最新ニュースインタビューライブレポート

劇場・イベント

2017年4月21日 (金)

キャラ立ち120%の"5人+1"が繰り広げる青春バスケストーリー!ジソンシン下村プロデュース「ファイブスター」

4月18日(火)、よしもと漫才劇場にて、ジソンシン下村プロデュース「ファイブスター」が開催されました。昨年は「笑う門には福来たる 〜女興行師 吉本せい〜」で大阪松竹座の舞台も踏んだ下村が、本拠地・漫才劇場で上演する90分の本格芝居。自身が特技に挙げるバスケットボールをテーマに、個性豊かな面々による青春群像劇で魅了しました。

暗闇にたたずむバスケットゴールに向かって、スポットライトがまるでボールのように飛び交うオープニング。続いて舞台に下村が現れ、ひとり語りで物語を始めました。

20170421205317-79bfe74d1d52e4d1ccf17c45a0d7d0c3d30ab322.jpg

下村演じる相葉は、下の名前まで某アイドルとまったく同じ。そのせいで、周囲からからかわれるのが悩みのようで、この星川高校に入学するやいなや「志村どうぶつ園」というあだ名をつけられ落ち込む日々を過ごしています。しかも、部活動は全員参加という規則があるなか、未だどの部に入るか決めかねている「帰宅部志望」。何とか活動せずに帰れる部はないものかと、こちらも悩みが大きい様子です。

そんなある日の昼休み、おいでやす小田扮する担任教師・金村先生と一緒になった相葉は、現在バスケットボール部が部員0で、それゆえ入部しても1人では練習できず、結果的にすぐ帰宅できるのではないかという話を耳にします。新婚ホヤホヤだという金村先生は、奥さんに作ってもらったNBAスター選手のキャラ弁に大喜びするなど、ちょっぴりヘンな教師の予感...?

20170421205351-77b70635a3a86bc046396458f8dd884292f329ed.jpg

金村先生の言葉を受けて、さっそくバスケットボール部に入部したらしい相葉。ところが金村先生は校長に呼び出され、「あと4人集め、全国大会に出場せよ」とムチャブリ指令を受けるハメに! 前任校でバスケットボール部顧問だった金村先生ですが、これはさすがにハードルが高すぎると拒否。しかし、校長からは「出場できなければクビ」という厳しい言葉が...。この場面は、まるでおいでやす小田のネタを見ているかのようなひとり芝居で、客席は爆笑の連続です。

20170421205414-cc3df06099239684ca67db30d1f80226097705f5.jpg

何とか入部をやめさせ、校長の指示をなかったことにしようとする金村先生に対し、相葉は「じゃあやります...」とまさかの回答。「毎日を何となく過ごしてきた。ひとつの目標に向かってみんなで頑張るなんて経験したことがない」という相葉は、さっそく部員を4人集め、チームを作ることに!

20170421205502-62dbc4f18e6e58f039f6d8bf0812659c38a1d4d2.jpg

ここから一筋縄では行かない面々が次々と登場。まずはひょんなことから野球部の釈平八(ヒガシ逢ウサカ・今井)と出会った相葉。運動神経がよさそうなのにレギュラーとして試合に出たことがないと明かす釈を、いきなり勧誘!? しかも釈は何の迷いもなく「うん!」。天真爛漫ながら一抹の不安も感じさせる言動が、笑いを誘います。

20170421205543-2b908905e48c9f0760dbec246fb76d4436fba1d7.jpg

続いて釈が相葉を連れていったのは茶道部。去年までバスケ部に所属していた壇上尊(祇園・櫻井)を勧誘しようというのです。はんなりとした雰囲気を醸し出しつつどこかズレているおぼっちゃま・壇上のキャラクターは、櫻井にぴったりハマっています。

20170421205631-4f5fa00642b3f1860e7c028fbc33236953de3d3f.jpg

お次は釈の幼なじみ、神戸明人(プリマ旦那・野村)のいる軽音楽部へ。部員ひとりでバンドも組めず、日がな一日ベースをつまびく暗〜い神戸と、意に介さずグイグイ迫っていく釈のコントラストに、客席はまたまた爆笑。神戸が「今から弾くのが何の曲のベースラインか当てたら入部する」と交換条件を出すくだりでは、櫻井のミスチルネタもからめて沸かせます。

