芋をPR。安納紅、紅はるか、シルクスイートの3種が揃うなか、ここでは安納紅と紅はるかをピックアップし、5人で試食してみることに。紅はるかは「あっさりした甘さで、ホクホク感がすごい。ザ・焼き芋という感じ」(子安)、安納芋は「これは焼き芋じゃない、洋食屋さんが作ったスイートポテトです!」(瀬下)とみんな大感激。中村は「これからは、こっちを仕入れていきたい」と、ネタのキャラになりきってコメントしていました。


20170213160104-524b95255fb6f4ef8c250cac0780ab5b5eb4703a.jpg

最後は野菜PR大使の酒井が、オススメ商品として「あしたのおやつ」をピックアップ。鹿児島県産の野菜や果物をフリーズドライにしたチップスやスティックのおやつで、前出の「2016かごしまの新特産品コンクール」に入賞した人気商品です。さっそく試食した中村は、「(リンゴのチップスを食べて)リンゴの風味も酸味もしっかりある!」とビックリ。瀬下はごぼう風味のさつまいもスティックを、「焼酎のアテにすごくいい! 酒飲みにはたまらん味ですね」と絶賛。川原は、「なすびはないんですか?」と宅間店長に詰め寄り、今後の新商品登場に期待を寄せていました。

20170213160210-107a394b38748e65b387958b09bb218f9cf2d0f0.jpg

20170213160250-190a3c914aa6020a40064efebfd222d3dcafdd80.jpg

締めくくりには、宅間店長から「これからも鹿児島の商品をPRしていただきたい」との言葉を受け、大きくうなずいた5人。3組が太鼓判を押した鹿児島の"うんまかもん"の数々、この機会にぜひお試しを!

20170213160327-b5cd8eef3939b4de6bb1a3ed7cedd52906c91b55.jpg



● イベント情報

鹿児島うんまか さつまいもの館 大阪店 3周年謝恩祭

日時:2月12日(日)〜18日(土) 10:00〜20:00(土日10:00〜19:00)

会場:鹿児島うんまか さつまいもの館(大阪市中央区安土町2−5−11 大阪かぎんビル1階)

お問い合わせ:鹿児島うんまか さつまいもの館 ☎06−6210−3161



【天竺鼠】【ヘンダーソン】【酒井藍】

2017年1月30日 (月)

「第二回 上方漫才協会大賞」で大賞受賞の吉田たちが地元・堺市の竹山修身市長を表敬訪問

さる1月9日、なんばグランド花月にて開催された「第二回 上方漫才協会大賞」で大賞を受賞した吉田たちが、1月30日(月)、出身地である堺市の竹山修身市長を表敬訪問しました。

20170130152741-47b998b9a82959aeecbb29ce3c6aec78a834fad3.jpg

堺市役所内の応接室で竹山市長と対面したふたりは、少々、緊張している様子。「芸人になろうと思ったのはいつ?」「初めてふたりで漫才をしたのは?」など、さっそく竹山市長から質問が飛びます。中学生の頃に『M-1グランプリ』が始まり、漫才師に憧れるようになったとのことですが、初めて漫才をやったのは、意外にもNSC大阪に入学してからとのこと。堺市で行われている、学校教育に漫才を生かそうという取り組みについて聞くと、「教えてもらいに行ってみようかな」と笑わせました。

20170130152426-073eadab99874ed62bfb46fc0d57aa035a1b0422.jpg

「目標としているのは?」との質問には、真面目に答えようとするこうへいを差し置き、「市長に...」とまたまたボケるゆうへい。こうへいが「じゃあ僕は副市長で」とさらにボケて、大きな笑いが起こります。「漫才師としては?」と改めてきかれたふたりは、「なんばグランド花月でトリをとられている師匠方が目標。吉本の看板になれる、そういう漫才師になりたい」と声を揃えました。

20170130152509-47e9671e1f7465b780c6cd02e6591e5d757fff39.jpg

また、竹山市長からは「故郷・堺市の街おこしにぜひ協力して」と直々のオファーも。現在、市役所前に建設中の市民広場で、若者を呼び込むべくさまざまなライブやイベントを考えているとのことで、「ぜひ一度、吉田たちのふたりにも出演していただけたら」と期待を寄せます。もちろんふたりは「ぜひやらせてください!」と快諾。「いつかは(地元の)栂文化会館で単独ライブをやりたい」との野望も明かし、竹山市長からは「(2019年にオープン予定の新ホール)フェニーチェ堺なら2000人収容の大ホールがありますよ」とビッグな提案も飛び出していました。

