最新ニュースインタビューライブレポート

記者会見

2018年9月19日 (水)

西梅田ボーイズ&すっちーが熱烈PR!「よしもと西梅田劇場」リニューアルオープンを記念してお得なキャンペーンがスタート

きたる9月22日(土)、よしもと西梅田劇場が、改修工事を終えてリニューアルオープンします。これを記念して、9〜11月は「笑いの秋! 西梅田で大笑いしゅんのかいしぇんのかいキャンペーン」を開催することになりました。9月19日(水)に行われた記者会見には、この夏、結成された「西梅田ボーイズ」とすっちーが登壇。グレードアップした同劇場の概要やキャンペーン内容について説明しました。

20180919161520-0ded3408aa226cab3fd19ab7a00b779ef7f5182e.jpg

MCを担当するのは銀シャリ。

20180919161123-0c8f9503d1982eb5ced1255e42fafe607ea166bd.jpg

9月22日(土)のこけら落とし公演ではトップバッターを務めるふたりが、さっそく元気いっぱいに西梅田ボーイズ(清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介)を呼び込みます。白いシャツをまとってさわやかに登場した4人に加え、この日はさらにスペシャルサポーターの吉本新喜劇座長・すっちーも会見場へ。5人揃って、新しくなった同劇場をPRすることになりました。

20180919161201-ffc16528022adaeed233c662e5767cb0bf517a37.jpg

冒頭、銀シャリ・鰻から「西梅田ボーイズへの反応はいかがですか?」ときかれた4人は、「いろんな人に半笑いでイジられた」(清水)、「結成した日以来、今日、初めて集合した」(信濃)など、自虐コメント(?)を連発。しかし、諸見里は「俳優の高橋克典さんが(夏に)見に来られていたようで、(西梅田ボーイズの等身大)パネルの写真をブログに載せて、『自分の着た衣装と同じ』『仲間に入れて』と書いておられました」と報告し、注目度の高さをアピールします。

20180919161220-6485a8ff9d677d8c365b7fc9d08c32177d697806.jpg

まずは今回のリニューアルについて、西梅田ボーイズが紹介。「座席が700席から690席になり、そのぶん椅子の横幅が広く。各列に段差も付き、見やすくなった」「屋根がエアーの入った二重構造になり、雨音や騒音を軽減。冷暖房の効果も高くなる予定」「劇場正面スペースがフラットになり、入場口とトイレの間の段差がなくなった。外観や場内ロビーの装飾も新しくなった」「ベビールームが設置され、オムツ替えや授乳ができるようになり、お子さん連れの親御さんも安心」と、次々に注目ポイントを挙げていきます。さらに、「売店スペースを拡大し、よしもとエンタメショップが2倍の広さに。大人気のクレーンゲームが西梅田劇場にも設置されることになったほか、飲食物の販売スペースも」「すべてのトイレにウォシュレットが付き、暖房便座に」などなど、快適に観劇していただけるよう、さまざまな部分に工夫を施しました。

20180919161253-d41056ca79f6e7e292049569651697b222d5eab5.jpg

ちなみに、楽屋トイレにはシャワー台が完備されたそう。隣で聞いていたすっちーは、「リニューアルじゃなく改善です! 最悪やったお父さんがようやく朝起きてくれるようになった、という感じ」とツッコミを入れて笑わせていました。


キャンペーンの内容も盛りだくさん! 9月22日(土)〜24日(月・祝)には、来場者全員によしもと西梅田劇場オリジナルシールがプレゼントされるほか、9月25日(火)〜11月31日(金)には平日公演限定リピーター割引もあり。よしもと西梅田劇場のチケット半券または西梅田ボーイズのうちわ提示で一般当日券が500円引きになります。期間中、劇場スタッフの前でギャグを披露すると、オリジナルステッカーがもらえるというおもしろ企画も用意されました。信濃は「しなちゃんダンスなんかをやっていただければ」と自身のギャグを繰り出しましたが、残念ながら反応薄で、すっちーは「カーペットが擦れる音しかしない」とダメ出し。また、島田一の介の「腹立つな〜原辰徳」のギャグだけはステッカーがもらえない、と謎の警告も発していました。

20180919161333-7e16dc780b4be0bf788f09ea0ebd1b360a3b9d43.jpg

ほかにも、この夏、大好評だった「西梅田こども支配人」が、土・日・祝日の公演限定で復活することも発表。諸見里は「『よしもとID』からどしどし応募して」と呼びかけます。

すっちーからは、今年実施された「吉本新喜劇脚本家大賞」受賞の新人作家による舞台を、10月2日(火)〜8日(月・祝)のすっちー座長週に上演することも明かされました。「『金の卵オーディション』で演者を募集しているが、これからは作家さんも育てていこう、と。(新人作家は)レベルが高く、ルックスはもりやすバンバンビガロに似ている。たまに『バンバーン!』(もりやすの決めゼリフ)と振っているが、今はまだ返しの声も小さく照れがあるようだ」とのこと。新喜劇に新たな風を吹かせるべく、今後はこちらも年1回のペースで募集していく予定だと話しました。

20180919161407-a71cdef6d394c5eb2929244aaf9c248192d248f4.jpg

質疑応答では、「リニューアルにあたって芸人たちの声もかなり反映されたのか?」との質問が。すっちーは「お客さんに(セリフなどが)ちゃんと聞こえてるのか? (場内が)暑すぎへんか? とか。いろいろ言いに行ったこともあり、少しずつ改善していたが、今回、本腰を入れてリニューアルすることになった」と回答。「せっかく面白いことをやっているのに、『100%伝わっていないのではないか』という思いがあった」とも言い、今回のリニューアルを大いに歓迎しているようでした。

西梅田ボーイズの今後の活動についてきかれると、清水と信濃からは「前回のキャンペーン中、僕らは一度も(西梅田劇場に)出演していない」と衝撃の告白が。清水は「まずは出たいです。さっきから皆さんが言っている『西梅田劇場あるある』が、いまひとつわからない」と戸惑いを隠せません。一方、銀シャリは、「西梅田ボーイズ新喜劇を上演しては?」「西梅田ソングを歌っては?」など、新たな展開を提案。諸見里は「ライバルがいた方が盛り上がると思うので、末成由美さんとかをメンバーにした『西梅田オールドガールズ』を作るとか...」とアイデアを披露します。前出の高橋克典さんにも「ぜひ一度、新喜劇に出演してもらいたい!」とラブコールを送る清水でしたが、「高橋さんが(西梅田ボーイズに)入ってきたら、僕ら全員いらなくなる...」(吉田)と、不安の声も上がっていました。

20180919161434-35de3a9a249d460e98d42a6b9c4409210e73ff12.jpg

さらに楽しく快適になった、新生よしもと西梅田劇場。お得なキャンペーン期間中に、ぜひ足を運んでみてくださいね!



● キャンペーン概要

よしもと西梅田劇場リニューアルオープン!

「笑いの秋! 西梅田で大笑いしゅんのかいしぇんのかい キャンペーン」

期間:9月22日(土)〜11月30日(金)

会場:よしもと西梅田劇場

☆内容☆

(1)9/22〜24:ご来場者全員によしもと西梅田劇場オリジナルシールプレゼント!

(2)9/25〜11/30:平日公演限定リピーター割引!(よしもと西梅田劇場チケット半券または西梅田ボーイズうちわ提示で一般当日券500円引き)

(3)期間中、お客さまにギャグしてもらってオリジナルステッカープレゼント!

(4)大好評!「西梅田こども支配人」土・日・祝日の公演のみ大募集!

