最新ニュースインタビューライブレポート

最新ニュース

2017年5月 1日 (月)

キングコング梶原ら考案のアホな新スポーツで白熱&爆笑! 『AHOSPO GRAND PRIX』レポート

4月30日(日)、東京・ヤマトフォーラムにて、『AHOSPO GRAND PRIX』(アホスポグランプリ)が初開催されました。


日本のお笑い文化を牽引する吉本興業と、アホなスポーツをつくらせたら世界一の"世界ゆるスポーツ協会"がタッグを組み、お笑いとスポーツをコラボさせた新スポーツを考案し、どれが一番「アホ」かを競う前代未聞のスポーツ大会。

20170501022023-59b24a3692471d9d791f57320430650d1dc19899.jpg


老若男女の約100名の参加者が集う中、アホなスポーツを考えたスポーツレンジャーとして、MC兼任の梶原雄太(キングコング)、しいはしジャスタウェイ(御茶ノ水男子)、大地洋輔(ダイノジ)、坂口真弓(怪獣)、小坂悠真の5名が登場し、拍手で迎えられます。


大地の「エイエイオー!」という勝どきに続いては、世界ゆるスポーツ協会の澤田智洋代表理事の音頭で、『ゆる体操』でゆるく体と緊張をほぐすとともに、10個のチーム分けも行われ、いよいよ競技開始。

20170501015106-879f523b3bd80af4b2e7be145001289050ff170c.jpg

20170501015055-eb5b0331a24f5eccbad4568dc6f3c923c9943ee6.jpg


最初の競技は、しいはし考案の『SUSHI AWAY』で、シャリと寿司職人に分かれ、職人の持つネタを背中につけられたシャリは、その場で握り寿司となり、固まってしまうというルールです。
鬼ごっこや氷鬼に似たシンプルなルールだけに、逃げるシャリも追う職人も必死に走り、終始白熱となりました。

20170501015022-f03907a717388fe57e2a01558c4cf390d160b77e.jpg

20170501015038-38fd324edb06b7906822d439d279d361e08d252f.jpg


次の小坂悠真考案の『GOD BLESS YOU』は、魂(ピンポン玉)を自陣の穴に入れないように、神の棒(ストロー)で息を吹きかけ、押し合う4人対戦の競技。
200m個人メドレーでジャパンオープン制覇といった戦績を持つ元水泳選手の小坂だけに、息継ぎ、呼吸が鍵を握りますが、周囲では「神様ー!」と叫ぶくだりが流行り、梶原の「ミキティー!」や大地の「黒柳さーん!」といったフレーズでも笑いが生まれました。

20170501015036-ed29f257751ca9d6464ac4af70518707e0e48f72.jpg

20170501015038-78cf501e5ca1e5176cf46d195b8189faf5d752e7.jpg


3つめは、坂口考案の『トレンディバレー』。
バレーボールをベースに、OL4人と先輩OL1人の計5人がチームとなり、ゲーム中、肩にかけたカーディガンが脱げ落ちたら、先輩OLがそのカーディガンをかけてあげるまで動けないというルールです。
トレンディドラマ主題歌をBGMに、ちびっこや中年男性がOLに扮しながらも、ハッスルプレイが続出しました。

20170501015039-87b4ebbb36fd05e3ddd61c96343cb979b205e227.jpg

20170501015045-06dda1a9019dcd8d5369b465b9c698435061785b.jpg


続いては、エアギターで2度世界一になった大地考案の『エアホームラン』。
チーム内でピッチャー、キャッチャー、バッター、審判、応援などに分かれて繰り広げるいわば即興劇で、大地が「エアネス」「ホームラン感」「ドラマ性」「チームワーク」「声出し」の5項目で採点します。
大地の遺影を使って「ドラマ性」を高めたり、胴上げ、回想シーン、さらには大地に高得点を懇願するといったシーンもありました。

20170501015047-5b28689adc36f589b812c8eabf34b29847528e4f.jpg

20170501015052-5e81ca888da68307c6aeaa1e72bf041d5c4c683c.jpg


最後の競技は、梶原考案の『ボケリレー』。
トラック1周を走る間にモノボケ用の小道具を拾い(拾わなくてもOK)、壇上でボケて、次の走者からツッコミが入ったらリレー成功となり、5人がリレーでつながるまでのタイムを競います。
「おじゃまします」「じゃまするなら帰って」といった吉本新喜劇風なボケツッコミもあれば、『SUSHI AWAY』の寿司ネタを手に取り「歯茎、ちぎれた!」といった芸人陣が感心するほど様々なボケパターンが飛び出しました。

20170501015045-f418ab4893c8a58873ad6982130c2522e1194048.jpg

20170501015046-ce70e889c725ff8c0446a22af32627e88a49493e.jpg


全競技を終え、一番「アホ」だと思った競技を考案した人の前に、参加者を並んでもらうと、一目瞭然でしいはしの『SUSHI AWAY』が優勝!
『アメトーーク!』の運動神経悪い芸人にも出演するほどスポーツが苦手なしいはしですが、この結果に「最初の競技だったので、その後、いろいろ盛り上がっていたし、"歯茎、ちぎれた"も『SUSHI AWAY』だったのにって思ったけど(笑)、覚えてくれていてありがとうございます!」と喜びのコメントをしました。

20170501015101-34a16197edb12e66b5b99561e2785ba750d19219.jpg


最後は全員での記念撮影で締めくくられました。

20170501014908-77322eb471406de13c269b17ab83ea6e40d507d5.jpg


大会終了後の囲み取材には、大地と梶原が出席。
手応えを感じた様子の2人ですが、自身が考案した『エアホームラン』について大地は「1回ピークを迎えてダレるという(笑)、それも込みでエア感がすごいよかったなと。みんなどう楽しんでくれるのかなと思ったら、結構やる気になって、前のめりに楽しんでくれたので、ただ10チーム全部は長い(笑)」と振り返ります。


