最新ニュースインタビューライブレポート

劇場・イベント

2017年5月23日 (火)

『MBSハッカソン』最優秀賞に輝いた「漫才VR」で盛り上がるコーナーも!ラフ次元 単独ライブ「ラフ次元の九次元」

5月20日(土)、よしもと漫才劇場にて、ラフ次元単独ライブ「ラフ次元の九次元」が開催されました。タイトル通り9回目となる今回は、どんなネタで笑わせてくれるのか? 大入り満員となった客席では、観客の皆さんが今か今かと開演を待っています。

ライブの幕開けは、もちろん漫才で。舞台に現れたふたりは、なぜか旧衣装を着用。空の新衣装が破れてしまい、仕方なく古い方を着ることになったのだとか。そんななか、話題はやはり、梅村の第一子誕生へ! パパになって初の単独ライブということで、子どもネタでさんざんいじられまくり。また空は、『MBSハッカソン』で最優秀賞を受賞したことを、しっかりアピールしていました。

1本目のテーマは「終活」。空が考える自身の葬儀では、空から参列者へのメッセージVTRが流れるようで、赤裸々に語られる意外な人への告白や思いに、客席は大爆笑! あることないこと暴露されまくる梅村の、狼狽ぶりも見ものです。

20170523114841-b096dd0e8cfb791576325dad3888475d008b2240.jpg

オープニングVTRを挟み、2本目は空が地下アイドルにハマっていることを告白するネタ。"あるもの"をテーマにした3人組アイドルの、キャラ・ルックス・曲すべてが梅村をドン引きさせていきます。ところが後半は予想外の展開を見せ、梅村の見事な切り返しに、またまた大きな笑いが起こりました。ちなみにこの日は、すべてのネタで衣装を変えることになっているそうで、ふたりのコーディネートにも注目が集まります!

20170523114905-744dcfa8313ec1383ffc4c2a511a9a53c028f319.jpg

ブリッジVTRは、芸人仲間から梅村への「第一子誕生おめでとうメッセージ」。うれしそうに視聴する梅村の姿も映し出されますが、お祝いと見せかけて暴言連発の祇園、自慢と告知に終始したトット、完全に1分ネタと化していたジュリエッタ、まさかの大嘘で会場をざわつかせたアインシュタイン・稲田を前に言葉も出ず...?

3本目はショートネタの「人形劇漫才」。人形に扮したふたりがヒーローものを演じるという単独ならではのこのネタ。途中で梅村が息切れするほどのハイテンションぶりで、舞台狭しと駆け回りました。

20170523114929-fdcd2df42ad7dd25a396ef977f999a9cc73ef7c5.jpg

4本目は再び漫才。梅村の花柄×花柄という攻めのコーディネートでも笑わせつつ、「歌の前奏に隠された歌詞」を空が歌い上げるネタを披露。ヒット曲に乗って繰り出されるテンポのいいボケで、客席を沸かせました。

20170523114957-0b3f6208c0c5c3b95380fbb6ccd62f43550d6df6.jpg

5本目はコント。部屋でホラー映画を見つつ、いいムードのカップル、と思いきや、梅村扮する女性は50代、方や空が扮するのは大学生という年の差恋愛!? 甘い言葉についついうれしくなってしまう乙女心...面白くも愛らしいおばちゃんキャラを梅村が熱演します。

20170523115029-e69e4c6b2b410005982be25f93107e44b99318ae.jpg

「今日は言いたいことをすべてさらけだそう」と誓い合って始まった6本目の漫才では、ふたりの心の声がダダ漏れに。誘拐事件をテーマにしたネタと、コンビ愛たっぷりのやりとりが同時進行することで、笑いをさらに増幅させていきました。

20170523115113-dd57468c803bdb1b406371894139e78fc724b27d.jpg

もうひとつのお楽しみ、コーナーは「漫才VRで遊ぼう!」。先日、『MBSハッカソン』で空参加のチームが考案・製作した「漫才VR」が見事、最優秀賞を獲得! 「漫才VR」とは、バーチャル空間で空と漫才を演じ、ツッコミのフレーズとどつきで得点を重ねる仮想現実(VR)ゲーム。つまり、梅村になりきって漫才ができるというわけです。そこで今回は、ツッコミの精鋭たちをゲストに迎え、「漫才VR」に挑戦してもらうことに!

20170523115150-f49a51ef9d1a40317425416766428bd3853dcfd2.jpg

選ばれし"精鋭ゲスト"は、スマイル・瀬戸、見取り図・盛山、マルセイユ・津田。3人は「漫才VR」について説明を受けるも、いまひとつピンとこず、おっかなびっくりでのスタートに...。トップバッターの津田は、ゴーグルを着けるなり、「うわー! (隣に)空さんがいる!」と大興奮。ラフ次元のネタに沿って、ツッコミポイントで4つのツッコミフレーズから正しいものを選び、同時に空をどつくことで点数が加算されていきます。なんと津田は76点という高得点を叩き出し、「大御所漫才師レベル」と認定されました。

20170523115223-24389bf8fff07ad4677a0c29f5391e33be23b288.jpg

観客の皆さんからも、我こそは!という2人が志願。空の方ばかり見てしまったり、何度もどついてしまったりとなかなか上手くいきませんが、ゴーグル越しに見える仮想現実のクオリティに、揃って歓声を上げていました。

瀬戸もゴーグルを着けた瞬間、思わず「すごいな!」と興奮。ツッコミフレーズを選ぶだけでは物足りないのか、冒頭から「なるほど」など合いの手まで入れていきます。見事なタイミングでツッコミとどつきを決める一方で、4択に含まれないオリジナルのツッコミが飛び出すひと幕も! 後半の遊び心が裏目に出たか、結果は60点で「ベテラン漫才師レベル」となりました。得点で上回った津田からは、「今日から敬語つかって」と下剋上宣言が!?