詳しくは、よしもと西梅田劇場HPへ!

http://www.yoshimoto.co.jp/nishiumeda-gekijo/

☎06−6147−2581(平日10:30〜18:00/土・日・祝9:30〜18:00)

【すっちー】【清水けんじ】【吉田裕】【信濃岳夫】【諸見里大介】【銀シャリ】

ラグビーワールドカップ 2019™ 開催都市特別サポーター(大阪・東大阪)にNMB48が就任、披露会見にメンバーが登場!

20180919084559-8e2579abb186a53670981dbbf85e4ad107c3d098.jpg
4年に1度行われる15人制ラグビー世界王者決定戦となるラグビーワールドカップ。2019年9月20日(金)を皮きりにアジアで初となるラグビーワールドカップが日本で約1ヵ月間に渡り繰り広げられます。来るべき大会に向け、国内外における大会の告知を図るため、試合会場となる12の開催都市では、ラグビーワールドカップ2019™ 開催都市特別サポーターの委嘱を行うことに。開催都市のひとつとなる大阪府・東大阪市の特別サポーターとして、NMB48の就任が決定。開催1年前まであと2日となった9月18日(火)、大阪府公館で就任披露会見が行われました。まずは司会者からラグビーワールドカップ2019™ の概要、大阪・花園ラグビー場での試合詳細、開催都市特別サポーター趣旨説明が行われたあと、桜色のジャージに身を包んだNMB48のメンバー15名が登壇しました。


20180919084704-44b7fac2c1c09c0a3f912d3a13c04597e3f5512a.jpg

20180919084703-df4ea64c09280836a1d62e000ec4a43e2d72ee70.jpg
続いて松井一郎大阪府知事の挨拶です。松井知事は、開催までいよいよ1年前になったことをアピール。今年は大阪にとって試練の年だったと振り返り、しかし大阪らしく笑顔で、みんなで乗り切りたいと力を込めました。そして来年のワールドカップに世界中から人が来てくれるようにしたいと熱弁。続けて「世界中の人におもてなしをしたい、でもそれがオッサンではダメ」と話すと、それを聞いた渋谷 凪咲が「ホントにそうだと思います」とツッコミ。会場は笑いに包まれます。知事は「いっしょにがんばっていきましょう!」とメンバーに協力をお願いしました。


20180919084744-8bec8fdf2be353f218b7cb8321bba56c5478bd39.jpg
続いては委嘱状の交付です。松井知事からラグビーボール型の委嘱状が渋谷へ手渡されました。知事は改めて「特別サポーターとして、大阪・花園開催を国内外に広く発信する協力を、我々といっしょによろしくお願いします」と伝えると、渋谷も「こちらこそよろしくお願いします!」と力強く応じました。

20180919084824-cc3791f2b4264038739a7e07ad2c689614bfc87f.jpg
そしてNMB48から太田 夢莉、内木 志、上西 怜、渋谷 凪咲がメンバーを代表して意気込みを語りました。太田はサポーター就任の話しを聞いたとき「まさかアイドルの私たちがラグビーと関わるとは」と驚いたそう。そして試合の動画を見たと話し、「魂のぶつかりあいに心が惹かれました、熱い試合を楽しみにしています!」と選手たちにエールを送りました。

20180919084912-37a592a5fdca6776125adfa1ddcee06b03039a4d.jpg
内木は、花園ラグビー場で世界戦が行われるので、海外に行かなくてもいいと笑顔。そしてラグビーのこともたくさん学びたいと意欲を見せました。


20180919084950-0004651023c082043f59f9fde502b7113d1bf3af.jpg
スポーツが大好きなことをアピールしたのは上西。アジアで初めてのワールドカップが日本で開催されることがすごくうれしいと話し、NMB48のみんなで盛り上げていけるように、初心者にもラグビーの魅力を伝えられたらと抱負を語りました。


20180919085018-d4aa090c3ccf35bf810723dc0e9c404a3f2597d5.jpg
渋谷はまず「すごく大きなイベントのサポーターに就任させてもらえたことをとてもうれしく思います」と挨拶。そして兄がラグビーで帝京大学にいたことを明かし、ラグビーは紳士のスポーツだと聞いていたこと、仲間のためにタックルに行く姿に感動したことなどを振り返ります。

今回のサポーターという大役については、「ラグビーチームといっしょの15名、がりがりひょろひょろもいるけど、強い気持ちで応援したいと思ってます」と笑顔。かっこいい戦いが日本、そして大阪府・東大阪市で見られることを楽しみにしているので、たくさんサポートできるようがんばっていきたいと、やる気を見せていました。


20180919085047-37fee92811f9e5a5467952fb285fc906b85cdf02.jpg
NMB48の意気込みを聞いた松井知事は「頼もしい!」とにっこり。「大会成功が実感できるような、すごい意気込みを語ってくれてありがたい」と話し、アイドルから世界中の方におもてなしを発信してもらえるということで心強い限りと手応えを語りました。


20180919085128-d83f6caccfeb0cb6daf137c6096da8796919e8c2.jpg
会見場には桜色のジャージを来たNMB48のポスターも設置。初めて見たという渋谷は、これが大阪のいろんなとこで見られると思ったらうれしい、おばあちゃんが喜ぶ、とうれしそう。太田はラグビーに興味がありつつ一歩踏み出せない方が、このポスターを見て踏み出すきっかけになれたらと期待を込めました。


20180919085248-808688695a9fb64f41a6ad7dd88fbaef7f3839b0.jpg
知事はメンバーが並ぶポスターを見て「誰が誰かわからん(笑)」と笑わせ、ラグビーらしくないので逆にいいんじゃないかな、目立っていいと思うと高評価でした。


20180919085323-ae15108e8d8fb45705c370b9224d501a047481fe.jpg
チケットの一般抽選販売は明日、9月19日(水)より開始。
東大阪市花園ラグビー場での試合日程は2019年9月22日(日)イタリアvsナミビア、9月28日(土)アルゼンチンvsトンガ、10月3日(木)ジョージアvsフィジー、10月13日(日)アメリカvsトンガの4試合となります。新しく生まれ変わった大阪・花園ラグビー場に是非足をお運びください。


【NMB48】【内木 志】【堀 詩音】【本郷 柚巴】【山尾 梨奈】【石田 優美】【渋谷 凪咲】【石塚 朱莉】【井尻 晏菜】【太田 夢莉】【久代 梨奈】【清水 里香】【上西 怜】【武井 紗良】【中川 美音】【水田詩織】


2018年9月17日 (月)

小籔千豊がドラムを務め、ゲスの極み乙女。川谷さんがプロデュースを務めるジェニーハイがついに『KOYABU SONIC 2018』初登場!

20180917211201-eaeb9ddce75ab883e1d3ca3581356708c65b83ef.jpg

『KOYABU SONIC 2018』最終日の9月17日(月・祝)に、小籔千豊(ds)、野性爆弾・くっきー(b)、tricot・中嶋イッキュウさん(vo)、ゲスの極み乙女。川谷絵音さん(G)、新垣隆さん(key)からなるバンド、ジェニーハイが出演! ゲスの極み乙女。川谷絵音さんがプロデュースを務める、豪華かつ異色の顔ぶれを揃えたスーパーバンドをひと目見ようと観客が詰めかけ、メインステージのフロアは満員状態! クールかつタイトな演奏で観客を熱狂の渦に巻き込みました。

ジェニーハイは、小籔がメインMCを務めるドキュメントバラエティ番組「BAZOOKA!!!」で共演したのをきっかけに誕生。今年10月17日(水)には、ファーストミニアルバム「ジェニーハイ」をリリースします!