20170130152608-88be1557c934da862fbf935facd303165ab727a7.jpg

さらに、竹山市長から、名産である堺刃物を使った爪切りのプレゼントが。「ちょうど爪が伸びてたんですよ!」と大喜びのふたり。最後は「第二回上方漫才協会大賞」受賞について、「まだまだ上がありますからね」(こうへい)、「過去に吉田たちが獲った賞だ、と言われるようになれば」(ゆうへい)と語るなど、今後のさらなる活躍を誓って締めくくりました。

20170130152652-cadc8a38ee1d76cd089eef52bbe19d04cb73cc56.jpg

訪問を終えた吉田たちは、「うれしいですね。金メダルをとった人が、首相のとこ行く、みたいな」(ゆうへい)、「軽い気持ちで来たわけではないが、部屋のおごそかさに驚いてます。これをぜひ、堺のお仕事へとつなげていきたい」(こうへい)と、それぞれ感想を。地元・堺については、こうへいが「北の方はシティな感じで、僕らが生まれ育った南の方は緑がいっぱいやし公園も多い」とその魅力を改めて語ります。

「大賞を受賞してから、周りの反応は?」との問いには、「よかったな、と言ってもらえます。あと、先輩からはギャラの交渉に行けよ、と言っていただきますね(笑)」とこうへい。竹山市長との歓談中にも話題に上った『M-1グランプリ』への思いも語り、「優勝して、またここに報告に来たい。市長にトロフィーを持ってもらって」(ゆうへい)、「優勝したら、市長がおっしゃっていた2000人のホールも埋められると思うので、ぜひ凱旋ライブもやりたいですね」(こうへい)と新たな目標を掲げていました。



【吉田たち】【ゆうへい】【こうへい】



2017年1月28日 (土)

よしもとのエンタメのすべてが西梅田スクエアに大集合!「よしもとラフピーパーク冬祭り」1日目

1月28日(土)・29日(日)の2日間に渡り、西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)にてお笑いステージとふれあいエンタメ満載のイベント「よしもとラフピーパーク冬祭り」開催中です! しかも入場無料とあり、初日の28日(土)は多くのお客さんで賑わいました。

お笑いライブが楽しめるメインステージの観覧席は開場直後からすでに満席。メインステージを観覧席で観るには入場整理券が必要で、整理券はラフピーアプリをダウンロードするだけでOK! 先着100名様がステージの開始を今か今かと待ちかねていました。11:00からメインステージがスタート! 司会のガリガリガリクソンと福本愛菜がステージに。ガリクソンが「一般ピーポーのみなさーん! 芸能人ですよ〜!」と呼びかけると大きな拍手が巻き起こりました。

20170128181424-5993981e57b2a01c67d712f011446a2823612635.jpg

最初のプログラムは「U-3 BATTLE THEATER in西梅田」。毎月、YESシアターで開催している「U-3 BATTLE THEATER」を、特別に西梅田で開催するというもの。NSC出身3年目以下の超若手コンビ6組が2分ネタのバトルに挑みます。出場コンビは、ジャイアントナデシコ、カベポスター、戎、アックスボンバー、たこたまボーイズ、たくろうの6組。ネタがすべて終わったあと、お客さんの拍手がいちばん大きかったコンビが優勝で、ご褒美に東京でのイベント出演権が与えられます! 結果、優勝はたくろう!赤木(左)は、「手応えはありました。だから、いけるんちゃうかという感覚でがんばりました」とうれしそう。赤木の個性的なビジュアルに、ガリクソンは「ミスター・スポックみたい...」と怯えつつ、「東京でのお仕事がんばってください!」とエールを。

20170128173322-ce0c1294747ea165d97c72ece912456c2d6d4097.jpg

続いては「よしもと47シュフラン グルメステージ」。「よしもと47シェフラン」とは、全国各地の7,000人の主婦が主婦目線で商品を選び、一般投票やよしもとシュフ芸人、有名バイヤーなどが商品を審査。新しいご当地商品を選んで金賞認定する、地域活性のためのご当地商品応援企画です。ステージには安倍総理のものまねでおなじみのビスケッティが登場! 「地方
創生」のタスキをつけた佐竹扮する安倍総理がじきじきにおすすめ47シュフランの商品をPRしました。