20170421205812-4a7351e25458bf81e28e5ed312153a1743aca0b5.jpg

あとひとりが見つからない...そんな時、相葉の前に現れたのが謎のホームレス・山下(span!・水本)。空き缶をゴミ袋にシュートする腕前に、何かを感じた相葉がスカウト。なぜかSNSを活用しまくっている山下に戸惑いつつも、これで5人のメンバーが揃い、試合に出場できる条件も整いました。

38歳の山下を、壇上がカネの力で無理やり高校生に仕立て上げ、いよいよ練習がスタート。バスケ好きの金村先生は、1年ひとりに3年3人、さらに38歳もいるチームをひとつにまとめるべく、各人にニックネームを付けます。壇上はジョーダン、釈はシャック、神戸はコービー、山下は下の名前、道男にちなみロッドマン、そして相葉はアイバーソン。往年のNBAスター選手からとったニックネームに、まんざらでもなさそうな5人。さあ、新生ドリームチームの運命やいかに!?

20170421205916-55cb555f30dae708e11779614a84678aa0b70f19.jpg

フットワークやディフェンスステップ、ピボットなどなど、練習シーンもリアルに実演。バスケ経験者が多いだけあり、かなりサマになっています。無尽蔵の体力を見せつける釈や、なかなかボールがとれずスネる神戸などなど、ここでも際立つそれぞれのキャラクター。ともに過ごす時間のなかで、少しずつ"仲間"になっていく5人でしたが...。

20170421210038-66b8d25868918224cfa19840fdb02eabad8e9f9d.jpg

同じ高校の女子バスケ部との練習試合に敗れ、壁に突き当たることに。初めての挫折、そしてそれぞれの心のうちも、初めて明かされていきます。ひとりひとりのアツい独白に、自然と引き込まれていく観客の皆さん。

20170421210126-d50bec17b42bf2e51ac95714bb445fde91c78959.jpg

再び団結した5人は、ウィンターカップを間近に控えてユニフォームを支給され、さらに意気上がります。試合前、円陣を組むシーンは迫力満点! 金村先生の熱のこもった指示が飛び、いよいよ試合開始です!

20170421210210-8c102f1f82d9cd281d1170c74641f8a547fdd37f.jpg

全員がイキイキとした姿を見せる試合シーンの後、相葉のフリースローで試合が決まる!という最大の見せ場が到来。客席はシンと静まり返り、皆さん下村の熱演に見入っています。

20170421210248-22ac286848dd12f75d62236e8e4c040e2214a96f.jpg

結果は、初戦敗退。しかし、釈、壇上、神戸の表情は晴れやかです。悔しさを爆発させる相葉に対し、「誘ってくれてありがとう」と語りかける3人。どうやら揃って大学に進み、バスケットボールを続ける決心をしたようです。

20170421210437-c551ec63ba84863daf38b3b2543c9190d4e90fa3.jpg

相葉も去った舞台には、金村先生と山下のふたり。ここですべての種明かしが! 「うまいこといったやろ?」と笑う山下は、なんと星川高校の校長だったのです! 「生徒が変わっていくところを間近で見たかった」ことから、今回の"悪だくみ"を思いついたという校長。朝礼中、下を向いている生徒が多いせいか、最後まで気づかれないまま計画を遂行できたようです。おかげで仲間の大切さや何かに打ち込むことの素晴らしさを知った4人、結果は大成功となったのでした。

20170421210508-5713d1ea1ff7020fff68519aa32e77db782a878c.jpg

再び巡ってきた4月、冒頭と同じ、相葉のひとり語りがラストシーンに。バスケ部が休部状態となり、また新たに部活を選ばなければならない相葉。「バスケが恋しい」そんな言葉を口にし、足下に転がってきたバスケットボールを手にする表情からは、何かを決意したことが見て取れます。光に包まれ駆け出す相葉。さわやかな余韻を残しつつ、舞台は幕となりました。

20170421210542-b8b3b84b98642f2bfd552f1c60d81eb28e233096.jpg

カーテンコールでは、キャスト6人が舞台に登場し、改めて挨拶。いつものライブでは見られない、それぞれの新たな魅力が堪能できた90分に、客席から大きな拍手が送られていました。

20170421210712-ca54490c9f47cda1caef20552249eec71678a5e1.jpg



【おいでやす小田】【span!・水本】【祇園・櫻井】【ジソンシン・下村】【プリマ旦那・野村】【ヒガシ逢ウサカ・今井】

6/22(木)「すぐー1」先行受付開始!

