最新ニュースインタビューライブレポート

最新ニュース

2018年6月23日 (土)

全裸のブラマヨ・小杉を見た石橋静河さん「大きい赤ちゃんみたいでかわいい」!? 『空からの花火』初日舞台挨拶

6月22日(金)、『空からの花火』が公開初日を迎え、千葉県・イオンシネマ幕張新都心にて、舞台挨拶が行われました。

20180623004351-8d06ea77597f0860784f9e3bd349a9997b0611e1.jpg


笑いと地域がコラボした千葉市地域発信型映画『空からの花火』。
題材は、今年は7月27日(金)に幕張海浜公園にて開催される「幕張ビーチ花火フェスタ」で、この実行委員に選ばれた花絵を石橋静河さん、未来からやってくる花絵の息子・空を小杉竜一(ブラックマヨネーズ)がそれぞれ演じます。


舞台挨拶には、石橋さん、小杉に加え、五明拓弥(グランジ)、伊藤修子、大江海監督が登壇。
まず、W主演の一人・石橋さんが落ち着いたトーンで挨拶すると、もう一人の主演の小杉も「みなさん、こんにちは...」と同じトーンで切り出し、「すごい俳優ぶってる!」とMCのタケトからツッコミが飛びます。

20180623004430-babefdf70907121af9839525f8e06eff24ecc641.jpg


キャスト陣の挨拶に続いて、大江監督が今年の沖縄国際映画祭にて、本作の地域ハピネス受賞を報告。
沖縄国際映画祭開催期間中の吉報でしたが、石橋さん以外は初耳だったらしく、小杉も「聞いてない!」と困惑の声を上げます。


撮影中のエピソードでは、小杉が全裸シーンで初めて前張りをしようとしたものの、リハーサルで「ベローン」と剥がれてしまい、前張りナシで挑んだと回顧。

20180623004432-a866b9858495f807809078c4c97d38b9184e4ee0.jpg


その全裸の小杉を追いかけるシーンを演じた石橋さんは、「笑いをこらえるのが辛かったです」と苦心のほどを吐露し、「大きい赤ちゃんみたいでかわいいなと(笑)」と笑みをこぼしました。

20180623004428-e4e670d66dd4d8582442cd9ed536031b03410cf2.jpg


また、今年5月に亡くなり、本作が遺作となったいか八朗さんについては、セリフのオウム返しを繰り返し、NGを連発したものの、それがOKテイクとなったとのエピソードも。
小杉は「亡くなって残念ですけど、共演できたことが思い出です」といかさんを偲びました。

20180623004431-c8fd0690d958b2ab7574a36c85066c5b53b141af.jpg


そして、伊藤修子は帰りの車内で五明からお菓子を買ってもらったとのエピソードを明かし、その五明は伊藤と一緒の事務所のシーンについて「ここだけの話、あれは千葉県ではなく静岡県です」と暴露。
大江監督も「御殿場ですね」と補足し、客席の笑い声を増幅させました。

20180623004425-c4d2f2b17398536f84276c80ff722a4fa9ce33fe.jpg

20180623004424-df26f52f662c06005f501b87916a22d383689bd3.jpg


舞台挨拶後半は、今年上半期に活躍した著名人(?)が本作の応援隊として登壇。
まず、安倍晋三総理大臣に扮した佐竹正史(ビスケッティ)は、2020年の東京パラリンピックにて、車いすフェンシングの会場がここ幕張だと紹介した後、「映画から幕張に注目していただいて、そして東京オリンピック、パラリンピックを活気よくしてただく。それが私の願いでございます」と名調子で語り、タケトも「ホントに安倍首相が言いそう」と感心します。

20180623004420-d9cd4162c9c272f9c93f51a4efec5fe455bb2e04.jpg


続いて、ストロベビーの2人は、ディエゴがマラドーナ、生いっちょうが通訳に扮し、「この映画にぴったりなアルゼンチンのことわざがある。温かい水は、お湯」などとことわざや小道具ネタを連発。

20180623004426-60e417e84a3d715348534a0f8f17c848ba2b7161.jpg


生いっちょうに至っては、急所占いとして、小杉の股間をまさぐり、真っ黒な球を2つ取り出し、「黒なんで、黒字。映画ヒット、間違いナシ!」と発表します。
ここぞとばかりにネタを連発するストロベビーに、小杉は「初舞台ですか?」と疑う一幕も。


続く吉田鋼太郎さんに扮した福島善成(ガリットチュウ)は、「どうも、吉田鋼太郎です!」と甲高い声で挨拶し、ドラマ『おっさんずラブ』で共演した伊藤修子とはキスシーンで喉ちんこをえぐられたとうそぶき、小杉から「声もエピソードも全部ウソですね(笑)」とツッコミが入ります。

20180623004426-760de5a332038b30424a5207018f92904821b56e.jpg


トリは、ブレイク中のひょっこりはん。
投げ捨てたポンポンが、花火に見えなくもない『空からの花火』大ヒット祈願バージョンのひょっこりを披露して会場を盛り上げました。

20180623004426-b84aa7274f4b08c137f11631fa148272c4ba8d59.jpg


その後の囲み取材では、自分の子供が小杉という設定に石橋さんは「最初は想像できなかったですけど、ホントにかわいらしい感じだった」「お母さんになった気分になりました」と回想。
小杉の演技については、「芸人さんとお仕事するのが初めてだったんですけど、撮影中に練習されていて、真面目で、目がキラキラしていて、とっても素敵な方だなと思いました」とべた褒めし、「うれしいですね」と小杉を喜ばせます。


そんな小杉は、千葉県、千葉市との関わりに訊かれ、「気持ち的には、ほぼ住民票があると言っても過言ではない。そのくらいの距離感」「生まれ変わったら住むと決めています」などと真顔で回答。