20170128173456-059d35922f78687d8c1e421c8b544b8ab7f6ba72.jpg

ガリクソンと福本が試食したのは、昨年度の金賞認定商品で、北海道の「ぷちぷち鮭焼ほぐし」、風船のようなせんべい「プチ風せん」、「塩りんごクッキー」。ガリクソンと福本愛菜は「おいしい!」と絶賛していました。じゃんけん大会では、佐竹と観覧エリア内のお客さんが一斉にじゃんけん! 勝者3名様にシュフラン&よしもとグッズの詰め合わせがプレゼントされました。

20170128173543-197f91b7a04732a4de5ac12c3812d0524ac081b0.jpg

お次はお笑いステージ! 出演者はラニーノーズ、ミキ、尼神インター、川畑座長による川畑スペシャルです。ラニーノーズは、ギターと歌を織り交ぜたネタでさっそくお客さんを沸かせます。

20170128173814-5532f92bb06b0667361f43aa5401166a0c41a543.jpg

ミキの漫才では、亜生が「寝られない」と昴生に悩みを打ち明け、昴生が解決策を提案しますが...?

20170128173849-e56578d705f0e55befb7e0d4357b7b2aac917b62.jpg

 尼神インターは、渚による「大工クイズ」、誠子は特技「かわいい女の子が言いそうなこと」を披露するなどし、会場を笑いに包んでいました。

20170128173932-4965f483c8c17c4e7549cee51814b3d6730797ba.jpg

川畑スペシャルは、ティッシュ配りのバイトを取りまとめる川畑と、そこにやってくるバイトの面々がなにかとクセモノばかりで...。川畑のキメ顔「カー!」、滑舌が悪い諸見里、今別府直之の「ピュッピュピュッピュピュ、ドン!」などのおなじみギャグにお客さんは大笑い。

20170128175022-87fe2da49c349ee29ebcc2b189fdc96b1efbbd88.jpg

ネタ終了後、出演者がステージに集合。特別に写真撮影会が行われました。なお、お笑いステージはこの後、さらに2回の上演が。午後からは先日、上方漫才協会大賞を受賞した吉田たちも登場し、お客さんを喜ばせました。

20170128174859-d4b073bbc85aa29685eef3b91afcd598ec65938a.jpg

そしてスペシャルゲストとして天竺鼠・川原が登場。自身が手がけた切り取れるぬりえ本「天竺鼠川原のひとことぬりえ」のPRにやってきました。会場内でも「芸人と遊ぼう」ブースで「ひとことぬりえ」販売中で、この日購入したお客さんには購入者限定サイン会と、オリジナルポストカード付き。さらにぬりえのふきだしに、お客さんのリクエストに応えて川原が言葉を書き込んでくれるサービスも!

20170128174102-17d8dd6e993da08ac008b6734d0987ddedb6e248.jpg

よしもとスポーツアスリートで開催しているイベントから、「ウォーキング講座」も行われました。ウォーキングトレーナー・池田ノリアキさんによる、ダイエットにぴったりだというウォーキングの魅力が語られました。なんとこの日は「インフルエンザも予防できるウォーキングをレクチャーします」とのこと! 「普通に歩くのとウォーキングはまったく逆!」と池田さん。トークと実演を交えて、まさにタメになるウォーキングのポイントが伝授されました。

20170128174308-c7d48c89263c303ae0c1f36cbb76e2c8039583f8.jpg

「よしもとラフピーパーク」では、メインステージの周囲にもさまざまなブースが登場。芸人キャラおもてなし隊が迎えるエントランスを抜けると、まずはラフピーアプリブースが。

20170128174538-dd827609a52ab44dc21a267126576f37e5fed5b8.jpg

ここでは前述の通り、ガチャや劇場チェックイン等でポイントがたまるお笑いファンの必携アプリ「ラフピー」をダウンロードされた方に、お笑いライブの座席整理券を配付。数量限定で銀シャリからのサプライズプレゼントも用意されているので、ぜひダウンロードのうえお立ち寄りを。

20170128174622-1ff7c1ad74ef02c051f8ca7ce29d718ab0563ba8.jpg

NSC・YCCブース、よしもと芸人と遊ぼう!ブースといった各種PRブースも設置。よしもと芸人と遊ぼう!ブースでは、天竺鼠・川原の初の書籍『天竺鼠・川原のひとことぬりえ』のひとこと代筆・サイン会が行われ、川原が購入者ひとりひとりと会話を楽しみながら交流しました。