20170421174401-24834753257c3a73c794962946f35bba87c335c7.jpg

6月22日(木)、永井佑一郎presentsの新企画が渋谷ヨシモト∞ホールにて開催決定!!その名も「すぐ-1」。出されたお題に、誰が一番すぐに返せるかの大会です!
ありそうでなかった、単純なようで難しい、どんなライブになるのか想像できない全く新しい企画。お笑い反射神経が優れているのは誰だ?!
チケットは明日4月22日(土)より先行販売受付開始。すぐにご確認ください!

『水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭2017』仙台公演の最終ゲストアーティスト発表!!

豪華ゲストが集結する事で大きな話題になった「水谷千重子キーポンシャインング歌謡祭」、最終公演である仙台公演を彩る残り1枠のゲストが、大黒摩季さんに決定いたしました!
20170421105747-b5c83f586d9b4f0bcb1ca817f052efe151df8abe.jpg

大黒摩季さんが出演される仙台公演の概要は以下の通り。

【仙台公演】
出演者:水谷千重子・八公太郎・倉たけし
仙台ゲストアーティスト:中村雅俊・根本要(Stardust Revue)・稲垣潤一・春澪・大黒摩季
公演日:2017年6月7日(水) 開場18:30/開演19:00
会場:仙台サンプラザホール
お問い合わせ先:チケットGIP/022-222-9999

<仙台公演チケット情報>
席種/料金:全席指定  [前売券]8,000円(税込)
※5歳以上有料・5歳未満ひざ上観覧可能

●チケット一般発売日:4/22(土)10:00〜
各種プレイガイドにて発売
詳しくは「キーポンシャイニング歌謡祭2017」スペシャルサイトをご覧ください。
https://ticket.yahoo.co.jp/special/mizutanichieko/

2017年4月13日 (木)

家城啓之作・演出による舞台『THE YASHIRO CONTE SHOW「魔王コント」』が開幕! ノンスタ・石田「観れば観るほどこの物語のすごさもわかるはず」

昨日4月12日(水)より、東京・本多劇場にて家城啓之作・演出による舞台『THE YASHIRO CONTE SHOW「魔王コント」』が上演中です。
20170413191421-e3bc52922caa1ea200ad5f36cca6ecf9566ab3b5.jpg
20170413191840-7a4e083778aff691588a68544d83f28449adc988.jpg
昨年7月、単独ライブ終演の翌日、芸人の活動に終止符を打った家城。今作は2010年、コンビ「カリカ」として開催したライブで披露したものを、本人曰く「最強にクレイジーに進化」させたストレートプレイ・コントショーです。

昨日、本番前に行われたゲネプロ。絶対悪である魔王を倒すべく、旅に出るサルト(矢崎広)、レヴィス(NON STYLE・石田明)、ガーナ(望月綾乃)。アドラ(小林且弥)を交えた4人のコミカルなやりとりが光るなかに、"絶対悪"や"正義"という真理への問いかけがちらり。平和と愛という大きな重いテーマが描かれていますが、笑いどころも多い分、観終わったあとにはさまざまな感情が心の中に渦巻く、クセになる作品となっています。

ゲネプロ終了後、石田に話を聞きました。
本多劇場では合わせたのはこの日が初めてだったそうですが、「僕のところをチェックしてくれるのかと思っていたんですけど、家城さんは『いやぁ、石田は大丈夫でしょう』って(笑)。信頼されてるんやなと思いつつ、ここはこんなに高いんやなとか暗転ってこんなに見えにくいんやなとか最終的な確認をしつつ、やりました」とコメント。「露出が多いので、冷えないように。きちんと温めておかないと喉を飛ばしそうやなと思いながら、みなさん、気を付けている感じでしたね」と冷静に振り返ります。

