最新ニュースインタビューライブレポート

ライブレポート

2019年1月19日 (土)

博多華丸・大吉、ジャングルポケットら人気者が総出演! 茂造もアドリブ祭りで大暴れ!『東京グランド花月』

12月25日(火)、銀座ブロッサム中央会館にて『東京グランド花月』が開催され、ザ・ぼんち、博多華丸・大吉、トータルテンボス、とろサーモン、アキナ、トット、ジャングルポケット、吉本新喜劇メンバーが出演しました。

漫才、落語、コント、新喜劇など、大御所から人気の若手までが総出演する『東京グランド花月』。12月25日(火)~28(金)日の4日間にわたって行われた本公演は、どの回も満員御礼、大盛り上がりの公演となりました。

この日のトップバッターはアキナ。結婚をテーマにした漫才で、両親が離婚してしまった子どもを演じる山名ですが、その子どもが5歳とは思えないくらい大人びていて......。5歳なのに「この社会にメス入れさせてもらいます」と宣言したり、「結婚生活ムズい」とこぼす山名に笑いが起こります。
20190119091423-8db0a82649815edaa932c86e9a05b5536eb89955.jpg
続いてはトット。吉本坂46でCDも出しているという、歌がうまいと評判の多田が、自慢の歌声を披露しようとチェッカーズの『ギザギザハートの子守歌』を歌い出しますが、相方・桑原のボイスパーカッションのレベルがすごすぎて、歌がまったく入ってきません(笑)。結局、相方を押しのけて拍手喝采を浴びる桑原でした。
20190119091451-4dbbf9d162fe84a8e100c648763b8a3f662fd84f.jpg
3組目のジャングルポケットはコントを披露しますが、コントの前にミニトークコーナーが設けられ、観客にそれぞれ自己紹介します。おたけの実家が月島で「竹の子」というもんじゃ焼き屋さんをやっているので「ぜひ行ってみてください」と宣伝したり、太田はレスリングで日本一になったことがあるなど、一通り自己PRがすんだところでいよいよコントへ。
20190119091519-4e50bce3e3a2c237b9a64a76aa0e886a8ae74e5c.jpg
会社の機密情報を聞き出そうと男(斉藤)を誘拐し、あの手この手で聞き出そうとする2人(太田・おたけ)ですが、脅し方が斬新すぎて......。斉藤が困惑すればするほどお客さんの笑いが大きくなっていました。
20190119091546-3456f2f4b8f7ae1d99c211b0ca08ac856365b7f5.jpg
続いてはとろサーモン。登場するなり村田はお客さんに「世間を騒がせておりますけども、炎上炎上で"あぶりサーモン"になっております」と自虐を込めた言い回しであいさつします。肝心の漫才では、万引きをテーマに久保田が得意の早口を生かして万引きGメンを演じ、お客さんを沸かせていました。
20190119091612-9c27b8377fc1aa4cf9a1efcfdabe455eccb7d27c.jpg
5組目はトータルテンボス。結婚を推進していきたいという大村は、どんなプロポーズの言葉がいいかを提案していきます。さらになぜか「神父に憧れている」と言い出し、藤田に新郎役をやらせる大村ですが......。あいかわらずの飄々とした、しかし安定の面白さを誇る漫才を披露するトータルテンボスでした。
20190119091644-c9a1db9208952277a409884900986fcaa524c1d9.jpg
続いては博多華丸・大吉。すでにベテランの風格を漂わせる華大ですが、登場するなり「どうも初めまして。日本の朝の顔でございます」とあいさつし、笑わせます。漫才では、第2次ベビーブームに生まれた自分たちの子供の頃を振り返りつつ、「今はおじさんばっかり。日常生活でおじさんが雑に扱われている」とこぼします。
20190119091722-30826d2bb9564db842f6daa4777c9223941da2f6.jpg
20190119091751-7b17e2619a80c2eebf353ae60a8ffefa9ba055a9.jpg
また、ネタ中に勢いあまってマイクスタンドを倒してしまう華丸を見て、「何回やってんのこのネタ......」と本気で呆れる大吉に笑いが起こる一幕も。

ネタパートのトリを飾るのはザ・ぼんち。おなじみの「おさむちゃんです!」で客席を沸かせたあとは、お互いの人生を振り返ります。10歳の頃から50年ずっと一緒だという2人は、そのせいか、合わせたわけでもないのに人生のサイクルも似ているそうで、結婚も同じ年、子どもも同い年なんだとか。しかし孫の話題になると途端にムキになり、ケンカを始める2人のおじいちゃんたちなのでした。
20190119091826-85771703f40e233d87448aa23a2d8e6044da8488.jpg
10分の休憩をはさみ、続いては吉本新喜劇。今回の新喜劇は、辻本茂雄座長のもと、アキ、平山昌雄、森田展義、大島和久、奥重敦史、レイチェル、もじゃ吉田、玉置洋行、松本慎一郎、永田良輔、五十嵐サキ、鮫島幸恵というメンバーで構成された「茂造のハッピー・クリスマス!」です。

ホテル・エテルを舞台に、1組のカップルがホテルを訪れるところから物語はスタート。今日からアルバイトが来るはずなのに、遅刻していることをオーナー(大島)がぼやいていると、トナカイモチーフにデコられた自転車に乗って、サンタ風の衣装に身を包んだ茂造が「メリー・クリスマ~ス!」とさっそうと現れます。
20190119092150-eaac039ae0a79ae2eaa54db48b3d5d0836056fe9.jpg
20190119092228-0a14149c0c07247fe3da2ac51dbb7f808008c3a0.jpg
20190119092300-7820b0c1ff90411244c54541d140677ea3f966f3.jpg
お客さんだけではなく、ホテルの土地を狙う不動産屋の男たちも登場しますが、若干緊張ぎみのメンバーを見て「東京に呑まれるなよ!」と叱咤激励する茂造。あいかわらずのムチャぶりを繰り広げ、「今日は茂造のアドリブ祭りじゃい!」と、劇団員を追い込んでいきます。あまりの追い込みぶりに、オーナーから「あんたさっきから自由にやりすぎやで!」とツッコまれる茂造でした。
20190119092402-3aea042a617e8424243fc8d660a19a0f73ad0feb.jpg
20190119092439-0cf82fb3890eb5fedb2a88355f1eb47a4a942501.jpg
20190119092509-b7e3c612cc602c83c9cab75f6fa6fb42c4936972.jpg
ダンス教室で知り合ったというカップル(奥重・五十嵐)がDA PUMPの『U.S.A.』ダンスを披露したりと、時事ネタもきっちり取り入れつつ物語は進行。平山金融の借金取りも現れますが、彼らもすぐさま茂造のアドリブ祭りの餌食に......。「さぞ面白いことを言うてくれるんやろうなぁ」という最強の脅しをかけられ、冷や汗が止まらないメンバーとは対照的に、お客さんは大爆笑です。
20190119092727-1a41af5b3a10bf5dd91f0858d0a3a37fd0b300d2.jpg
20190119092601-454b88fc0a16c446dbb27c359c658f9717485473.jpg
今回、独特のファッションに身を包み、ストーカー役として登場したアキも、セリフの途中で噛んでしまい、茂造に「おまえも東京あかんか!?」とイジられてしまいます。
20190119092808-29d08d8feef77400eb4cd0ec3bea8f3a3a863d56.jpg
なんだかんだあって、でも結局最後はめでたくハッピー・エンドとなった物語。終了後、あまりのお客さんの盛り上がりぶりに、思わず「お客さん、めっちゃ元気!」と、お客さんにもツッコむ茂造でした。
20190119092901-86cca84dfa7b5fca4fb679632a4a5ef6dc5e7f09.jpg
20190119093001-5d463539fb630ac97e70175faefd7f28dea547a7.jpg
次回の『東京グランド花月』は、2月10日(日)・11日(月・祝)に有楽町・よみうりホールで開催されますので、ぜひ足をお運びください!
20190119093125-56f0c3228c42b15522ce70bbc57cea7db4e7a2de.jpg


【ザ・ぼんち】【博多華丸・大吉】【トータルテンボス】【とろサーモン】【アキナ】【トット】【ジャングルポケット】【辻本茂雄】【アキ】【平山昌雄】【森田展義】【大島和久】【奥重敦史】【レイチェル】【もじゃ吉田】【玉置洋行】【松本慎一郎】【永田良輔】【五十嵐サキ】【鮫島幸恵】

2019年1月18日 (金)

50分にわたるオープニングアクトで幕開け!爆ノ介presents「爆音〜明けまして奏でさせて頂きます〜」は音楽ありゲームありの大盛り上がり

1月17日(木)、よしもと漫才劇場にて、「爆音〜明けまして奏でさせて頂きます〜」が開催されました。爆ノ介率いる6人編成のバンドが中心となり、音楽ありゲームありで繰り広げる大人気イベントが、新年早々の登場! 今回も、立ち見エリアまでぎっしり満員の観客とともに、ライブハウスさながらの盛り上がりを見せました。

開演時間になると、爆ノ介がひとりで幕前へ。

20190118142814-801f2782bd59e9aa8a4c739317469a1edcef0e2a.jpg

「自分のイベントだから前説も自分で」のモットーのもとしゃべり始めますが、やはりここは助っ人が必要...ということで、前回に続いて「手伝ってくれる便利な人」ジュリエッタ・井尻を呼び込みます。井尻は自身の名前「寛太郎」から「桃太郎」「鬼太郎」など変化をつけていくコール&レスポンスで沸かせ、"頼れる男"ぶりを発揮。

20190118142846-de129ccdc7b3f8cf38a17d7289baf80468a3e6f7.jpg

これに感化されたのか、爆ノ介は「オレもやっていい?」と映画『ボヘミアン・ラプソディ』でおなじみ「エーオ!」「エエエオー!」のシャウトを。観客からもシャウトが返ってくると、爆ノ介は「みんなにパセリをかけたい!」と大喜びです。ちなみに、爆ノ介の顔に施されたメイクは「爆音仕様」で、なんとラインは足までつながって描かれているとのこと。これを聞いた観客からは、驚きの声と笑いが起こっていました。

20190118142923-e2bdb51afe22b3a47eb5b386363267396a4a6405.jpg

続いて「上手に歌ってみたい歌がある」(爆ノ介)と歌い始めたのは、Berry Betterの『Very Berry Better!!〜音感、リズム感のない男達〜』。スルスルと開いた幕の後ろにはギターのラニーノーズ、ドラムのダブルアート・真べぇ、ベースのプリマ旦那・野村、トランペットの爛々・萌々が控え、文字通り爆音を奏で始めました。さあ、ここから恒例のオープニングアクト=出演者紹介です!