20170128174725-73f80ee8f6abfabd3b0b91085360649509932cdb.jpg

ほかに、マユリカ・中谷による似顔絵やターザンによる占いなどもあり、多くの人が列を作りました。

20170128174804-db824ebc3c17ddaecdaf5f75c49421d76b4af7f7.jpg

20170128180730-95dabe5212234ba03c54931b05b49fce4fa48951.jpg

京都国際映画祭ブースでは、毎年秋の恒例イベント・京都国際映画祭の告知を兼ね、京都の名工芸品・中村ローソクによる和蝋燭の絵付け体験ワークショップが。ひとり500円で、紅白いずれかの和ろうそくに絵付け師の指導を受けながら絵付けができるほか(11:00〜17:00/16:00受付終了)、和菓子や匂い袋など京風情あふれる商品の販売も行われました。

20170128175229-6e32cfd255299c41bd47b1c0c6688655bc2ce560.jpg

毎月、NSC・YCCで開催しているお笑いワークショップを出前開催したのは、NSC・YCCブース。参加者が若手芸人と一緒になって漫才を作ってミニステージで披露。モンブランによるバルーンアート体験会も行われました。

20170128175400-672b737822842e5950ebe12176ea0404b26445ef.jpg

20170128175457-115f6ef7cb8b2fca642f6d8378a60b1eb6739311.jpg

沖縄国際映画祭およびアジアブースは、過去の映画祭を写真で振り返るパネル展や、アジア住みます芸人の紹介を。

20170128175600-68ca351419b357a48ddb693a88098f3cb44217da.jpg

福島県ブースには、ゆるキャラのキビタンが駆けつけ、そのかわいさで視線をキャッチ。アンケートに答えると、桃サイダーをはじめとする福島県のご当地ジュースがもらえるとあって、訪れる人は興味津々で見入っていました。


20170128175708-22f9c6abd2d1101010f429cdebf9afb9969bf55d.jpg

20170128175736-5daaf9c826f01cf5cbe463000a6039b5ea36a929.jpg

その隣の47シュフランブースでは、おすすめの加工食品やよしもとグッズを販売。ビスケッティが駆けつけお客さんへのアピールもバッチリ!

20170128180244-7337884502bd4d3da797da2851c7e2a249fb5481.jpg

ゲーム好き芸人が出演し、来場者・ニコニコ生放送視聴者とともに盛り上がる、よしよしゲームブースもたいへんな熱気。裏切りマンキーコングをはじめさまざまな芸人たちが、ゲームに興じながら熱いトークを展開。途中、この日、福島県で行われていた「よしもととの提携1周年記念イベント」ともスカイプで連動するイベントも開催されました。

20170128175836-de7438ccba1705137f16ce2eeeb717295fbecfe2.jpg

ほかに、大阪ブラックで有名な金久右衛門をはじめとするグルメブースも大充実。ステージの合間に、ランチやおやつタイムを楽しむ人で賑わいました。

20170128180336-fb8e99c7b4f97e6a98bbca13a2bdf272e5716e5d.jpg

20170128180352-932641974103141c98303d64fd72c397cc2efc12.jpg

20170128180405-a3cf1147cf5b2ce79cfbcbf4b0c50645b9da50d6.jpg

20170128180419-269038313bc9a5904343601bb37947a323c11001.jpg

20170128180510-8236eabc08b5437e9167aa6c1ce0cfdf7ad3b22e.jpg

また、メインステージでは、午後からもお笑いライブのほか盛りだくさんな催しが。この日はエンタテイメント業界から誕生した学校「大阪スクールオブミュージック高等専修学校」に通うリアル女子高生によりアイドルユニット、SO.ON projectが登場。大阪校より11名が出演し、パワフルなステージを繰り広げました。1曲目の『HEY YOU!』で一気に会場のテンションを上げる彼女たち、お客様による熱い声援を受けながら『Love Love Lovely☆』ほか全4曲を披露しました。

20170128180559-71bf98a566de749da805fe42ac378c3871dc9989.jpg

2月11日(土・祝)にはZeppなんば大阪で「SO.ON project単独公演〜第6期生卒業公演2017〜」を開催する彼女たち、終演後はアイドルブースで握手会を行い、ファンの皆さんとの交流も行いました。

20170128180636-c1eb66fe029bbcbc7e5f672b059535cecba88694.jpg

来月2月3日(金)から26日(日)まで、なんばグランド花月で開催される「THE舶来寄席2017 winter」のPRとして、もりやすバンバンビガロも楽しいステージを披露。ボール回しやリンゴを使ったジャグリング、ミニギロチンのマジックなどで沸かせました。最後の巨大風船を使ったパフォーマンスまで、客席は歓声と爆笑で大盛り上がり! 