20170523115300-f7855b7150e0305b6b5be0e57288e3c16951ff91.jpg

トリを飾ったのは盛山。なかなか視線が定まらず、なぜか床を見つめ続けたり、空の局所を狙ってどついたり、空と見つめ合ったりとやりたい放題! もちろん結果は21点とこの日の最低点を記録、「若手漫才師レベル」に。「漫才VR」を初体験した3人は、その面白さとリアルさを、存分に楽しんだ様子でした。

20170523115337-23e599cd5adf53dacb36b4ce836edd7db39fa3e9.jpg

最後の漫才は、きのこが嫌いな子のために、空が「きのこVR」を考案するというネタ。「漫才VR」よろしくゴーグルを着け、きのこの世界をさまよう梅村の前に、しいたけやえのきなど、キャラが濃すぎるきのこが次々と登場します。変幻自在、個性全開な空の"きのこ演技"が、大きな笑いを巻き起こしていました。

20170523115409-d9bc7c4ab979e7f419bafd6d21f1767ae1a7963c.jpg

エンディングでは、「9回目の単独で初の立ち見になりました!」と改めて喜びを爆発させたふたり。再び大きな拍手に包まれ、この日のライブは幕となりました。

20170523115435-8222efbf0f1e09c1592af8da2384fce043b3e30d.jpg



【ラフ次元】【空道太郎】【梅村賢太郎】【スマイル・瀬戸】【見取り図・盛山】【マルセイユ・津田】

2017年5月18日 (木)

酒井藍単独公演『しん・酒井藍・きげきっ・ドキッ!』

20170518110746-36396ce6c8666c9f9b39dc6863a1592625c8187e.jpg

5月10日(水)、なんばグランド花月で酒井藍単独公演『しん・酒井藍・きげきっ・ドキッ!』が開催されました。今回は新喜劇に加えて、新喜劇メンバーの知られざる素顔をつめこんだ新喜劇ラップ、漫才、さらにダンスまで、藍ちゃんの魅力がギュッとつめこんだ内容となっていました。

20170518110826-62acc652c7815fc0868446ec84c02ff6c7c45823.jpg

まずは、新喜劇「ハイキュー少女藍ちゃん!!!」。花月高校男子バレー部の奮闘劇を描いた新喜劇です。公園でたこ焼き屋台を営む信濃岳夫は、かつて強豪といわれていた花月高校男子バレー部のOB。そこに、ピンク色のジャージ姿の藍ちゃんが自転車でやってきました。藍ちゃんは、花月高校男子バレー部のマネージャー。お客さんの大歓声と拍手に迎えられて登場した藍ちゃんを、さっそく「マネージャーというよりバボちゃんみたいやな!」とイジる信濃。さらに藍ちゃんは「ここで練習がしたいから邪魔」と、巨体を生かして屋台を隅っこに追いやる力技も!

20170518110856-30476e66fcda078241062eb448c58e96fa3f1485.jpg

続いて男子バレー部キャプテンの清水啓之、部員の諸見里大介、祐代朗功がやって来ますが、頼りない面々、そして部員の少なさ。すっかり弱小バレー部となってしまったことを、OBとして心配する信濃。

20170518110937-f088680530f0a4c7a03430ab3d420e21d6c9ba85.jpg

20170518111026-cd0eadfe7ef10867465e61fc4f1e8ac3128ee956.jpg

さらに幽霊部員の吉田裕も通りかかりますが、「バレーボールなんか興味ない」という態度。しかしキャプテンの清水曰く、じつは吉田は花月高校男子バレー部のエース。中学時代は清水と共にバレーボールに打ち込んでたといいますが、どうも辛い過去があるらしく...。するとそこに、花月高校校長の森田まりこと教頭の松浦真也が登場。まりこ校長は「男子バレー部は花月高校に必要のない存在」と切り捨てます。その理由を松浦教頭と共に「必要ない」という曲に乗せてミュージカル仕立てで表現するまりこ校長。

20170518111138-2074284a70ddd237c84e0c2be821be86875d65d6.jpg20170518111108-1182a2fbf58ad73ac3da48a05f238481514012b8.jpg

あまりの名曲とまりこ校長の激しいダンスに見入るメンバーでしたが、花月高校男子バレー部は、その名曲により自分たちが廃部の危機にさらされていることを知りました。さらにまりこ校長は、春の高校バレー優勝校の吉本高校との練習試合で勝つことができれば廃部はナシにしてやってもいい、と言い出します。強豪の吉本高校男子バレー部と、いまや弱小となってしまった花月高校男子バレー部。その実力の差は誰もが知るところ。あえて実力の差を、リンボーダンスで表現してみせるまりこ校長と松浦教頭。

20170518111427-e48faa00dee77fa732af33cb5545237e5aa3b32c.jpg

20170518111248-dff3b621928c363638a1b4bb498ac95fc1c1d329.jpg

20170518111333-a5b6abe7049e2d2778e6538c78cd9329ed6ac055.jpg

しかし、こうなればやるしかありません。その日から、試合に向けて練習に励む花月高校男子バレー部の面々。マネージャーである藍ちゃんも、監督ばりの指導で部員たちを鼓舞します。そんななか、幽霊部員だったエースの吉田裕が戻ってきました! 頼りになるエースが戻ってきたものの、まだ部員は足りない状態。すると藍ちゃんが「私が助っ人に入る!」と言い出し...。

20170518111554-38ebb2793f191157c0e161b3394b0909ddd885ab.jpg

20170518111626-2ea3a0cf05dfa3cf25a2dba56e6332ba3304e55d.jpg

20170518111719-f72e631682e4ec4f8334f046981e6d4b5d33fcd1.jpg20170518111706-7f7c6fc0284b8f429ba02736270cbde2f658f8ba.jpg

いよいよ決戦のとき。格上の相手に苦戦する花月高校男子バレー部。そこで藍ちゃんは、秘策を繰り出すことに。祐代は、アタックすると同時にハーッと臭い息を吹きかける攻撃。自分の汗でびっしょり濡れたボールでサーブを打つことで相手のミスを誘う清水啓之。指示を飛ばすものの滑舌の悪いしゃべりで敵の注意を削ぐ諸見里。数々の奇策で、花月高校は奇跡的にマッチポイントを迎えました! 最後はエースの吉田裕が決める...と思いきや、助っ人で入ったマネージャーの藍ちゃんがバッチリ決めて試合終了! 