パフォーマンス後、ジェニーハイのメンバーが囲み会見に応じました。プロデューサーも務める川谷さんは「知られている曲が1個しかないので。これから(10月に出る)CD(ファーストミニアルバム『ジェニーハイ』)を買っていただいて、PVも撮りましょう」と、これからのジェニーハイの活動に期待を込めていました。イッキュウさんは「ライブは2回目なんですが、ちょっと間が空いたので。これからもっとライブ力を磨いたり、今後の楽しみができました」と、こちらもこれからの成長が楽しみの様子。

新垣さんは「48歳になりまして。NGT48になりました」と、48歳になったことを報告。"にいがきたかし"を"NGT"とし、記者陣を沸かせていました。

くっきーは「ライブがすごく楽しかった。(この日のライブで)『SAGA』という曲をやらせていただいたんですが、『POISON』か『SAGA』、どちらをやるか、バンド内でもめまして。P(川谷)と殴り合い寸前まで揉めたんですけど、『SAGA』にしてよかったです」と言います。ちなみにくっきーは「『POISON』がよかった」そうですが、小籔によると「そんな揉めごとはなかった」とのことです。

小籔は、「コヤブソニックでジェニーハイがやれてよかったなと思います。吉本新喜劇ィズを広めるためにコヤブソニックをやってますが、ジェニーハイを広めるためにもコヤブソニックをやっていきたいと思います」と改めてコヤブソニックを続けると同時に、ジェニーハイも広めていくという決意表明に、メンバーから拍手が起こりました。

20180917211243-6cf161365ff64de230c115e6b3af60f5aff83286.jpg

ジェニーハイは、今年7月に開催された夏フェス「JOIN ALIVE 2018」に続いてフェス出演は二度目とのこと。小籔は「やっぱり『片目(片目で異常に恋してる)』が一番盛り上がるというか、浸透していますね。『片目』が浸透したら全部の曲が盛り上がっていくのかなと。それが楽しみです」と語りました。

「片目で異常に恋してる」は芸能界でもファンが多いそうで、「柳原可奈子さん、小島瑠璃子さんが『すごくいい曲ですね。ジェニーハイ、好きです』と言ってくださって。あと、モデルの方にも『かっこいい曲ですね』と言ってくださいました」と小籔。

記者から「紅白歌合戦は目指しますか?」と尋ねられた際は、「目指すのは勝手なので、目指させてもらってるんですが、いいですよね」としながらも、「芸人が紅白に出るのはびっくりしますよね。歌で出てる方はいるけれど、楽器を演奏して紅白に出た芸人さんはおるんかな? もしかしたらおるかもわからんけど、初めてならうれしいですね」と大きな野望を。

ジェニーハイが紅白歌合戦に出場できる可能性を尋ねられた川谷さんは、「2.5%くらい」と答え、思わず「ちっせぇ〜」とくっきー。しかし小籔は、「実際、そんなもんやと思うで。俺らが混じってて2.5%やったら、まだ高い方」と冷静。「俺たちが混じってるせいでダメになってる?」とのくっきーの質問に「この3人(川谷さん・イッキュウさん・新垣さん)だけやったら、一気に30%くらい上がる」と答え、記者陣は大笑い。

「ゲスの極み乙女。が選ばれないのにジェニーハイが選ばれるっていう可能性も」という質問には、「ゲスでは紅白、出てはりますもんね。他にも(バンドを)いっぱいやってはるし」と小籔が川谷さんに話をふると、「もともと(小籔が)紅白に出たいって言っていたので、叶えたい。願わくば両方で出演したいです」と優しい返答。小籔は「なんでも願いを叶えてくれますね」と、その言葉を喜んでいるようでした。

メンバー同士の仲がいいエピソードも飛び出しました。「永久に喋れる感じ。僕が練習しようとして席を外して、パッと帰ってきたらまだ喋ってるんです。仲よさそうな写真は(ジェニーハイの)インスタにも載ってますので。曲の話をしたり、食べ物の話とか...」と小籔。「その仲の良さが、演奏のグルーヴ感に出ていますか?」との質問には、新垣さんは「見えない感じで出ています」、川谷さんは「もうすぐ出始めます」と、やはり仲の良さも大きな力になっているようでした。

これからますます活躍の場を広げるスーパーバンド・ジェニーハイに、ぜひご注目くださいね!

20180917211309-bf4b5fad90b48bac238237336cba42522897a735.jpg

【小籔千豊】【野性爆弾・くっきー】

『KOYABU SONIC 2018』3日間出ずっぱり! 吉本新喜劇ィズ& 爆乳三姉妹が囲み取材に登場!!

20180917164646-9e835ca4ed396a258fcbb6620e9fd86731d66989.jpg

今年も昨年以上の盛り上がりを見せている『KOYABU SONIC 2018』。3日間で最高の人出となっている9月17日(月・祝)の最終日、イベントを盛り上げ続けた吉本新喜劇ィズと爆乳三姉妹が囲み取材に応じました。


小籔は3日間の奮闘で声がかすれていますが、今年のコヤソニについて「すごいアーティストが集まった時点で成功するのは間違いない、土曜日に始まった時点でみんなに任せとけば大丈夫だと思っていた」と話し、「今年は100点のコヤソニですね」と満足げな表情。金原早苗は、毎日お客さんも増えて、緊張感も上がっていったと振り返り、「これで終わりと思うと寂しい」と名残惜しそうです。


宇都宮まきは「お客さんはもちろん、アーティストの方に去年よりうまくなった、1年でどれだけ成長したかを見てもらいたい」と話し、昨日も出演したアーティストからホメられたのがうれしかったと笑顔。来年は今年よりもっと、1年ずつの積み重ねでうまくなりたいと、さらなる成長を願うと、「裸体さんもSPYAIRさんもめちゃホメてました」と小籔からうれしい話しが飛び出します。


今年7月に『完結』したチャットモンチーのベーシスト・福岡晃子(あっこちゃん)は、新喜劇ィズの成長が毎年目覚ましいと絶賛。その分、全員がちゃんとしたいという気持ちが強まっていると指摘し、最後はのびのびと演奏できるようにしたいと話しました。小籔も福島のことを「実質バンマス(バンドマスター)」と呼んでいるだけに、「のびのびやりたいと思います」と素直に従うことを誓っていました。


松浦真也は「こんな会場でやらせてもらえるのは夢のよう、照明がすばらしい」とのことで、いつもはなんとも思わない爆乳三姉妹に見とれたと告白します。その三姉妹の次女、森田まりこは「本当にすごいフェスで、3日間出演させてもらえるのがうれしい」と満面の笑み。ここから次女「最高よね?」長女・服部ひで子「胸がはちきれる思いです」次女「爆乳!」三女・岡田直子「ありがとうございました!」と続く、爆乳三姉妹のコンボが炸裂します。そして最後に改めて長女・服部ひで子は「去年より成長できたと思うので、来年に向けてがんばります!」とさらなる飛躍を約束していました。



【小藪千豊】【宇都宮まき】【松浦真也】【金原早苗】【服部ひで子】【森田まりこ】【岡田直子】


2018年9月16日 (日)

よしもと沖縄花月とステーキハウス88がコラボ!ステーキサンドを食べながら公演を楽しもう!!