また、駆けつけた応援隊には感謝を述べつつ、「ひょっこりはんも忙しい中、来てくれましたし、オーディション番組かっていうくらいネタやってくれましたし」とストロベビーを労うと、「アドリブ、アドリブ!」とディエゴが反論し、笑いを誘いました。


最後は、開催中のサッカーワールドカップの話題を展開。
小杉は「第二戦、ゴールを決めて、勝ってですね、ぜひ全員で日本代表ヒーハーを言っていただきたいと思います」と締めくくりました。

20180623005234-03ec5e61e2223e57842275cad6ad8a9def524b10.jpg



【ブラックマヨネーズ】【小杉竜一】【グランジ】【五明拓弥】【伊藤修子】【ビスケッティ】【佐竹正史】【ストロベビー】【ガリットチュウ】【福島善成】【ひょっこりはん】【タケト】

2018年6月22日 (金)

今年のアーティストは!? 「KOYABU SONIC」概要発表会見を開催!!

20180622210244-0c1533da2c2e984f8875747a7b7b537681aa5221.jpg

2008年の第一回から数多くのアーティストが出演、オーディエンスを熱狂させてきた「KOYABU SONIC」。2年の充電期間を経て復活した昨年もこれまで以上の盛り上がりを見せたこの人気イベントが今年も帰ってきます。6月22日(金)、吉本興業大阪本社では、主宰の小籔千豊が概要発表会見を行いました。


20180622210350-7afffd99a0d63a1e5f54095fe247e689b211fed3.jpg

20180622210345-9a6e884988148b9aa0366a4ba8e082934441e9cb.jpg

会見場にはまず爆乳三姉妹が登場。おなじみの自己紹介のあと、全力のショートコント三連発に、詰めかけた報道陣からも思わず拍手が起こります。


20180622210431-b1ee42478f5e11fbb85b091e580b6b89d47607e4.jpg

続いて小籔が「よろしくお願いします」と登場。まずは「毎年来ていただいて、ありがとうございます」と挨拶し、今年も素敵なアーティスト、芸人を集めたので、大阪のみなさん、ほかの地方の方も大阪に来ていただきまして、楽しんで帰っていただけたら、と自信の表情で語りました。


続いて「吉本興業を儲けさせたい気持ちは1ミリもない」と断言。でも損はさせたくない気持ちがある、と続け、よしもとにもほんの少しプラスに、そしてお客さんも来てよかった、アーティストや芸人も出てよかった、スポンサーさんも参加してよかった、インテックス大阪さんも貸してよかった、最終的には全員によかったなと思ってもらえれば、と抱負を語りました。そして、報道陣にも「最終的にフェスを見てもらえたら、こんだけみんな楽しんでたら記事にしてよかったな、と思ってもらえるように」とアピールしていました。


20180622210613-cc26cd0f31b3bff5fff34196529625af1386a152.jpg

ここで爆乳三姉妹からも意気込みが語られました。まず長女・ひでちちは、前回、爆乳三姉妹で初めてステージに立たせてもらったものの、がむしゃらすぎて頭が真っ白だったと告白。本番中に衣装のチャックが降りて、下着全開のアクシデントがあったことも披露しつつも、今年はポロリするくらいの勢いで挑みたい!とやる気十分。

次女・もりちちは、去年はうれしくてすごくエキサイトしたと振り返り、今年も去年より一人でも多くの方にご来場いただいて、吉本新喜劇ィズを多くの人に知っていただきたい、そのために「爆乳--ッ!」を「育乳--ッ!」したい、と熱く語りました。

三女・おかちちは、報道陣がたくさん集まってくれたことに「ありがとうございました!」と絶叫。三姉妹のコメントを聞いた小籔は「ポロリもあるかも...」と付け加えていました。


20180622210706-001303835348d91ad78e30d3bdab158765c8973d.jpg

質疑応答では、まず崎山蒼志がどういう経緯で参加することになったかという質問がありました。小籔は全く面識がないものの、動画サイトを見て、雰囲気があってすごい子やなと思ったと絶賛。この先ビッグアーティストになったら...と語り、将来自分の孫が「崎山ええわ」って言うたら、俺らのときは高校生やったんやで、と話したい、夢があると、初登場に期待を込めていました。


ほかにも初参加のアーティストは、雨のパレードとは数年前に渋谷のスタジオで会ったことがある、DJみそしるとMCごはんはフェスでいっしょになったなどのエピソードを披露。SPYAIRはデビュー前に、小籔がアメリカ村でロケをしていたときに偶然出会っていたそうで、数年前にもオファーしたものの実現せず、今回念願の初参戦となったとのこと。yonigeは、まず「嫁はんと同じ寝屋川出身ということに愛着を感じた」そうで、音を聞いてもいいなと思ってのオファーだったと振り返りました。


20180622210738-2723c7c29dc96581a4736e1249d0d0ad5b6cd907.jpg

今年も新喜劇のパートを設けるかという質問には「サプライズというかどこかで新喜劇は出てきます」と宣言。座長になって以来、新喜劇をたくさんの人に知ってもらいたいとやってきたが、最近はすっちー、酒井藍という2人ががんばってくれているとニッコリ。そして、興味のない人に強制的に見てもらうためには...ということでライブの合間に新喜劇を入れることにしたと話し、小籔も「この方法は新喜劇を広める活動のなかでも上位の手応えがある」と満足げ。なのでサプライズは続けようと思っているものの「すっちー、藍ちゃんの人気があるから、今年はどこかで発表するかも...」と含みをもたせました。