20170413191253-22c1ac7320308b8dd17bc1797130d6de2e246e05.jpg

家城とタッグを組むのは、今回が初めて。自身も作・演出した舞台を開催している石田は、今作について「テーマはデカいんですけど、細かいところまで描いているダイナミック且つ繊細な作品。家城さんっていう人格が出てるなと思います。そんな家城さんが創造した世界を、僕らがどれだけ作れるか、さらに超えられるかが課題」と分析。演出家・脚本家としての家城を「壮大なテーマをコントに落とし込めるやなんて、すげぇな、かっこいな、兄さん!っていう感じ。演出についても、脚本についてもすごく勉強していらっしゃるので、勉強になります」と、自身も舞台の作・演出を務める立場ならではの視点で話します。

「役者さんたちも勘がいい方ばかり。私が映画を撮る時とか、ドラマをつくる時だとかには力を貸していただけたらな、と思ってるので、けん玉をあげたりして仲よくさせてもらってます」とニヤリ。自身の役については「ボケっぽい役なんですけど、実はツッコミなので不思議な感覚ですね。あんまりやったことがない役柄なので、楽しいです」と話しつつ、「ただ、笑いを取られへんかったときの落ち込みはヒドいかも(笑)。初日の公演でどうなるかですけど、僕が演じるレヴィスというキャラクターは公演中も成長していくと思いますので、その変化も楽しんでいただけたら」とのこと。
「物語は......僕が言葉で伝えたら、お客さんは来てくれるんやろうなっていうものもあるんですけど、それは敢えて言いません。口コミで興味を持ったら来ていただければと思います。コントとして面白いのはもちろんですけど、観れば観るほどこの物語のすごさもわかるはず。"確かにそうなのかも"とか腑に落ちる感覚も味わえると思います」と、来場を呼びかけました。

20170413191631-b140b3f2916c1828bbf39d858a89af75b897f1a4.jpg

『THE YASHIRO CONTE SHOW「魔王コント」』は、16日(日)まで東京・本多劇場にて上演。当日券は全公演、開演1時間前よりホール入口にて販売しますので、ぜひとも劇場へお越しください!



【石田明】【NON STYLE】

中山功太単独ライブ「tokyo shining six self session」 4/30(日)ラスタ原宿にて開催!!

このたび、中山功太が単独ライブ「tokyo shining six self session」を東京・ラスタ原宿開催いたします。
20170413153757-044ae89793c14578fc707dcd0407d737df69527f.jpg

2013年に 「tokyo shining」という単独ライブを行い、以降定期的に同名称のライブを開催。今回は、2015年7月に下北沢ろくでもない夜にて行われた「tokyo shining fifth real passion」以来、約2年ぶりにこのタイトルを復活させました。当日は新ネタを多数披露する予定となっておりますので、是非この機会をお見逃しなく!
チケットは現在一般発売中です。

<中山功太 コメント>
「tokyo shining」というライブの1回目を開催した時は、本当に初心に帰ってネタを作り、演じたいという気持ちが強くありました。今回久しぶりにタイトルを復活させたのは、今あの時と同じ気持ちだからです。時間の許す限り新ネタを披露します。貴重なお時間とお金を使って来て下さるお客様との真剣勝負だと思っています。

前回の東西単独ではお客様に負けました。今回は勝ちます!
皆様、是非お越し下さい。もう一度言います!前回は負けました!



【中山功太】

2年ぶりに神保町花月本公演にかたつむりが出演! 主演はサンシャイン坂田。かたつむり林と兄弟役を演じます。

2年ぶりに神保町本公演にかたつむりが出演!
20170413114207-e07ad91c4a0ae7eed087ae58ce6c7bec96f5cce3.jpg
「タカリ語り、リリ」今回のお話は出演者全員が動物をモチーフにした役になっています。誰がどんな動物なのかをぜひ確かめに来てください!キャストは神保町花月で数々の舞台をこなしているサンシャイン、世間知らズ、マイルドシュート。
芸歴2年目のセラ山本、スバル、松永ゆき。そして心強い先輩のかたつむりが出演します!主演はサンシャイン坂田。
かたつむり林とは兄弟役を演じる。2年ぶりの共演となる二人の演技に注目です!