20190118143013-0173a5254142825f6fe760c59354376901217c08.jpg

ジュリエッタのふたりは、井尻が自慢の歌唱力を披露、相方の藤本はギャグを使った"ギャグササイズ"の二本立て。

20190118143133-887e75d1a3dcaa33dce23998c3b8cdd74b07d7a9.jpg

20190118143151-d9fcc5c9a7c2eaba561ab853f9ce1a988209307c.jpg

お次のミキは、亜生が昴生の頭に白髪を発見、それを豪快に抜くというくだりを延々と繰り返し、最後は昴生が吉本新喜劇・未知やすえ風にブチギレていました。

20190118143216-a9af4ea213e55cd006e9bc45c1716a2d962f22a0.jpg

ヘンダーソンは「トイレの花子さん」をバンドの演奏に乗せてロックテイストに。

20190118143259-21260982b219f5633247a32466dd03eb9ab50c54.jpg

てんしとあくまは、川口のツッコミに怒ったかんざきが、あの「おしおきの歌」を発動! バンドの生演奏により、さらにおどろおどろしい雰囲気を醸し出していました。

20190118143316-cbdad8bfd4aa54adc1efa95d142543e29661a034.jpg

プリマ旦那は、演奏を止めてストレートな漫才を。しゃべりまくりの野村に、河野はまたしても置いてけぼり!? 

20190118143339-76820c0641fcd987a9429b9909298d0cb83dc577.jpg

萌々が大国をイジり倒すボケで笑わせたのは爛々。もちろん萌々のトランペットソロもあり!

20190118143400-5548212cc6eda7e48a543d6c7199d27f05e5a57d.jpg

ラニーノーズは「10回クイズ」をバンドメンバーに仕掛けていきます。

20190118143432-9e5796fdcba7922eebe6fd73e39fe04e56caa78c.jpg

吉田たちは「花いちもんめ」のネタを、バンド仕様で展開しました。

20190118143521-8576205cbe02a73013d4aaed0cf3d0d58a8327be.jpg

大東が体調不良でお休みとなり、東ひとりで臨んだダブルヒガシ。こちらも「花いちもんめ」のネタがありますが、爆ノ介が代役として大東風に歌い上げ、東と観客を喜ばせました。

20190118143550-4271ff82f742327f84c1ea9f576ecdf9b9f67fd6.jpg

シゲカズですは「意味のわからないものへのメッセージ」と題し、「ちょっと待たせる女」などに怒りを爆発させたほか、「マンゲキカウントダウン」で見る者を震撼させた"走りのフォーム"も再現!

20190118143627-1cbb5e1ee254a5699ab923692704d7bfa44bde62.jpg

広木が美川憲一さんになりきるネタで場をさらったデルマパンゲ。

20190118143651-72f86db0a33de33a6ca261a4b1c08d8babc9eea9.jpg

ダブルアート・タグはもちろんスペースアイドル・FOX EYEで大歓声を浴びます。

20190118143706-44f406b0e75a3323b9b2a29b2782245656b5b6ec.jpg

そして、東京から参戦のアイロンヘッドが舞台へ! バンドをバックに「旗あげ」を行うと、事前に配られた紅白の紙を使って観客も参加。

20190118143727-9feb696c47e80245a4457387e2eb8ea8dffdc364.jpg

出演者と客席が一体となったところで、爆ノ介が「この後のコーナーも盛り上がるで!」と叫びフィニッシュ。なんと50分にもおよぶパフォーマンスで、ようやく本編の幕開けとなりました。

20190118143757-0401612300ab8b924cb61cfa2d3ffae808724796.jpg

ひとつめのコーナーは「爆裂クイズバトル!」。MCは河野が担当し、デルマパンゲ、野村、ダブルアート、ラニーノーズの青チームとジュリエッタ、吉田たち、てんしとあくま、爆ノ介の赤チームに分かれてクイズに挑戦します。

20190118143819-4335e2a4b5e9d6a2c831c9efc119b3572bf28200.jpg

「曲のタイトルを当てましょう!」は、有名な歌手のジャケット写真を見て、曲のタイトルを当てるというもの。正解は10ポイント、不正解でもおもしろければ5ポイント与えられます。1問目の長渕剛さんのジャケット写真には、雄鶏が映っていたため「焼鳥屋しようかな」(迫田)、「昨日の砂肝おいしかったですか?」(野村)など鶏関係の回答が多発。美川憲一さんのメイクのままの広木は「もっと端っこ歩きなさいよ」と、キャラを生かしたひとことを発します。

20190118143943-806ba846bc9dd950b191d70d8ed3ff8689ed4011.jpg

なかなか正解が出ないなか、ラニーノーズ・山田の答えに、河野が思わず「それを英語に」とヒントを。無事に正解したものの、赤チームからは「ひいきだ」とブーイングも...。この後も、松崎しげるさんらのジャケット写真に、大喜利を思わせる珍タイトルが続出。また、デルマパンゲ・迫田が下ネタを連発したため、得点がマイナスになるというプチハプニングもありました。

20190118143959-f71b026be664a468c37be8a97a267c049955b611.jpg

有名な曲のタイトルを聞き、記憶を頼りにジャケット写真のポーズを再現する「ジャケ写ポーズ揃えましょう!」でも両チームがヒートアップ。先攻の赤チームは小田和正さん『ラブストーリーは突然に』のジャケ写に挑戦します。川口をはじめ爆笑ポーズが並ぶなか、唯一、吉田たち・ゆうへいが正解!  

20190118144034-5646afd101946982176fd9e02682d9f16cd5676c.jpg

対する青チームへの問題は、鈴木雅之さんの『違う、そうじゃない』。こちらはラニーノーズ・洲崎が正解、タグは方向だけが違い無念の不正解に...。しかし、その後のKANさん『愛は勝つ』ではしっかり正解し、ガッツポーズで喜びを表現。ふたつのクイズが終わり、結果は55対60で赤チームの勝利となりました。

20190118144100-55e1e3f518620a0c95813799aa446fe577895712.jpg

ふたつめのコーナーは「爆裂!フリースタイルアタック音バトル」。MCゆうへいのもと、爆ノ介、プリマ旦那、ヘンダーソン、ダブルヒガシ・東の「チーム爆裂」、アイロンヘッド、ミキ、爛々、シゲカズですの「チームナポリ」に分かれ、さまざまなアタック音に合わせたボケで対決します。

爆ノ介VS.亜生は『火曜サスペンス劇場』のアタック音で勝負。亜生は、だるまを手に振り向きざまの顔芸を決めるも、首が回り切らず(?)失敗。それにインスパイアされた爆ノ介も、同じボケをアレンジして果敢に攻め込みます。ドローが続くなか、三度目の正直でようやく亜生が勝利しました。

20190118144146-fea1c1daa1970df44c2e8eb5c2c0f3270a815174.jpg

20190118144205-a7eff33036866c1c6b320115a0714c1edf04b79c.jpg

子安VS.萌々へのお題は、大阪メトロ御堂筋線のメロディ。拡声器を持って「楽屋の風景」を演じた子安と、ゴリラを抱きながら替え歌スタイルで笑わせた萌々の勝負は、萌々の勝ち!

20190118144232-8def4d8b62f085d524a7bc5d2baebc0ee18d4f4c.jpg

20190118144246-fc2ca8792dc992ed65fcbab7e6ebbac90657368b.jpg

この後も、『ダウンタウンDX』アタック音の東VS.大国や『スーパーマリオブラザーズ』アタック音の河野VS.昴生などなど好勝負・珍勝負が連発。『新世紀エヴァンゲリオン』次回予告音で対決した中村VS.辻井では、辻井がセッティングした小道具を、ボケる前に中村が片づけてしまうという天然ボケが飛び出し、舞台上は騒然! 

20190118144318-3fa53e7830d93be9054051f7d4665761b76ecd97.jpg

野村VS.シゲカズですの対戦では、『名探偵コナン』のひらめき音に、シゲカズですが運動神経の鈍さをからめたつぶやきを合わせて大きな笑いを呼びます。野村はかぶりものを駆使して応戦しましたが、この勝負はシゲカズですに軍配が上がりました。

20190118144344-2a3f8239444503a1d195240d9661f17aa269fbcb.jpg

チーム爆裂の人数がひとり少ないため、最後の対戦はナポリVS.中村に。『ルパン三世』タイトル音に乗せてボケるはずが、いきなり噛んでしまい撃沈のナポリ。ところが中村のボケも不発に終わり、まさかのナポリ勝利! これで5対2となり、チームナポリがチーム爆裂を破りました。

20190118145333-126d8b8506a99ef690bb6c87f6f432801fe0d9e8.jpg

20190118145357-87887cfc7c8f54ffa1b7d38e20807f6dd5341ec2.jpg

イベントも大詰め、〆は「爆音!ムチャぶり全力メンバー紹介!」。バンドのメンバー紹介の要領で、出演者たちがムチャぶりに応えていきます。

一番手の川口がでんぐり返りで「ハイテンションゾウ」になりきれば、子安は肩を怒らせて「ハイテンションヤンキー」を表現。「ハイテンションドラえもん」のお題を出された井尻は、全身を使ってドラえもんと思えぬドラえもんを体現しました。さらに、こうへいやかんざき、東、ゆうへいらが成功させるなか、中村は「ハイテンション稀勢の里」をローテンションに演じてしまい失敗。広木も「ハイテンション卓球」でアウトになってしまいました。

20190118145458-8c0c924790024801c3ebdd48cdc3aed79c1d68d4.jpg

20190118145545-89506fd21da83558d668b45f736f6a0dca3ff9ba.jpg

途中から挑戦者は2人組、3人組へと増員。ナポリ・辻井・シゲカズですは、アイロンヘッドのふたりが息の合ったところを見せ「ハイテンション桃太郎」をクリア。タグ・昴生の「ハイテンション喧嘩」もタグのハードな蹴りが炸裂し、爆笑をさらいます。中村も「ハイテンションテトリス」をなんとか決めて全員成功! 〆はもちろん爆ノ介。「ハイテンション新喜劇」を、ひとり何役もこなしながら披露しました。

20190118145616-c5a33ab6f39fc45e7de09267abdeca3c3a4e60a0.jpg

20190118145642-1c9668bf3a80dd5cb31d990a18d2a07e5af4d25a.jpg

エンディングでは、THE BLUE HEARTSの『キスしてほしい』を全員で大合唱!

20190118145718-431a78a57744088af2a7f0bca1ec9740564c8e74.jpg

20190118145740-ed34e5c9416fe633a0aa20acdb8cd7dc6e15e82b.jpg

出演者らがはけたところで、イベントを支えたバンドメンバーが手をつないで挨拶すると、この日いちばんの大きな拍手が起こっていました。次回の「爆音」も、どうぞお楽しみに!