一方の『ボケリレー』を考案した梶原は「想定はしていたんですけど、ボケるというのは恥ずかしいんじゃないかなというのがあって、みんな自ら道具持ってボケて、ツッコんで、素晴らしかったですね」と満足げ。
さらに梶原は『ボケリレー』には深いコンセプトがあるとし、「日本人ってどうしても引っ込み思案な人が多くて、人をなじったりツッコんだり、いじったりする人がたくさんいるなかで、ボケるという姿勢が大事だなと、一歩目を出すって大事だなっていう思いを込めたスポーツです。今日来たお客さんは、全員が自分で踏み出せるみなさんでした」といった狙いも明かしました。

20170501015059-a06b28a76c713277156a5685061451308cf62f1b.jpg


東京オリンピックに向けた展開も期待できますが、「東京オリンピックというよりも、いつかアホスポオリンピックができたらいいなと思いますね」(梶原)、「アホリンピックね」(大地)といった大胆な構想が飛び出すも、「そこまでデカなったらMCは、ナインティナインにおそらくなるんではないかと(笑)」といった予想を描く梶原。


第2回大会に向けて誘ってみたい芸人について訊かれると、梶原は「名前で言うたら、とにかく明るい安村とか、アホスポには向いた名前ですよね。とにかく明るく、楽しくやりたいので」とし、相方・西野については、「全く(アホスポと)正反対ですよね(笑)。絵本描いてますから。でも、好きは好きだと思いますよ。西野にも話ししてみます」と含みをもたせます。
続く大地は、「楽しいので、うちの相方も全然やると思います。ただ、大谷さんの場合は、いろいろビジネスと絡めようとしますから。純粋にアホなことを金に出来ねえかなって(笑)」といった懸念も。


最後に、次の大会に向けて「みんながやってるのも楽しいし、考えた僕らが見るのも楽しい。第三者が見ていても楽しい。僕らだけじゃなくて、みんなが考えてもいいですよね」(大地)との展望を語りました。
次回の『AHOSPO GRAND PRIX』にご期待下さい!

20170501015043-9c2e11deb6a180a0a87ae257cd68ad4e8aad3868.jpg

【ダイノジ】【大地洋輔】【キングコング】【梶原雄太】【しいはしジャスタウェイ】【御茶ノ水男子】【怪獣】【坂口真弓】

2017年4月30日 (日)

10年ぶりの全国ツアーは故郷から!「笑い飯のおもしろ漫才ツアー」がスタート!!

20170430094229-b597bf84e1ea9e66437fce00db0dd18065d17a67.jpg

笑い飯が10年ぶりとなる全国ツアー"笑い飯のおもしろ漫才ツアー"をスタートさせました。奈良を皮切りに北海道、鹿児島、福岡、高知、新潟と全6公演を開催。それぞれの会場には盟友たちがゲスト出演することも注目のポイントです。ツアーは4月29日(土・祝)、二人の故郷でもある奈良県からスタートしました。


ツアー前のコメントでは、哲夫が「漫才をいっぱいします」と宣言。西田は「新ネタやら懐かしいネタやらをたんまりやってその地方を楽しんできます」と抱負語っていました。ポスターには「M-1のネタとか新ネタもやるよ!」とあっただけに、開始前から期待が高まります。ツアー初日となるこの日、会場となった奈良春日野国際フォーラム 能楽ホールには、たくさんの観客が詰めかけました。


20170430094306-72f1db6e75d7153a1fc74ca64924b5687fefce91.jpg

前説は十手リンジン。会場をしっかり温めたあと、いよいよ笑い飯の二人が登場、大きな拍手に包まれます。まずツカミは会場についてのトーク。ステージ上に屋根のある舞台で「壁と柱に触れてはいけないと注意された」と話し、笑いを誘います。それから二人は満員の会場にお礼を言い、ライブがスタートしました。


20170430094347-723eca6451c04e521972bf688c0c98c0f15aec63.jpg

20170430094539-eda8d45fca631f85c64c590710b7207599263f83.jpg

前半はネタの連発で最初から飛ばしていきます。攻守が目まぐるしく入れ替わるゲームのように、ボケとツッコミが変わっていく笑い飯のスタイルが全開。事前に告知されていたとおりM-1ネタも新ネタも惜しげなく披露されていきました。その丁々発止のやりとりに、会場は爆笑。次々とネタを重ねていく二人に客席もどんどん引き込まれて行きます。どこから飛んで来るかわからないボケとそれにすかさず対応するツッコミは、笑い飯だけの世界。会場にいる全員がそのおもしろさを堪能していました。


20170430094652-95bb9461faa9243e33dfddefee032949e0b9e619.jpg

20170430094631-c4491d83dc2fba143a17c8df8c8db38c253e62d9.jpg

今回のゲストは千鳥。舞台に現れた二人に、大きな歓声と拍手が送られます。「笑い飯らしい会場」とノブ。そして二人で声をそろえて「年齢層が高い!」。その発言に会場は爆笑です。大悟の絶妙なボケにノブの独特で的確なツッコミが冴え渡り、大いに会場を沸かせてくれました。


20170430094754-09ff7c0248a54ec732ca590cdaa8918501fcfe92.jpg

トークのコーナーでは4人がステージ上に勢揃い。せっかく千鳥に出てもらうからクセの強い会場にしたと西田。端の席が見にくいということでお客さんの席替えをするなど、会場を巻き込んでの和やかなトークが続きます。ノブが2人に拉致された話、まだ笑い飯を組む前の思い出、いっしょに食べたラーメンの味など、若手だった頃の話しに花が咲きます。さらに姿を見せない哲夫の父親のエピソードや、みんなで行ったキャンプで西田が溺れ、助けようとした哲夫が美しい飛び込みを見せた話しなど、トークは盛り上がります。


20170430094921-5b701580e8ac789d74d2ba30bc5bd1f8b03a94bf.jpg

20170430094911-457690e8c4e40025286c15e54f6582ddcb1a8bc4.jpg

20170430094901-e1ba4a42204962bdbdfba4aedf3db9d7f540c09d.jpg

関西でのロケが多かった千鳥は、「和歌山は港町で明るい、京都は上品」と話し、奈良は「哲夫さんのオヤジさんみたい」と大悟。さらに「(奈良は)ロケに向いてない」と断言し、会場は爆笑です。「奈良の有名人はクセまみれ」とノブのツッコミも入るなど、ひとしきり奈良についてのトークが続いたあとも、地元でライブをやることについてのエピソードなどで、トークのコーナーは最後まで盛り上がりました。