20170128180820-834b5ad13ee6dd1e9ed372d0382209c27a78c33f.jpg

20170128180853-7d7daf3b0647aee224c0471e4ec2cb0a3a1b52b1.jpg

そのままガリクソン、愛菜によるエンディングとなり、明日のイベント内容などが告知されました。『M-1グランプリ2016』チャンピオンの銀シャリをはじめ、ダイアン、アキナ、すっちー、吉田裕、酒井藍、松浦真也などなど、明日29日も豪華出演者が勢揃い。ぜひ西梅田スクエアに足を運んでくださいね。

20170128180918-6672e3385b11bffccd6af65129739a80e354dda7.jpg

20170128180931-ffb49c6552d1f73be3192ebe30f3a42ce6a4b5aa.jpg

【ガリガリガリクソン】【福本愛菜】【ラニーノーズ】【ミキ】【尼神インター】【吉田たち】【川畑泰史】【今別府直之】【諸見里大介】【小寺真理】【天竺鼠・川原】【マユリカ・中谷】【ターザン】【モンブラン】【もりやすバンバンビガロ】【ビスケッティ】

2017年1月25日 (水)

お笑い&ライブのコラボレーション! 心斎橋VARONで「NANIWAdelic 〜新春歌わNIGHT〜」開催!

20170125193059-6a59ce9dd82184e432abab5134c1ff3c5612d172.jpg

お笑いやビジュアル系、ラップやアイドルなど、様々なパフォーマンスで大阪のライブハウスを熱く盛り上げているのが「NANIWAdelic」です。1月24日(火)には、心斎橋VARONで「NANIWAdelic@VARON 〜新春歌わNIGHT〜」が開催されました。

20170125191639-75abf070cc56266055ef51b6d3aab92ce59b64fc.jpg

まずはMCのヘンダーソンが登場。「NANIWAdelic」について説明するとともに、自分たちも「石焼き芋」でデビューしたことをアピールし、ダウンロードを促します。しかしリアクションが薄く、その空気に会場からは笑いが。そのあとも自己紹介やコール&レスポンスの声出しなどで会場を温めます。

20170125191809-b78d204f726d3599fd6a6108df4587e35eef2dd0.jpg

20170125191835-6f1224fda648a306819cccef4e38a3f04f281098.jpg

トップバッターの玉置レミは、アップテンポでダンサンブルなナンバーを次々と披露。弾けるようなダンスは見応え充分です。MCでは淡路島出身であることや、振り付けについてのトークも展開。はつらつとしたステージを見せてくれました。ライブ後のヘンダーソンとの絡みでは、「みなさんが温かくてうれしかったです」と笑顔。路上で行っているライブのエピソードなどを話していると「子安にばっかり話しかける!」と中村からブーイングが入るなど、ステージ上はわいわいと盛り上がります。4月16日(日)に行われるバースデーライブの告知なども行われました。

20170125191913-d34f88ec7896196729df8fbf3c7bea1848a0538e.jpg

続いてはお笑いの時間。ラニーノーズは2人ともギターを持ってやってきました。ネタは幼稚園のお遊戯会で歌を披露するというもので、「普段から女性を意識してる」という洲崎のナルシストぶりと、山田の歌うメッセージ色の強い歌のコントラストで次々と爆笑を生み出します。

20170125191955-85696405b886e943184993481d847e8a02ba86fe.jpg

20170125192036-997e6f8037c1f91ce7ca104dd9788b61dd77c721.jpg

2組目のミュージシャンとしてステージにやってきたのは、黒いドレスに身を包んだYES!。息の合ったダンスと笑顔あふれる歌声は元気いっぱい。MCでは、2人組のダンスボーカルユニットであること、普段とは全然違う客層で緊張していることを告白するなど、フレッシュさあふれるライブを見せてくれました。トークでは、ヘンダーソンも「ずっと動いてましたね〜」と、そのパワフルさに脱帽した様子。2月19日(日)に初のワンマンライブを行うことも発表されました。