よしもと沖縄花月は9月16日(日)、ステーキハウス88とのコラボレーションで誕生した「よしもと沖縄花月×ステーキハウス88 オリジナルステーキサンド」を9月19日(水)から、沖縄花月限定で販売することを発表しました。

20180916165957-8eb4b1b9561be08fde1b798c6ccb0b38590f6374.jpg20180916165954-af71221b90a2c875b7b2192139a49ce263f1f83d.jpg

おきなわ新喜劇の公演後に開かれた概要発表会には、ガレッジセールやありんくりんら、おきなわ新喜劇メンバーが登壇し、実際にオリジナルステーキサンドを味わう試食会を行いました。

20180916170924-5fa58eaaeeef3b15f97a5afd5f2fc3eb9eb90306.jpg

バンズからステーキがはみ出るほどボリューム満点のオリジナルステーキサンドに、興味津々と手を伸ばすメンバーたち。劇中でそば屋のお母さんを演じた福田加奈子さんはガレッジセールが取ったサンドを横目に「なんでそっちの方が大きいの!?」と嫉妬してしまうほど、魅力的なビジュアルのサンドになっています。

20180916170829-2932b4844c6e65a145957217a90281e0833e5d62.jpg20180916170816-0fd1d4a60cd45c6b58c385ba8aed176a9f228fe1.jpg

ゴリも食べる前から思わず「先に言っていい?めっちゃ旨かった!」とボケてしまうほど、見た目から食欲をそそるサンドに仕上がっています。実際に食べたゴリもビジュアルに負けない味と食べ応えに納得の表情で、川田は「ステーキはもちろん美味しいですが、バンズも美味しい」とステーキサンドとしての完成度の高さに太鼓判を押していました。

20180916171420-0e916399cfc5eda734edd41be9e5885b3053ee40.jpg20180916171508-c49f5c114644bb1942f13d083599da504231b698.jpg20180916171358-d1a271f5c2a00a4dfbd4d80ca2a748a5b15c33e7.jpg

ありんくりんから歴史(生まれてからの)が長いとイジられながら、味の感想を聞かれた福田さんは「私の歯でも食べられる」と肉の柔らかさを評価。空手家役の譜久原明さんは「よしもと沖縄花月も多角経営に乗り出したんだね」と笑いを誘って、オリジナルステーキサンドのお披露目の場を盛り上げてくれました。

20180916171745-b27d7a6727815dd51695e4ef0e275b62a3fe97fe.jpg20180916172405-43b06ead53eaf74e09bf01a36cb826e0f91cb176.jpg

最後に行われたフォトセッションでは、ステージ上でオリジナルステーキサンドを片手にポーズをとるおきなわ新喜劇メンバーを、観客のみなさまにも思い思いに撮影いただき、司会のありんくりんがSNSなどでの拡散を呼び掛けました。

20180916172655-37b738dcf82bae6d67c850837464461c5f852a64.jpg

オリジナルステーキサンド単品は9月19日(水)より発売し、オリジナルステーキサンド付きチケットは10月公演から販売開始を予定しています。またオリジナルステーキサンドの購入には観覧する公演の3日前の19:00までに予約が必要で、9月16日(日)より予約受付を開始しています。公演当日30分前に劇場チケットカウンターで商品を受け取り、客席にてステーキを食べながら公演を観覧することができます。

まだまだ続きそうな暑さに負けないようスタミナをつけ、またこれからの食欲の秋に向けて、よしもとのお笑いとステーキハウス88の本格ステーキを同時に味わえる、オリジナルステーキサンドを是非、ご堪能ください。

<よしもと沖縄花月×ステーキハウス88 オリジナルステーキサンド 概要>
【名称】よしもと沖縄花月×ステーキハウス88 オリジナルステーキサンド
【価格】1000円(税込)
【発売日】
■ステーキサンド単品:2018年9月16日(日)予約受付開始
           2018年9月19日(水)発売開始
■ステーキサンド付きチケット:2018年10月公演より発売開始
【注意事項】
※各公演日3日前19:00までの受付です
※開演30分前〜開演までに劇場チケットカウンターにお問合せの上、ステーキサンドをお受取り下さい。その際に人数分の「公演チケット」の提示が必要です
※開演から1時間後に引取りに来られない場合は衛生上の管理のため、廃棄いたします。その際の返金は出来ませんので、予めご了承ください
※購入後のキャンセル・変更不可

『KOYABU SONIC 2018』でちゃらんぽらん・冨好とスチャダラパーがコラボ!『KIMURA SONIC』でおなじみ、ファンキー木村も登場!

20180916182824-8e6f40b78925864e20e488a0208657ec035399b8.jpg

『KOYABU SONIC 2018』2日目の9月15日(日)、ちゃらんぽらん・冨好がスチャダラパーとコラボし、『今夜はブギー・バック』を熱唱! さらに、バッファロー吾郎Aが2014年までコヤソニの翌日に開催していた『KIMURA SONIC』もステージ上で再現。キムソニでのAのキャラ、ファンキー木村もステージに姿を現し、往年のファンを喜ばせました。

パフォーマンス終了後、スチャダラパー、小籔千豊、ちゃらんぽらん・冨好、バッファロー吾郎Aが囲み会見に応じました。

20180916182842-ae5b583335a64806cffe034d2c2eecdc97030104.jpg

小籔は「スチャダラさんには1回目からずっと出ていただいて、フェスの作り方や相談も、いろいろやらせていただいています。そして、10年くらい経った今でもこうして出ていただけるというのが本当にうれしいですし、10年があっという間やったなという風にも思いました」と喜びをかみしめていました。

続けて「(バッファロー吾郎)A先生とのつながりで、スチャダラさんと僕は仲良くさせてもらっています」と話し、「スチャダラさんが、『A先生がやっていた"キムラソニック"を再現したい』とおっしゃったので」とコラボのきっかけを明かしました。「じゃあ、(『今夜はブギー・バック』の)小沢健二さんのところは誰がうたいます? となって、候補があった中で冨好さんになりました。冨好さんも普段から優しくしていただいております。バリバリお世話になってる5人です」と5人に感謝を。

Boseさんは「最初の頃は新喜劇の方と絡ませてもらったり、僕らは毎回いろんなパターンでやらせてもらっていて、以前はコヤソニの翌日に木村さんと『キムラソニック』をやっていたのが久しくやれていないので、『コヤソニで再現できたらうれしいな』と相談しました」と明かしました。

ステージで『今夜はブギー・バック』を歌い切った冨好は「初めてコヤブソニックに出してもらって、ありがとうございます。普段から、ちゃんとやっていたら誰かが見てくれているという。ありがとうございます」と何度もお礼を。続けて「今回は、2つ意外なことがあった」と冨好。ひとつ目は、「こんな大々的なコヤブソニックやのに、1回もリハーサルなしで、本番30分前に(現場に)入って『はい、やってください』って(笑)。こんな気楽なんはあれへんわ! 小籔くん、また呼んで」と、コヤソニの魅力にハマった様子。あとひとつの意外なことは、「小籔くん(の出身高校)が、近大付属やったこと」と、お得意の高校野球ネタを。すると「冨好さんの下のお名前が、"真(まこと)"っていうのも意外でした」とBoseさん。これを受けて冨好は「"ゆうじ"とか"しんいち"っていう感じ、せえへん?」と自分の名前のイメージについて答えていました。Aは「こんなに好きな人たちと、まさかあんなステージで一緒に歌える、一緒にいれるというのは貴重な体験なので、本当に芸人になってよかったなと思いました」と、大感激だったようです。

20180916182903-82147a577bb83f36b3ff409a6e8cd891371a4e81.jpg

質疑応答では、キムソニでおなじみのAのキャラ、"ファンキー木村"についての質問が。小籔は「A先生には去年も出ていただいていて、そのときは演歌歌手(八公太郎)です。なので、ファンキー木村としてコヤソニに出演してもらったのは初めて、という感じですが、なんやかんやで出てもらってるので、何がファンキーかどうかもわからない」とのこと。