20170430095023-94b16ab091a1e814292d5392859856ced1c501fa.jpg

20170430095000-14fd3ae06a3ce65d0b41ca18faed68d466300c81.jpg

ラストはやはり漫才でシメた二人。ネタが終わったあと、再びステージに現れ、「ほぼほぼ忘れてるネタもあった」と西田。哲夫は「思い出しながらやってるところも楽しんでいただけたら」と話しました。ほかに見たかったネタのリクエストを客席に聞いたあとは、大阪でのライブについても言及。「10月くらいにやると思うけど、そっちは新ネタメインでやれたら」と意気込みを語りました。


決定している6公演のほかに、東京と大阪でのスペシャル公演も開催予定の笑い飯。二人の世界をたっぷりと堪能できる全国ツアーへ、ぜひ足を運んでみてください!


【笑い飯】【千鳥】



【笑い飯のおもしろ漫才ツアー】


【開催概要】

前売り3500円 当日4000円


【北海道】


5月3日(水)
札幌市教育文化会館 小ホール


開場18:30 開演19:00


ゲスト:天竺鼠


チケットよしもとコード(Yコード):504596


チケットぴあコード(Pコード):457-004


ローソンチケット(Lコード):11454


【鹿児島】


7月15日(土)
鹿児島県民交流センター 中ホール


開場18:30 開演19:00


ゲスト:麒麟


チケットよしもとコード(Yコード):504597


チケットぴあコード(Pコード):456-983


ローソンチケット(Lコード):83493


【福岡】


7月16日(日)
イムズホール(福岡)


ゲスト:ダイアン


チケットよしもとコード(Yコード):504597


チケットぴあコード(Pコード):457-983


ローソンチケット(Lコード):83493


【高知】


8月6日(日)
高知県立県民文化グリーンホール


ゲスト:野性爆弾


チケットよしもとコード(Yコード):504597


チケットぴあコード(Pコード):456-962


ローソンチケット(Lコード):62778


【新潟】


9月3日(日)
新潟ユニゾンホール


ゲスト:銀シャリ


チケットよしもとコード(Yコード):504597


チケットぴあコード(Pコード):457-001


ローソンチケット(Lコード):33398


★スペシャル★
東京・大阪でスペシャル公演を秋頃開催!
詳細は後日発表!


ケンコバが甲子園で乾杯! 恒例の"甲子園ビアフェスタ"でトークショーも実施!

20170430092101-e53ec36f6fa129cdacf46d7870a06825f0764254.jpg

今年で4年目を迎え、すっかり恒例となっている"甲子園ビアフェスタ"。鮮度抜群の直送生ビールや海外のビール、絶品フードメニューなどが提供されるほか、様々なお楽しみが用意されています。今年は3回の開催が予定されていますが、その1回目初日となる4月29日(土・祝)、2017年乾杯プレゼンターのケンドーコバヤシが登場。大いに球場を盛り上げました。乾杯プレゼンターは、一昨年がココリコ・遠藤、昨年は陣内智則が担当した、由緒正しい(?)もの。通常は甲子園で行なわれるホームゲームの6回表終了時に、プレゼンターのVTRが流されています。


20170430092229-d776562a7e29fb4d8e6414fa2ca213e8d479adcb.jpg

20170430092320-5a6c124a649322817dde2e7f88c68cfd07dac815.jpg

20170430092315-0e4800c61d81a2807c6b4da38cbc335c563a267c.jpg

ビアフェスタ初日の4月29日(土・祝)、まずは球場外にあるステージのトークショーからスタート。ケンコバはプロ野球解説者の金村義明氏、MBSの近藤亨アナウンサーとともにステージへ現れました。ハッピ姿のケンコバに会場からは大きな歓声が上がります。ビアフェスタの概要などが説明されたあと、金村氏、近藤アナウンサーとともに、今シーズンの展望、新戦力についてなどを語りあったケンコバ。その軽快なやりとりに会場は大いに盛り上がりました。


20170430092430-e47e6c02be25bfbe7a0e11e8fa99a395f1f0544c.jpg

20170430092456-c68ead4eff255351146158ffb219795d6d64980a.jpg

20170430092539-603f6bebc6070f1c0bedecdfd5d862bbbe720c93.jpg

トークのあとは優勝を祈願した乾杯大会。会場でもっとも大きな声、かわいい声など、とにかく目立つ乾杯をした3人が「本日の乾杯大賞」として選ばれます。ケンコバの「それでは皆さん準備いいですか?今日の勝利を願って、3、2、1、カンパーイ!」の声で、全員が一斉に乾杯です。並々と注がれたグラスを一気に飲み干すケンコバに会場中は大拍手。その後、観客の中から選ばれた3人が豪華特典をゲットし、トークショーは終了しました。


20170430092705-657f0f5f81e96523fc0a05aa9c89064b30769fbb.jpg

20170430092653-beddf31257f4516cee8f6efdfdb82697a9149ad0.jpg

トークショーのあと、室内練習場に現れたケンコバ。今日のゲームの始球式を務めるため、投球練習を行いました。「めちゃくちゃ緊張してる!」と話しつつ、スタッフとキャッチボールを始めますが、実際の距離を見て「うそ!そんなに遠いんですか!?」とビックリ。少しずつ肩を温めていきます。途中からはスタッフに座ってもらってのピッチング。暴投もありましたが、徐々にいい球もいくようになり、投球練習は終了。いよいよ始球式のスタートです。


20170430092741-0a074fba54caaba601b1f9d20e2d2e2d8789c1b2.jpg

マウンドに現れた縦縞のユニフォーム姿のケンコバに、球場中から大きな拍手&歓声が起こります。まずは球場に礼、そしてホームに向いても一礼し、いよいよ投げ込む、と思ったら、一旦投球をヤメるケンコバ。その様子に球場から笑いが起こります。気を取り直して投げ込んだ一球は、見事なストライク! 「オーッ!」という歓声と拍手が再び球場を包みました。