20170518111817-af99f15d705921e73d5223cf9015ca3deeed2ba9.jpg

20170518111846-b2fb7e9df97d7db6ca055c713e139d55123a56d9.jpg

吉本高校に快勝した花月高校男子バレー部、廃部をまぬがれることができた...はずだったのに、またもまりこ校長と松浦教頭が登場。「認めるわけにはいかない」と条件を翻し、花月高校男子バレー部を廃部に追いやろうとしますが...。

20170518111916-c7850acdae8e6c91d433f6b34131850b46686673.jpg

顧問の今別府先生が、まりこ校長と松浦教頭が不倫関係にあることを暴露。男子バレー部を廃部に追い込み、バレー部に使っていた予算を、自分たちの飲食代などに回そうと企んでいたことを明かすのでした。言い逃れができなくなり、観念したまりこ校長と松浦教頭。晴れて、花月高校男子バレー部はこれまで通り活動できることになったのでした。

20170518112001-9b6a948e9fc6b323dc4775503e56bc5d594d319d.jpg

今別府の「ぴゅっぴゅぴゅっぴゅ」などおなじみのギャグのほか、なんばグランド花月の舞台を使って再現されたバレーボールの試合のシーンなど、見どころ満載の新喜劇にお客さんたちは大喜びでした。

20170518112126-2c5ea68f1e8f27b972d9c28d7e902c1de0179ac4.jpg

休憩を挟み、次は藍ちゃんの魅力が炸裂するコーナー「酒井藍のピンネタドキッ!」。まずは「新喜劇ラップ」です。おなじみの新喜劇座員の素顔を明かす内容で会場を沸かせます。

20170518112229-8824c8772893b5d6b301e26ed9a8fe73902f54e2.jpg

続いて「酒井藍の漫才ドキッ!」。岡田直子とコンビを組んだ「ブタメガネ」で3分間のネタを披露しました。途中、祐代も乱入して大盛り上がりの漫才となりました。

20170518112327-b6827a8631646f3abdf7d33efee684812dbdf2b8.jpg

20170518112432-3d30dbb1ef0d7c4de1d08d8b5ecc45ba236a5845.jpg

続いて藍ちゃんが「2016年でいちばん印象にの凝っているもの」として、YouTubeでも発表された新喜劇メンバーによる「恋ダンス」を披露!

20170518112506-a491337b6ae1ef54f45d100b7052c2bfc2743cb8.jpg

20170518112533-9e1855c88b0d8c1959c44d4f16167c11c69a07db.jpg

ほか、ブリッジVTRでは「酒井藍のイタズラ」として、島田一之介、宇都宮まき、小籔千豊、川畑泰史、浅香あき恵、すっちーにブーブークッションやゴキブリの小物を使ったドッキリを仕掛ける企画も。それぞれ、個性際立つリアクションが続々と飛び出しました。

20170518112627-02afa46055f15545dead21ba967eee4b42163afd.jpg20170518112604-d2df3107b2bb5ae2c94453bc75f4d3d1feec79be.jpg

そしてついにエンディング。藍ちゃんは「新喜劇は本当に素晴らしい方がたくさんいる」と、この日の出演者全員を「AKB48」の「チームB推し」に乗せて紹介! 最後までノリノリの単独ライブとなりました。

20170518112706-e795c1113731a852c1a9813a14d2e08d7ba446f9.jpg

【酒井藍】【信濃岳夫】【金原早苗】【清水啓之】【吉田裕】【諸見里大介】【祐代朗功】【今別府直之】【森田まりこ】【松浦真也】【太田芳伸】【新名徹郎】【佐藤太一郎】【井上安世】【もじゃ吉田】【服部ひで子】【親泊泰秀】【吉岡友見】

2017年5月16日 (火)

NBAスぺシャルトーク by WOWOW ~RGとNBA好きがNBAあるあるはやくいいたい~

NBA各チームがファイナルに向けて熱い戦いを繰り広げる中、15日(月)に新宿のロフトプラスワンで「NBAスペシャルトーク by WOWOW~RGとNBA好きがNBAあるあるはやくいいたい~」と銘打たれた熱いトークイベントが行われました。

出演者は、あるあるネタで人気のレイザーラモンRG、「心配ないさ~」でお馴染みの大西ライオン、チョコレートプラネット松尾、デルピエロ石田さんらNBA大好きお笑い芸人に加え、WOWOWのNBA解説陣からは中原雄さん(専修大学男子バスケットボール部アソシエイトヘッドコーチ)、佐々木クリスさん(NBAアナリスト)、ラグビーフランス リーグTOP14中継で解説をつとめる元ラグビー日本代表の大西将太郎も参加しました。
20170516205600-2e900e31f4edbd190b9062edef6b7be0acc45a73.jpg

NBAファンが多数詰めかけたイベントは、NBA白熱トークと題して出演者がトークネタを出し、NBAの年俸、NBAのイケメン選手などで大盛り上がり。特に、プレーオフに出場しているゴールデンステイト・ウォリアーズのザザ・パチューリアを引き合いに出したマニアックなネタで会場は爆笑の渦に包まれました。
また、中原さんからはテレビでは話せないような裏話が飛び出せば、オフの移籍関連ネタではクリスさんがディープな話を披露。イベント中は、ファンとのトークも頻繁に行われ、レイ・アレンあるあるを振られたRGは「みんなとご飯行かない」と答え、爆笑を誘いました。
20170516205945-3849edd485a0133677fff4221998fdb69249f057.jpg

プレゼント抽選会では、マイケル・ジョーダンの1996年のオールスター限定フィギュア、ステファン・カリーモデルのシューズなど豪華賞品に参加者は大喜び。およそ3時間のイベントはあっという間に幕を閉じました。
20170516210302-9f69350e473e83c033046f874422c78917e576f2.jpg