20170125192130-514fe9a8b6c19c6dd9b63b67f4ece95f7fb21117.jpg

次はお笑いで馬と魚の出番。蝶ネクタイ、ベストにギターというスタイルで登場し、まずはR-1グランプリで準優勝したことをアピール。そして、今日の会場「VARON」のテーマソングを作ってきたということで、手拍子のなか歌い始めますが、あっという間に終了! と思いきやロングバージョンをすぐさま歌い出し、会場を盛り上げていきます。そのあともウェーブを起こしたり、ジャンプを強要したり、やりたい放題。もちろん本ネタの「アーティストの新曲を勝手に作るシリーズ」も大ウケでした。声を、顔を、メロディを、歌詞を、そのミュージシャン風にカンペキに仕上げるこのネタ。最後の曲の前には、まだ終わるな、と客席からブーイングが起きるほどでした。

20170125192250-2ea9e02b546952845d0760c585705460da008813.jpg

20170125192319-b5aad1f793ddc177883c862d2ea9b8aae6bfd0d9.jpg

3番手として登場したミュージシャンはLOCANDA、スタートからノリノリのステージングで会場を巻き込んでいきます。「そんなもんですか!? VARONパーティピーポー!」と客席を煽るなど、どんどんボルテージアップ。「NANIWAdelic」は初参戦ということで「楽しい!」を連発します。しかし、ライブ後には、楽屋で「緊張する」を連発していたとバラされるひと幕も。それからもトークのネタを楽屋でしっかり練習していたことを暴露されるなど、トークでもしっかり沸かせてくれました。

20170125192353-83c373944f19e43fee51f51ea4d626e5a47001ed.jpg

続いてはラニーノーズ2回目のステージ。今回は洲崎のみギターを持っての登場です。ネタは外国人ミュージシャンの英語MCをその場で訳したら...というもの。ユニークな訳が次々と飛び出すたびに会場では笑いが弾けます。最後は自然に手拍子も起こるなど、ライブさながらのネタとなりました。

20170125192441-89d7b4505350a13d22dbcbce33d945a473d2b363.jpg

20170125192516-459673b7e9d539a3f230fe5ccafcedb7ff742026.jpg

次のMari7は、冬らしい真っ白な衣装でステージへ。大人っぽい歌と合間に魅せるかわいいらしい笑顔のアンバランスさが印象的です。MCでは女性客が多いなか観覧している男性客にエールを送るシーンも。トップバッターとしてステージに登場した玉置レミとのライブが1月29日(日)に心斎橋で行われること、ユーチューブでMVが公開されていることなども告知しました。そのあとも女の子ならではのうれしさ、楽しさ、切なさを綴った歌を披露。しっかりと会場を盛り上げました。ヘンダーソンとMari7は、実は初めましてではないとのことで、トークもノリノリに。数年前に交わした「またいっしょに仕事しましょう」という約束を果たせたとのことで、最高の笑顔を見せていました。

20170125192613-c504e93b1544143821d5eb93a7c3c9d9308a0a1d.jpg

「続いては2回目の馬と魚」とヘンダーソンが言っただけで会場から笑いが起こるという完全ホームの雰囲気のなか登場した馬と魚。まずは鼻でハーモニカを吹けるということで、誰もが知っているヒット曲を演奏します。が、しっかり演奏できているにも関わらず、鼻にハーモニカを当てている姿に客席は爆笑。ほかにも、客席から言葉をもらって、即興で歌を作るネタを披露し、しっかりと笑いをゲットしていました。

20170125192722-ef027baf2a30783245634b81b5f006bb902ad183.jpg

トリを飾るのはTwo Sideです。2人組のパフォーマンスユニットで作詞、作曲、プロデュースまでこなすうえ、ルックスもいいというマルチすぎる2人。会場に詰めかけた女性客も最初からヒートアップしていきます。ライブはビートの効いたダンサブルなナンバーや大人っぽさ満点の甘いメロディを連発。かと思えば、MCではフレンドリーなトークで会場を盛り上げるなど、緩急自在のステージングを見せてくれました。

20170125192839-47ba09606ebeb8f211881da927913887793e011c.jpg

ライブ後のトークでは、Two Sideが去年の10月結成で、しかもすでに東京でワンマンをやっているということに子安は驚きを隠せません。「歌っていて楽しかった」と2人。1月30日(月)に行われるファンミーティングには「男性の方も来てください!」とアピールし、ステージを降りました。

20170125192922-f338d0c6d81547da10ab3ed6b3ea993932b07e68.jpg

これでライブもすべて終了...のはずがヘンダーソン・中村が「石焼き芋」を披露するということで、会場から歓声が!全員が高く上げた手を左右に振り、「石焼き芋」を盛り上げました。

20170125192958-245cd44bb371ad89a20d3b485ddaec77188dff73.jpg

最後は今日の出演者が全員ステージに登場。馬と魚が「石焼き芋」を披露したほか、3月28日(火)、本日の会場と同じ心斎橋VARONでラニーノイズの単独ライブが行われることも発表され、ライブは終了しました。「〜新春歌わNIGHT〜」のタイトルどおり、様々な歌が披露された今回の「NANIWAdelic」。今年も昨年以上の盛り上がりを見せることは必至です!