20170413114505-a6e2a3bf1dc45469985d03c51198f3636542ee37.jpg

《公演情報》 「タカリ語り、リリ」
【会場】 神保町花月
【脚本】 冨田雄大
【演出】 浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)
【出演】 サンシャイン、世間知らズ、マイルドシュート
セラ山本、スバル、松永ゆき/かたつむり
【あらすじ】 命の無駄使いをして、意味はない
それでも、僕らは、おしゃべりではなく語りを目指す
僕らにとっての一番小さな夢なんだ。リリ

【日程】
4月19日(水)19時開演
4月20日(木)19時開演
4月21日(金)19時開演
4月22日(土)13時開演、16時開演
4月23日(日)13時開演
【チケット】 前売2,000円 当日2,300円【Yコード】 999-070
※チケットよしもと( http://yoshimoto.funity.jp)発売中

座り心地最高のAiRクッション導入しました。
20170413114319-73a41b22855eeb8d44989d95cd21dc8d1c89c965.png
ご来場、お待ちしてます!


【かたつむり】

2017年4月12日 (水)

神保町花月お客様満足度100%宣言!!

神保町花月は今年10周年を迎えます。ここで原点に立ち返り、改めてお客様満足度100%を目指して行きます。
その第一弾は、長年の課題であった硬い座席問題を解決すべく、AiRクッションを導入致しました!

導入直後から常連のお客様をはじめ、多くの反響をいただいております。
神保町花月で長年トークライブ(『にこにこトークライブ』)を行っているチーモンチョーチュウもこれには驚き&大喜び!
20170412151707-b746d935d5acb4108ee944d940a8b790c02612e5.jpg

是非、神保町花月にご来場をお待ちしております。



【チーモンチョーチュウ】

2017年4月10日 (月)

コントにもチャレンジ!?新しいマルセイユの姿が見えた! マルセイユ単独公演「マルセイユ単独ライブ「マンザーイルーレット~コントも添えて~」

4月8日(土)、マルセイユ単独公演「マルセイユ単独ライブ「マンザーイルーレット~コントも添えて~」が開催されました。

a

ZAZAHOUSEで行われた単独公演からパワーアップして、よしもと漫才劇場にて開催され、3月にマルセイユが中心となった企画公演「Kiwami極LIVEマルセイユターン」の手応えから本人たちにとっても自信をつけた段階での単独公演開催となりました。

a

二人の登場に客席から黄色い声が飛び交い、オープニングトークから漫才へ。

最初の漫才はもはや恒例となっている一味違った演出でスタート。

20170410153152-91e2864b09df2fa951612f22254df8b5b2ac7ee7.jpeg

ネタの合間のブリッジVTRは、津田の誕生日をサプライズでお祝いする内容。

a

サプライズの苦手な津田に対して、別府が津田の誕生日を祝うサプライズをいくつか用意して、お祝いしていく。後半はあまりのサプライズの受けた津田も疲れてきており、一方でハイテンションの別府のサプライズが続いていく様がとても客席を沸かせていた。

a

2本目のネタは、お菓子を取り合う友人二人のコント。

a

じゃんけんからワニワニパニック、黒ひげ危機一発、など様々なパーティゲームを駆使して、アドリブでの勝負が展開するコント。コントの中で真剣勝負をする様に観客からは応援の声が上がった。

20170410153229-bb2c72612e4a8d9ef5c3e3624bc1f39c01bd7ee5.jpeg

企画「別府を当てましょう!」

a

別府大好き芸人として、タナからイケダ 池田、祇園 櫻井、ラニーノーズ 洲崎をパネラーに、別府本人とセルライトスパ 大須賀、span! 水本、と別府に間違われることが多い2人が「好きな言葉」「画力」「別府のギャグ すぐそーやっていうやろーの発音」「手の写真」「ダンス」などを披露。明らかに後半は誰が別府かわかる状況になってからもヒントが続き、本物の別府を当てるコーナーで盛り上がりました。