イベント後に感想を聞かれた出演者は、大西ライオンさんが、「マニアックな話についてくるお客さんがすごい。本当に楽しいイベントでした」と言えば、松尾さんも「楽しかったです。普通に見ていたいくらい。またやりたい」と大興奮だった。

NBAはファイナルに向けて佳境を迎える中、出演者にはここからのNBAを楽しむためのポイントを教えてもらった。石田さんは「みなさんシックスマンというけど、僕は7番目の選手に注目します。ウォリアーズで言うと、イアン・クラークの活躍がカギだと思います」。これには全員が「お~」とうなずき激しく同意。大西ライオンには、ウェスタンカンファレンスファイナル第1戦で負傷退場したサンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードの故障について心配ないか話を向けると、「心配・・・ないさ!と言いたいですが、心配です」と気にすれば、ラグビー元日本代表の大西も、「プレーオフではけが人が心配」と話した。

RGは、「スラムダンクの練習試合の陵南対湘北、県大会の海南大付属対陵南を見てから気持ちを上げてみると、それがダブって楽しく見られると思います。あとは、プレーオフ期間中に流されるレジェンド動画を見てください」と、人気漫画を引き合いに出しNBA初心者に向けての楽しみ方を教えてくれた。

WOWOWのNBA解説陣では、中原さんが「ここからはリングに向かえる選手がいるチームが強いです。つまり、勝利への意思が強い選手がいるチームです。この壁を超える選手が、スターかスーパースターの分かれ際です」と注目する選手の視点を説明。クリスさんは、「伝説が生まれるのがプレーオフ」と、これから見逃せない戦いが続くことを強調した。

20170516210804-0e6319a0fbb60a6dc1792c8062596fbd40415473.jpg


最後に、RGさん得意のあるあるネタを出演者全員にお願いした。
お題はNBAプレーオフファイナル。
石田:「選手紹介のオープニングが長い」
大西ライオン:「ウォリアーズが変なダンスをしていた」
松尾:「結果を見ないように山手線車内の液晶ビジョンに気を付ける」
中原:「ロッカールームが静か」
クリス:「シャンパンファイトの後のロッカールームは尋常じゃないほど臭い」
大西:「何か起こりそうなときは(グレッグ・)ポポビッチを見ろ」
RG:「(NBAファイナルは)4勝2敗がち」


NBAは東西カンファレンスファイナル真っ只中で、NBAファイナル進出まであとわずか。NBAファイナルは、3年連続でウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズとなるのか?それとも、スパーズ、ボストン・セルティックスが阻止するのか?注目のNBAファイナルは日本時間6月2日(金)からWOWOWで全試合中継します!お楽しみに!

★「NBAバスケットボール プレーオフ東西決勝戦は以降全試合生中継
NBAファイナルは全試合生中継!

【放送日】5月17日(水)午前9:45~ 
西決勝スパーズ対ウォリアーズ第2戦 [WOWOWライブ]
ゲスト:松田丈志(元競泳日本代表/五輪メダリスト)

【放送日】5月18日(木)午前9:30~ 
東決勝キャバリアーズ対セルティックス第1戦 [WOWOWライブ]

【放送日】5月20日(土)午前9:30~ 
東決勝キャバリアーズ対セルティックス第2戦 [WOWOWライブ]

【放送日】5月21日(日)午前10:00~ 
西決勝ウォリアーズ対スパーズ第3戦 [WOWOWライブ]

■詳しくはWOWOW NBA ONLINEへ!
http://bit.ly/2qpVoG7




【レイザーラモン】

6月17日(土)「謎解きライブ in ヨシモト∞ホール~男の異常な愛情 あるいは劇場消滅~」

ヨシモト∞ホールがお届けする〝新感覚ライブ″が初登場!
「謎解きライブ in ヨシモト∞ホール~男の異常な愛情 あるいは劇場消滅~」が6月17日(土)ヨシモト∞ホールにて開催されます。
20170516110115-170533e11669731d9bce40eb0535f04e04d3988c.jpg

【ストーリー】
ここは都内のとある劇場。今年も若手芸人達の登竜門と言われるイベント「東京お笑い大賞」が開催されていた。芸人達がそれぞれのネタを披露する。緊迫した雰囲気。固唾を飲んで芸人を見守る観客。見慣れた光景・・・

但し、この日は少し違っていた。それは開演前、twitter上に「館内ニ爆弾ヲシカケタ。○○ヲ優勝サセヨ。サモナイト劇場ヲ爆破スル」の爆破予告ツイートが投稿されていたからだ。「ただのイタズラだ」と高をくくる芸人達。運命の結果発表・・・。

○○が優勝しなかった時、劇場は封鎖され、仕掛けられた時限爆弾が作動する・・・

芸人、観客たちの運命やいかに・・・

【イベント概要】
*21:15開場/21:30開演/22:30終演
*前売1,800円/当日2,000円 
*チケットぴあ5/17(水)・チケットよしもと5/14(水)発売開始

【出演者】
田畑藤本/廣瀬優/ラフレクラン きょん/ゆにばーす/バビロン/光永/LOVE/ぷりずん。兼近/ガーリィレコード
20170516113807-9721d01aa1606417344bd098e69a8d76443bcf78.jpg

チケット購入はコチラ



田畑藤本】【廣瀬優】【ラフレクラン】【ゆにばーす】【バビロン】【光永】【LOVE】【ぷりずん。】

幕間の初海外ドキュメンタリーも! 佐久間一行ボホール撮影フライヤーお披露目

8月に東京、千葉、大阪の3ヶ所で計5公演行われる佐久間一行単独ライブ「佐久間一行SHOW『BOHOL~ボホール~』」のフライヤーが本日解禁となりました。
20170516104822-deeb4a7ba8193bf9da6ec6419235e1c0d48056e5.jpg
佐久間は昨年、芸歴20周年を記念したライブ「NOW」を開催。芸人として20年間築き上げてきたものを披露すべく、恵比寿ザ・ガーデンホールを舞台に、自身の"今"をネタで表現しました。今年はそこから一歩先に進み、21年目にして"初めてのこと"にチャレンジ。人生でも初となる海外、フィリピン・ボホール島へ先週旅立ちました。