20190118145804-1b1a33eb39199cc48117b757a3f44e054c4ea0e3.jpg



【爆ノ介】【ダブルアート】【プリマ旦那】【ラニーノーズ】【ジュリエッタ】【デルマパンゲ】【てんしとあくま】【ヘンダーソン】【吉田たち】【ミキ】【シゲカズです】【爛々】【アイロンヘッド】

相席スタートの恋愛教科書『恋愛迷路は気づかないと抜けられない』発売記念トークショー&3ショット撮影&握手会を大阪で開催!

20190118105851-af81662f027e0bca3d07c112d8c0f286e2484416.jpg

1月14日(月・祝)、相席スタート『恋愛迷路は気づかないと抜けられない』発売記念トークショー&3ショット撮影&握手会が大阪・TSUTAYA EBISUBASHIで開催されました。

コンビで初の恋愛本『恋愛迷路は気づかないと抜けられない』(ワニブックス)をリリースした相席スタート。男女どちらかの一方的な視点から綴られた恋愛指南書が多い中、男女両方からの目線が入っているのがこの本の大きな特徴。男女コンビという相席スタートの強みを最大限に生かし、男女で同じテーマを共有し、新たな角度からの恋愛テクニックを伝授しています。

3ショット撮影&握手会の前に行われたトークショーでは、男女のとらえ方の違いなどを山添と山﨑が赤裸々に語りました。女性の気持ちがあまりわからなかったという山添は、女性に話のオチを求めたり、その内容に退屈を覚えることが多かったとか。そんな中、山﨑とコンビを組んだことで女性に共感する気持ちが働くようになったと続けます。ですが、芸人としてはそれが裏目に出たことも。女性芸人だけのライブでMCを担った山添。女性たちのトークに共感するあまり、司会者としてイベントの進行がおろそかになってしまいました。その姿は「イケメン俳優が初めてMCに挑戦したみたい」だったとか。「女性の気持ちに寄り添って、男性として話を聞いてしまった」とは山添の弁。ほかに、女性が気にするほど、男性は気にしていない話などで盛り上がりました。

トークショーを終えて、30分はあっという間だったと声を揃える二人。「かわいい人が多いから、本の趣旨とは裏腹に女の人はすごくナイーブというか、自信を持ってへん人が多いんやろうなぁって思いましたね」と山添。「こういう時もちゃんとお客様の顔を見ているんですね...」という山﨑の何かを含んだようなツッコミに「僕はお客様の顔を見て漫才をする芸人なので!」ときりっと答える山添。誤解を招く表現は辞めてほしいと訴えました。

男性は女性が期待するリアクションを取らないがゆえに気持ちがすれ違うといった話題も上がったトークショー。「こっちが思う態度を取ってくれないということに女性が不満を持ち、それが理由でケンカになるのがもったいない。もう、お互いに歩み寄るしかない。たとえば、男性側は女性が"どっちがいい?"って聞いてきたときにどっちでもいいって答えるのではなく、一緒に考えたらいいんだって考え方を変えてみたり、女の人も男性の興味のない反応に"私のこと、好きじゃないんからだ"と思うのではなく、男の人はそういうものだから一緒に考えてよって言って楽しくやっていくしかないかなって思います。お客さんもうなずいてくれていたので、伝わったのかなって思います」と手ごたえを感じた様子の山﨑。

関西の女の子のイメージについて尋ねると「僕の想像では、関西の女の子の方が男女間の距離感を近くするのが早いし、うまいと思うから、そのことで女の人の方がパワーがあるという関係性になることが多いかもしれない。ただ、そうなったときに男の人に"こういう時はリードしてほしいのに何でしてくれへんねん"って思っているようなイメージがありますね」と山添。山﨑は「関東の子は仲良くなるまでの行動が苦手で、関西の子はすぐに仲良くはなるけどその先にもう一歩踏み出すのが恥ずかしくなっちゃうという感じがします。やっぱり自分の中にツッコミ目線があるから、何やってんねん、わたしって思うことが多いんじゃないかな」とその印象を語りました。

『恋愛迷路は気づかないと抜けられない』はお付き合いをする前の男女に向けた話題が中心。「行動に移せない女性に是非。読んだら何かしなきゃって思うと思います」(山﨑)と呼びかけました。山添も「"こうしたらいいんや"とか、頭の中が整理整頓されると思います」と自信を覗かせました。

3ショット撮影&握手会では、女性ファンが半数を占める中、男性ファンの姿もあり、直接本やイベントの感想を伺うなどコミュニケーションも楽しんだふたり。終始、和やかな雰囲気に包まれたリリースイベントとなりました。

【相席スタート】

2019年1月16日 (水)

ツアーファイナルで渾身の新ネタ漫才10本披露! 『NON STYLE LIVE 2018「38~サンパチ~」DX』レポート

昨年12月20日(木)、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、『NON STYLE LIVE 2018「38~サンパチ~」DX』が開催されました。

20190116221627-5f6b3df4baabd9b8b9bd2ec7cea87749ed8f49ab.jpg


昨年8月14日の大阪・梅田芸術劇場を皮切りに、NON STYLE(石田明/井上裕介)が新ネタ漫才を披露してきた全国ツアー「38~サンパチ~」。
全国9都市9会場を巡る最終公演となったTOKYO DOME CITY HALLでは、"DX"と名のつく通り、たっぷり新ネタ漫才10本と、音楽ライブさながらの舞台演出で、2時間強、3階席まで埋め尽くした約2300人もの観客を沸かせました。


開演時間を迎えると、初恋タローによる前説に続いて、スクリーンには「8」からカウントダウンが始まり、「0」とともに特効の火柱が出現。

20190116221708-e1aebabb4d2605154d0e554dd28b8bfd4994768c.jpg


オープニングVTRが終わるとともに、歓声と拍手を浴びながら、サンパチマイクの前に、NON STYLEの2人が登場します。


まずは、純白のスーツ姿の石田を井上が「結婚式や!(笑)」「『紅白歌合戦』の司会でギリや!(笑)」といじりを開始。
石田によれば、この日のためにオーダーメイドで新調したスーツだそうで、「俺がホストみたいな格好して、お前を"かっこつけんな!"って、わけわかんないやろ!」「お前はその白シャツをハイターにつけただけやろ!」と反撃し、さっそくの掛け合いで笑いに包まれます。

20190116221708-f0cb0c1cec9378ead1428ac64b4f65c0bebb4b2b.jpg


その後は、タイトルにも込められている"38歳"という2人の年齢と、井上の「後輩から尊敬されるような先輩でありたい」という願望を導入に、石田が後輩芸人、井上が先輩芸人に扮した『新ネタ1 後輩に頼られたい』を披露。

20190116221657-9a3e68188f1295a5f9aac02bb058c8d033381283.jpg

20190116221703-ba1808521c0819363f89aeb1739f9a1b1b32f43f.jpg

20190116221702-06a3fc56fe9ebee74fcd2ead698d47241d36b89c.jpg


ここからは、怒涛の新ネタ漫才が続き、『女性に服をプレゼント』『婚活パーティー』『アンチなぞなぞ』『高級マンション』『シェフを呼んでください』『バーベキュー』『想像を越えていく怖い話』『井上イクメン宣言』と展開し、いずれも爆笑を誘います。

20190116221702-6f7e0afa8fabc7372bcd4fab7b355921e8744e6e.jpg

20190116221657-886804dcd687cdb97e6d6068daad10182d830b9e.jpg

20190116221713-126bf697d44c27dbf07f6f3076deff5d1815426f.jpg

20190116221657-0c180ff5acc594d90c69f15e30910614d290b855.jpg

20190116221710-663f3bda8e0bb0dcdda487c7bddc18eec262e4b1.jpg

20190116221715-9182b51324cf23a57e3b680819903081e7ffb3b0.jpg


井上のプライベートやポジティブな性格、ラジオでの発言、趣味の謎解きなどが、巧みにネタに組み込まれていた一方、身支度にもたついた今日の井上を石田がさっそくネタにするなど、台本ともアドリブとも見分けがつかない応酬も、随所で見せつけました。

20190116221705-42b4068bbe7fed38abc626ca7e9358b543884964.jpg

20190116221657-e7a2907ef34e905ab5a8a26633d957f2f5d2c4da.jpg

20190116221706-42430fc442a4e0fc9c43199ce0149fdf0ff731c6.jpg


幕間のブリッジVTRでは、『ノンスタむかしばなし』として、「うらしまいのたろう」など紙芝居風ショートアニメを3本上映。
2人がアフレコしており、お馴染みの昔話をベースにしながらも、井上がひどい目に遭うブラックなオチで、観客を楽しませます。


井上のオチのセリフ「もうええわ」を大々的にフィーチャーした大ラス10本目の漫才『「もうええわ」もうええわ』の余韻さめぬままに流れたエンドロールは、これまでの会場でのバックヤードや記念撮影の様子といった今回のツアーを振り返る内容。

20190116223337-eb66b0560b3884b4dd14a6d5433012dac7de93b1.jpg


そして、井上がネタ中に自称した「スーパースター」といった肩書で何度も紹介され、その度に笑いが起こります。


エンディングのステージへは、ツアーTシャツ姿で登場した2人。
石田が「どれくらいの人が気づきました?」と、エンドロールで一箇所だけ「井上裕介」が「#上裕介」と表記されていたことを明かし、ハッシュタグとして「#上裕介」や「#上」をSNS上で使うことを呼びかけます。


また、来場者に感謝を述べつつ、ツアー全9箇所の全公演に足を運んだ方に挙手を求めると、一名だけ確認。
その方が号泣していたため、井上は「なぜ俺らが泣いてないのに、なぜあなたが泣くの?(笑)」「どういった涙?」と戸惑っていると、石田が「破産したんですよね?(笑)」とフォローし(?)、笑いに変えました。

20190116221711-163efcfb8726236bf8b4c5298d39d88c6bea4402.jpg

20190116221652-7ab1410ccd6a7ca784505fe0d591c7e13216b4ac.jpg


記念撮影を終え、井上が「2019年もよろしくお願いします! またお会いしましょう!」と挨拶を述べると、爆音とともにキャノン砲から大量の金、銀のテープが放たれて、今回のツアーは、華々しい大団円を迎えました。

20190116221716-cb8e25991438d31a8290df916075480ae3306df5.jpg

【NON STYLE】


2019年1月15日 (火)