毎回、コラボで何をやるのか相談して決めているというスチャダラパーと小籔。小籔は、「僕が『こういうのがありますが、いかがでしょう?』と相談して、たとえば(2017年の)岸大介(ダイアン・西澤)のときは、動画を添付で送ったら『絶対これでお願いします』と。ハードルが低いというか、この方たちがいいと思ったら知名度は関係ありません」と人選の方法を明かします。今回のファンキー木村はBoseさんからのリクエストで、冨好は小籔からの提案。「おふた方にお願いしたら、すぐにOKをいただいたので早かったです」と決定までスムーズだったことを明かすと、冨好は「小籔くんからしたら、おれはドラフト1位やな? 吉田輝星や」と満足そうでしたが、小籔に「そんなええもんやない」といなされていました。

冨好には、「大きなステージで歌った感想は?」との質問が。冨好は「歌ったのは初めての経験でしたね。気持ちよかったです。でも、音の取り方は大失敗しましたね。所詮、ド素人ですわ」と反省も。とはいえ、「いきなり行くっていうのが、あれ、スリルがあって最高やわ」とステージを楽しんだようでした。

「すごく攻めたコラボだな、と思いましたがステージ上から見てお客さんの反応はいかがでしたか?」との質問も。小籔は、「『コヤソニに行ってからキムソニ』というお客さんが多かったので、ファンキー木村さんが出た時に『ワァー!』と喜んでいる人たちは、だいたい顔を見たことがあるくらいの人ばかりで(笑)。マッド・キムソニファンでした」と、長く愛されるコヤソニ、キムソニの歴史を感じさせます。一方、「冨好さん出てきた時も『わー!』と笑ってはったけど、ずっとスベっていましたね(笑)。とくに『ミルクハニー』は、僕が死ぬほど笑いました」と、冨好が「ミルク&ハニー」と歌うところを「ミルクハニー」と歌った点をふり返りました。これを受けて冨好は、「『アンド』がなかなか...。『ヤンアメリカン(ヤングアメリカン)』もうまく歌われへん。一応俺、英検2級やねんで!」と吠えましたが、小籔から「英検2級で、なんで『ミルク&ハニー』が言われへんねん!」とツッコまれ、記者陣は大爆笑。

Boseさんは、「こんなにコヤソニをやっていて、まだ『小沢健二が来る』と思っている人がいる。そんなお客さんの反応が素直でおもしろいです」と語り、「これまで(Mr.)オクレさんが出てきたり、(ロバート)秋山くんが出てきたり(笑)」とかつてのコラボを懐かしんでいました。

【小籔千豊】【ちゃらんぽらん・冨好】【バッファロー吾郎A】

2018年9月14日 (金)

17年ぶりの再演が決定! 内場勝則プロデュースのオムニバスコメディ「四つの理由」合同会見開催!!

20180914170349-7177571d0dd6963ee1eca026a8d6ee85e28335fb.jpg

2001年に上演され、大きな話題を呼んだ内場勝則プロデュース、後藤ひろひと作・演出の『四つの理由』。4つの血液型を描くオムニバスコメディであるこの舞台が、17年ぶりに2018年バージョンとして再演されることが決定しました。9月14日(金)には吉本興業本社にて、内場勝則、石丸謙二郎、大路恵美、後藤ひろひとが合同会見を実施。初演時と同じメンバーである4人が、再演にかける思いを語りました。

内場は、2017年に後藤ひろひと作・演出の舞台『FILL-IN(フィル・イン)〜娘のバンドに親が出る〜』で、素晴らしい演技を披露。東京・紀伊國屋ホールを連日満員にした同作に続く後藤とのコンビで、17年ぶりの再演を行うこととなります。今回の舞台、内場は4つの血液型を演じ分けるという難しい役どころ。ハーバード大学人文学部文化人類学科八尾南分校の教授兼清掃夫で、16年かけて入手した血液型占いの信憑性を裏付けるデータを元に検証、研究の果てに出された答えはいかに...というストーリーとなっています。


20180914170445-443c302e7a87d2fd8f8adcaae2220ec6cb05634c.jpg

4人で集まってみると、17年ぶりというのに全員がほぼセリフを覚えていたそうで、よりパワーアップしておもしろいものができたらいいなと内場。そもそもは17年前、内場が後藤に自分のものを何か書いてもらいたいとオファーしたのがこの芝居のきっかけ。初演と今回の違いについて質問されると、時代も変わっているので、いいものは残しつつ、背景などは変わってくるところもあると思うと語り、後藤との初めての作品であるので大事にしたい、とりあえずはずっと笑ってもらおうかなという面白い作品であることをアピールしました。


20180914170535-c5c3fb32156037e89f3228703c67f6bdf35cd96b.jpg

続いて今回の芝居にちなんで、自身の血液型を聞かれた内場はB型と回答。助けられることが多いのはO型と話し、後藤もO型であることに続けて「ウチの奥さんもO型、すごく助けられてます!と書いていてください」とリクエストするひと幕も。


20180914170609-1b23e74f073ba3569abd839e11c17a2bb43ac0d6.jpg

その後藤は内場の役者としての技術が上がっていることに言及。「17年前は大きな声だけが武器だった」と笑わせたあと、昨年の芝居についても触れ「大泣きする芝居をしてもらった、信頼関係がいい方向に変わってきてる」と内場の演技に太鼓判を押しました。

そして17年前のライブハウスでの初演を振り返りますが、客席をちゃんと設定していなかったため、3列目より後ろの人は見えなかったらしい、と告白。長い演劇人生の中で唯一「金返せ」とアンケートに書かれたことをずっと悔やんでいたそうで、この作品はちゃんとおもしろかったんだぞということを、17年かけてブラッシュアップしてお見せしたい、と意気込みを語りました。


20180914170703-b6cfbc35a1703779d06d115e2f801a4acbc4cb87.jpg

ストーリーについては「名優内場勝則が4つの血液型を演じ分ける、すごそうに聞こえるけど大したことない」と笑いを誘い、最初のA型は内場の一人芝居、次のB型は大路さんと2人、O型は石丸さんが加わって3人、最後のAB型で4人での芝居になることを明かしました。そして、初演では映像なども流していたものの、「今回はもっと落ち着いた構成でやるつもり」と、内容についても言及。さらに、今回やってみていい作品だなと思ったら続編も...とやる気十分の様子でした。


20180914170740-8b264b3c6023e8ed09cb6e561dbbde4555cd4429.jpg

石丸さんは、これまで舞台をやってきた中で、「あれ、もう一回やりたいな、と思う芝居の筆頭」と、この芝居をベタボメ。いつかやろうと言っていたのが17年ぶりに実現したとうれしそうに語り、本来なら1カ月ぶち抜き公演をやりたいくらいの勢い、とやる気をみなぎらせていました。そして、この舞台で仲間4人とできるのがどんなに楽しいか、明日本番にならないかと思うくらい楽しみとうきうきが止まらない様子。役者・内場については天才と思うことがあると話したあと、「稽古場の面白いこと! この人すごいな〜と思いながらやってます、稽古場にお客を入れてお金を取りたいくらい」と笑わせました。


20180914170812-7d87c59e09b2e04c7758aeabffe76d2f509947b0.jpg

大路さんは「また楽しい舞台に呼んでもらえてうれしい」と笑顔。自分自身が1ファンとして楽しみであるとともに、演者としてもがんばりたいと抱負を語りました。17年という時間については、体力も落ちてきたりするけど、あの楽しい舞台で、皆さんに会えてうれしいという気持ちだけは全然変わらないと笑顔で話しました。


20180914170858-2ca5ad277dd28409fd928cd6b0e2475f3d56525a.jpg

そんな4人が口をそろえたのが「17年ぶりなのに、お互いがびっくりするほど変わってない」ということ。しかし、後藤が「稽古に入ったらまた変わるかも」と話すと「衰えが出てるかも!」「(動きが)遅ッ!とか?」と盛り上がります。内場は「全く同じメンバーでやれるのがうれしい、このメンバー以外は考えられない」と語り、前よりもっともっと楽しんでもらえると思う、と自信をのぞかせました。


20180914170946-3baeb01e61df46b408a9507f0bc8bef8c787cbd5.jpg

20180914171019-c9cde2080ca1080c06f8bdb937dd8abc7347c0a3.jpg

後藤は「当時は力任せ、ノリでやったこともいっぱいあった」と振り返り、いろんな失敗を経験した上でじっくり取り組める、と今回の芝居は手応え十分の表情。内場も「新喜劇とは全然違う、その辺も違う刺激があって楽しい」とやる気を見せていました。


20180914171119-f2a99f741206bf87f189ef5928ada5c2c76dc6b0.jpg

東京、大阪で開催される「四つの理由」。普段の新喜劇とはまた違った表情を見せる内場の演技は要注目。17年ぶりの再演となるこの舞台、絶対に見逃せません!