これまでのフライヤーも茨城育ちの佐久間らしい、山や川など自然の中で撮影したものが多かったものの、今回の大自然は別格!
高温多湿の熱帯モンスーン型気候であるボホールの緑濃い大自然の中に佐久間がたたずむデザインとなっています。
またボホールでは、オープニングVTR、ブリッジVTR、エンディングVTRも撮影したとのこと。果たして佐久間の初の海外をどのように過ごしていたのか。ぜひライブでチェックしてください。
東京公演、千葉公演は昨日5月14日よりチケットよしもとにて販売開始。大阪公演は4月20日から販売となります。詳しくはチケットよしもとにて確認を。


<佐久間一行コメント>
今回、ボホール島での事がオープニングVTR、ブリッジVTR、エンディングVTRになりますので、幕間の初海外ドキュメンタリーもお楽しみに〜。こんなに早く幕間の撮影が終わったのは、過去最速です!



【佐久間一行】

2017年5月13日 (土)

「KOYABU SONIC」が3年の充電期間を経て 今秋になんと3daysで堂々の復活!

20170513032039-6ff096a6919c262fd6221c0ea8c3ee7bb7b46e20.jpg

2008年7月から開催されてきた吉本新喜劇座長・小籔千豊主宰の「音楽と笑いの融合」をテーマにしたフェスティバル「KOYABU SONIC」が、3年間の充電期間を経て、ついに今秋に復活します!

開催10周年で8回目となる今回は、インテックス大阪にて11月3日(祝・金)、4日(土)、5日(日)の3日間にわたって行われます。主宰者の吉本新喜劇座長・小籔千豊が、アーティストのラインナップ、会場レイアウト、さらには"コヤソニ"ならではのコラボ企画まで完全プロデュース。3年間のパワーを大爆発させて最高の"コヤソニ"を作り上げます。

これに先立ち、5月12日(金)に開催発表会見が行われました。まずは、小籔から復活に向けてのご挨拶と意気込みが語られました。「僕らがやっていた下ネタラップグループを解散するということで、コヤソニを一旦閉じさせてもらいました。『やったらいいねん』というお声の他にも『辞めるのは、忙しいからか?』なんていう方もいて。そういうことではなく、下ネタラップグループを広めるためにと言ってアーティストさんや芸人の方に頭を下げて出演を快諾していただいていたので、コヤソニだけ続けるのはどう考えても違うという想いがあり、一度閉じるのが筋やろう、と思ったんです」。

20170513032132-72220a0695d38fe592976139d6c9abf775f95757.jpg

その一方で、小籔はドラムレッスンを始め、新喜劇ィズというバンドが動き始めていました。「バンドが形になったら、そのバンドを広めるためにコヤソニをやらせていただきますので、復活する時は皆さんにまた出演していただけますか? と何組かに話したら『いいよ』と言っていただきました」。それがついに10年目という節目に復活となりました。「とはいえ、バンド活動もまだ1年4カ月。ドラムの僕だけ一向に上手くならず、それなら上手くなるまでやめとこか、となると60歳を超えてしまいそうなので、僕の成長を見守る形の成長型のバンドという形で、皆さんに叱咤激励をいただきながら、音楽を楽しめるフェスになればいいなと思います」と意気込みを。

また、明日5月13日(土)11:00から6月30日(金)23:59の期間で、「枚数限定 超特割WEB先着先行販売」を実施。この期間にチケットを購入していただいた方限定で、非売品のコヤソニ×NEW ERA® コラボレーションキャップをプレゼントという特典も! 「NEW ERA®さんという、アゲアゲ帽子メーカーとコラボさせていただきました。皆さんにも年間スケジュールがあると思いますが、11月にコヤソニがあるなら夏の出費を控えたろうかという方もいらっしゃるかもしれませんし、少し早く告知させていただきました」と小籔。

20170513032223-9d0d14bab50f9b668cf13909bf3cdc2eaf72afe7.jpg

続いて、唯一出演が決まっている池乃めだかも会見に! 席について早々「出演依頼、ありがとうございます」と小籔に頭をさげるめだか。「もう10年になりますか? はじめ、小籔くんに歌を頼まれた時は歌が好きやから『ええよ〜』と喜んだんですが、それが普段聴いたことがなければ縁のないジャンルの歌で(笑)」と、『シャングリラ』の一節を歌ってみせ、「実はね、正直言って恨みました。なんちゅう無茶を言ってきよんのや、と。でも、歌い終わって袖に入ったら、初めてお会いするスタッフの方全員が拍手してくれて、目がウルウルしてた。その時に初めて、小籔くんの真意がわかって、本当にありがとう、と思えたんです。つい昨日のように覚えています」としみじみ語りました。

続けて「今回は、演歌?」とめだかが希望を込めて尋ねると、「いや、めだかさんが演歌を歌っても普通やから」と小籔。「チャンチキおけさ」とリクエストしていましたが、やんわりと却下され「斉藤和義さんとか、TOKYO No.1 SOUL SETさんとか、そういう方々の歌を74歳になるめだかさんが歌いはるから『こんなビッグスターが歌ってる! 覚えるの、さぞや苦労したやろうな』と思えるんです」と小籔。「実際に、新喜劇の関係性は素敵やな、と言っていただいたこともあります。何が印象的だったかと訊くと、みんな『めだかさん』と言います。アーティストさんもお客さんも喜びます。僕の立場からすると、芸人さんもアーティストさんもすごい方ばかり。老体に鞭打ってもらうことは申し訳ないけれど、コヤソニの時はいつも以上に甘えさせていただいています。命ある限り歌っていただき、皆さんの目に焼き付けていただけたらと。僕としてはおいしいな、と(笑)。小さいおっさんが無理して若い子の歌を歌ってる、という」と語りました。