【馬と魚】【ラニーノーズ】【ヘンダーソン】

2017年1月24日 (火)

吉田たち&ミキの2017年は順風満帆!? 占いコーナーで大盛り上がりの「Hey!Brother!」

1月20日(金)、よしもと漫才劇場にて、「Hey!Brother!」が開催されました。先日の「第二回上方漫才協会大賞」で大賞に輝いた吉田たち、話題賞を受賞したミキ。そんな勢いに乗る"兄弟コンビ"がタッグを組む、大人気のマンスリーライブです。1月公演となるこの日も、立ち見が出る盛況ぶり。ネタにゲームにトークに、2組の個性が炸裂するひとときとなりました。

幕開けは、それぞれのネタから。ミキは、真冬だというのに何故か「怖い話」をテーマにした漫才を。亜生が「最近、聞いた怖い話」を昴生に披露しますが、そのストーリーはツッコミどころ満載。今年も新年早々、昴生の絶叫ツッコミが劇場にこだまします。

20170124145952-a4f16f77c9564737b0e57dc8939efbc292ea0e0f.jpg

一方の吉田たちは、「女の子の鼻毛が出ている」という緊急事態をいかにして本人に伝えるか...というネタで笑いを誘います。こうへい演じる女子の微妙にいらつくキャラも相まって、鼻毛クライシスは思わぬ展開に...。

20170124150124-8f065bab7f21dcf3f3c8d075b1c3c4b6d58f2676.jpg

お次は、毎回、公演の最後に発表される課題にのっとったコーナーを。今月は「Hey!運勢!」と題し、4人の2017年の運勢を占ってもらうことに。占いの館 千里眼
の藤堂玲子先生をゲストに迎え、気になる「恋愛運」「総合運」について見てもらいます。


20170124150234-2d131160f852087d0ec28b8a462b099014348327.jpg

四柱推命をメインに占う藤堂先生。四柱推命では、生まれた日にちだけでなく"時間"も関係するので、双子の吉田たちも持って生まれた運勢が変わってくるとのこと。事前に各人のデータを渡し、占ってもらった結果は...?

まずは「恋愛運」を、ランキング形式で紹介。3位、2位、そして1位と最下位を同時に発表します。3位は昴生! 微妙な順位に「エーッ!」とショックを受ける昴生について、藤堂先生は「性格的に言うと、熱しやすく覚めやすい。自由気ままにしたいタイプ」とズバリ診断。これを聞いた昴生以外の3人は「確かに!」と納得の表情です。何を考えているかわからない女性が相手の方が燃え上がるそうで、これには本人も思い当たる様子...? 亜生からは、昴生の大学時代の恋愛エピソードも明かされ、場内は大盛り上がり。4人は「占いって楽しいな!」と早くもノリノリになっています。

20170124150313-241e4139532d0442abdebdfc4aa17659c08cd1d9.jpg

2位は亜生! 天性のハンタータイプという亜生は、「恋愛になると周りが見えなくなるタイプ」で、「今から42歳までずっと、恋愛運は絶好調」だそう。あまりにも長い好調期に亜生のテンションは急上昇。ちなみに結婚に最適なタイミングは35歳。「これからずっとモテ続ける」亜生に、残る3人はジェラシーを隠せません。

20170124150343-15734fa844cb77cfeebe1fbcd96f0b9b9d358680.jpg

1位と最下位を兄弟で争うことになってしまった吉田たち。結果は、1位がゆうへい、最下位がこうへい! 衝撃の結末に、こうへいは崩れ落ちます。

ゆうへいは、藤堂先生曰く「基本的にモテる人。ちょっと神経質なところがあり、好みが細かかったりするが、平凡に、ちゃんと結婚できるから安心して」。つまり、4人のなかで一番安定していると言えるそうです。最下位のこうへいには、「今年においてだけ、恋愛はスピードダウンした方がいい」とアドバイスが。というのも、本人も認める通り、昨年までは仕事運が悪かったとのこと。しかし、今年からグッと上昇するため、「恋愛より仕事」がベターのようです。