九州ならではのハートフルなお笑いのスタイルが見えてきた!?「九州新喜劇~寿座長・冬公演~」

1月13日(日)に「九州新喜劇~寿座長・冬公演~」がエルガーラホール 大ホール(福岡市中央区天神)にて昼・夜二公演開催されました。
昨年2月に「九州をいろいろな形で盛り上げて笑顔を届けたい」という想いのもと、吉本新喜劇の九州版として立ち上がった九州新喜劇。
昨年の夏公演に続き、今回も連休中にも関わらずたくさんのお客さんがかけつけてくれました。
20190115121015-1ec6737faa5ef9c7d36fbe3516c94be1ae3db849.jpg
新喜劇の前に、5組のゲストが登場した。
20190115120916-6000702a1d9d99323e3faf5f35329fb06082c9d5.jpg
高田課長のMCに続き、シンガーソングライターでりゅうちぇるの実姉の比花知春。
「前回も新喜劇に出させて頂いたのですが、『あいつ誰?』ってならないよう、今回は寿座長の心遣いで先に歌わせて頂きます」と挨拶したあと、沖縄の方言を用いたアップテンポなナンバー「なんくるないさー♪」と、自身の15周年を記念したアニバーサリーソング「光」をギター弾き語りで歌ってくれました。
20190115120118-c8af27fa3c661bed09917dd4e44914a0b30c4b12.jpg
続いては昨年福岡よしもとに復帰した1329種類の風船芸を持つバルーンアーティスト・松下笑一。バルーンパフォーマンスのコンテストで日本一になった腕前を惜しみなく披露してくれました。
客席からお客さんをステージに呼んでのパフォーマンスや瞬間で風船の色が変わる早技など、客席の子どもたちも大喜び!出来上がった風船をもらえたお客さん、ぜひ大切に飾ってくださいね。
20190115120209-a8ea0e5a2c9dacca731e7b7aa1b6357af94cdf3c.jpg
3番目は現在バラエティで引っ張りだこのコロコロチキチキペッパーズ。登場から場内が沸きました。
20190115120254-0a163e169cd1df614e922fc39f348f52f26a4034.jpg
4番目は元福岡支社所属で現在東京で活躍中のパタパタママ。
絶妙な二人のかけあいが笑いの絶えないステージを見せてくれました。
20190115120326-5b45b6a53231e535a692d2c3a32607aa96b77d7a.jpg
ラストは笑い飯。笑い飯お得意のボケとツッコミがくるくる入れ替わるスピード感で大爆笑!博多に轟く関西弁に大歓声が起こってました!
20190115120457-121fcaba849b1e4fbe63d8deedbc06848a11c33b.jpg

いよいよ九州新喜劇。今回、事件は公園で繰り広げられました。
20190115120540-8737383c1251825cc4e789442fdac6dbd4d84272.jpg
福岡某所の公園管理事務所に勤める寿座長とサカイストと中川どっぺるの前に、公園での子どもの遊びを規制したがるPTA(武藤艶子、野口愛、いっちゃく先生)との大騒動が起こる中、公園には石田靖とケン坊田中が扮する天神南署の警官や公園でスマホゲームしかしない小学生の集団(だんごばーな、スクラップス・サン北川)、野球少年(ショウきん、メタルラック・ノッポノナカ)、かつあげをする高校生(パタパタママ、メタルラック・美意識タカシ、スクラップス・安藤陸)に謎の紙芝居のおじさん(松下笑一)&ギターのお姉さん(比花知春)、強盗(コンバット満)までもが登場、そこに地元TV局の生中継(高田課長、レモンティー・阿部哲陽、メガモッツ・池内祐介、にわか・片山、RKBアナウンサー・井口謙)が入るてんやわんやの事態に!!
20190115120602-d5157daf6a00e6654f89281a6e85a986c4d01f02.jpg
昨今の「子どもが外で遊ばなくなった」という社会問題を下敷きにしながらも、「いつの時代も子どもは変わらないのではないか」というテーマや、昨年大ブームとなったあの曲による全員でのダンスや地元ならではのネタを取り混ぜた、ほっこりしながら笑える舞台となりました。
20190115120629-1411a950e0d31c926fabed6391cb30fee00d09a6.jpg
20190115120720-e1dfd65cd41167c986521ffb2b4af22d9f2a6800.jpg
昨年2月、夏公演、そして今回の冬公演と3度目となった九州新喜劇。「笑いで九州の皆さまに元気を届けたい」という寿座長ならではの、心温まるストーリー展開とハートフルな笑いを誘う舞台が九州新喜劇のコンセプトになってきたのではないでしょうか。(そして今回も脚本はパンクブーブーの佐藤哲夫。九州縁のメンバーで築き上げるスタイルが確立されつつあります)
20190115120823-04d7afab6c8e35ba083e8a3f86898ba2e2369ae0.jpg
九州で活躍する芸人、九州出身の芸人、そして九州を愛してくれる芸人で作っていく九州新喜劇、次回は5月26日(日)に「ももちパレス」での開催が決定しています。どうぞお楽しみに!
20190115120945-b97422531439d571f6600d7ca35cc525bfb99619.jpg


脚本:佐藤哲夫(パンクブーブー)
出演:九州新喜劇:寿一実、コンバット満、ケン坊田中、高田課長、サカイスト、メガモッツ、いっちゃく先生、パタパタママ、レモンティーあべ他、比花知春、野口愛、武藤艶子、井口謙
スペシャルゲストゲスト;石田靖
ネタゲスト:比花知春、松下笑一、コロコロチキチキペッパーズ、パタパタママ、笑い飯




【寿一実】【コンバット満】【ケン坊田中】【高田課長】【サカイスト】【メガモッツ】【パタパタママ】【石田靖】【松下笑一】【コロコロチキチキペッパーズ】【笑い飯】

2019年1月14日 (月)

告白タイムで相席スタート・山添ら3人がTHIS IS パン・吉田を奪い合い! 東西5組によるユニットライブ「男女10人冬物語」

1月13日(日)、よしもと漫才劇場にて、「男女10人冬物語」が開催されました。THIS IS パン、相席スタート、ゆにばーす、蛙亭、いなかのくるまという東西5組の男女コンビによるユニットライブは、今年で5年目に突入。この日も立ち見が出る満員の観客を前に、ネタとコーナーで大暴れしました。

オープニング、全員が舞台に登場してまずは自己紹介から。ゆにばーす・川瀬名人の「M-1最下位です」という自虐コメントをはじめ、持ち味炸裂のトークでさっそく沸かせるメンバーたち。THIS IS パン・吉田が「初めて見に来た方!」と客席に問いかけると、多数の観客が手を挙げるなど、注目度の高さがうかがえます。

20190114113014-a3cb0f0a291de2b79c9e174457f1b59191f94c26.jpg

前半は5組がそれぞれのネタを披露。いなかのくるまは、「流行りの俳優と顔が似ていると言われるのにモテない」とぼやく木佐を、ちろるが一刀両断していく漫才で笑わせます。

20190114113045-a8f041437cde6e0d0c12a4e5aba6ea5eab2b69ac.jpg

合コンを舞台に、男女の主導権がみるみる逆転していく戦慄のコントを演じた蛙亭。岩倉の豹変ぶりが、爆笑を呼びました。

20190114113107-76cc84349b5fc84f907d7886e60ebb7d1fa5fff7.jpg

相席スタートは、山﨑からのクレームを、山添がまさかの言い訳で打ち返していくネタを。ふたりの素顔もチラホラ垣間見える大騒ぎに!?

20190114113128-c72e01c99d547e56234789460252f24fbeae64d9.jpg

女友だちとのカラオケをシミュレーションしたTHIS IS パン。岡下演じる女子の濃すぎるキャラと、吉田のクールなツッコミが冴えます。

20190114113145-f9e4cb10c45e89898a2bebc06a21e571486384ae.jpg

ゆにばーすは、「遠くから来た方」と客席に呼びかけていたはずが、途中からはらが客席に乱入! 舞台と立ち見スペースでかけあいを展開する、奇想天外な漫才を見せました。

20190114113159-bec2bfadfe3f15b7b9562c1afa93ed2f17c7d3e4.jpg

ここからは「男女10人即興フィーリング漫才」と題したコーナーへ。前回、MCを担当した吉田の元相方、アッパレード木尾がお休みということで、スペシャルゲストとしてトット・多田が登場。出てくるなり10人からイジられまくり、愛されぶりを見せつけた多田が、MCとして仕切っていきます。

20190114113219-6cc2d4537666914ed11e573718ca32d6c814a465.jpg

このコーナーでは、お題に沿った1分間の即興漫才に挑戦しますが、コンビはフィーリングカップル形式で決定。相方以外の誰と組みたいか選び、みごと両思いになれればカップル成立、その場で漫才を披露します。最後までペアを組めなかった2人には罰ゲームが...。

まずは、男女に分かれて第一印象を聞いていくことに。女性陣はお互いのフリップを見せ合い大はしゃぎです。男性陣は岡下、木佐が山﨑、蛙亭・中野、山添、川瀬名人が吉田という結果。ちなみに多田は「岩倉」でしたが、それを聞いた瞬間、岩倉は謎の声を上げ「無理なんです...」と断っていました。

20190114113310-f1958c24b1973f61e4ce775cb21cdf0f0ba609f1.jpg

一方の女性陣は、吉田が山添、はらが中野、残る3人は全員が川瀬名人と回答。「頼りがいがある」(岩倉)、「好きだから」(山﨑)、「男性としても芸人としても全部いい」(ちろる)と絶賛を集めていました。

20190114113335-23116e436de466a768963e43a95e12a72cbe8682.jpg

続いては、自身の魅力をアピールするゲームを。「男子が女子を叩いて守ってじゃんけんポン!」では、クジで決まったペアに分かれ、女性がじゃんけんし、その結果を見て男性が女性を叩いたり守ったり奔走します。岩倉&川瀬名人×はら&山添の対戦では、川瀬名人が2回連続で岩倉を守り男らしさを発揮。3回目にはらが負けるとマッハスタートで叩きに行き、怒ったはらが椅子を持ち上げ応戦するという乱闘騒ぎになりました。

20190114113432-3827d9a088ae3e1bff38b41ec3d50b0ebebf2ea9.jpg

山﨑&木佐×ちろる&岡下は、ルールを勘違いした岡下が暴走!? なぜか敵である山﨑を騎士のように守り続け、こっそり明かしたはずの第一印象がバレバレになっていました。

20190114113458-d25611299f30ae816795012c3391c505ade090ab.jpg

最後に残った吉田&中野ペアの相手は、二度目の登板でゆにばーすがまさかのコンビ参戦に。ここでもじゃんけんの結果そっちのけで、舞台上はカオスと化していました。

20190114113530-cd74d5c6074f78062292cdc129fd88bf9032a0ad.jpg

こんどは「上品にシチュエーションで答えましょう!」で、女性がおならをした際の、上品かつうまい対処法を競います。吉田×山添は、「今のはソの♯です」とボケで笑わせる戦法。山﨑×川瀬名人は、「川瀬といるとリラックスしちゃって...」という殺し文句に、男性陣撃沈となりました。

20190114113600-5d4d0718ab0f9ff298ed48f3afaea29a94f87fba.jpg

と、ここでくじ引きが混乱し、中野×木佐という男性同士の顔合わせが発動。中野は「朝、イモ10個食ったから...」と言い訳します。はら×岡下は、「火星に帰る時間です」というはらのひとことで大きな笑いを起こしていました。最後は岩倉×ちろるという女性同士に。ふたりの木佐ディスりトークと、おならの後の「これが7年目」という先輩らしいひとことで、楽屋の空気をリアルに再現していました。おまけとして、山添×多田によるシチュエーションが飛び出すひと幕も!