始球式後の囲み取材では「緊張しすぎてボークになった」と、投球を止めた理由を告白。始球式は初めてだったそうで「恥ずかしいくらい素の自分が出た、緊張してめちゃくちゃ礼儀正しくしてしまった」と話しました。どれくらい緊張したかについては、「初めてダウンタウンさんと仕事したときくらい」と、かなりのものだったよう。「バッファロー吾郎さんと仕事するときの1万倍は緊張した」というコメントには、周囲から笑いが起こりました。ほかにも東京で練習しようと思ったもののパートナーが見つからなかったこと、ユニフォームの背番号「8940」の意味などについて語ったケンコバは、囲み取材のあと試合を観戦。白熱する打撃戦に盛り上がり、生で見るゲームのおもしろさを堪能していました。


20170430092810-f54f8ee540e837390cb30e1a6d5a5ccced4d5721.jpg

6回表終了時には、「生乾杯イベント」を実施。再び登場したケンコバに、球場は大歓声に包まれます。「みんなでいっしょに乾杯いいですか!3、2、1、乾杯!」で終わりかと思いきや「まだまだ声が小さい!いくぞー!!」とアオるケンコバ。球場中がいっしょに「3、2、1、カンパーイ!!」と声を揃えました。と、ケンコバは試合前のイベントと同じく、注がれたグラスをグイグイと空けていきます。その様子に客席からはひときわ大きな歓声が。飲み干したグラスを掲げたケンコバに、球場中から改めて大きな拍手が送られ、生乾杯イベントは終了しました。
今シーズン、甲子園の乾杯プレゼンターを務めるケンコバ。その勇姿が見たいなら、ぜひ球場へ足を運んでください!


【ケンドーコバヤシ】


2017年4月29日 (土)

天才子役・上杉みちくん、ママと映画監督の怪しい関係を暴露! 『東京クリエイターズ・ファイル祭』OPセレモニー

4月28日(金)、東京・パルコミュージアムにて、『ロバート秋山竜次プレゼンツ 東京クリエイターズ・ファイル祭 -池袋クリエイティブ大作戦-』オープニングセレモニー&『クリエイターズ・ファイル日めくり みちくんといっしょ。』発売記念 劇団えんきんほう所属の天才子役・上杉みちくんトークショーが開催されました。

20170429002830-def1e80b9071673eb0bad3d3872af3bb7c1cfc0f.jpg


ロバート・秋山竜次が、様々なクリエイターに扮する話題沸騰の「クリエイターズ・ファイル」。
初となる大型の展覧会『ロバート秋山竜次プレゼンツ 東京クリエイターズ・ファイル祭 -池袋クリエイティブ大作戦-』では、上杉みち主演『九官鳥リリーの倦怠期』といったここでしか見られない4作品の上映の他、クリエイターズ『フォト&ツール』コレクションなど、ゆかりの品、写真などが多数展示され、記念グッズの物販も充実しています。


今回のトークショーには、『九官鳥リリーの倦怠期』にも出演している糸原舞さんが演じる母親の上杉春代さんとともに登場した秋山演じる上杉みちくん(6歳)。
「劇団えんきんほう」に所属しているだけあり(?)、遠近法を使って体を小さく見せるという秋山のテクニックに、終始笑いが絶えませんでした。

20170429003514-e8de16263b9a4f8b0cc640b48f90ff89e0a80e5a.jpg


ファンからの「みちくーん!」という歓声を浴びて登場したみちくんは、「みなさま、本日は僕、上杉みちのためにお集まりいただき、ありがとうございます」と大人びた挨拶後、「展覧会ということで、水族館や美術館、いろんな展覧会を見てきましたが、こういう展示会は初めてなので、すごい緊張しています」とやや緊張気味の様子。


MCの白井珠希さんからこの日発売の『クリエイターズ・ファイル日めくり みちくんといっしょ。』について訊かれると、「いろいろなところで撮った写真が写っています」と説明するみちくんですが、「僕は商品の開発には関わっていないので、わかりません。ママが大人としゃべったと思います。ママが通帳を持っているので」と詳細はわからないようです。

20170429002922-cd5be8545ca9166a4559e52f54edb28fbb8b5557.jpg


今回の『東京クリエイターズ・ファイル祭』には、生後11ヶ月の弟・上杉ろじくんの姿も公開されているそうで、「ろじはすぐ、シッコ漏らす」といった裏話も。


そして会場で独占上映される『九官鳥リリーの倦怠期』の三竹正浩監督について、「三竹監督はいつもうちに来て、お風呂に入るんです」「お風呂覗いたら、(ママと)洗いっこしていたんだー」といった暴露が飛び出し、春代さんから咎められます。


ファンからの質問コーナーでは、将来の夢を訊かれ、「パイロットになって、自分の飛行機で、行きたいところに行く!」と子供らしい顔を覗かせる反面、学校での楽しい遊びについては「石を集めて、接着剤でひっつけて、校長先生の教室の入り口を塞ぐ」といった狂気的な一面も。


その後、春代さんと主催のパルコスタッフとともにテープカットに臨んだみちくんは、遠近法を維持するために、後方から高枝切りバサミで参加。そしてカメラアングルを計算して、角度を変えて3回もテープカットを繰り返すという異例の配慮を見せました。

20170429002922-352251253401111ac027841f5ec79d8300f4d344.jpg

20170429002921-c0ed858376333dfc66eb05eaa45f1e2798fd5cd0.jpg


続くフォトセッションでは、「僕はジャンプも出来るんだ!」と言い放ち、大はしゃぎで連続ジャンプするみちくんでしたが、「秋山さん!」という掛け声には、「上杉みちだ! 大人がルールをやぶったら、ひとつも成立しなくなるぞ!」と秋山の顔に戻って一喝。