20170124150429-e178c5f13edfe6f32e6d0e1feed9183883535cb4.jpg

ここで、亜生以外の面々も、自身の結婚時期が気になって仕方ない様子。藤堂先生に聞いてみると、昴生は34歳、ゆうへいは33歳または34歳、こうへいは38歳との答えが。4人とも30代半ばで結婚する可能性が高い!?ということで、「いっそみんなで『Hey!結婚式!』やる?」という提案も飛び出していました。

続いては、仕事運を含む「総合運」。こちらの3位はゆうへい! 元来マイペースな性格というゆうへいは、「今まで通り力を発揮すれば問題ない年回り」と藤堂先生。持ち前の個性的な発想を、どんどん出していけば吉。ただし、金銭の貸し借りから人間関係のトラブルに発展しやすいので、その点には注意を、とのことでした。

20170124150515-23a09abea54a465b0ba8775c733a1a018fccec01.jpg

2位は昴生! この時点で、こうへいは「今度も最下位だったら...」とおびえ始めます。昴生は、もともと仕事運がすごくありますが、今年は独立心が強くなり、新しいことに取り組む可能性も大。「ひとりでの仕事」という言葉に、「大声教室とか?」とツッコミが続々。しかしすっかり気を良くした昴生は、「オレ、月9いくで!」とまさかの目標を掲げ、「お前のゴールって月9なん?」と3人を戸惑わせます。ラッキカラーはオレンジ、という話が出ると、亜生らもそれぞれの色を知りたがり、ゆうへいは黄色、こうへいはホワイトゴールド、亜生は赤という結果が知らされました。

20170124150613-a6d0ea992e495c153d4d5005ed0c71be9be01fb1.jpg

いよいよ1位と最下位の同時発表。1位はこうへい、最下位は亜生! 

20170124150658-d5179390f51e96d91feb8d84c6b7315ddf7bca5f.jpg

こうへいは、前述の通り今年から仕事運がアップし、33歳から42歳はすごく活躍できる年回りなんだそう。向上心も高まりますが、少々飽きっぽいため、「新しいことに取り組んで、集中することが大切」と戒めの言葉も送られます。こうへいの素晴らしい運気に、ゆうへいは乗っていくべし、と藤堂先生。「振り落とされんなよ!」(こうへい)、「頼むわ」(ゆうへい)というやりとりに、客席からは爆笑が起こります。

20170124150726-ddada2b77078830bfbaed6bfc1d201c163be2b4c.jpg

最下位の亜生は、逆境に強い運勢で、あえて荒波に乗り出そうとする性格ながら、「今年はそれをしない方がいい」そう。さらに「年上の人にかわいがられることが、今年は少しわずらわしくなるかも。先輩を怒らせないよう注意を」と言われ、ドキドキの亜生。ともあれ、全員が「決して悪くない」という運勢だけに、今年も「Hey!Brother!」は安泰!と言えそうです。

20170124150753-17d532680a2370e6d3a2f06880576f2f7059de95.jpg

最後は、占いの結果が果たして当たっているのかを検証する(?)、「「Hey!運試し!」。「わさび寿司」や「おでこでタマゴ」など、「4人中1人が何かを引き当てる」ゲームで、幸運・不運を競います。「わさび寿司」では、こうへいが超辛い寿司を食べて悶絶! 「おでこでタマゴ」では、昴生だけが生卵を割ってしまい、引きの強さを見せつけます。

20170124150912-8474cf9149907d0eace0f42dab5e589844bc42ba.jpg

さらに、「顔ぞうきん」ではゆうへいの顔が真っ黒に、「ハンデ飴玉探し」では全員が顔を真っ白にしながら大格闘などなど、爆笑シーンが次々と。ラストは「口(くち)クラッカー」「風船爆破」のダブルパンチ。これをなんと両方とも亜生が引き当ててしまい、「さすが総合運最下位や!」「先生の占いは正しかった!」と納得の3人でした。

20170124150948-90d9cac7d7bd67e65129b6930dbb12275ca01037.jpg

エンディングでは、次回公演(2月11日)の課題「バレンタインと節分を楽しめ!」を発表。果たしてどんなネタ、どんなコーナーで楽しませてくれるのか、来月もどうぞご期待ください!

20170124151024-b2f0e4220bc07896dd879fcb62b0a05940b80043.jpg



【吉田たち】【ゆうへい】【こうへい】【ミキ】【昴生】【亜生】

| »