20190114113645-53ea337d085ff75ff0256734e9bbc649f36224be.jpg

いよいよ告白タイム。木佐は岩倉の前に立ちましたが、岩倉は「すいません! 無理すぎです!」と容赦ない答え。

20190114113730-7804e3df600243c893bf12bed3ec4973f8060b9c.jpg

二番手の岡下が山﨑に長々と告白すると、山﨑も長〜い返しで、多田は思わず「ダルい」と本音を!? みごとカップルになったふたりは、「コンビニ」のお題ですぐさま漫才に挑戦、トットの漫才のつかみ「うまいんお前や!」をそのまま再現して大きな拍手を受けました。

20190114113759-e13f240e361390b59d613dd720242cb3c50b759c.jpg

20190114113817-5fe8146e2a93e8cf7d45b239b65efaae6e536353.jpg

山添は『あいのり』なりきりで吉田に告白。すると「ちょっと待った!」と川瀬名人、中野が駆け出し、三つ巴の争いに...。対する吉田は「それぞれいいところがあります」と学校の先生のような返し。最終的に選ばれたのは山添で、「子どもの頃の遊び」をテーマにツッコミ同士の異色漫才を繰り広げました。

20190114113848-75ee88f1e04c81fa7595182df02a3a10c73eaa1c.jpg

20190114113908-b2e1c6b88863b39199790cd1633c4324ad6205da.jpg

ここで攻守交替、女性からの告白に。ちろるは第一印象通り、川瀬名人の前へ。すると岩倉も告白し、川瀬名人は悩んだ末に岩倉を選びました。「病院」というお題の即興漫才は、婦人科を舞台にしたものとなり、岩倉の独特なツッコミに笑いが。川瀬名人は「夢のような漫才でした」と感想を述べていました。

20190114113944-0ef43890f0732f46eeb314bad54a96f66712795a.jpg

20190114114011-ed934823176ce619fa2b23c291d3f32a105fd4d3.jpg

はらは多田の前で「つきあってください!」とボケたあと、中野にコンビ結成を申し込み。中野も快く応え、「美容院」をテーマにした漫才をスタート。はら渾身のギャグで締めくくるネタは破壊力満点で、またまた客席を笑いの渦に巻き込みました。

20190114114035-0325268e7abb535135d594cea1e4c15ffd33be04.jpg

20190114114054-4514f6756f92efd0b0f242bae271806b5351dfe1.jpg

残ってしまったいなかのくるまは、罰ゲームとして社交ダンスを踊ることに。襟元をはだけてやる気を見せる木佐に対し、どこまでもイヤそうなちろる。しかし、ダンスが進むうちに息の合ったところを見せ始め、観客から手拍子も。最後はビシッとポーズを決めたふたりでした。

20190114114125-03339355ad56a3d70572e34bbc112d15f9f4cacf.jpg

関西と東京を股にかけ、毎回、大盛り上がりを見せる「男女10人」シリーズ。次回の開催を、どうぞお楽しみに!
20190114114205-c38e197e1002cbf4efb262b8c8374958ad794abb.jpg




【THIS IS パン】【相席スタート】【ゆにばーす】【蛙亭】【いなかのくるま】【トット・多田】

2019年1月12日 (土)

オタク芸人、天津・向が見せる新たな世界! 『とあそぶ。ツアー〜内田彩編〜』ツアーが大阪・YES THEATERでスタート!!

20190112205134-805095cf0f6702a9182f9abdf8ad6fb3c6a5b0ee.jpg

『アニソン×お笑い』の融合を目指すフェス『アニ×ワラ』のプロデューサーを務める天津・向と、人気声優・内田彩さんのコラボイベント『とあそぶ。ツアー〜内田彩編〜』が1月5日(土)、大阪・YES THEATERでスタートしました。このイベントは、全国3会場、各2公演の全6公演のツアーとして行われるもの。初日となったこの日、会場には多くの人が詰めかけました。


20190112205451-8354ed4d1ada2fa1e721fa2969a825720be6521c.jpg

まずはステージに向が登場。いっぱいに埋まった会場に「たくさん入っていただいて、ありがとうございます」と挨拶。そして念のため、ということで「天津・向を見に来たという方、おられますか?」という質問に、会場で3人の挙手が。その様子に会場は爆笑に包まれます。このライブについて、以前内田彩さんと幕張の劇場で行ったイベントであること、今回は大阪、仙台、群馬でツアーすることなどを説明。ここで早速このライブの相方ともいうべき、内田さんを呼び込みます。内田さんが姿を現すと会場は歓声と大きな拍手が起こりました。


20190112205839-c135d635aa8e9065ebbd29fdd48957a606956de5.jpg

内田さんは「大阪の地でこんなにたくさん入っていただいて...」と感無量の様子。しかし「大阪ですよ! 東京の声優イベントじゃないんですよ!」と向に訴え、「そんなところに連れてきて! お正月から!」となぜかダメ出し。とにかく大阪の笑いのメッカであるなんばの舞台に立つことに緊張しているようですが、そんな2人のやりとりに会場は大ウケです。


20190112210335-a5cd603b0df880d63da7036347434d9aad84590c.jpg

ゲームは『正月すごろくトーク』から。ゲームは、すごろくで止まった目に書かれたお題に沿ったトークをするというもの。すごろくで負けた方が、仙台公演でDA PAMPさんの『U.S.A』を披露するということも発表されました。まずは「語尾をニャンで超真面目な話」のマスに内田さんがストップ。「内田さんが目指される声優像とは?」という向の質問に、しどろもどろになりつつ、懸命に話そうとする内田さん。それからも語尾をあれこれ変えつつ、トークが進行、会場からは笑いや拍手が止まりません。


20190112210516-a5c408a71e495254e9c9ccc92c7b3c1a8824f14a.jpg

20190112211737-c66bbb0f89a2f096ddf217b0d55fe99d88902d4b.jpg

さらに内田さんは「先輩、後輩など同僚の話」のマスに止まった瞬間「ないです」と断言、そこからなぜか向に年収を直撃、渋々ホワイトボードの裏側に年収を書き込む向の姿が笑いを誘います。さらに「今年はやめようと思っている話」では「SNS!」と即答。そこで向がツイッター、インスタグラム、ブログのどれを残してほしいか会場に訪ねたところ、それぞれがそれなりに均衡。結局、迷ってしまった内田さんは、「...更新をほぼやめる」という結論に達しました。ゲームはドンピシャでゴールのマスに止まった内田さんの勝利。内田さんが喜びすぎてマイクを落としてしまうひと幕もありつつ、仙台で『U.S.A』を披露するのは向に決定しました。


20190112210906-cbdfafa4a56fb30dc2e327d9398d7beec498fac4.jpg

次は『漫才で遊ぼう』のコーナー。向と内田さんで漫才を披露します。「(漫才の)自信は?」と聞かれた内田さんは「ないですね...」と頼りない返事。おなじみのM-1グランプリの出囃子で登場した2人のネタは、立ち位置決めから始まるもの。声優である内田さんの持ち味を120%活かしたその仕上がりに、会場は大盛り上がりでした。終わったあと「難しかった!」と言いつつ、笑顔の内田さん。続いてはなんとボケとツッコミを入れ替えて、改めて同じ漫才を披露することに。しかし、最初から内田さんのボケが冴え、さっきのネタとは違った雰囲気になっていきます。さらに"綾波"こと堀川絵美が登場し、ボケまくると、ステージ上はカオスな状態に。大爆笑に包まれて、漫才は終了しました。


20190112211022-d4f26ae8851646135db828d76eaa6a96cc693889.jpg

20190112211140-d2f4befd6bdae96af739648f556404c18d23f84d.jpg

続いての『マネージャーの気持ちになってみよう』では、お互いのマネージャーにあらかじめ聞いておいた質問の答えを2人が当てていきます。進行として再び堀川がステージへ。まず最初にマネージャーに聞いてみたのは「好きなところを3つ教えてください」。内田さんは、お漬物を分けてくれる、体が強い、酔うと忘れてくれる、の3つ。向は、怒らない、仕事熱心、芸事に真面目、です。


20190112211240-84b53fc7def7148cea247e13d87847dba96c42e8.jpg

内田さんのマネージャーの答えは、よく食べるところ、いいですよいいですよとご飯をごちそうしてくださるところ、一緒にラーメンや立ち食い焼き肉を食べてくださるところ(庶民的)という、まさかの食関連3連発。向のマネージャーは、ひたむきでタフなところ、諦めずに考え続けられるところ、メール・ラインのリアクションが早い、物語(脚本やラノベ等)を書く能力が高い、という、3つでいいのに4つ、しかもどれも真面目で面白さが足りない回答。これには「私のマネージャーの答えの方がおもしろかった」と内田さんからツッコミが。


20190112211429-450a5b24ee7d708ebc2c7391c7aae1adb9ba6bd5.jpg

20190112211419-e58525717c93a0053166d016b178e3823e546126.jpg

それからも「直して欲しいところ」では、内田さんが方向音痴で心配性であることが明かされ、向はしゃべり方やラインの文面、電話のタイミングなどを指摘されたり、「それぞれのあるあるを教えてください」では、内田さんのとぼけた回答に、堀川が思わず「は!?」とツッコむなど、会場は大盛り上がり。しかし、一番の爆笑だったのは、ラストの問題「実は○○だ」での内田さんのマネージャーの回答。マネージャー曰く、実は内田さんは「こんだけたくさん一緒にイベントをやっているけど、いまだに向さんとどう接したらいいか分かっていない」。会場はこの日一番の笑いと拍手に包まれました。


エンデイングでは、堀川が「会場がアットホームで楽しかった」とコメント。しかし向は、最後のマネージャーの回答に「このあとの二部は、少し沈んでるかも...」と話して、笑いを取ります。内田さんは「最初、緊張してたんですが、一番笑ったのが私だったかも」と笑顔。さらに、2019年も気がつけばあっという間だったなと言うくらい、いい年にしたいと抱負を語ったあと、「本当に向さんっていい人で、気を使ってくれて、寂しがり屋なところもあったり...」と続けますが、「ホントは全然知らないんですけど」というオチで、会場は再び爆笑です。ラストは向が改めて「楽しかったですか!」と問いかけると、盛大な拍手が起こりました。


『とあそぶ。ツアー〜内田彩編〜』大阪 第1部はこれにて終了。同日19時からは第2部が行われ、1部以上の盛り上がりを見せました。『とあそぶ。ツアー』は仙台、群馬と続きますが、ほかにも向関連のイベントはいろいろと予定されています。アニメ好き、お笑い好きはもちろん、そうでない人も足を運んでみる価値大アリです!