【内場勝則】【後藤ひろひと】


20180914171256-6824989b843a973a1d2c3dcf9ffdce557cabdca8.jpg

四つの理由


◆出演

内場勝則、石丸謙二郎、大路恵美、後藤ひろひと 


◆公演日時

11月9日(金)

18:30開場、19:00開演

11月10日(土)

14:00開場、14:30開演

18:00開場、18:30開演

11月11日(日)

12:30開場、13:00開演

16:00開場、16:30開演


◆会場

YES THEATER

住所:〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

TEL:06-6630-0220


◆公演日時

11月16日(金)

14:00開場、14:30開演

18:00開場、18:30開演

11月17日(日)

12:30開場、13:00開演

16:00開場、16:30開演


◆会場

あうるすぽっと

住所:〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F

TEL:03-5391-0751


 

◆料金

前売 5,000円、当日 5,500円


◆チケット取り扱い

・チケットよしもと 0570-550-100【公演Yコード:506177】

http://yoshimoto.funity.jp

発券・直接購入⇒ファミリーマート

・チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:489-150】

発券・直接購入⇒サークルK・サンクス、セブンイレブン、ぴあのお店

・ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:57579】

発券・直接購入⇒ローソン、ミニストップ


◆主催

吉本興業株式会社


◆企画・制作

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー


●都合により出演者が変更になる場合がございます。

●ビデオ・カメラ、または携帯電話等での録音・録画・撮影・配信禁止。

●5歳以上有料。4歳以下は保護者の膝上鑑賞1名のみ可。お席が必要な場合は有料。


【チケットのご予約・お問合わせ】

・チケットよしもと予約問合わせダイヤル 0570-550-100

 24時間受付 ※お問合わせは10:00~19:00


2018年9月13日 (木)

桂文枝が、桂きん枝、月亭八方らと『五人噺の会』を開催!

20180913204104-a054f23e17c05762ff58e9b81984a30c678bd122.jpg

10月5日(木)、よしもと祇園花月で新たな落語会「五人噺の会」が開催されます。こちらは、桂文枝を筆頭に、桂春団治さん、月亭八方、笑福亭松枝さん、桂きん枝の5人が出演する落語会で、平均年齢はなんと69.8歳! 9月13日(木)、会の中心となる桂文枝が『五人噺の会』について語りました。

「(上方落語協会会長の任期中)私を支えてくれた皆さんとはしょっちゅう会っていたわけではないものの、電話でいろいろ話をしたり、集まる機会も多かったのですが、上方落語協会の会長を退いてからその機会も減り、どうしているのかなと思っていたんです」と開口一番に文枝。先日、きん枝が夜中に倒れたというニュースをネットで知ったとこともあり、「それぞれ70歳前後になりましたが、これからまだまだみんな元気で頑張ってほしいし、切磋琢磨してやりたい。また、集まって安否確認もしていきたい」という目的で落語界会を開くことに。

20180913204052-994e7fba321d557490ecc7cbcc0921bc293734e7.jpg

これまで師匠クラスの噺家が集って落語会を開くことはあまりなかったため、「ほぼ病気の話になる(笑)」と笑いつつ、「楽しくやりたい」と意気込みました。また、「5人で力を合わせて、若い人の力になって上方落語協会の執行部を支えてあげられたらと思います」とも語りました。

10月5日(木)に行われる初回では、文枝がトリを務めることが決まっています。また文枝の弟子が開口一番を担当。次回からは、トリを取った噺家がトップバッターに回り...と順番も考えています。「皆さん、いい噺をもっておられるので、こういう会を通じて5人でいろいろ刺激を与えながら、上方落語をちょっとでも盛り上げて力になれたらと思っています」と文枝。来春に四代桂小文枝を襲名するきん枝に対しても「何か力になれれば」と手を差し伸べます。

今後の目標としては20回記念、30回記念とやっていきたいと気合をいれつつ、「できるだけ続けていきたいと思いますが、一人欠けたら誰かを新しく入れるとは考えていません。『五人噺の会』でスタートして、一人でも欠けたら『四人噺』、『三人噺』というふうに...」と笑いを誘いました。

開催頻度は3カ月に1回、年に4回は開きたいと文枝。「どこかでやってほしいとリクエストがあったら、みんなで温泉旅行がてら行けたらいいなと思っています」ともう一方の展望も。よしもと祇園花月での会は7年ぶり。天満天神繁昌亭や神戸新開地・喜楽館でも精力的に落語会を開いている文枝は、「このメンバーではやるにはそれなりの大きさも必要だと思いまして、京都でも落語会をやりたいという思いがあったので」といきさつを語ります。「京都らしい噺がどなたかから出てくると思いますし、これからみんなで話し合って京都らしいネタを作ってやるかもしれません。このメンバーでやるからには、キャパを考えたら一番いいのではないかと思ってよしもと祇園花月にさせてもらいました」と続けました。

20180913204052-d3ca90eecaac91eba8d22e6134bb070cf13767b6.jpg

初回は落語のみの構成で、口演する演目は現時点では未定とのこと。「今回はトリを務めさせていただくので、前の落語を見ながら楽しく終わるような噺をしたいなと思います」との構想を明かしました。また、「年寄りが集まって面白いこと、新しいことをやってるでということが若い人の刺激になったらいいなと思っています。ただただ落語をやっているだけではなくて、若い人に刺激を与えられることができれば」と上方落語の更なる発展も念頭に置いていることを示しました。

上方落語協会の会長職を退いた今、その実感を尋ねました。すると、「会長をやっている時も自由にやっていましたが、今は自由になって楽しい毎日を過ごしています」と文枝。しかし、「でもやっぱり寂しくなったというのもあります。みんなと会えなくなったいうか。何かあったら春団治さんから『こんなことになってるけどどうや』とか相談を受けたり、きん枝さんとか、みんなから電話があったんですけど、そういう電話がなくなったのでどないしてんのかなって...」と率直な心境も明かします。それだけに「8月に創作落語の会で『目には蚊を!』をやりましたが、あれは80歳の話でした。80歳に向けて元気に頑張っていけるような会にしたいと思います!」とさらなる笑顔で語りました。

20180913204052-52b1b9392700b7f5c08d3e30f73fa07c3476ffc4.jpg

文枝といえば創作落語の名手で、その数は300作近くに及びます。現在は『大阪市24区創作落語プロジェクト「参地直笑 祭(さんちちょくしょう まつり)」』も手掛けており、近々此花区の落語を発表します。続けて、西淀川区、東淀川区、淀川区と待ち受けており、「これは大変なことを引き受けてしまった」と語りつつも、「毎日毎日あっというまに過ぎていく」と充足感も覗かせます。

落語を作っている時は次から次へとアイデアが沸いてくるという文枝。「これまで以上に創作のアイデアが沸いてくるので、稽古は一生懸命しているつもりですが、それでもちょっと足らんなぁという感じです」と今なお衰えぬ創作意欲を語りました。

『五人噺の会』では一体どんなネタが飛び出すか、ご期待ください!