20170429002922-37e1f889162c55bfe0b260d234f7049239eec557.jpg


『ロバート秋山竜次プレゼンツ 東京クリエイターズ・ファイル祭 -池袋クリエイティブ大作戦-』は、4月29日(土)~5月22日(月)の期間、パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7F)にて開催。

20170429002951-749e2d4ea0884a856fb4738e44cfd438426f6004.jpg


『クリエイターズ・ファイル日めくり みちくんといっしょ。』は、
1080円(税込)にて、ヨシモトブックスより発売中。特典付き会場限定版も数量限定で販売。

20170429002959-b3f45a0c08b818717b20976fd33849f875d6872b.jpg


詳細、最新情報は公式サイトでご確認ください。


【ロバート】【秋山竜次】

2017年4月28日 (金)

「よしもと芸人が続々アンバサダーに就任した"ぱちんこ必殺仕事人V"がついにお披露目!」

20170428173316-d7903d793711a8ca27953c469303e662fc30b422.jpg
20170428173525-fde8be8f40b402f7a3c6c1389f99975ab7625ee5.jpg
4月20日(木)~23日(日)に開催された「島ぜんぶでおーきな祭 -第9回沖縄国際映画祭-」で椿鬼奴やトレンディ―エンジェルなど、多数のよしもと芸人が体感し、アンバサダーに就任した話題のパチンコ新機種「ぱちんこ必殺仕事人V」のプレス発表会が、4月27日(木)都内ベルサール秋葉原にて行われました。
20170428173657-b6a0fe33cb770f8b19115d117c73bf7a4b34f8a6.jpg

「ぱちんこ必殺仕事人V」のデビューを華やかに彩るゲストとして、必殺仕事人シリーズではお馴染みの"組紐屋の竜(くみひもやのりゅう)"こと京本政樹さん、"頼み人 奈々姫"として、実機初登場の鈴木奈々さんが衣装姿で会場に駆けつけました。
20170428173937-9cd9a6cf0b21b8f92b3199a6f88a38154d361232.jpg
「今回の撮影は人生で3本の指に入るほど緊張した」という鈴木さんは、撮影中は京本さんに助けられっぱなしだったというエピソードを語りました。

20170428174104-344929f8594b186d373b23891701b499e46b71c4.jpg
藤田まことさんとCGで再共演を果たし、感慨深い様子だった京本さんは、「ぱちんこを打ったことがない方にも是非本機を体感して欲しい」と話しました。

20170428174248-4e6a4161d72cf5f3a58e24a8fcef7070f1d7dd1d.jpg
さらに、実機にも登場し、楽曲を担当している上木彩矢さんが「荒野の果てに」と「江戸まぼろし」を熱唱し、会場を盛り上げました。

20170428174458-bdf1ef188ac81078c9e9eda8eabc20c43bd8ea17.jpg

「ぱちんこ必殺仕事人V」は、5月22日全国導入予定です。

20170428174950-e004da4d28a5ffd53d783b4ea0329fb5513151f3.jpg
20170428175602-ddaa23cae7708a5b263d6a24fb8cbe870db221a3.jpg
尚、よしもと芸人が「ぱちんこ必殺仕事人V」を体験した模様は京楽HPにて5月初旬UP予定となっています。
京楽HP http://www.kyoraku.co.jp/


■ぱちんこ必殺仕事人Vアンバサダー芸人
FUJIWARA 藤本、ケンドーコバヤシ、テンダラー、次長課長 河本、野性爆弾、トータルテンボス、椿鬼奴、スリムクラブ、NON STYLE、とにかく明るい安村、ウーマンラッシュアワー、トレンディーエンジェル、はんにゃ 川島、和牛、尼神インター、横澤夏子、おかずクラブ、コロコロチキチキペッパーズ、ゆりやんレトリィバァ

スマホ系ドキュメントホラー映画?!『fuji_jukai.mov』DVD発売決定!

スマホで撮影された映像のみで構成されたスマホ系ドキュメントホラー映画『fuji_jukai.mov』が、DVDとして2017年7月5日(水)にて発売いたします。
TBSテレビと吉本興業が共同制作した2016年9月30日より全国公開された映画を、好評につきパッケージ化した商品となっております。
20170428172014-ac2369c81a7d27c80bab9599dea011117b1b417d.jpg

本作品は、樹海のなかに揃えたまま残された靴、木に吊るされたままのロープ、自殺を思い留まらせる為の立て看板、自殺願望を持つ女子高生と人が死ぬ瞬間を見たいという女子高生など、樹海と人間のリアルな部分が描かれており、その恐さが凝縮された作品になっております。

主演は大熊杏実、大隣望鈴、小日向雪の三人が女子高生役を務めたほか、山里亮太(南海キャンディーズ)、椿鬼奴、さらに家田荘子、佐藤仁美が脇を固めます。
20170428172224-df9b51e6f74c3e413063d073ca5d90f8ac2103a6.jpg
20170428172343-f12d5ef4e47d39d8ed87a5c368fefd8737a885c8.jpg

「変態」は褒め言葉! R-18文学賞

20170428111839-8cdff118f02c421db3dd0dbf4d7e5d1b91c5e8e3.jpg

(c)新潮社

4月26日(水)、第16回「女による女のためのR-18文学賞」(主催:新潮社、協賛:吉本興業)の贈呈式が東京都内で行われました。

「R-18文学賞」は、応募できるのは女性だけ、選考に関わるのも選考委員の三浦しをんさん、辻村深月さんをはじめ女性ばかりというユニークな文学賞。今年は白尾悠(しらおはるか)さんの「アクロス・ザ・ユニバース」が、大賞・読者賞のダブル受賞となりました。

白尾さんは一昨年も三次選考まで、昨年も最終選考まで残ったばかりでなく、今年は受賞作以外にもう1作応募していて、新潮社の社内選考では2作のどちらを残すかで議論もあった...というほどの筆力の持ち主ですが、小説を書き始めたのはご本人によると「中年期に差し掛かってから」とのこと。
受賞作は、同じ山梨の高校に通いながらも接点がなかった対照的な二人の女子生徒が偶然一緒に東京に行くことになり、そこで起こる事件をきっかけに心を通い合せてゆく...という物語。選考委員による選評では、三浦さんが「笑いと創作物への愛にあふれていて心を打たれた。主人公二人を応援せざるを得ない」、辻村さんが「読んでいて"推したい!"と思った。選考会では本作について、三浦さんと大いに盛り上がった」と絶賛していました。