20170513032253-651b6c371ff15591aaf855847d0ba11024ab4925.jpg

これを受けて「僕にも、ものすごく大きいもんがある」とめだか。「チャットモンチーさんと『シャングリラ』をやらせていただいて、『なんでこんな歌を覚えさすねん?』と思ったけど、達成感があります。言葉は悪いけど、新喜劇は片手間でやってるところがあるんです」と語り、記者陣は思わず爆笑。「これが歌になったら、今まで使ったことない脳の部分を開拓せなあかん。芸人人生にいい刺激になりました。だから、この2年間はホッとする反面、寂しかったです」とポロリ。

めだかへの質疑応答では、「もし出演者のブッキング権利があればお呼びしたい人は?」という質問に対して、AAAさん、ISSAさん、杉良太郎さんの名前が挙がりましたが、「めだかソニックがあればよかったな、というね」と小籔。

20170513032425-e72fb9e92fad38d6f93f7ce8613f343d994e67cf.jpg

続けて、「最近覚えた、若い歌手の歌やレパートリーは?」という質問には「僕のなかで、まぁまぁ若いなというのが、ちあきなおみさんの『冬隣』」と答え、これまた記者陣は爆笑。めだかの体調を気遣う記者には「ゴールデンウィークに公演が9日間あり、それがしんどくて次の週に無理を言って休ませてもらって病院に検査へ行ったんですけど、晴れて昨日、結果が出まして『なんにもない』と(笑)。万全で11月のコヤブソニックに挑みます」と気合十分でした。

また、小籔にもアーティストさんのラインナップについての質問が飛びました。「半分以上は、出てもいいよと言っていただいています。アーティストの方々は夏にフェスがあり、秋はツアーがある方々が毎年多くて、フェスをやる時期はいつも悩むところですが、夏に開催するとほかのフェスと競合してしまうし野外は暑い。ほかにも季節や小屋の空き状況なども考えながら、この時期になりました」とのこと。

アーティストさんのラインナップについては「皆さんに小出しにする気はまったくないんですが、もしここで洗いざらい話して『あの人が出ますねん!』と言ってスケジュールが取れないとなると、取り返しがつかないことになるな、と。でも、驚いていただけることには間違いないと思います」とし、「僕、もともと数年前からアーティストさんは誰が出るかは一切伏せて開催したいと思っていたんです。理由は、アーティストさんのラインナップで来る、来ないというふうになるフェスになりすぎると、あまりよくない方向に進むのではないかなと思っていて。去年と違いを出すとか、フェスを大きくすることを目指しがちなんですけど、僕はそれをするといつか破綻すると思います。シェフの言うことを信じてくれ、じゃないですけど、おまかせ料理でも行ったろか、と思うお客さんじゃないとしんどくなってくるんじゃないかと思うんです。とはいえ、お客さんにもお目当てがありますから、夏ぐらいから『こんんな人が出ます』というのを出しながら、1カ月前ぐらいには全員発表になるのかなというふうになると思います」とのこと。また、「基本的には(コヤソニの世界観は)変えないです。だいたい、いつも出演していただいている方々中心に、新しい方も何組かという感じです。今までコヤソニに来ていただいている方々にも楽しんでいただける内容、かつ新しい方も出ていただけます」というから期待に胸が膨らみます。

また、新喜劇ィズについて語る一幕も。「僕らがバンドをしているので、これまで下ネタラップがいちばん最後だったんですが、今回から下ネタではなくなるので、ご家族連れや、婚約中でお父さんお母さんをコヤソニにお招きしようと考えている方には来ていただきやすくなったのかな、と思います。だいぶ平和にはなってると思います」とも。新喜劇ィズの経緯については、「バンドをやろうかと思ったのが2014年で、始めたのは2015年。下ネタラップで外に発信することに苦労したから、バンドを外に広めるツールとしてその頃からInstagramを始めました。2016年に、なんばROCKETSという今はないライブハウスで初ライブを行いました。ギターが松浦真也、キーボードに金原早苗、ベースがチャットモンチーのあっこちゃんさん(福岡晃子さん)、ギターボーカルに宇都宮まきちゃん、ドラムが僕です」とメンバー紹介も。「本当は、Mr.オクレさんはベースが上手やから、新喜劇というならオクレさんがベースなのが筋なんですけど、ギャラの問題や、ライブハウスの出番も深夜が多いため、オクレさんのことを考えた結果、ほかの子にやっていただきます、という話はしました。オクレさんはミュージシャン出身なので、音楽の話になるとクッと怖い顔になるんですが『松浦は天才や。金原ちゃんはどこに出しても恥ずかしくない。ええメンバーを選んだな』と言っていただきました」とオクレからお褒めの言葉をいただいたとのこと。基本的にはコピーバンドで、現在、オリジナルソングはカジヒデキさんに作っていただいた「アイラブジョージ」のみ。しかし、「コヤソニまでにはあと1曲ぐらい、オリジナル曲を増やしたい」と意気込みも。ドラマーとしてのミッションを尋ねられた際は、「ドラムをやること自体が試練です。ドラムをやり始めてからずっと腕が痛いんです。本当に大変ですけど、毎日ドラムのことで頭がいっぱい」と猛練習を重ねている様子。

20170513032453-13cd533bed60b44917fd46626e1787a4a9740d8f.jpg

過去のコヤソニでは、小林幸子さんや新垣隆さんなどサプライズゲストが出演したこともあり、「今回のサプライズは?」との質問も。小籔は「ノーサプライズです」とキッパリ。「またコヤブソニックに行ったろかな、という方に来ていただきたい。お客さんを驚かせるとかではなく、同窓会みたいな感じで集まるフェスを目指しているので、サプライズがあるとしたら新喜劇ですかね。どこで新喜劇が行われるのかな、と。あとは、ベテランさん。『いつまでも、いると思うな親とベテラン』なので。10年は続けたいので、そう考えるとめだかさんは84歳です。すごい方々をいつまで観られるかわからないので、なかなかNGKに来れない方も多いと思うんですが、ミュージシャンきっかけで来ていただいた方に新喜劇を見ていただき、そのうちの15人でも『NGKに観に行こうかな』と思っていただけたら」と語りました。

20170513032521-0d5678653899c4bef6af3d7baaf4f2313412207f.jpg

多くのファンが待ち焦がれたコヤソニが、ついに復活というビッグニュース、さらなる最新情報は、随時「コヤブソニック」公式HPでおしらせします!