20170410153309-9dbf5f29542efb9985252a785cfa7422a69bb2c2.jpeg

コーナーが終わり、改めてマルセイユの漫才を2本披露。

a

1本目はお金持ちになったらキャバクラに行きたいネタ。別府がボーイやキゃバクラ嬢に扮し、客役の津田を迎えるやり取り。

2本目はファミリーレストランの店員とお客のやり取り。

息のあったテンポのある漫才で、観客を沸かせました。

20170410153338-416aa0139b6f31c4327a0e52d34a3794390e920b.jpeg

最後はコーナーへ

a

10個用意されたコーナーを先ほど出演したspan! 水本、セルライトスパ 大須賀、別府の赤チームとタナからイケダ 池田、祇園櫻井、ラニーノーズ 洲崎の青チームに分かれて、様々な企画にチャレンジするコーナー。

「マシュマロキャッチ」「大声で伝えましょう」「曲に合わせて3人の息を合わせるヘビーローテーション」「難解用語の意味を当てるwhat do you mean」、「指定した観客の名前を当てるゲーム」など、普段の企画とは違った、新しいゲームもたくさん行われ、見応えのある公演となりました。

20170410153407-adc4e32622108f4686058b410993541e977b994e.jpeg

より一層、マルセイユの二人のこれからの成長が楽しみになる公演となりました。

a

【マルセイユ】

2017年4月 7日 (金)

ラスボス・ビッグモリシに場内騒然!? 勇者・盛山率いる旅の仲間が爆笑バトルを繰り広げた「見取り図盛山の『マンゲキクエスト』」

4月4日(火)、よしもと漫才劇場にて、「見取り図盛山の『マンゲキクエスト』」が開催されました。タイトル通り、RPG「ドラゴンクエスト」のように、芸人たちがふたつのパーティーに分かれて冒険の旅を繰り広げるこのイベント。誰がどんな役どころで登場するのかにも注目が集まります。

「ドラゴンクエスト」のテーマ曲に乗って、まずはキャラクター紹介からスタート。勇者の見取り図・盛山を筆頭に、戦士のプリマ旦那・河野、魔法使いの祇園・櫻井、僧侶のミキ・亜生、武道家のヒガシ逢ウサカ・今井、賢者のトット・桑原、商人のプリマ旦那・野村、魔物使いの爆ノ介、踊り子の祇園・木崎、盗賊の見取り図・リリー、遊び人のトット・多田、そしてなぜかクリス・ハートに扮するミキ・昴生...ひとりまたひとりとスポットライトに照らし出されるたび、会場は爆笑に包まれます。

20170407114001-6e6e7ec1fac47b1012a8c220452502aeb605a3df.jpg

最後はスライムのお面を着けた、スラリンことヒガシ逢ウサカ・高見が登場。曰く「この世界の案内人」だそうで、「魔物が住み着くこの世界に平和を取り戻してほしい」とのこと。盛山・桑原・櫻井・河野・亜生・今井の赤チームと、リリー・多田・木崎・野村・爆ノ介・昴生(クリス・ハート)の青チームに分かれ、どちらが多くの魔物を倒せるか競います。敵を倒すたびにもらえる経験値ボールは、ラスボスとの戦いで必要になってくるとか...?

20170407114040-a3b6e465e6edb540ae848d873cbc537eb740043b.jpg

しかし、メンバーはルール説明より互いの衣装に興味津々で、早くも大ツッコミ大会に。魔物使い・爆ノ介の短すぎるムチに始まり、商人・野村は「完全に深夜のコンビニ店員」。ショートパンツがまぶしい木崎の踊り子ぶりには、全員、思わず大爆笑です。

20170407114157-db39960da288a752f6e16b669807a4022d093017.jpg

「一番の再現率」と称賛されたのは、もちろんクリス・ハート。多田の遊び人は、「マユリカ・阪本かと思った」という指摘が多数。こそ泥ルックで勝負したリリーは、客席からの反応の薄さに打ちひしがれていました。

20170407114300-c9ed55e69f03795f2c652a7dd0ddf933b376c870.jpg

さっそく「ドラゴンクエスト」の曲に合わせて舞台上を練り歩くメンバーたち。と、スクリーンに「常識クイズが現れた!」の文字が浮かび上がりました。出された問題には、両チームそれぞれ、文字の書かれた段ボールを積み上げて答えなければなりません。