R-18文学賞にはもう一つ、特別賞として友近による「友近賞」が3年前から設けられています。今回、選ばれたのは伊藤万記(まき)さんの「月と林檎」。女子生徒と美術の先生との、ちょっと危ない関係を描いた作品です。
友近は「普段から、映像化したらどうなるか...ということを考えながら読んでいるが、この作品ははっきり情景が頭に入ってきた。先生と生徒の、緊張感のあるエロチックな関係がよかった」と、感想を語りました。

この作品、大賞は逃したものの、二人の選考委員にとっても気になる作品だったようで、三浦さんは「よくある先生と生徒ものかと思ったら、先生の変態ぶりが予想を上回った。変態なのに素敵な話で、読み心地もスリリング」、辻村さんも「先生に胸をときめかせて読んだ。作者にかすかな嫉妬すら感じる」と、いずれも独特の言い回しでエールを送っていました。

伊藤さんは別名義で昨年「太宰治賞」を受賞するなど既に2度の受賞歴があり、実力は折り紙付き。「変態」という"褒め言葉"を受けての受賞挨拶に「この道に突き進んでいきたい」と力強く決意を語りました。

そんな受賞作は、2作とも選考委員による選評と共に、発売中の「小説新潮」5月号に掲載されています。
是非ご一読ください!

2017年4月27日 (木)

大阪国際がんセンターの「笑いとがん医療の実証研究」発表会見に桂文珍、大木こだまひびきが出席!

20170427234639-5fc77380939fdb174f00d2965f5e8398f4dd8215.jpg

大阪国際がんセンターでは、日本で初めての取り組みとしてがん患者とがん患者に接する医療提供者を対象に、「笑い」の舞台を定期的に鑑賞することが生活の質(QOL)や免疫機能などに与える影響を明らかにする「笑いとがん医療の実証研究」を行うことになりました。

鑑賞対象の舞台に出演するのは、吉本興業、松竹芸能、米朝事務所に所属する落語家、漫才師で、「わろてまえ劇場」と名付けられた大阪国際がんセンターの大ホールにて5月18日(木)から2週間に1回の頻度で計8回の舞台を行います。鑑賞対象者はがん患者と付き添いの方、また医療提供者となっています。

4月27日(木)に行われた発表会見では、桂文珍、大木こだまひびきらが出演者を代表して出席し、意気込みを語りました。

阪大生時代は落研に所属されていたという大阪国際がんセンター病院長の左近賢斗さんが最初にご挨拶をされ、企画の主旨や実証研究の実施に至った経緯等をお話されました。そして「私たちには、お笑いに本当に効果があるのか、科学的に証明していくという使命があります。わろてまえ劇場実現にあたって、患者の皆様、ご協力くださる企業の皆様のご理解とご支援があったからこそです」と続けられました。

これまでもクラシック音楽の演奏会などを同ホールで開催してきましたが、「お笑い」を研究の対象にしたことについては、「曲にもよりますが、音楽には複雑な面があります。その点でお笑いは単純な作りになっています。単純な方がより結果が出やすいんです」とご説明されました。また、生の舞台にこだわった理由を「ライブは人と人との関係、コミュニケーションが大事です。それによってエネルギーを与えたり、もらったりします。ライブじゃないときっちり伝えることができないんです」と明かされました。

他にドクター代表のがん対策センター所長・宮代勲さん、検査グループ代表の腫瘍免疫学部門部長・井上徳光さん、対象者対応グループ代表の副看護部長・北坂美津子さん、監修・アドバイザーの福島県立医科大学教授で、「笑いヨガ」の提唱者でもある大平哲也さんも登壇され、ご挨拶されました。

次に、出演者を代表して5組の落語家、漫才師が登場しました。米朝事務所からは桂塩鯛さん、松竹芸能からは酒井くにおとおるさん、海原はるかかなたさん、そしてよしもとクリエイティブ・エージェンシーからは桂文珍、大木こだまひびきです。漫才コンビの3組は漫才でご挨拶を。塩鯛さんのご挨拶に続いて文珍は「検証メンバーに入れていただいて、患者さんにお役に立てるのであれば一生懸命取り組んでいきたいと思います。笑いを提供して免疫力を上げていくことはとてもいいことだと思います。提供する側も上げていけるよう、お互いに助け合いながら楽しんでいければ。この検証を成功させて、大阪万博へとつなげたいですね!」と時事ネタも挟み込みながら、"文珍節"で早速笑わせました。

20170427234702-307226acdf3d73ac4f4b26d0ca486bf0955629fa.jpg

生の舞台についても「いつも高座から皆さんの笑顔を見ていると、こっちも元気をもらえてありがたいです」と話し、「笑うポイントは人によって違うので、それを見極めるのが大変だと思いますが、しっかり取り組んで、私も『ネイチャー』に載りたいです」と、成果発表を国際学術誌で公表するという予定に便乗し、意欲を語りました。

病院のステージで、患者さんに笑ってもらうという大役を担うことになった大木こだまひびきにも決意を尋ねると「僕たちには鉄板ネタしかないので、この鉄板ネタがどれだけ強いのか試させてもらいたいと思います!」とこだま。一方のひびきは「普通にやらせていただいて、普通に笑っていただければ」とリラックスした様子でした。

20170427234651-e0432a74f7a133be6553db91e5b4c30cc263c008.jpg

「笑いとがん医療の実証研究」はほかに、桂文枝、オール阪神・巨人も出演。関西の落語家や漫才師とともに、笑いの力を発揮していきます!