まだ確定していない出演者についての質問には、今回はほとんど発表していますと回答。毎年パワーアップしていくと、最終的にはとんでもないことになると話し、更に大きくしようという気持ちはないと発言。「コヤソニはラインナップで引っ張るのではなく、空気感とか雰囲気で来ていただけるようなフェスを目指している」と、コヤソニのあり方について言及し、一年に一回、同窓会みたいなフェスになればいいなと思いを語りました。今年のトピックとしては「飲食が去年より楽しんでいただけるようになっているかもしれません」と、飲食ブースのパワーアップを予感させる言葉も。


これまでステージで行われてきたコラボなどについては、少しずつ縮小しようと思っていると発言。またいずれお客さんがコラボないんやな、と思ってるくらいのところに出せればと語り、基本はコラボなしと思っていると話しましたが、「めだかさんの歌だけはどこかで」と、今年も池乃めだかが歌を披露することを示唆。毎年舞台袖で見ながら「今年が最後かも...と思う」と報道陣を笑わせつつ、「めだかさんが熱唱している姿を見て、何かを感じてくれたら」と続け、「めだかさんもボケ防止や、これがあるから生きてるようなもんやって言うてくれてるので、甘えさせていただこうと思ってます」と大先輩に感謝のコメントを述べ、会見を締めくくりました。


20180622210850-eb97d7edee0bc807a7fb58e58ac5a6a6c6f242ba.jpg

今年の「KOYABU SONIC」は9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)の3日間、昨年と同じくインテックス大阪での開催。注目のラインナップですが、15日(土)は、雨のパレード、カジヒデキ、きのこ帝国、クリープパイプ、崎山蒼志、サニーデイ・サービス、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、爆乳三姉妹、ホフディラン、吉本新喜劇ィズ、and more。
16日(日)は、AFRA、GLIM SPANKY、THE SESELAGEES、スチャダラパー、SPYAIR、DJみそしるとMCごはん、爆乳三姉妹、藤井隆、吉本新喜劇ィズ、yonige、裸体、渡辺直美、and more。
17日(月・祝)は、EGO-WRAPPIN'、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ、TOKYO No.1 SOUL SET、tricot、爆乳三姉妹、吉本新喜劇ィズ、レキシ、and more、という超豪華メンバー。昨年以上の盛り上がり間違いなしのコヤソニ。今年も目が離せません!


【小籔千豊(吉本新喜劇)】【爆乳三姉妹】【服部ひで子(吉本新喜劇)】【森田まりこ(吉本新喜劇)】【岡田直子(吉本新喜劇)】



公 演 名:KOYABU SONIC 2018

出 演:吉本新喜劇ィズ/爆乳三姉妹/雨のパレード/カジヒデキ/きのこ帝国/クリープパイプ/崎山蒼志/サニーデイ・サービス/田島貴男(ORIGINAL LOVE)/ホフディラン/AFRA/GLIM SPANKY/THE SESELAGEES/スチャダラパー/SPYAIR/DJみそしるとMCごはん/藤井隆/yonige/裸体/渡辺直美/EGO-WRAPPIN' /ゲスの極み乙女。/ジェニーハイ/TOKYO No.1 SOUL SET/tricot/レキシ/and more...


公 演 日:2018年9月15日(土) 、16日(日)、17日(月・祝)

開場9:30/開演10:30

会場:インテックス大阪5号館、1号館

住所:大阪市住之江区南港北1-5-102


料金:【特割先行】6/22(金)12:00〜8/10(金)23:59 ※予定枚数に達し次第終了

1日券:大人7,500円/子供 2,000円

前半2日券:大人13,500円/子供 3,500円、後半2日券:大人13,500円/子供 3,500円

3日券:大人19,000円/子供5,000円


【一般】8/11(土)10:00〜

1日券:大人8,500円/子供2,000円

前半2日券:大人15,000円/子供 3,500円、後半2日券:大人15,000円/子供 3,500円

3日券:大人 21,000円/子供 5,000円

※料金は全て税込価格。

※未就学児入場無料。子供料金は小学生が対象 主 催:吉本興業、キョードーファクトリー


企画制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

制作協力:キョードー大阪

お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)


子ども達が楽しく水と触れ合う!『新宿区×よしもとxワクワク! スポーツ体験プロジェクト 水泳教室~夏に向けて、泳力アップ~』第2部レポート

6月17日(日)、新宿スポーツセンターにて『新宿区×よしもとxワクワク! スポーツ体験プロジェクト 水泳教室~夏に向けて、泳力アップ~』が開催されました。

20180622193012-1f9a8eb60a103deaa4d3b29f9bc023728f7dcf9c.jpg

『新宿区×よしもと ワクワク! スポーツ体験プロジェクト』は、新宿区民がスポーツを通じて、元気で健康的な生活を送れるよう、子どもからシニア世代まで、全世代の方々が楽しんで参加できるスポーツ体験イベントのこと。オリンピック・パラリンピックを経験したトップアスリートなどに講師としてお越しいただき、実技指導及びスポーツの楽しみ方を学べる場を提供しています。各体験教室には、よしもとのお笑い芸人が多数参加し、笑いあふれる環境にてスポーツを楽しめる内容となっています。今回のテーマは水泳教室です。

ここでは小学生のお子さんが参加した回をレポートします。泳ぎの得意な子、もっと上手になりたい子など、小学校1年生から6年生まで参加してくれました。

まずはトークショーがスタート。MCのスリムクラブ(真栄田賢、内間政成)の登場に元気いっぱい反応する保護者と子どもたち。内間は自身にも小学1年生の子どもがいると言い「名前は世界の世に......」と説明しようとすると、子どもが大声を出して内間の言葉を遮りました。

内間は慌て、真栄田は「今からおじさんが笑いを取ろうとしていたんだよ」と諭します。改めて「名前は世界の"世"に那覇の"那"で、世那っていいます」と紹介。意味は「世界から那覇へ」と説明すると、真栄田から「ちっちゃくなってんじゃねーか!」とツッコみ、会場は爆笑。真栄田は「これがやりたかったんです」と言い拍手をもらっていました。