最初の問題は「CO2は何の化学式?」。答えはもちろん「ニサンカタンソ」ですが、早々に正解を積み上げにかかる青チームに対し、赤チームは「サンソ!?」と疑問形でボケまくり。2問目「『源氏物語』の作者は誰?」でも赤チームのボケは止まらず。さらに回答を阻止するための妨害も激しくなり、ボールが箱でなくクリス・ハートを直撃する惨事も! 一方の青チームも、野村が箱を使って棚卸しを始めれば、リリーは箱をこっそり盗もうとするなど、キャラに合わせたボケが続々。仕切る高見はキレまくりで、すっかりヘトヘトになっていました。

20170407114417-8fb4f8a5a22ed44a21500ae9bc9d6fba78a1ed27.jpg

まだまだ旅は続きます。こんどは宿屋で1泊し、HPを回復させることに。ここでも難敵が待ち受けます。題して「宿屋で間違い探し!」。寝る前と朝で、ポーズや小物などどこか3カ所を変え、それを相手チームが当てるというもの。間違いをひとつ見つけるたびに経験値ボールがもらえます。

先攻は青チーム。暗転を経た6人をまじまじと見つめる赤チームですが、なかなか正解は出ず。それでも「クリス・ハートのジャケットが変わっている」「踊り子の背が伸びている」を当ててボール2個をゲットです。ちなみに残るひとつ「商人の腕時計の位置が変わっている」を当てたのはお客さん! これには盛山もビックリでした。

20170407114528-35fe278339a059cd744102c63f2c6c526bf0e543.jpg

攻守変わって赤チームがポーズをとると、答える青チームはここぞとばかりにボケ倒し。どんどん時間が減っていくなか、なかなか正解が出ず、さらに一番明らかな「賢者がスライムになっている」にいたっては誰ひとり指摘しません。客席からも正解が出ず、「なんでわからへんの!」という高見の絶叫がこだまするカオスに...。

20170407114602-29e862dc6056de3850eec0d3798dc3a8a7bcc6bc.jpg

二度目のチャレンジでは、両チームがさらにやりたい放題! コツをつかんだのか難易度も急上昇。赤チームはメンバー全員が袖に引っ込み、なぜかダブルアート・タグが飛び入り参加!? またしてもふざけすぎで、次なる戦いに不安が募ります。

20170407114645-d2e5475e557bbb5a8f84e16c83466f3f048c0433.jpg

続いては「光の玉を3つ揃えろ!」。3つのボールを自陣のテーブル上に揃えられれば勝ちですが、敵チームはバットを使って妨害することも可能。ボールは客席に投げ込まれ、観客の皆さんが両チームにパスしたり別の人に渡したりと、一緒になって盛り上がります。揃ったと思ったらすぐにバットで客席に跳ね返されるボール。そんななか、一瞬の隙をついた青チームが3つ揃えることに成功! 「雨の日の昼休みの校舎みたい」(盛山)な状況がかなり楽しかったらしく、メンバーは「もう1回!」と高見に懇願。こんどは赤チームが勝利するなど、白熱&爆笑のバトルとなりました。

20170407114748-59b64e1752a94b8c72973a036e78825f1b6ace48.jpg

と、ここで不穏な音楽とともに、ラスボス・ビッグモリシが登場! 大きく開いた口に、これまで集めた経験値ボールを投げ込んで、入った数を競いますが、これが意外と盛り上がらず...!? 

20170407114824-d6502c11fa73f572df87f2bd0eb2a4c908f622ba.jpg

このままではいけないと、先ほどのゲームで大活躍(?)したお客さん2人を再度指名し、大きなボールを投げ込んでもらう代理戦争方式に。かなり距離があり成功とはなりませんでしたが、最後はメンバーが無理やり押し込んでなぜか大喜び。ひとり冷静な高見が先ほど投げ入れられた経験値ボールを数え、青チームの勝利が告げられました。

20170407114859-9c9dc1e2e3c57e378823fd7524df2f287dfbf582.jpg

エンディングで、今後は「ファイナルマンゲキファンタジー」や「聖剣マンゲキ伝説」もやりたいと笑わせた盛山。このメンバーで、さらなる冒険の旅に出ることができるのか、期待して見守りましょう!