【桂文珍】【大木こだまひびき】

FUJIWARA・原西が乃木坂46にギャグを伝授!? 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEX発売記念イベント

4月27日(木)、東京・ザ・ルーム代官山にて『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEX発売記念イベントが開催され、乃木坂46の高山一実さん、中田花奈さん、樋口日奈さんとFUJIWARAが登壇しました。
20170427235124-a9912eaa40fb766818e1cc49d0d7eac02637e986.jpg
シリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前にスポットを当てた本作は、ジェダイが滅んだ後の世界を舞台に、圧倒的勢力を持つ帝国軍の究極の兵器デス・スターの誕生と、それを阻もうとする反乱軍の名もなき戦士たち、"ローグ・ワン"の誇り高き戦いが描かれています。

本作のWEB限定動画にも出演した高山さんは、「今まで『スター・ウォーズ』を観たことがなかったので、ストーリーが理解できるか不安だったんですけど、本当に楽しめて。なんで今まで観てなかったんだろうっていうくらいハマりました」と笑顔で話します。
20170427235229-236d2d1c4473ce1765df4a1af9f801afc6e2553d.jpg
20170427235303-e5e1fba700710629b90098f35b125d2b26cd0335.jpg
中田さんが「それぞれのキャラクターがとても個性的かつ魅力的で、みんな大好きだなって思いました」と感想を語ると、樋口さんは「ベイズが大好きで、仲間が危ないときに助けてくれて男らしくてかっこよかったです!」と、キャラクターの魅力を語っていました。
20170427235351-ee4af5a420a485545ca59f52eb839262d03cd8e5.jpg
20170427235448-76666c1d8fb6bc1589fdcd65c9956bf7659c091d.jpg
と、ここで、棒術(?)を披露するチアルート風の原西とトルーパーのマスクをつけた藤本がスペシャル・ゲストとして登壇。しかし登壇してマスクを外すなり藤本は「ちょっとぉ~」と苦々しい表情を浮かべます。「僕ね、ずっと顔デカいキャラでやってきてるんですよ~。だからここは『あれ? マスク入らへん』『顔デカイからや!』っていうのをやるとこやのに、ちゃんと入るマスク用意してどうすんねん!」と、スタッフに苦情を言う藤本。
20170427235532-1da62972cf14e27b14edccbe8e82822de52618ff.jpg
20170427235714-03eade7d9434425d4a868e189b133566af371171.jpg
20170427235814-6ffedde5145fc74b0355ffe6b15d7b760d01d950.jpg
ひととおり文句(ツッコミ)を言い終えたところで、話題は映画のテーマでもある"チームの絆"へ。ここで、乃木坂46とFUJIWARAのどちらがより絆が深いかを対決することになります。藤本が「乃木坂46とFUJIWARA46が......あ、僕ら46歳なんで。どっちか言うたら僕らの方が46なんですよね」と無理矢理乃木坂46との共通点を主張した後は、「ここ1年でいちばん絆を感じた瞬間は?」という質問にフリップで回答し、同じ答えだった方が勝ち、というルールで対決が行われることに。
20170427235934-81508dc010fe5043e661b16b0383a8089e327c29.jpg
一斉に出された乃木坂46の回答は、「神宮ライブ」(高山さん)、「5周年」(中田さん)、「紅白歌合戦とカウントダウン」(樋口さん)とバラバラ! しかし、実は高山さんと中田さんの答えは同じことを言っていたことがわかり(5周年の神宮ライブ)、ポイントが付きます。
20170428000018-7e01db8c1b28e81933acd4b3088182ae109d2050.jpg
一方のFUJIWARAの2人の回答は、原西が「インフルエンザ」、藤本は「タクシーの車内」と、こちらもバラバラ。するとすかさず藤本が「一緒やんな? タクシーの中でインフルエンザなったんやんな?」と強引に同じエピソードだと主張しようとします(笑)。
20170428000102-d2d1c4faf4a1df4fa7df4dade82d4f634a9a6d55.jpg
しかし実際はもちろん違う話で、原西は「藤本がインフルエンザにかかった時に、自分もかかっているんじゃないかと思ったけど大丈夫だった」というエピソードを紹介したのですが、藤本は「夕方にタクシーに乗ったら、運転手に『あれ? 藤本さんですよね? 僕今日午前中に原西さん乗せましたよ』と言われた」というまさかの"奇跡"を披露。しかし原西からは「それはおまえが知ってるだけの話やん! わかるかそんなもん!」と大ブーイング(笑)。結局、乃木坂46チームの勝利となりました。

対決終了後、高校時代の同級生でコンビを結成して絆も強い(?)FUJIWARAが「絆の強いチームになる秘訣」を乃木坂46へ伝授することに。藤本は「やはり感謝の気持ちを忘れないことですよね。僕は寝る前にいつも相方の顔を思い浮かべて『原西、今日もありがとう』って言ってます。こういうの大事ですよ?」と話しますが、残念ながら当の原西に「ちょっと気持ち悪いわ~」と引かれてしまいます。
20170428000205-0b1867ac317b273bd738a96f58e3484a5f6feadf.jpg
また、「ライブで使えるようなギャグを伝授してほしい」と振られた原西が「しかく、さんかく、りんかく~♪」と変顔つきのギャグを披露する場面も。代表して高山さんがギャグを実践すると報道陣が一斉にシャッターを切ったため、「(自分の時の)倍くらいフラッシュ焚くやん!」と嫉妬する原西でした。
20170428000335-5b041e4fda1dc5528f8309594d2fa2c233f2746e.jpg
20170428000423-02404e657f780e1790b9d24ae1e94723162c1dff.jpg
20170428000510-f113dd3562c4cda88a436a430bdee4c5ab886fcf.jpg
20170428000549-7701fe39eef3ef7c80bbbd99af07622554bba874.jpg
イベント終了後の囲み取材では、原西が「ほんまにあのギャグやってや!」と乃木坂のメンバーに念押しします。すると、高山さんが「ふだん、『ポジティブ』と『ピース』を合わせた造語の『ポジピース!』っていうのはやってるんですけどね」と自作のギャグ(?)を披露。すると「じゃあそのあとにくっつけてやってよ」と原西が提案したため、試しにやってみると意外にすんなりできてしまい、「できた!」とうれしそうな高山さん。