20180622193142-81b05e726d339396e3e6d67aab2c73b8d9eec66a.jpg

ここでゲストの大西ライオン、ガリットチュウ(熊谷岳大、福島善成)、ジョイマン(池谷和志、高木晋哉)が登場。高木は得意のラップを披露し、子ども達を笑わせます。もちろん大西は「心配ないさ~!」と高らかに声をあげます。そして、あるキャラクターに扮した福島は、子ども達から「せんとくん!」と声をかけられると、チャーミングな声で「はい! せんとくんです!」と自己紹介。さらに今回水泳をやることを伝えると「このツノ大丈夫ですか?」と心配する一幕も。

20180622193408-11635efbbb1fa3edeefda0f0895333406cc39621.jpg

20180622193439-33371ac2daa1112a05be668751765a1df95e7546.jpg

芸人の紹介が終わったところで、今回の講師であるアテネオリンピック銅メダリスト・中西悠子さん、200m個人メドレー元日本ランキング1位の小坂悠真さん、フィンスイミング日本代表・柿添武文さんが登場します。

銅メダルを持参していた中西さんは、実際に参加者の子どもに触らせるなど、大サービス。メダルに触れたお子さんが「すごい......」とこぼすと、せんとくんが割り込み、保護者に向かって「お父さん1回100円になります」と取り立てようとし会場は笑いに包まれました。

20180622193514-53772fab7eeddcfc80a3b8fe8344fe7ffe380888.jpg

子ども達からの質問タイムでは、フィンを持ってきていた柿添さんに「魚と同じ素材でできているんですか?」と可愛らしい質問が。それを聞いた真栄田は「そんなわけないだろ!」と厳しいツッコミをします。もちろんその後はしっかりフォローして、和やかなムードでトークは進んでいきました。

20180622193556-5fc173494b4c5a139d2dadfe0e77eb8d4f661c5c.jpg

泳ぎが不得意な子へのアドバイスについて中西さんは「水を好きになって、水の中で脱力できることが大事」とコメント。小坂さんは「泳げるようになると、イルカやカメと一緒に泳げるようになる」と世界が広がることを伝えます。柿添さんは「僕は伊豆大島に泳いで行って旅費タダになったことがあります」と自身のエピソードを交えて笑わせました。最後に内間の「スイスイスイミング!」という謎の掛け声でプールに移動することに。

20180622193637-9e8c1fae01782b3c9ce2ba53236d69d8386926b4.jpg

しっかり準備体操をした後は、講師とお笑い芸人によるデモンストレーション対決。ハンデはあったものの、見事、講師3人が勝ちました。小学6年間スイミングに通って泳ぎが得意な池谷でさえも、勝つことはできません。さすがプロ!

20180622193712-0569cad1460a8a074d5b288ce5fa845e491e6c7e.jpg

低学年は幼児用プールを、高学年は一般用プールを利用して水泳教室を行います。低学年のコースでは、バタ足をしたり、プールを歩いて旋回したりと水に慣れることを目的として授業を進めます。

20180622193749-a2e8c293ed040cc51b20cca97be516f3d5f3d137.jpg

20180622193848-81344ec1b600618f0d0c821aac4189abe2129a0f.jpg

高学年のコースでは、泳ぎの得意な子と不得意な子関係なく、講師の先生が指導。泳ぎの基本から速く泳げる方法までしっかり教えていきます。

20180622193933-9b6ed1e32c62d3a253498baf7bf24d9a2943c2ac.jpg

20180622194014-a88fbcbcaf157efa2970ee4bf1599e1bfe7fd7a1.jpg

ビート板を使用してフォームのチェック。バタ足の練習やキックスタートの練習、さらに1人ひとりの泳ぎをチェックし、どうすれば現状よりも綺麗に泳ぐことができるか、コミュニケーションを取りながら指導していました。

20180622194100-eab5e03d75d7bde3b9a3a8d5589d08438784614c.jpg

20180622194122-8e4baf7ec0f033c6c082bfc3bc5f5f36fc3050e4.jpg

やはり、伸び盛りの子どもたちですから、飲み込みが早い! どんどん上達していきます。

20180622194149-511e51840f76b864b62324e26018ed2b03640eed.jpg

20180622194210-64247208961e6f35f22431cacac0ea270b6993c6.jpg

1時間みっちり授業した子ども達の表情はキラキラ輝いていました。講師をしてくれた中西さんに話を聞くと「みんな元気が良くて楽しかったです。今は技術よりも体をたくさん動かしてほしいです」と語ってくれました。小坂さんは「飲み込みが早くて驚きました。素直に学ぶ姿勢があって教えがいがありましたね」とのこと。

次回は、7月29日(日)、新宿コズミックセンターにて『体操教室』が行なわれます。講師は、アトランタ五輪・体操競技日本代表の田中光さんとユニバーシアード大会・体操競技団体 金メダリストの新島卓矢さん。MCはバッドボーイズ、ゲストは、カラテカ・矢部太郎、おばたのお兄さん、大自然です。すでに応募は始まっており、7月14日まで受け付けています。ぜひ、ご参加下さい!