【イベント概要】

「KOYABU SONIC2017」

開催日:2017年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)

場所:インテックス大阪 5号館&2号館

出演:新喜劇ィズ、池乃めだか ほか 

※詳細は決定次第公式HPにて告知致します。

★チケット販売スケジュール

【超特割先行】

限定枚数!!WEB先行販売(先着先行)

特割価格&特典 「非売品グッズ コヤソニ×NEW ERAコラボレーションキャップ」付き!

●受付期間: 5月13日(土)11:00~6月30日(金)23:59

●対象席種: 3 日通券 大人 特割価格 18,000 円/子供 5,000 円

●販売箇所:チケットよしもと http://ticket.yoshimoto.co.jp

        チケットぴあ http://w.pia.jp/t/koyabusonic/

        ローソンチケット  http://l-tike.com/koyabusonic/

        イープラス  http://eplus.jp/koyabusonic2017/

        CNプレイガイド  http://cncn.jp/koyabusonic2017/

※予定枚数に達し次第受付終了。

※未就学児童入場無料

※子供券は小学生が対象。

※チケット購入時に特典引換券も一緒に発券されます。当日会場にて、

 引換券をお持ちの上、特典と交換となります。

 引換券を紛失、お忘れになられた方は交換が出来かねますので、予めご了承ください。

【特割先行】

●7月以降順次受付開始!

●対象席種:全券種対象

※特割価格でのWEB先着先行販売!

※詳細スケジュールは決定次第公式HPにて告知致します。

【一般販売】

●発売日:9月2日(土)10:00~

●チケット取扱い箇所:チケットよしもと/チケットぴあ/ローソンチケット/イープラス/CNプレイガイド

◎お問い合わせ先 キョードーインフォメーション0570-200-888(10:00~18:00)

【チケット券種】

●特割価格(先行期間中)

・1日券 大人6,900円、子供2,000円

・2日通し券(前半・後半) 大人13,000円、子供3,500円

・3日通券 大人18,000円、子供5,000円

●前売価格(一般発売以降)

・1日券 大人8,500円、子供2,000円

・2日通し券(前半・後半) 大人15,000円、子供3,500円

・3日通券 大人21,000円、子供5,000

●当日価格

・1日券 大人9,000円、子供2,000円

※未就学児童は無料

※子供は小学生が対象となります。

※雨天決行

 (荒天の場合中断、中止させて頂く場合もございます。)

※出演者変更に伴う払戻不可。

※入場制限実施の可能性がございます。

【小籔千豊】【池乃めだか】

2017年5月12日 (金)

ジャルジャル×倉本美津留の人気ライブが東京・大阪でそれぞれ開催決定!

LINELIVE配信中「ジャルジャル×倉本美津留の『デジジャル』〜Road to DIGITAL SUPERSTAR JARUJARU!!!〜」から生まれた全く新しい形のライブが、東京・大阪それぞれで開催決定しました。
20170512161854-870dfd6e07ab98ce46efc80f149f90b811b9a866.jpg

「ジャルジャル×倉本美津留の『デジジャル』〜Road to DIGITAL SUPERSTAR JARUJARU!!!〜(旧:ジャルジャル×倉本美津留のコント会議)」は、現在LINELIVEにて隔週月曜日(第2・第4)21時から配信しているインターネット配信番組です。当番組では、これまでにない新しい笑いを追求する番組としてさまざまなイベントを行ってきました。その一例として、世界的カメラマンのレスリー・キーとジャルジャルのコラボ作品であるヌード写真集「SUPER JARUJARU」の発売などを行ってきました。

今回、東京で開催する「超漫才LIVE」は、お客様から頂いた"漫才テーマ"をもとにジャルジャルがその場で漫才を披露します。「超コントLIVE」大阪公演は、お客様から頂いたワードをランダムに組み合わせることでコントタイトルを作り出し、ジャルジャルがその場でコントを披露していく内容のともに大好評イベントです。
20170512161817-209f7b1aafed5b6d7678627863479b8539f1621a.jpg

5月に行った「超漫才LIVE」大阪公演も、大盛況のうちに幕を閉じましたが、早くも東京・大阪で次回のライブ開催が決定。過去のライブで生まれたネタを、実際に他の舞台などでも披露しているというジャルジャルは、今回どのような超漫才・超コントを見せてくれるのか、是非とも会場で直接お楽しみください。
20170512161632-11f7cec06a3803d8c476feb93b029f5a00cdb31d.jpg



【ジャルジャル】

チーモンチョーチュウ全国ツアー2017開催決定!

20170512145704-4ce4395965564b11457a06c7907233652506037d.jpg
チーモンチョーチュウが、今年も全国ツアーを開催することが決定致しました!

毎年好評を博しているチーモンチョーチュウの全国ツアー。千葉、大阪、福岡、愛知、東京の5都市を巡ります。今回は各地で豪華なゲストを迎え、漫才にコントに、様々なネタを披露します!チケットは現在好評発売中です。是非この機会をお見逃しなく!

<本人からのコメント>
今年も漫才にコントと、色んなネタを引っさげて、各地回らせていただきます!キングオブコントを獲るネタがみれるかも!!
皆様のお越しをお待ちしてます!