今度は逆に高山さんが「じゃあ、FUJIWARAさんも『ポジピース!』やってくださいよ」というと、「え? やっていいの? オレ結構人のギャグとかパクること多くて、やってるうちに『あれ? これオレが言うたギャグやったっけ?』って思うくらいやねんで」と藤本が発言し、報道陣を笑わせます。

また、「夫婦の絆」について聞かれ、「やっぱりスキンシップ。それもオリジナルの方がいい。うちは行ってきますのチューの前に、耳と耳、鼻と鼻のチューをしてから口のチューをします......最近あんまりしてくれへんけど(笑)」と藤本が言うと、若干「やだ~」のニュアンスで乃木坂メンバーから「え~!」と声が上がったため、「え~って、夫婦やからね?」とツッコむ藤本。これにはさすがに原西も「合法やからね?」と相方をフォローしますが、そのあとに藤本が「原西ともやってます」と言うと「やってるか!」と心底気持ち悪そうに否定していました(笑)。
20170428000744-ef6399129473da7ab5b6ebc03a4037408053ceac.jpg
最後に作品について、『スター・ウォーズ』の大ファンだという原西が「エピソード4につながる謎解きも含めて、とてもスリリングな展開という意味ではシリーズの中でいちばん楽しめると思います」と本作の魅力を熱弁しますが、乃木坂メンバーが全員「初めて『スター・ウォーズ』の作品を見たんですが......」と話したため、「全員初めてか! 46人おったら誰か見てたやろ」と呆れます。

そんなツッコミにもめげず、「初めて見ても楽しめたので、まだ見たことがない同世代の人もきっと楽しめると思うので見てください」と初心者目線でアピールする高山さん。さらに「本当に面白い作品なので、これから全作品を観ていきたいと思います! みんなで観て盛り上がっていきましょう」とも呼びかけていました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 MovieNEXは4月28日(金)発売(デジタル配信中)です。
20170428000845-6cb3c9add031e119a3d6ee6ee2b1a98c46f99c7e.jpg


【FUJIWARA】

野性爆弾くっきー 個展が大盛況! ゆりやんも「オシャレの度を越してる」と絶賛

4月27日(木)、「自由が丘よしもとギャラリー」で個展を開催中の野性爆弾・くっきーが囲み取材を行い、個展の見どころともに新ブランド「BURST INTO FLAMES(バーストイントゥフレイムズ)」とのコラボTシャツをPR。この夏、アパレルブランド「WEGO」とのコラボTシャツ制作販売が決定したゆりやんレトリィバァも登場し、爆笑トークを繰り広げました。
20170427224524-ed8d5f9e6fd1b53d50395a27bda6ac69aa1812ec.jpg
よしもとがアートの才能を持つ芸人やタレントをはじめ、注目アーティストの情報発信の場とするべくオープンした「自由が丘よしもとギャラリー」では、第1弾企画として『野性爆弾くっきー展』を開催中。4月1日(土)のスタートから来場者2000人を突破した大盛況の本展では、くっきー作のアート作品とともに、ストリートファッションとアートの融合をテーマにした新ブランド「BURST INTO FLAMES」とくっきーのコラボTシャツも展示・販売しています。
20170427224256-0255712e8516dfecb603f982570c1e180b6b0e28.jpg

20170427224317-d0a53d0a10f3cd77927837828ba9e6cd3edaff58.jpg
記念すべきギャラリー第1弾企画を担うことになったくっきーは、まずは「みんな断ったんですかね? 一発目が私って。だいたい末路的なタイミングで呼ばれるタイプなんですけど、大丈夫ですか?」と自虐を交え挨拶。アートの才能を高く評価され、これまでにも何度か個展を開催してきたくっきーは、今後はイラストだけでなく「立体もの(の個展)をやりたい」と意欲を。取材に同席したゆりやんは、独創的なイラストが並ぶ会場を見渡し「オシャレの度を超してますよね」と称賛。ハリウッド女優になりきるネタでおなじみのアンジェリーナ風にギャラリーを紹介し、流暢な英語の中に「コノエトカバリキレイ」と関西弁をはさみ笑いを誘いました。
20170427224348-d9c8408ae2b710992431346034e396b8798ff297.jpg
2人は、くっきー扮するキャラクターをプリントした「BURST INTO FLAMES」とのコラボTシャツで登場。「携帯にあった画像を送って作ってもらったんで、お手軽Tシャツです」(くっきー)というTシャツは、全8種類。くっきーは会場で売り上げNo.1の身体のバランスが悪い"バランスおじさん"、ゆりやんは『めちゃイケ』(フジテレビ系)にも登場したおフロの妖精"チェチェナちゃん"を着用。Tシャツをどんな人に着てもらいたいかと質問されたくっきーが「芸風を見てもらったらわかる通り、主婦がターゲットなので」とボケると、ゆりやんから「どこがー!!」と激しいツッコミが入ったものの、「団地のマダムに、これを着ながら洗濯物を干して欲しい」と願望を語りました。
ゆりやんも、この夏「WEGO」とのコラボTシャツの発売が決定。「英字で"COOL!"とか書くより、芸人だからギャグとか書いてたら逆にオシャレなのかしら」とデザインについては検討中だというゆりやんに、くっきーは「ゆりやんもいっぱいキャラ持ってるから、宣伝がてらそのTシャツ作ったら」とアドバイスを。また、渡辺直美が手がけるぽっちゃりさんのためのブランド「PUNYUS」に刺激を受けたゆりあんは、「コンプレックスが長所になるような服を作りたい」と願望を口にしました。
20170427224417-c84dd1ac07fabb484cc430d0e84e663b072c82a1.jpg
本展は、「自由が丘よしもとギャラリー」(自由が丘グリーンホール「room 401」)にて5月7日(日)まで開催。入場無料。来場者には、ギャラリー1階のケーキショップで大人気のアップルパイをご提供。よかったらみなさんかじりに来てください」(くっきー)。


【野性爆弾】【くっきー】【ゆりやんレトリィバァ】

| »