みるみる泳ぎが上達!『新宿区×よしもとxワクワク! スポーツ体験プロジェクト 水泳教室~夏に向けて、泳力アップ~』第1部レポート

6月17日(日)、新宿スポーツセンターにて『新宿区×よしもとxワクワク! スポーツ体験プロジェクト 水泳教室~夏に向けて、泳力アップ~』が開催されました。

20180622191139-53cb2b13fdc246eaf32206f6f0d8c39c99655057.jpg

『新宿区×よしもと ワクワク! スポーツ体験プロジェクト』は、新宿区民がスポーツを通じて、元気で健康的な生活を送れるよう、子どもからシニア世代まで、全世代の方々が楽しんで参加できるスポーツ体験イベントのこと。オリンピック・パラリンピックを経験したトップアスリートなどに講師としてお越しいただき、実技指導及びスポーツの楽しみ方を学べる場を提供しています。各体験教室には、よしもとのお笑い芸人が多数参加し、笑いあふれる環境にてスポーツを楽しめる内容となっています。今回のテーマは水泳教室。初心者の方はもちろん、泳げる人にもプロが的確にアドバイスするということで、たくさんのご応募をいただきました。

ここでは18歳以上の方が参加した回をレポートします。

まずはトークショー。MCのスリムクラブが登場します。真栄田賢は、相方の内間政成が今回初司会を担うということで、心配そうに「注目と緊張が......」とポロリ。しかし、当の内間は「見守ってください」とドンとかまえていました。

20180622191216-98fd29cc0e2aa842e83be9f6a86b9421525a8df2.jpg

ここでゲストの大西ライオン、ガリットチュウ(熊谷岳大、福島善成)、ジョイマン(池谷和志、高木晋哉)が登場します。船越英一郎さんに扮した福島に参加者の皆さんは爆笑。水泳について問われた際には「愛には溺れているんですけどね」と返答し、さらに笑いを生み出しました。メンバーは、『炎の体育会TV』で活躍する大西や小学6年間水泳をやっていたという池谷など、頼もしいメンバーが揃います。

20180622191246-16e250f7af36eef2a66ce94668af1e0231ac7c94.jpg

20180622191309-93c37d1442fbca57210b4b97b1e567836728ab9c.jpg

そして、今回の講師であるアテネオリンピック銅メダリスト・中西悠子さん、200m個人メドレー元日本ランキング1位の小坂悠真さん、フィンスイミング日本代表・柿添武文さんが登場します。

オリンピックでの緊張感について問われた中西さんは「とても緊張しましたが、チームメートに手を振ってリラックスしていました」と回顧。また「チームのメンバーが仲良くて、(気合いを入れるため)男子全員坊主にしていました」と語りました。そのほか、フィンスイミングのことや水泳の注目選手など、ここでしか聞かないトークで大盛り上がり。

20180622191348-d6663464cf8faf7aebf50f30766115f54ef269e2.jpg

トークショーの最後に中西さんは「皆さんが楽に泳げるようにアドバイスをしっかりしていきたいと思います」と挨拶。小坂さんも「ケガなく楽しくやっていきましょう」とコメントし、柿添さんは「今日レッスンをやって、さらに水泳を好きになってもらえたらなと思います」と挨拶しました。

20180622191441-5819fb822a967dea0c56aa11b7e5763ac24e8c88.jpg

いよいよ水泳教室です。準備体操でしっかり体をほぐした後は、芸人チーム対講師によるデモンストレーション。ハンデはあったものの、そこはさすがプロ。芸人チームはことごとく負けてしまいます。特に、フィンの速さは圧巻で、25m(大西)と50m(柿添さん)という差があったものの、柿添さんが勝利する結果となりました。

20180622191516-56b4561abc2a6b6d7daf3c52568da0a0e5ad8c0d.jpg

本格的な授業がスタート。まずは、呼吸の練習にもなる「ボビング」を全員でチャレンジしました。水底を蹴ってジャンプし、顔を水中と水上に出し入れしながら上下運動を行います。

20180622191601-91d0dac8be137dd389c4386f9ff5f8bd9acb732f.jpg

その後、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライに分かれてレッスンが行われました。それぞれの泳ぎをチェックしつつ「肩を開きすぎない」「なるべく肺に空気を入れて体を浮かす」など具体的な指導があり、生徒さんも真剣に話を聞いていました。

20180622191642-7333bd0790e56a63ebdb3919a3e334ebce4c5939.jpg

20180622191727-5bc40cd889ec500b7c00786d6f5a324e1470a75a.jpg

それぞれのグループには、よしもと芸人もサポートとして加わります。時に笑いを交え、生徒さんたちの緊張もすぐにほぐれていきました。また、講師の先生方にはもちろん、水泳経験のある大西に質問をする生徒さんがいるなど、皆、泳ぎが上手になりたい一心で前向きに取り組んでいきます。

20180622191817-b0e35a42c1ab4a523a11e9d24d9d4bc8ecf7d41a.jpg

20180622191901-f8faf27c19c52b1cdf5cf38b3cbe62841ff4825c.jpg

そんな生徒さんの真剣な取り組みに中西さん、小坂さん、柿添さんの指導も本格的になっていきます。レッスンも佳境となり、具体的な泳ぎ方を聞いた真栄田は授業開始の頃より圧倒的に泳ぎがスムーズになったため「最初から教えてほしかった」と言い生徒さんらを笑わせました。

20180622191948-f7af2477cb804f4cc2e1aaa49ac168f634009eae.jpg

20180622192030-035e46d0d16c2dd9e73ff09beb442da6d08016c9.jpg

20180622192128-5c953a07bb058c20440f15765f98af1c475ba44c.jpg

約1時間のレッスンでしたが、生徒の皆さんの急成長に講師の皆さんも驚かさたようです。レッスン後、柿添さんに話を聞くと「細かいフォームなどが自己流になっている方が多かったですが、アドバイスをすればすぐに直りました。こうした機会には、どんどん参加してほしいです」と語ってくれました。

次回は、7月29日(日)、新宿コズミックセンターにて『体操教室』が行なわれます。講師は、アトランタ五輪・体操競技日本代表の田中光さんとユニバーシアード大会・体操競技団体 金メダリストの新島卓矢さん。MCはバッドボーイズ、ゲストは、カラテカ・矢部太郎、おばたのお兄さん、大自然です。すでに応募は始まっており、7月14日まで受け付けています。ぜひ、ご参加下さい!