【桂文枝】【月亭八方】【桂きん枝】

e-sportsを芸人と楽しむ!10月から『よしもとPresents e-sports×道頓堀ZAZA BOX』開催決定!

20180913000704-de00697d3c6656c80a48b8b03218a9d782530db7.jpg

今年3月、吉本興業株式会社は「e-sports(エレク トロニック・スポーツ)」に本格的に事業に参入することを表明しました。世界各地で高額賞金をかけて競う大会が数多く実施され、オリンピック競技として検討されているなど、盛り上がりをみせている「e-sports」。日本でも競技人口が増加していることを受けて、10月の1カ月間(※一部を除く)、大阪・道頓堀ZAZA BOXにて「e-sports」のイベントを開催することが決定しました!

今回の目玉としては、一般の方々も参加可能な『鉄拳』、『PUBG』などのイベントもあり、なんと優勝賞金10万円を用意! そのほかのゲームも調整中とのこと。

これに先立ち、9月12日(水)、ドスパラ大阪・なんば店にて「〜プロゲーマーもアマチュアも芸人も関係ない〜『よしもと Presents e-sports×道頓堀ZAZA BOX』」の開催発表記者会見が行われました。会見に出席したのは、ゲーム大好き芸人の面々。インパルス・板倉、スーパーマラドーナ、アキナ・秋山、よしもと芸人初のプロゲーマー・ジョビン、さらに『鉄拳』のプロライセンスを所持する社会人プロゲーマー・加齢さん、近畿大学e-sportsサークルから菊池拓海さんが出席しました。司会はスマイル・瀬戸が務めました。

20180913000724-48fd0dfc1c27875c4856a15592315e30c21bb16c.jpg

20180913000739-c5a995c4ee3cac71721b3c1d0f32e85d808ab242.jpg

インパルス・板倉は、誰もが認めるサバゲー(サバイバルゲーム)好き。サバゲーそのものはもちろん、ゲームでは『PUBG』モバイルにハマっているそうで、「一時期はゲームのやりすぎはよくないと控えていたんですが、『PUBG』だけは逃れられなかった」とか。

20180913000805-bc294c38e1857a15658f94bca5e91e6cd360088d.jpg

『PUBG』は、100名のプレイヤーがそれぞれのステージで武器や知恵を使い、最後のひとりになるまで戦うサバイバルゲーム。「僕をハメるために作られたのではないかと思うほど。1日12時間以上やってしまったことがあり、睡眠時間を削るしかなかった」と魅力を語ります。『PUBG』の世界にハマるあまり、日常生活でもビル群を歩いては「スナイパーに狙われているのではないか」と屋上に目をやり、飛行機を見かけては「補給物資が落ちてくるのではないか」と目をこらすなど、現実世界との境目が曖昧になるほどのハマりよう。さらにゲーム内のボイス機能を使ってほかのプレイヤーとコミュニケーションを取ることができ、さまざまな人間模様が垣間見られるのも魅力です。板倉自身も日本人少年と友情が芽生えたこともあったそうです。

20180913000830-71ce00ad5d3b9725ace74d14eab6b1278de71087.jpg

アキナ・秋山がハマっているのは、サッカーゲームの人気シリーズ『Winning Eleven(ウイニングイレブン)』。この日は気合を入れてサッカー日本代表ユニフォームを着ての出席です。「ウイイレは本当に大好きで、毎年、新作が出たら購入しています。プレイヤー人口も多いから対戦できるし、操作も簡単。芸人さんでもやっている人が多いし、女性でも日本代表チームが好きな方は多いと思うので、ぜひ広めていきたいです」とのこと。サッカー経験のある秋山は実際にプレーする方が好きだったそうですが、ウイイレに出会い、選手の動きのしなやかさなどあまりのクオリティの高さに「ゲームでもできるんや!」と感激したといいます。

20180913000847-3cd36f4382c7a2c2c7a3facc394fa8c7be4f8e7e.jpg

スーパーマラドーナ・武智がハマっているのは対戦型格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズ。小学5年生の頃に出会ってからというもの、ゲームセンターに通いつめていたそうです。芸人になるため大阪に出てきた時も、『ストリートファイター』の猛者たちが集まると言われていたゲームセンターに足繁く通い、60連勝を達成したことがあるのだとか。さっそく武智に『ストリートファイター』の魅力を語ってもらおうとしたところ、「3年連続ファイナリストなので今年こそ」や「もうすぐ勝負ネタが2本できる」など、『M-1グランプリ2018』の話をし始め、記者陣から笑いが起きていました。改めて『ストリートファイター』の魅力を尋ねたところ「すれすれの戦いで出てくるアドレナリンがたまらない」といいます。とくに試合開始直後の駆け引きや、ノーミスでスーパーコンボ(超必殺技)を入れた時はたまらないのだとか。キャラクターが豊富なのも魅力で、「自分に合ったキャラクターを見つけて、思いのままに操ることができるようになったら、強い相手にも太刀打ちできるようになります」と熱く語っていました。

20180913000904-7186e5b73b7f4a77599e29c3da35ace78c63fe45.jpg

一方、田中にもゲーム愛を尋ねたところ、だしぬけに「"e"sportsって! ゲームの"G"とちゃうんかーい!」と吠え、なにやらメンバーとは温度差がある様子。実は小学生以来ゲームはやっていないと白状し、武智に「なんで来てん!」とツッコまれていました。

20180913000915-e21f0cbaab745dc5fadfda1ea157885de93d708e.jpg

20180913000928-973472717afed9b41441a119521d641900cbce3e.jpg

続いてはよしもと芸人初のプロゲーマー・ジョビン。プロゲーマーとして世界最大級の格闘ゲーム大会に出場するほどの腕を持つ彼は、実はもともと総合格闘技のチャンピオンという異例の芸人。「格闘技とゲームの格闘技は、似ているんです。勘を磨くために日々トレーニングもしています」とのこと。実践経験が豊富なだけあり、「よく対戦相手との読み合いが上手と言われます」と、格闘技と格闘ゲームの奥深さを語っていました。

20180913000939-e7e105e2d6cc4d968939cafbd8fae80fed93a4ef.jpg

社会人プロゲーマーの加齢さんは、小学生時代からハマっているという『鉄拳』の魅力を。厳しい受験戦争に揉まれていた小学生の頃、ストレス解消に立ち寄ったゲームセンターで『鉄拳』と出会い、その魅力にみるみるうちにハマったといいます。「『鉄拳』には『ストリートファイター』のような飛び道具はないですが、浮いているクマに続けてコンボが成功したときの爽快感がたまらないんです」と嬉しそうに語っていました。

20180913000949-bdf85e2c67f7e7cc8cb1116d537d3f7195b7c367.jpg

近畿大学e-sportsサークルの菊池拓海さんは、「うちのサークルでは140名ほどが所属していて、いろんなゲームを扱っています。なかには大会に出場している子や国内のランキングに入っているメンバーもいて、『ゲームとしてではなく、e-sportsとして取り組みたい』と刺激を受ける人が増えています」とその注目度の高さを語りました。

では実際にゲーマーたちの腕前を見せてもらおうと、武智とジョビンが『ストリートファイターV アーケードエディション』で対戦することに! キャラクター選択で、武智は「ベガ」、ジョビンは「ネカリ」をセレクト! はたして勝負の行方は...?