【天津・向】【堀川絵美】



とあそぶ仙台

日程:2019年1月19日(土)1回目11:30開場/12:00開演、2回目14:00開場/14:30開演

会場:イズミティ21 小ホール


ムカサキ活動報告会議トークライブ~2人で喋ってちょっと歌う~

日程:2019年2月16日(土)15:45開場/16:00開演

会場:ヨシモト∞ドームステージⅠ


とあそぶ群馬

日程:2月23日(土)1回目15:30開場/16:00開演、2回目18:00開場/18:30開演

会場:ながめ余興場


劇団アニメ座ハイブリッド~めぐりあい・舞台~

日程:3月21日(木)〜26日(火)

会場:CBGKシブゲキ!!

20190112205623-2d859c53ddead98f6325c26465a30e2f153fe638.jpg

2019年1月11日 (金)

白熱の入れ替え戦「Kakeru翔チャレンジバトル」で戦士、隣人、ガンガンファンキービート、キングブルブリンの4組が初の翔メンバー入り!

1月10日(木)、よしもと漫才劇場にて、「Kakeru翔チャレンジバトル」が開催されました。同イベントは、2カ月に一度行われる、芸歴7年目以下の入れ替え戦。「Kakeru翔GP」の下位芸人と、「UP TO YOU!サバイバルステージ」を勝ち抜いた芸人が、翔メンバー入りをかけたネタバトルに挑みます。順位を決めるのは、観客とオフィシャル審査員の投票。この日も立ち見が出る盛況ぶりで、舞台上で繰り広げられる白熱の戦いを見守りました。

MCはマルセイユ。ルールについて詳しく説明するなか、昇格に上限・下限がないことに津田が触れると、別府は「全員昇格もあるってことですよね? 奇跡起こらへんかな〜!」とワクワク顔。続いて「僕たち私たちはKakeru翔チャレンジバトルを」「楽しみま〜す!」という、卒業式の呼びかけを思わせるコール&レスポンスで会場を盛り上げ、いよいよ熱戦の火蓋が切って落とされました!

20190111114223-a90a5ccfe4da4e86d859bbee79becec05b427b7f.jpg

Aブロックには、はね犬バンジー、

20190111114249-50501378b4f0bcfeb66bf4def9316ed17f9eca29.jpg

サンカップ、

20190111114308-c2007c9e66483c6c5d8a93523bbf5928cf58e99a.jpg

エトセトラ、

20190111114326-ff0e0c9db1c566058fbaf32b2d87be2d30ce1c0c.jpg

リアル、

20190111114347-7c1011a0e3e61e654bc15206d5c0eb26593d644a.jpg

ガンガンファンキービート、

20190111114406-4efeaee3d84ddcbfd53314b00e368b56a9431fcc.jpg

ハチク之イキオイ、

20190111114427-b03132f1bc6dccf84ee64369a40e5d54194b6d0a.jpg

ZUMA、

20190111114448-1cc3ecf542f62c83b486aa05792c29db8ba3d6f1.jpg

いなかのくるま、

20190111114508-0cccf4c35a61a99f0438b2396b11f136933b48f2.jpg

エジソン、

20190111114536-6defcc97e31a94964faf8551930df7ca9e4cb43f.jpg

キンニクキンギョの10組が登場。

20190111114555-3cb3fd178c6c3b054f4627e34070ac9716b234b5.jpg

Bブロックは、相乗効果、

20190111114613-420c1f2ef91079a3fecfa7eadd00e201edbe011c.jpg

チャンプチョップ、

20190111114637-e77215e3a46871704681059e4db061d35ce30be0.jpg

いつもたいしゃ、

20190111114653-c1587dbf825a07581be7547458b8afa8f86f8a18.jpg

カスタネット、

20190111114711-91a5bdd5bc74dd036e740515bfcf72ba75f796a6.jpg

天才ピアニスト、

20190111114728-4802cbeae93a76c8dd5ad90184f9ed58d4334756.jpg

キングブルブリン、

20190111114743-902a89a3c3db43b0142c3c8c77886dfce9f7caa0.jpg

戦士、

20190111114802-67d1f0fab08b069b79d280f37806f851665d68aa.jpg

プードル、

20190111114818-8e2416a9b5519b139ef16b029f5bafa40870af7f.jpg

ミートばいばい、

20190111114838-e924d30a16e83413dad4da1145e34a0f58789d83.jpg

熱いお茶の10組。

20190111114907-3f40ff2d21e9e1374023d48feae64fa4d5fe0245.jpg

Cブロックは、スナフキンズ、

20190111114931-9874926fae30639f5d45d7d700e632e21f1a81ed.jpg

もも、

20190111114948-4d244929c5f291a6ebf16ebf8e726c3c6537c601.jpg

アンビシャス、

20190111115005-bdf6538410d6b59b550a2ca8b8058acb9419dec5.jpg

村一番、

20190111115028-bd585f80affd1fbdcb4c052629db308df24df489.jpg

ラングレン、

20190111115055-a2b32325740c74a69fb1158756ce2fa7705460c1.jpg

隣人、

20190111115217-569ae27b674d3c617cdfbab9d4779a5e4423f29f.jpg

爛々、

20190111115252-5eebbbae4fe94814df59017d68236e7f44257fb7.jpg

ヒガシ逢ウサカ、

20190111115339-7fd47d38d9f9433e975ed1a6d0b2334fb283e32a.jpg

絶対アイシテルズ、

20190111115401-083abfffb0a7f49018004924a72e365943d7306a.jpg

おたまじゃくしの10組でした。

20190111115424-99ce40f5b38fc7763b4bbd646bde899aa45e7f18.jpg

スタッフが投票用紙を回収し終わると、集計を待つ間、出場芸人たちが入り乱れてのお楽しみコーナー「なんでも翔チャレンジ」を。ショートコント・モノマネ・一発ギャグと何でもありで持ち味をアピールし、終了時点で勝ち残っていた芸人が優勝者となります。

20190111121249-9124c679758a67b3af3bad5644ef4421d89b4ecf.jpg

トップバッターに名乗りを上げたのはエジソン。歌番組にまつわるショートコントで、関谷がaikoさんになりきります。続くラングレン・大浜は体の軟らかさを生かしてまたまた沸かせましたが、ハチク之イキオイ・ほりぺいの父が村長というプロフィールを生かした「村長あるある」は、津田から「薄いねん!」とあえなく却下...!?

20190111120725-eaab3d0598f50400d95143c9702c061e064e0035.jpg

出演者たちの勢いはまだまだ止まらず、ポケモン図鑑を芸人に置き換えたいつもたいしゃ、 "スペシャル自己紹介"で沸かせたキンニクキンギョ、一発ギャグを炸裂させたサンカップ、『バトルロワイヤル』のワンシーンをモノマネで再現した爛々など、舞台上はおもしろネタ博覧会の様相に。ZUMAのひかるは、織田裕二さんのモノマネが出るか出ないかで周囲をハラハラさせました。

20190111120753-6b855f12b8bc15fb55aaa84cab7b9719bf6a3210.jpg

戦士のふたりが見せる千鳥のモノマネや、プードルによるプロ野球チップスカードモノマネ、天才ピアニスト・ますみ扮する上沼恵美子さんなど、おなじみの爆笑ネタも続々。

20190111120821-75859ef338ee385ce14c5ca9807f7623c2012f06.jpg

カスタネット・善家は特技を生かして即興ラップに挑戦、大きな拍手を浴びました。落語的なオチのショートコントで笑わせたスナフキンズが勝利したところで、満を持して登場したのが絶対アイシテルズ・らぶおじさん! インスタグラムでよく見る子どものリアクションモノマネを繰り出しましたが、残念ながらいまひとつ伝わらず...そのままスナフキンズが優勝をもぎ取りました。

20190111120843-fdc6c0791003d7e792a593af05d88061655a1721.jpg

さあ、いよいよ結果発表です。1位はヒガシ逢ウサカ! 今井の身体能力と高見の女装で、アイドルとファンのコントを破壊力満点に仕上げました。

20190111115745-f255008cbf404bd2cf7f8fea59d7b46ac3a4b4ee.jpg

2位は戦士! 銘苅と平林の迷ホストぶりで笑わせ、初の翔メンバー入りを勝ち取りました。

20190111115814-f6823fc88710b14bc9533b590a1cb17c3ccd96b4.jpg

3位はチャンプチョップ! 高畠のバイト実体験もちりばめた、アパレル店員と客のやりとりで爆笑をさらいました。

20190111115835-8ab526188511bd5306551e4c0387a3775a65d4a2.jpg

4位は同率で2組、まずはプードル! メラちゃん演じる度を越した"ぶりっ子"像に、客席からは笑いとともに悲鳴も!

20190111115910-0750fdb49c163cf2ba1873245849b69d2116ec42.jpg

もう1組は隣人! キャラクターショーを舞台にしたコントでしっかりと笑いを取りました。

20190111115936-6c7b2e20fff7a89b5b5717719cb6a9ee2fea0034.jpg

6位はZUMA! 理想のタイプ話から、女子ふたりのおしゃべりへと展開する漫才で沸かせました。

20190111120004-c744552610c69fe13d90c11a57e3bd40438a86e8.jpg

7位も同率で2組。1組目はガンガンファンキービート! ペットショップの客と店員に扮し、予測不能なやりとりを繰り広げました。

20190111120029-16bd01542940a56fa10485124c7247b42dee7b3f.jpg

そしてキングブルブリン! 村上が語るアイドルの"グループ名の法則"は、どんどん怪しい雲行きに...!?