芸人×プロレス!! 神保町花月本公演「ドロップキック!」

20180622185126-e421dc6754c85378c92c5c16c0049dbb714196e8.jpg
神保町花月で芸人によるプロレスを題材にしたお芝居を行います!
その公演の日替わりゲストが決定!!
ゲストはなんと本物のプロレスラー!
芸人とプロレスラーによる舞台、一体どうなるのか!?

★日替わりゲスト★
7/19(木)19時開演:吉野達彦、植木嵩行、関札皓太(大日本プロレス)
20180622182712-ae5330618f27296812d1cbef718ea04d5d7cc76a.jpg
20180622182805-6d7f4674b73a51afd74ba4556e18e37fbd58e940.jpg
20180622182830-cb75ce64a57a40f3bb54aa56a46c75d90d41f8b4.jpg
7/20(金)19時開演:佐藤悠己、最上九(KAIENTAI DOJO)
20180622184434-c0ecb74d1396af58a3dd99d82cb9abb47b0809e1.jpg
20180622184448-6446f6e0b58fcf58a4275f06c37c65395d90ef6b.jpg
7/21(土)14時開演:葛西純、杉浦透(プロレスリングFREEDOMS)
20180622184501-56826b46fab6baf46deda1c407a9c31ce8c037b3.jpg
20180622184535-9f3bb45420f96f0c915ab21f05cdfd6ddbaef394.jpg
7/21(土)17時開演:勝俣瞬馬、飯野雄貴(DNA)
20180622184625-36398af22026b8aff2fbd6bc85e42a326f4f8d59.jpg
20180622184923-5e9d5b6aad9738a517427ddc6819d5d6bd8d73c1.jpg
7/22(日)14時開演:怨霊、寧々∞D.a.i(暗黒プロレス組織666)
20180622184952-04c5ce6fde1726cc7d81a7aa833c9f34366c0b5a.jpg
20180622185005-2a947de112c441a439bc97920671999e6ef4001e.jpg
7/22(日)17時開演:神田カレーマスク、大谷譲二(神田プロレス)
20180622185043-3a8c971733c781a945f93068ba65626f3e951cb9.jpg
20180622185056-cada40ea72088be64ef456ba4d86e47b1ef4fd9a.jpg


《公演情報》
神保町花月本公演「ドロップキック!」
【会場】
神保町花月
【脚本・演出】
浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)
【出演】
ゆったり感、シンガリ、タモンズ、THE GREATEST HITS、サンシャイン、衝撃デリバリー、マリリン
【あらすじ】
プロレス...プロレスとは、リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツのことである。(ウィキペディア)
しがない中年サラリーマンの近藤は、仕事帰りに観に行ったプロレス会場で、偶然、大学時代の友人と出会う。
十年ぶりの再会に驚いたり喜んだりしながら試合を観戦し、その帰り道、立ち寄った居酒屋で、久々に学生の頃のようにプロレスやら昔の馬鹿話で盛り上がり、その流れで、大学の頃やっていた学生プロレスを、もう一度やらないか、と誘われ、思わず「絶対やろうぜ!」と答えるも、近藤は、本気にはしていなかった。

『だって、んなこと出来るわけねえだろ... もう、学生じゃねえんだからさ...』

一抹の寂しさを感じつつ別れたその翌日、玄関を開けると、目の前に、タイツを着たあいつが立っていた。

「さあ、プロレスをやろう!あの時の続きを、もう一度」

夢なんか、もう見れないと思っていた。
もう二度と、ドロップキックなんか放てないと思っていた。けど...

贅肉のだぶついた中年サラリーマン達は、果たして華麗に空を飛べるのか?
プロレス技を、全て体で受け切れるのか?
「立って来い!俺のドロップキックきっちり食らって、それでも立って、俺にぶつかってこい!」
馬鹿馬鹿しくも愛おしい、プロレスを愛する、馬鹿な男達の物語。


【日程】
 7月19日(木)...19:00開演 
 7月20日(金)...19:00開演 
 7月21日(土)...14:00開演/17:00開演
 7月22日(日)...14:00開演/17:00開演
【チケット】
 前売:3,500円/当日:4,000円
【Yコード】
 999-070


▼「ドロップキック!」詳細ページ
http://www.yoshimoto.co.jp/jimbocho/kouen_schedule/pc/2018/07/post-74.php
▼神保町花月HP
http://www.yoshimoto.co.jp/jimbocho/
▼チケットは【チケットよしもと】にて発売中!
http://yoshimoto.funity.jp/

7/14(土) 「第10回 神保町・創作落語の会」開催!

2016年から東京・神保町花月でスタートした 「神保町・創作落語の会」、今回めでたく10回目を迎えることとなりました!
20180622115538-200331d47a83228e927aa3a5ff28289e9af4a36a.jpg
この落語会は ぜーんぶ 新作落語!
是非、この記念すべき会をきっかけに落語に触れてみては如何でしょう!?
7/14土曜の夜は、神保町花月へお越し下さい!
 
【桂文枝】【三遊亭兼好】【昔昔亭A太郎】【桂文路郎】

トータルテンボス全国漫才ツアー2018「いきなりミックスベジタブル」9月8日(土)よりスタート! トータルテンボスインタビュー

今年も開催されることとなった、トータルテンボス全国漫才ツアー2018「いきなりミックスベジタブル」。9月8日(土)の静岡公演を皮切りに、3カ月で全国20会場(21公演)を巡り、新ネタ漫才と「今日のいたずら」新作VTRを披露します。今回は各会場で「今日のいたずら」に使用した小道具を抽選でプレゼントするなど、新しい試みもあるよう。ツアーへの意気込みや「今日のいたずら」についてなど、トータルテンボスのお2人にお聞きしてきました!
20180622005218-7f4ef8a416745352fe174f1d834b0dfa10fe87f9.jpg

*     *     *     *     *     *     *     *
20180622004409-9924ad83affa8bb35e70704905ad7449ff2a955c.jpg
(左/藤田憲右、右/大村朋宏)

ーー毎年恒例の単独ライブ、今年のタイトルは『いきなりミックスベジタブル』ですが、タイトルの由来はなんですか?