20180913165914-0320c5b0e69d53a0c94ff91be389a48b6c1d3558.jpg

20180913165339-fb17d9848131db2fee4074fd89b447a02b2121a5.jpg

20180913001119-c7fd2a0fc523b7afc6e5c42f359d9c956e2a5f1e.jpg

ジョビンをいいところまで追い詰めた武智ですが、最後は強烈な技を決めたジョビンの勝利! プロゲーマーを相手に善戦した武智は「僕もやれんことはない!」と改めて自信を深めた様子。武智は近年、M-1に忙しくてゲームに時間を避けていないとのことで、ジョビンは「基本的な攻撃やガードはできているので、ぜひやってほしいです」と熱望。これに対して武智は「M-1が終わったらね!」と答えていました。

20180913001257-d767a84001f4bf6186a9e43bc65466ff31d81af3.jpg

質疑応答では、ゲーム愛が深い板倉に「吉本がe-sportsに参入することで利点は?」との質問が。板倉は「ゲームをやっていることが役立つ案件が増えるならありがたいです。これまでは、ゲームをやりすぎて『俺は何をやっているんだろう』という感情が湧き上がったことがあるんですが、これからは、『イベントがあるから』と言い訳できるのがありがたい」と語り、武智も「すごくわかる!」と共感していました。

20180913001348-027def52aa0521ae4ce8b8a586f6012817967289.jpg

また、オリンピック競技として検討されていることを受けて「オリンピックを目指しますか?」という質問に「世界のランカーをナメないほうがいい」と板倉。かつて、あるゲームに500時間以上を費やし、武器などすべてのレベルを最高まで上げたにもかかわらず、世界ランク20万位だったそうで「一桁のランカーになるには何をすればいいのかわからなくなった」という経験があるそう。武智も「オリンピックに出場するのは、M-1優勝より難しいかも」とのこと。『ストリートファイター』で腕を鳴らした武智でも最高ランクは4万5000位だそうで、「小5からやり続けた僕が4万5000位ってことは、費やす時間と、いかんともしがたい才能が必要だと思います」と語りました。

20180913001411-dcc9fea11311eb4613eaed738087471c7af66adb.jpg

加齢さんには、これからますます広がりを見せるe-sportsに向けて、「スーパーマラドーナ・田中さんのようなビギナーでも楽しめる秘訣とは?」という質問も。加齢さんは「まずはパッケージを見て『これおもしろそう!』と思ったものをプレイするのがいいと思います。あと、友だちとプレイできるゲームもオススメですよ」と教えてくれました。

ゲーマー芸人たちと一緒にe-sportsが楽しめる「〜プロゲーマーもアマチュアも芸人も関係ない〜『よしもと Presents e-sports×道頓堀ZAZA BOX』」は、道頓堀ZAZA Boxで10月1日(月)からスタートです!

今回、会見に出席したインパルス・板倉、スーパーマラドーナ、アキナ・秋山がそれぞれする出演する日程もありますよ! ぜひお越しくださいね!

20180913001429-e2cecf8b91714a1e67107812e6dcb287c7ff215f.jpg

⬛︎イベント詳細

〜プロゲーマーもアマチュアも芸人も関係ない〜『よしもと Presents e-sports×道頓堀ZAZA BOX』

場所:道頓堀 ZAZA Box(大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル地下1階)

お問い合わせ:0570-550-100(チケットよしもと)

【インパルス・板倉】【スーパーマラドーナ】【アキナ・秋山】【ジョビン】

【スマイル・瀬戸】

2018年9月 6日 (木)

「桂きん枝独演会〜Final〜」開催決定!四代桂小文枝襲名を前に「今までやってきたことを形に残す」3日間

来たる10月12日(金)〜14日(日)の3日間、大阪・天満天神繁昌亭にて、桂きん枝が「桂きん枝独演会〜Final〜」を開催することが決定しました。来年春に、きん枝改メ四代桂小文枝を襲名する運びとなっており、「きん枝」としての独演会は今回が最後となります。これに先駆け、9月6日(木)に記者会見が開かれ、きん枝が出席。同公演に向けての意気込みや、襲名を控えた現在の心境などを語りました。

20180906174902-d10f8dc927672c408e35ee8ade6b1e1af17b6dfd.jpg

「ちょうど来年、この世界に入って50周年になる。そこで『きん枝』として何か形として残しておきたいという気持ちがあった」と、開催の経緯を説明したきん枝。例年は1日のみですが、今回は3日間にわたる公演となり、「私にとっては非常に高いハードル」と表情を引き締めます。と同時に、「そない努力家タイプでもないし、兄弟子のように目ェむいてがんばるタイプでもないので、自分なりに今までやってきたことを発表できれば」と、いつもの自然体で語りました。3公演という初の挑戦に向け、ネタ選びをはじめ現在、準備の真っ最中。「ひとりでも多くのお客さんに来ていただきたい」と力を込めて呼びかけました。

各日とも、きん枝は二席を披露するそうで、「ネタは当日までのお楽しみ」とニッコリ。ゲストには、繁昌亭でもおなじみの豊来家幸輝さん、二代目宮史郎さん、春野恵子さんが登場。豊来家幸輝さんについては、「色物さんは、後に出てくる落語家をつぶさないのがいちばん大事。東京にはいろんな方がいらっしゃるが、大阪にはなかなかおられず探していたところ、豊来家一門さんがいらっしゃった。それ以来のお付き合い」。二代目宮史郎さんに、最初に繁昌亭出演をお願いしたのもきん枝で、「ちょっとびっくりするような芸を見てもらえればいいと思って。その前からやから、かれこれ(交流は)10年以上になりますね」だそうです。春野恵子さんについては、「何か色気もなかったらいかんな、と思い、女性を選ばせていただいた」と明かしていました。

20180906160432-de2c4d4b9beca22448dde79ab275b1c5516090fd.jpg

さらに「うちの一門の方も出ていただくが、ほかのご一門からもおひとり出ていただく」とのことで、合計五席になる予定。「集大成的なネタを?」との問いには、「そう言うほど大層な生き方もしてませんが、そうなればいいかなと思っております」と答えました。

「きん枝」の名前についてきかれると、「愛着もございますし、色気のあるいい名前だと思っております。うちの一門で継いでくれる子もおらんやろうから...ムリして継ぐこともないでしょうし、継ぎたい、継がせたいという人が出てきたらそうなるでしょう」。続いて、亡き師匠、五代目桂文枝(三代目桂小文枝)のことに触れ、「私みたいな者をこの世界に入れていただいて、今のような形に育てていただいた。うちの師匠じゃなかったら、私が途中でやめてたかもしれませんし、よその一門ならクビになっていたかも。懐の深いやさしい方だった。感謝している」としみじみ語りました。

20180906160504-a943f2d255fca2e286c60c942dd2dbdba7a0f90f.jpg

襲名に向けての準備は、「いろんな方にきいてみると、肩ひじ張らんほうが楽やで、と言われる」としつつ、「これから本腰入れなアカンとは考えておりますし、襲名のときにうちの師匠の代表作で、私が好きやった『たちぎれ』をできれば」。最近は、東西落語会の交流も活発になっており、「向こうにもいい噺がいっぱいあるので、そういうものも取り入れていけたら」とも考えているそうです。

若い頃は、師匠から教わった噺を一字一句間違えないように...と考えていましたが、今はまた違った心持ちで落語と向かい合っている、とも。「細かいことを決めずとも、登場人物の人間性を考えればおのずと落語は続いていく。きちっと覚えるのではなく、そういうゆったりとした覚え方もある。あとは、なんかあったときはごまかす、なんとかしてその場を切り抜ける(笑)」と笑顔で話していました。

桂きん枝49年の歩みを凝縮して魅せる3夜連続の独演会、ぜひこの機会に足をお運びください!

20180906174745-550ab071ebfb4c22f8df8fa41f654345e3264ab5.jpg



【桂きん枝】

| »