【チーモンチョーチュウ】

「そうかこれが漫才か」ポイズン吉田とエルシャラ清和が初の漫才ネタ合わせ

5月21日(日)、東京・座・高円寺2にて開催される、POISON GIRL BAND吉田の漫才ライブ「POISON吉田が5人と漫才in座・高円寺2~他事務所芸人編~」全ゲスト5人が決定しました。
「POISON吉田が5人と漫才」は、POISON GIRL BAND吉田が毎回ゲストを相方にし、台本も自分で作り漫才を披露するライブ。今回は「他事務所芸人編」と題して、5人の相方すべてがほかの事務所の芸人さんたち、MCはこれまで同様アホマイルド坂本が担当します。

これまで発表されていたゲストはエルシャラカーニ清和、ジンカーズ樋口、ランジャタイ国崎、ヤーレンズ出井で、このたびようやく発表となったのはさらば青春の光・森田。森田が5月1日に事故で入院したため、様子を見守っていましたが、今週8日に無事に退院し、ライブの出演も決定となりました。
また、先日、漫才を愛するがあまり自ら「清和漫才協会」を立ち上げたエルシャラカーニ清和と吉田が初のネタ合わせを敢行。「全然練習する時間ないんやろ?怖いわ」と心配する清和でしたが、2人で台本を読んでみたところ、スラスラと一発目から自然な仕上がりに。
「完璧ですねー。すごくやりやすい」と大喜びの吉田でしたが、清和は「もう1回。録音させて」と練習をせがんでいました。

練習後、「組み立て方とかボケがエルシャラカーの要素とポイズン要素とどっちもあって。すごいですね。しかも1回目からこんなにスッと漫才の形のなるのがビックリ。しろうさんは何回も教えてからじゃないと漫才っぽくならないのに、吉田くんはこっちの言葉が終わりそうなのを察知してかぶせて入ってきたりとか、それに感動してます。そうかこれが漫才か、と」と感動すらしている様子の清和。
吉田も「阿部ちゃんもならないです(笑)。まず漫才にする作業から始まります。それがおかしなもんで、フリートークすると漫才っぽくなるんですよ」と明かすと、「それも一緒!」と共通の悩みに2人で頭を抱える場面も。それぞれオリジナルの漫才ライブを立ち上げるほど漫才が好きなこの2人が、ポンコツな相方から解き放たれて作り上げる漫才とは!?
チケットはチケットぴあにて販売中。また同ライブの後には、POISON GIRL BANDの漫才ライブ「POISON GIRL BAND『60分漫才』2012年REMIX版~台本のおみやげ付き~」も開催。「2012年REMIX版」とは、2012年に開催された3回の「60分漫才」を凝縮し、新たな60分漫才として披露するということ。さらに、タイトル通り、この台本が来場者全員にプレゼントされます。こちらもぜひお見逃しなく。

<POISON GIRL BAND吉田、エルシャラカーニ清和 コメント>
20170512110430-bdda20afb2094012e7dc6d53596c70c553fce513.jpg
――今回清和さんをゲストに読んだ理由は?
吉田:他事務所ライブのドンというかボスなので、「他事務所編」をやるときには絶対にいてほしい存在でした。「清和漫才協会」を立ち上げたときは、その手があったかって思いました。漫才って伝統芸能になりがちなので、僕はこういうライブをやってくずしたり遊んだりしてるんですけど、協会を作るっていう遊び方もあったのかと。バッチがあったり教訓があったり、すごくいい遊び方してるなあって。
――清和さんから見た吉田さんの印象は?
清和:ポイズンの漫才まんまなのかなって。漫才がトガッてたときには吉田くんも暗くて、今は漫才が明るくなって本人も明るくなったような。
――普段のお2人の関係は?
吉田:師匠と弟子。
清和:そんなことないわ(笑)!
K-PROライブで仲よくなって、飲みに行くようになったのが2、3年前かな。誘ったら「来る」っていうから「来るタイプなん?」ってびっくりした。
吉田:転校生みたいな感じだったんですね(笑)。先輩後輩がきっちりしてない飲み会なので、よくも悪くも大学のサークルみたいなんですよ。真剣なお笑いの話でもなく、ゴシップでもなく、「昨日あのドラマ見た?」みたいな。
清和:サークルやん! あかんやん!
20170512110058-5eb7b424c848630ec686a88abc3bab8ec58a151d.jpg
――ライブ当日2人の漫才のどういうところを見て欲しいですか?
吉田:しろうさんっぽくやるかどうか迷ってるとこもあるんですが。衣装着るのもありですよね。
清和:赤いタンクトップ!?
吉田:普段は衣装は考えないんですが、いつかそこまでやるのもいいですね。
清和:俺、相談があって。順番真ん中にしてくれへん?
吉田:ダメです。5番目の予定です。
清和:これが下北空間リバティならワクワクが勝ってたけど、座・高円寺やろ?
そうなると断トツでワクワクが負ける。オタオタすると思うんですけど、そういう、いつもの漫才に出ないような部分を楽しんでくれれば......いや、これじゃダメだ。漫才と漫才のぶつかり合いを見てください!
20170512105652-0432110084aff9ec2d70ff97a27d4f69d79bb5a2.jpg



【POISON GIRL BAND】

2017年5月11日 (木)

神保町花月 5月3週目「あの頃描いた夢を君はまだ覚えていますか?」公演のお知らせ!

20170511135351-500339348d7d212e53e301031970effdd99ba1af.jpg
夢に向かってもう一度走り始める様子を描いたハートフル作品。

キャストは神保町花月でも数々の役をこなしているスクールゾーン、光永、さかえ、松下シュート(放課後ハートビート)、細いとメガネ。
そして神保町花月では久しぶりの出演となるサカイスト!
20170511140513-dcbca2490de6a3a2f68d9b0c7c88a545c5e27a57.jpg
見どころ満載の作品です!ぜひ神保町花月へご来場ください!

■公演情報
「あの頃描いた夢を君はまだ覚えていますか?」

会場:神保町花月
脚本:たぐちプラス
演出:足立拓也(マシンガンデニーロ)
出演者:スクールゾーン、光永、さかえ、松下シュート(放課後ハートビート)、細いとメガネ/サカイスト


<あらすじ>
あの頃、僕達は輝いていた。
だが、みんな大人になり、
もうあの頃のようにはいかない。
いろんなしがらみの中で生きている。


<日程>
5月19日(金)19時開演
5月20日(土)13時開演、16時開演
5月21日(日)13時開演


チケット料金:前売2,000円 当日2,300円(Yコード999-070)
※チケットよしもと( http://yoshimoto.funity.jp)にて発売中!

| »