大村 これはFUJIWARAのフジモンさんにつけてもらったんです。今までは自分たちでつけたり、マネージャーがつけたりしたんですけど、今回はフジモンさんの番組に出させてもらったときに、番組内でつけてもらって。

藤田 そのとき僕が「『いきなりステーキ』にハマッてる」って話をして、番組の最後の方で「じゃあ、ツアータイトルをお願いします」って言ったら、フジモンさんが「"いきなり"は入れたいよなぁ」って。

大村「でも、いきなりステーキよりは、その横に添えられてるミックスベジタブルから食べたほうがええんちゃう?」みたいな感じで......。

藤田 いきなりミックスベジタブル、っていうタイトルに(笑)。

ーーじゃあ、特に意味はないんですね。毎年そんな感じでタイトルはつけてるんですか?

大村 そうですね。(2017年ツアータイトルの)『YAGYU』っていうのは、知り合いのおっちゃんの名前だし。

ーーそうなんですか!? 『野牛』かと思ってました(笑)。

大村 全然違いますね。(2015年ツアータイトルの)『餡蜜』もそのときのマネージャーが食べたかったものだし、(2016年ツアータイトルの)『脱帽』もそのときのマネージャーが脱毛したがってて、それを「脱帽」って聞き間違えただけですし。

藤田(2014年ツアータイトルの)『strelka』は当時のマネージャーの付き合ってる彼氏のバンドの名前ですし。

ーーなんでもいいんですね(笑)。

藤田 10年目ぐらいまでじゃないですかね、意味を持たせるのって。その時期は終わったんですよ。今はなんにも意味のないタイトルの方がいいかなと思ってて。

大村 何年もやってるとそうなってきますね。
20180622004804-ae2a1b68fdbae299e58a7410618d40548f324f0e.jpg
ーー今回のツアーはどんな感じになりそうですか?

大村 毎回テーマみたいなものは特に決めてないんですけど、今回は"万人が笑える"というのをちょっと意識しようかなとは思ってますね。若者だけが面白いとかじゃなく。

藤田 僕ら、寄席(劇場)にも出るじゃないですか。やっぱり、その出番でも使えるようなネタを量産していきたいなっていうのがあるんです。

大村 今まで結構マニアックというか、僕たちのファンはたまんなく面白いけど......みたいなネタばっかやりすぎて、それをふとルミネの公演でやろうものなら、鬼のようにスベるんです。

ーーネタをコアな層に向けすぎてた?

大村 それはもちろん、ファンにとってはたまらないでしょうけど、何年もやっていけるもんじゃないなぁって。やっぱり寄席でウケてなんぼっていうか、いろんな幅広い世代の笑いを取れないと、っていうのを強く意識してやろうかっていう風に今回は思ってます。

ーー理想を言えば、コアなファンにもそうでない幅広い世代にも、両方ウケたいですよね。

大村 そうですね。そこを模索するのが大変なんですよね。ただただコアなファンを無視して万人ウケに走ると今までのファンが離れていっちゃうかもしれないとか、だからそこもちゃんと押さえつつ、その路線で幅広い世代にもウケるネタを探っていく感じですね。

ーーツアー初日まであと3カ月近くありますが、現時点でネタはどの程度出来上がっているんですか?

大村 今はまだ30%ぐらいですかね。だいたいいつも1カ月前に台本が上がって......。

藤田 そこからネタ合わせして、って感じです。

ーー藤田さんが、ツアーへの意気込みのコメントで「去年のツアーのダメな点をかんがみて、今年のツアーをおもんぱかっていきたい」とおっしゃっていましたが、去年のツアーの反省点などはありますか?

藤田 ちょっとしたことなんですけど、お客さんに対してのサービスみたいなものが、ここ数年ずっとハイタッチ会のみ、みたいな感じで。会社主導でそうなってたんですけど、会社主導じゃなくて、オレら的に何かしたいなと思って。「大村が似顔絵を描く」とかいろいろ案はあったんですけど、閉館時間なんかの関係で、時間に制約もあるので、結局「いたずらで使った小道具を抽選でプレゼントする」っていうのに落ち着きました。
20180622004903-0a5e8e17c9def48b94023f4a18398c1d772108ca.jpg
ーーなるほど。その「今日のいたずら」はこれまでにも多数作られていますが、いたずらはどうやって思いつくんですか?

大村 それに関しては絞り出してきてはいますけど......。

藤田 やってるみたいですよ、作家たち集めて会議とか。どんないたずらがいいかって、夜な夜な......(笑)。

大村 最初はポンポン出てきてたんですけど、さすがに何百ってやってるんで......。今はいたずらの定例会議を開催してるぐらい。でもネタよりは簡単に浮かんでますね。

ーーこれだけいたずらを仕掛けられてると、藤田さんは毎日「今日もなんかあるんじゃないか」と思ってドキドキするんじゃないですか?

藤田 「なるようになれ」って思ってます。

ーーじゃああまり警戒することもなく?

藤田 警戒したらそれはもう(いたずらが)ダメになっちゃうんで、だからもう何も考えない、無の境地でいます。

大村 そういう時期もありましたけどね。

藤田 うん、ありましたよ。

大村 疑心暗鬼でね。

藤田 一回、最低なことがあって。グルメロケ行って、食べたんですね。そしたらすっごいまずかったんです。で、「あ、これドッキリだ」と思って、「やったな」って。「ドッキリだろ。こんなの、食えたもんじゃない」って。

大村 でもそんな味なんですよ。

藤田 ドッキリじゃなかったんですよ。

ーー怖い(笑)!