20190111120053-20bbf144f44c10ca5d4aae60ff43f8194225f15f.jpg

9位は天才ピアニスト! ますみがストリートミュージシャンになりきるライブシーンは爆笑の連続となりました。

20190111120113-28e470266d974128e9cfb042acba7cc8fc42d808.jpg

10位はエジソン! 合コンに参加した関谷が暴走、ハイテンションな漫才をを展開しました。

20190111120133-2e0f77c5c5778e21dce2d0e9b0e3de1370e734b1.jpg

今回は、なんと4組が初の翔メンバー入り。興奮さめやらぬなか、現在の心境やこれからも目標について直撃してきました!

【戦士】

20190111121053-128996a33819cc2b46cf4430f7ec968ac71b97e0.jpg

平林げんせい:そろそろ米津玄師に近づけたかな。相方ふたりが千鳥さんのモノマネでフィーチャーされているので、僕は海外に打って出て、ベトナムで売れたいと思います。

たむかい:やっと、という感じですね。とりあえず、劇場に居続けたいです。

銘苅:マンモスうれピー! ずっと3人仲良くしたいです。

【隣人】

20190111121114-eef30475f1b0622bbe0ef15ac12012bd2b1100ac.jpg

中村遊:考え方がネガティブなふたりなんで、いけると思ってなかった。めちゃくちゃうれしいですね。おもしろいコントをやり続けて、いずれ『せやねん!』『やすとものどこいこ!?』に出たいです。

橋本市民球場:今まで劇場メンバーになりたいと思ってたけどなかなかなれなくて。いざなってみるとビックリが先にきてますが、これからの方が大事やなと思ってます。『キングオブコント』に対してずっと重きを置いてやってきたので、今こういう結果が出てきたのがありがたい。これからも自信を持って、『キングオブコント』に向けてがんばりたいと思います。

【ガンガンファンキービート】

20190111121139-3fc34eaf78f03390246a5cb4e008cfa61ad30c8f.jpg

しのはらちっく:入れると思ってなかったんで...僕はNSC大阪24期なんですけど、ありがたく頑張ります。まずは落ちないように、定着できるようやっていきたいなと思っています。

山口宣弘:劇場メンバーになったのは初めてなので、相方様々状態です。『M-1グランプリ』で全然いい結果が出ていないので、今年は上の方にいきたいと思います。

【キングブルブリン】

20190111121210-40e7e9fda72b797469914735804da203bf2e8688.jpg

村上:今まではプレリュード(前奏曲)やったんで、ここから本編を奏でていきたいですね。早く漫才劇場で単独ライブをやって、皆さんに知ってもらいたいです。

田中昭太:3回連続で敗退していたので、ホンマに「やっと...」という気持ち。今回は初めて少しだけ手応えが感じられました。今日は僕の誕生日、26歳はえげつないロケットスタートです。まずは落ちないように、安定したいですね。

4組は2月から漫才劇場に出演していきます。ぜひ注目してください!



【マルセイユ】【はね犬バンジー】【サンカップ】【エトセトラ】【リアル】【ガンガンファンキービート】【ハチク之イキオイ】【ZUMA】【いなかのくるま】【エジソン】【キンニクキンギョ】【相乗効果】【チャンプチョップ】【いつもたいしゃ】【カスタネット】【天才ピアニスト】【キングブルブリン】【戦士】【プードル】【ミートばいばい】【熱いお茶】【スナフキンズ】【もも】【アンビシャス】【村一番】【ラングレン】【隣人】【爛々】【ヒガシ逢ウサカ】【絶対アイシテルズ】【おたまじゃくし】

山本の「イヤ、ムリー!!」がこだまする! ロバート20周年爆笑コントLIVE「怒涛の無理フェス!」

12月27日(木)、東京・有楽町朝日ホールにて、ロバート20周年爆笑コントLIVE「怒涛の無理フェス!」が開催され、ロバートが出演しました。
20190111100925-24db7b12daaf48b7a66ff37ef4cd9a8d26fa41a8.jpg
2018年11月29日からスタートした、ロバートの結成20周年を記念して開催された全国ツアーの最終日であるこの日。満員のお客さんの熱気に包まれる中、まずは歴史ドキュメンタリー風のVTRが流れます。

"日本初の3人組"として紹介され、しかもこの日のライブは230年前にすでに予言されていたという内容のVTRでお客さんを沸かせたあとは、3人がステージに登場。

秋山が「年末のこんな時期に来ていただいてありがとうございまず」とお礼を述べたあと、「ロバートを結成して20年になるんですけど、20年コントをやってきて、だいたいほとんど最後、博の『ムリー!!』で終わるんです」と、今回の単独ツアーのタイトル「怒涛の無理フェス!」の由来について説明します。
20190111101053-e05d8932b403e5137bf85107ddaf26289282e035.jpg
DVD発売の予定もなく、ここでしかみられないコントであることを説明した上で、「はっきり言って、今日はほとんどそれです」と、コントをやる前からオチのセリフを明かすという暴挙(?)に出る秋山。

続いて、「開幕無理宣言」なるものを無理矢理やらされる博。「やりたくねぇよ」とイヤそうな顔をする博ですが、秋山に「このマイクは"ムリー!!"しか拾わないんで」と言われ、イヤイヤながら宣言し、「怒涛の無理フェス!」がスタートします。
20190111101120-f573542684907809a09dc12bddfdba5134ff71ad.jpg
最初のコントは「赤ちゃんすこやかベビースクール」。チラシを見て育児体験をしようとベビースクールにやってきた新米パパ予備軍の博。保母さん(馬場)に迎えられ、スクールの校長(秋山)も登場しますが、登場するなり校長は保母さんに「コードをかじるな!」とシュールな注意をし始め......。校長が赤ちゃん役をリアルに務め、泣いたり笑ったりしたかと思うと、急におっさんに戻って「ミルクだよ!」と怒ったりと、さっそく博にとって「ムリー!!」な展開が待ち受けていました。
20190111101253-8dabe96ba55f8afd9ffed0cd5249b87c6e06aa8d.jpg
20190111101319-154d7b621b4f0c5509f94a95474a136c8ea5a653.jpg
「雰囲気ステラおばさん」という、「ステラおばさんのクッキー」みたいな雰囲気の言葉を順番にノリで言っていくという実験的な企画のブリッジVTRの後は、「文字のライフセーバー」。

本来は「山本鮮魚店」「和菓子の田中」と書かれているはずのお店の看板に、それぞれ「山元戦魚点」「我が師の田中」と書かれたことに腹を立てた博は、「これはもう、文字のライフセーバーに頼むしかない!」と、文字のライフセーバーなる人物(秋山)に修正を依頼しますが......。まるで本当のライフセーバーのような格好で現れ、「時間ないならクオリティのことは言うな」と言い放ち、強引な修正を始めるライフセーバーにお客さんは爆笑!

20190111101537-28f5a3d9939ef6c9e76a2d9e202de39eee6b70cc.jpg
20190111101608-659fc89d9065873d50b12215fdc3e1a2ed38ca6d.jpg
ナイロンのジャケットでDJをしているという「ナイロンDJ」ネタのブリッジVTRのあとは、3本目のコント「癖(へき)」。

久しぶりの再会となった2人の男(秋山・博)。カラオケボックスで歌を歌うのですが、最初に秋山がウルフルズの『ガッツだぜ!』を、なぜか演奏部分を口で歌い出し......。驚いた博が「説明して」と詰め寄ると、「オレ......そっちなんだ」と深刻な様子で話す秋山。博が「どっち?」と聞くと「メロディを言いたいんだ」と告白します。まるでゲイがカミングアウトするかのような言い方で告白する秋山の前に、秋山を凌ぐすべてが逆のマスター(馬場)まで登場し、カラオケボックスはカオス状態に......。
20190111101746-72442fb4eae740ac5c1aea52c79156c165b80e81.jpg
20190111101813-a3d5e6e9838d7dbb42a6b5b77ebb490c0a43903a.jpg
次のブリッジVTRでは"思春期モノマネ"と題し、20年前のアー写に今の自分たちを近づけようと奮闘するさまを描きます。秋山が「今と30kg違うからね」と衝撃の告白をしたり、「色、白いな~!」と言われた博が強引に白塗りされたりと、当時に近づけるのは絶対に無理だろうと思われたのですが、出来上がった写真を比較してみると意外にも20年前にかなり近づけていて、そのクオリティにお客さんからも感嘆の声が上がっていました。

続いてのコントは「ミリタリー」。「HIROSHI BOY TOKYO」という、まるで「MICHIKO LONDON」みたいな名前のブランドのデザイナー・博が、次のコレクションのショーモデルを専属モデルであるハクエイ(秋山)に依頼しますが、ハクエイは、コレクションのテーマが「ミリタリー」だと聞いて、辞退したいと言い出します。聞けば「軍モノがマジになっちゃうんで......」とのことですが、博は「大丈夫!」と気にしません。
20190111102047-52c8a4848b6f9f14d5f3b3bf8c05f2133cc87c70.jpg
しかし実際にショーが始まると、カッコよく着こなす新人モデル(馬場)のあとに登場したハクエイは、どう見てもガチの軍人にしか見えず、観客は爆笑! その後もあれやこれやと工夫を凝らす博でしたが、黒を着れば北の国の視察をする人のように見えてしまったりと、ただただ衣装を着て登場するだけで爆笑をとってしまうハクエイなのでした。
20190111102122-592bc923dd1571e1c755e40a3cab3b841411af8e.jpg
20190111102147-9b4d91b2a12e108b9cb627265b5d9bda8a4ae8f3.jpg
20190111102230-3b07584045a0047504941c8b74089c8b311988cf.jpg
コント「HIROSHI Rocks★Show2018」では、ちょっと古めのロックスターに扮した博がヒロシコールを受けながら『ジョニー・B・グッド』を熱唱しますが、そこに"馬場ちゃんと竜ちゃん"という2人組のラップユニットが乱入し、『性交渉』という謎の歌でショーを盛り上げます。
20190111102438-d4c305a17256dc1d4e439feebb096db8b4784611.jpg
20190111102506-4fbb211b58c92a46dcdf9baf112d09d611324ba6.jpg
続いてのコント「マイケル」では、事故に遭って意識不明のアメリカからの留学生・マイケルの元に日本の友人が駆けつけるのですが、日本語で話しかけてもわかってもらえないと思った3人は、スマホの翻訳アプリを使って自分たちの言葉をマイケルに届けようとし......。わざわざ「スマホの翻訳アプリを使ってコントをしています」というテロップが流れるなど、細部にニヤリとする仕掛けが施され、さらに翻訳アプリ自体のポンコツぶりにも笑いが起こったりと、いろんな角度からの笑いが楽しめるコントとなりました。
20190111102709-aa3cbf390c05167bb0a3f318d876813289f8a707.jpg
「他にもあった!マジのやつ」と題し、秋山が着るとマジになってしまう衣装を次々と披露し、「又吉が着てるみたいなゆる系のファッション」が「マジでヤバいヤツ」に変換されたり、どんなジャケットを着ても(サッカーの)北澤豪になってしまったりと、爆笑に次ぐ爆笑のコスプレコント(?)VTRのあとは、コント「ボクサーの妻のためのサポート講座」。