20170407114923-01625c8517a609debdd5f108e92121e2969d345a.jpg



【見取り図】【トット】【祇園】【プリマ旦那】【爆ノ介】【ミキ】【ヒガシ逢ウサカ】

2017年4月 6日 (木)

「念願だった!」佐久間一行800ページ絵本『ふでばこ君』発売記念サイン会

「R-1ぐらんぷり2011」チャンピオンのピン芸人・佐久間一行にとって初の絵本『ふでばこ君』が、昨日4月5日に発売。これを記念して世界堂新宿本店にて50名限定のサイン会イベントが行われました。
20170406120427-3f659681216326dbd4713772a66a33f75786fb1b.jpg

「ふでばこ君」は佐久間が2015年1月から8月までTwitterに投稿し続けた1コママンガ。内容は、主人公の"ふでばこ君"と仲間たちの冒険ストーリー。
出来上がった本は、なんとページ数800ページの大ボリューム。とんでもない厚さになりました。

20170406120652-46de6f663fca320a2a22c060e8cc186936726e0c.jpg

単独ライブは常に即完売の佐久間だけに、今回のイベント参加券も即完売。サイン会は、佐久間がその場で、本書に参加者の方のお名前とふでばこ君などのイラストを書き、握手、という内容です。
佐久間がイラストを描いている間、参加者の方々は、自分の好きなキャラや、好きな場面などについてトーク。初めて本についての生の感想を聞けた佐久間は「うれしい、ありがとうござます!」「へー!そうなんですか!」と終始うれしそうな様子でした。

20170406120751-821c2439713ec0c9e963dd3c0c3ae31c2674e664.jpg

イベント終了後佐久間は「絵本にしたいと思ってから1年以上、ずっとずっと念願だったので、それがようやく形になって、みなさんの手元に届いたというのが、本当にうれしいですね。
今日来てくれた方々からも『Twitterを見てて本になってほしいと思ってました』とか声をかけていただき、同じ気持ちだったんだなとありがたかったです」とコメント。
「好きなキャラとかも教えてもらったんですが、ふでばこ君以外にも"たてなが君"や"テプ子さん"が人気でしたね。
僕自身は、はさみ鳥のシーンで2つ好きなシーンがあるんです。読んでいただければわかると思うんですが、そこはやはり読んでもらえるとうれしいです。最近、時代の進化ですごく便利なものがたくさんありますが、でも昔はよかったなあとか、いろんな狭間で思うことがある人にはぜひ読んでもらいたいです」と語りました。

20170406120926-15ddc2f3a722e09a94b4a032e27017b90e8051df.jpg

佐久間が言うように、本書は"文房具キャラの冒険ストーリー"でもありながら、実は時代の変化を感じさせる大切なテーマが盛り込まれています。みなさんは最近、文房具を使ってますか?

悪の軍団"文房軍"は、なぜ反乱を起こしたのか。文房軍たちの存在を脅かした現代の新たなモノとは......。
読み終わると、ふと手にしたペンや定規がちょっと愛おしくなる深い作品となっています。
イラスト以外に物語を補足する文章だけのページも時折出てきます。登場人物の紹介などストーリーテリングの役割を担っていますが、たまに出てくる佐久間らしいシュールで笑えるツッコミも必見です!

なお、毎年人気の単独ライブは今年、「佐久間一行SHOW2017『BOHOL(仮)』」と題して東京、千葉、大阪にて開催予定。「人生で初めて海外に行く!」と宣言し、仮の行き先としてフィリピンのボホール(BOHOL)を挙げるという前代未聞の試みの真っ最中です。ぜひこちらもご注目ください。


●幻冬舎サイト http://www.gentosha.jp/articles/-/7454
●幻冬舎Twitter https://twitter.com/gentoshap
●Amazon予約サイト https://goo.gl/jKk1Ga
●佐久間一行 Twitter https://twitter.com/sakuzari
●佐久間一行ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/sakuma_kazuyuki_blog


【『ふでばこ君』ストーリー】
20170406121025-132800ffc1af2618801aa5df58f1f0119ca8a75a.jpg
空からふでばこ君めがけて三角定規やペンなどが乱暴に降ってくるところからスタート。痛くて泣きそうになっているところをはさみ鳥に助けられたふでばこ君は、真相を究明するため仲間たちとともに空へ向かう。
そこでは文房軍たちが文房具を投げ捨てていた。なぜそんな酷いことをするのか。さらにふでばこ君の旅は続く......




【佐久間一行】

| »