自らもボクサー・ファイティング平川の妻であるキリコ夫人(秋山)が、ボクサーの妻だけのために開いているニッチな講座という設定で、「ボクサーの妻にとっていちばん大事なことは、食事の管理でもボディケアでもなく、リングサイドで見せる表情です!」と力説し、客席に降りていってその表情を実演します。
20190111102835-819fb43590127003f0d267b997d2133961ae8361.jpg
20190111102857-ef21db8be87f3347e990f3b9fb5948713b847d40.jpg
20190111102930-4086b0f0593785e7f837d7704b2723163f4855f4.jpg
コントにちなみ、元プロボクサーでもある博が、なぜかアキラ100%のような姿でさまざまなミッションに挑戦するブリッジVTR「元プロボクサー・博の挑戦」のあとは、コント「小学生版画クラブ」。

小学6年生の博が、「思い出を版画に彫りたい」と版画クラブにやってきますが、クラブの秋山先生は「悪いな、ウチは彫らねぇんだ」と謎の言葉を。なんとそのクラブは「小学生が版画で彫りそうな絵を表現するクラブ」だったのです。隣のクラスの転校生・馬場さんと一緒に、さまざまな「小学生が彫りそうな版画」を表現していく秋山先生に観客は爆笑! ラストには梅宮辰夫ネタも登場し、盛りだくさんのコントとなりました。
20190111103048-619fe4f5161baf588b806022a08b335b71ce87ef.jpg
20190111103118-4ca6bad5da32b2011ec20494d8f229816d25022f.jpg
20190111103156-9dcbe4422c2d1947d2fddf97d1e5f9c33a616447.jpg
そして、いよいよラストのコントは「出版記念パーティー」。『はあちゃんが教えてくれた2000のこと』という本の出版記念パーティーにやってきた1組のカップル(馬場・博)ですが、お客さんはまばら。そんな中、主役である著者の荒本先生(秋山)は順番に愛想よくお客さんに声をかけていきますが、人数が少ないため、2人は何度も話しかけられてしまいます。
20190111103309-5bd3ce0269ef7cb27638e59bfebef628a1e21cf7.jpg
まるで格言のような、ためになることを言っているように聞こえるのですが、よく聞くと何を言っているのかまったくわからない荒本先生の言葉に「まったく響かない」と困惑気味の博。しかし彼女(馬場)は感激しまくりで......。秋山の"デタラメなのに重みがあるように聞こえるトーク"が冴えまくりのコントとなりました。
20190111103344-f6e48c9898bb04d85d47c35089bb351bb7f7a074.jpg
エンディングでは、「最後のコントが長い!」と自らツッコむ博。実は最後のコントだけ、ほぼアドリブで、その日によって内容も時間も全然違ったんだそうで、秋山は「楽しくてしょうがないんですよね」とニッコリ。さらに、「元ボクサーで、いつもボクサーはスタミナが大事とか言ってるくせに、博がいちばん疲れてる」というダメ出しまでする秋山。
20190111103407-fc13b12cdf504af8e8b075005adc66c0edd08902.jpg
ラストは博の「閉幕無理宣言」で幕を閉じた本ライブ。開幕時同様、「イヤ、ムリ~!!」という博の絶叫が会場に響き渡っていました。
20190111103448-3365581d6a5781efe595767be945418644a746bf.jpg


【ロバート】

2019年1月10日 (木)

今年も大賑わい! 恒例の今宮戎神社『宝恵駕籠行列』に霜降り明星が登場!

20190110194652-283d08a5d9f98947ed1bcde61bb27af6e33c3ba5.jpg

毎年恒例となっている今宮戎神社の『宝恵駕籠行列』。今年も1月10日(木)に行われ、桂文枝、桂きん枝、霜降り明星を始めとするよしもと芸人たちが、大阪の町を盛り上げました。


20190110194758-7f1c0b37adad7d1fb8fc02f4dcb4b1c0162e7523.jpg

20190110194833-bd23a606bccba124149770d0ee23fd7442e0bbaf.jpg

20190110194912-4081e32cb77fe6fb935825e23f399fa136a32905.jpg

「ほーえかご! ほーえかご!」の掛け声のなか、多くの人が詰めかけた道頓堀に船乗り込みで到着した桂文枝、桂きん枝、霜降り明星。文枝ときん枝は黒の紋付袴、霜降り明星の2人はせいやが紅、粗品が白の衣装で登場です。行列の安全のため、今宮戎神社神官によるおはらいが行われたあと、まず先発隊が出発。そのあと本隊の出発式が始まります。まず鳥井信吾振興会会長が「この素晴らしい行事を成功させましょう!」とアピール。挨拶が続いたあと、文枝が登壇しました。まずは「あけましておめでとうございます!」と新年の挨拶から。そして弟弟子のきん枝が四代目桂小文枝を襲名することになったと伝えたあと、40年間福娘を選ぶ司会をしていたことを話し、今宮戎神社では福娘が皆さんを待っている、とアピールしました。


20190110194951-a4ab510c9d6ccd7af98f94dc076d84ed525f3acc.jpg

続いてはきん枝。こちらも新年の挨拶のあと、3月になんばグランド花月で四代目桂小文枝を襲名することを改めて伝え、「私もがんばります、みなさんもがんばっていただいて大阪の底上げを」と呼びかけました。


20190110195018-8d3820ebe4e6a59c4dd8067fc15dc3c817048a31.jpg

霜降り明星の2人は、まず粗品が行列に初めて参加することを明かし、「素敵な伝統に参加させていただいて光栄」と感激の面持ち。せいやは「フェラーリやポルシェより宝恵駕に乗るのが夢だった」と話し、盛り上げました。


20190110195143-2becdfe8d5c0a04b6907565c8aeb3db86326a62d.jpg

20190110195139-de5ecdae9882a3be4f4a07ea7fbadaaebfee8a27.jpg

20190110195121-79bb49024ad34b4ab419f8065c73d40471ce2764.jpg

それから文枝、きん枝、霜降り明星も参加して、くす玉割りが行われます。全員で紐を引くと、見事にくす玉が割れ、観客から拍手が。続いては手締めです。「お手を拝借、うちましょ、もうひとつせ、いおうてさんど」の掛け声のあと「おめでとうございます!」の声で改めて大きな拍手が起こりました。次はかご上げです。「ほーえかご!ほーえかご!」の掛け声で、見事にかごが上がると、大勢の人たちから拍手と歓声が上がりました。


20190110195257-15d69f80397503c3f02464015e96981a926a59a3.jpg

20190110195252-c55735f0249d9d6289f80d6424c7e99a9210c0c7.jpg

20190110195511-99479818bc3ebddd1ea9ceae525f10e194ab8c0d.jpg

そしていよいよ宝恵駕籠行列が出発。文枝、きん枝も大阪の町を宝恵駕に揺られて行きます。戎橋に設置された舞台でも、改めて挨拶が行われ、文枝は「めちゃめちゃ寒いです」とひと言、詰めかけた人たちを笑わせます。そしてこちらでもきん枝が桂小文枝を襲名することを伝え、「よろしくお願いいたします」と呼びかけました。


20190110195620-d4e8b6a6782d25711860e31c12acfd66c73b3821.jpg

きん枝は新年の挨拶のあと、なんばグランド花月で3月12日(火)夜7時から襲名興行を行わせていただきますと話し、「お値段も非常に高くなって申し訳ないなぁ」と言いつつ、自分が全てもらうわけではないとひとボケ。東京からもゲストが来ること、全国二十数ヶ所で襲名公演を行うことを明かしました。さらに去年7月に神戸・新開地にオープンした喜楽館にも触れ、盛り上がりに期待を込めました。


20190110195719-dd226e7d0e375a047e58259839e69fd37f460dbf.jpg

20190110195712-d7ad20d4bb9e39182b5ddf926dc99e6374fb6549.jpg

20190110195835-6335c8d6f9432a23f3f3dee296dad25ed9590adf.jpg

20190110195942-26c31176846605f6c9d262798f4b1c0f103b8056.jpg

なんばグランド花月前 YES広場では、マルセイユがMCを務め、若手芸人たちが持ちネタを披露。詰めかけた見物客を盛り上げます。そこにまず霜降り明星が登場。「おめでたい仕事を正月からできるのがありがたい」とせいや。粗品は実家の焼き肉店が東心斎橋にあると話し、「笹は邪魔なので持ってこないように」と話すと、すかさずツッコミが入ります。今年の抱負を聞かれた粗品は「よしもとの顔として活躍できるようがんばります」と宣言。せいやも「おめでたいスタートにできたので、今年一年よろしくお願いいします!」とアピールしました。ここで文枝、きん枝の宝恵駕が到着し、霜降り明星、若手芸人たちも行列と合流します。


20190110200046-3bb94e62f764b07b31c3ba65c2230386df5b561a.jpg

20190110200039-559a184f01017f54e412bae8c712f57f2d29e2be.jpg

20190110200035-c6b404f07d19cf3cb2cdf29c2728e2a02d8f8c2a.jpg

そこからも「ほーえかご!ほーえかご!」の声にのり、行列が町中を進行。文枝、きん枝、霜降り明星も沿道の人たちに手を振りながら進みます。


20190110200224-475710c86b03593138d56aaa5710a3a7e27f4b1f.jpg

20190110200229-2e2e5a6cbc6bc33aefb3490c12fb757e48476b6c.jpg

20190110200219-04c94d83b27858f9bf2041cbd7563d54d30909c6.jpg

20190110200337-4333b4271d1a2fa27ece09210a6fdde14b5d692d.jpg

今宮戎神社近くに到着すると、全員が宝恵駕を降り、歩いて境内へ。そして拝殿で玉串を奉納したあと、稲荷社でおはらいを受け、お神酒をいただくと、宝恵駕籠行列は終了しました。



【桂文枝】【桂きん枝】【霜降り明星】【マルセイユ】【トップシークレットまさじ】【親指ぎゅー太郎】【もっち】【グリフポール】【山C】【エジソン】【まだやまだ】【アンビシャスたかし】【相乗効果】【エルフ】【みう】【ペガサス】【ジャンピンレコード】【Hop scoth】【ぱぁりぃぱんだ】【上田流星】【大黒ケイイチ(吉本新喜劇)】【平田健太(吉本新喜劇)】【石橋洋貴(吉本新喜劇)】【重谷ほたる(吉本新喜劇)】【川筋ライラ(吉本新喜劇)】


| »