藤田 ホントにただまずかっただけっていう。

大村 店長、もうピクピクしてましたよ。

藤田 で「ヤベェ!」って思ってスタッフ見たらすごい顔してて。あわてて「独特の味ですね!」って言い換えました(笑)。そういう弊害はあります。だからもう、なんにも言うのをやめました。

ーー確かに、ドッキリじゃなかった場合が怖すぎますもんね。

藤田 「テッテレー」って出てきて初めて「あ、そうか」ってなれば大丈夫なので、だからそこまではフツーに無の境地で過ごすしかないですね。

大村 "いたずらーズハイ"になってますね、もう。

藤田 1回だけならともかく、バカバカやられてますんで。でも、史上初のお金の稼ぎ方だと思うんですよ。"人に騙されてお金がもらえる"って。

ーーそうですね(笑)。

藤田 普通は人に騙されるとお金取られるんですけど、騙されてお金が入ってくるんで。
20180622004934-459bba9f052ebb0a84f639b2a7af7f4640c194ce.jpg
ーーでも、楽しい気持ちになるいたずらだからいいですよね。

大村 それを心がけてますね。

藤田 笑っちまうこともありますからね、やっぱり。「こんなこと考えてたのかよ」みたいな。

ーー今まででいちばん印象深かったいたずらはなんですか?

藤田 僕が個人的に面白かったのは、大村たちと公園でしゃべってたら、全然知らないおっさんが「久しぶり~!」って来て。で、大村たちも「あ、お久しぶりです!」みたいな感じなんですよ。だから「あ、オレは知らない人だな」と思って話を聞いてたら「藤田くんもあのあとどうなったの?」って言われて、「えっ!? オレそんときいた?」って。

大村 「いたよ。御子柴さんだよ!」って。

藤田 頭の中で、御子柴さんなんて全然出てこないし。でもなんかすごくいい感じで接してくれて、その人が行っちゃったあとに「あの人、誰?」って聞いて、「おまえ、ひどいな」って言われたんですけど、結局ドッキリで(笑)。そんな、全然知らないおじさんまで巻き込んでやるんだ~って(笑)。

大村 そのあともお母さんと息子が来て、「こないだはありがとうございます!」みたいな。「ああ~、あの時の!? いや~、あれはでも、藤田が助けなかったらヤバかったですよね」って。その息子が溺れたのを藤田が助けたっていう設定で。

ーーそんなことあったら絶対覚えてるに決まってるじゃないですか(笑)!

藤田 そう(笑)。覚えてないんで、「いや、それはオレじゃない。絶対オレじゃない。カン違いしてます」って言って。途中から「何言ってんだこいつは」って面白くなりました(笑)。

ーーじゃあ、これからも楽しみですね、どんないたずらに遭うのか。

藤田 楽しみですよ。「誰だよ!」っていう(笑)。

大村 その、さっきの御子柴さんっていうおじさんは、六本木の裏にあるお寿司屋『寿司峰』っていうお店の......全部架空ですよ? そのお店で1週間前にたまたま同じ店にいた人が「お~、トータルテンボスじゃん」って来て、おごってもらった、みたいな設定にしてやってるんですよ。

ーーじゃあ、藤田さん以外の人は話が合うんですね。

大村 そうそうそう。

藤田 オレはここ1週間六本木になんて行った記憶がないけど、「でもまぁ、酔ってたからな、おまえ」って言われると「そうだったかなぁ?」って。

ーー絶妙なウソですね。

大村 でも、あるじゃないですか、そういうこと。でもさすがに息子が川で溺れたのはやりすぎましたね。
20180622005006-d02ad9f8fbe092bf46ca5d5b5c02fa43485ffe2a.jpg
ーー(笑)。ところで、これまで毎年単独ツアーをされてますけど、ツアーならではの楽しみはありますか?

藤田 それはもうやっぱり、いろんな場所に行くんで、グルメですよね。打ち上げがやっぱ楽しみのひとつでもあるんで。それで印象に残ってるのは、金沢に行ったときの冬ののどぐろ。もう、ホントにウマかったんで。20cm強ぐらいののどぐろで、時価で1万円ぐらいするんですよ。

ーーそんな高いんですか!?

藤田 ね。塩焼きで食べたんですけど、脂が乗りまくってて......。ウマくて、「これを超えるグルメはないなぁ」ぐらいに思ってたんですけど、去年高知に行ったときに、鰹のタタキを食べたんですよ。鰹のタタキなんてガキのころからさんざん食ってるから、特になんとも思わずなにげなく食ったら、マジでビックリするぐらいウマくて。今までの鰹のタタキはなんだったんだっていうくらい全然違うんですよ。

ーーへぇ~! じゃあ今回のツアーも楽しみですね。

藤田 そうです!(ツアーに)高知を入れたのは、あれがもう1回食べたいからというのもありますもん。あるよね?

大村 そうですね。まぁ、四国は1カ所行きたいなと思ってて、じゃあ高知かなって。

ーーじゃあ、食べ物に引っ張られてツアーの行き先を決めることもある?

藤田 全然あります。グルメサイトに載ってないようなすごいところに行ってみたいんですよ。

ーーなるほど。では、これまでのツアーで特に印象に残っている出来事はありますか?

大村 僕がいちばん印象に残ってるのは、"ツアー初日の大ゲンカ"ですね。ツアー初日の静岡公演。忘れもしないですね。4~5年ぐらい前だったと思います。もうテンパりまくってるんですよね、初日なんで。で、いつになくネタができたのがギリギリな年で。そんなに練習もままならないままツアー初日を迎えちゃって。「まぁまぁ、当日しっかり、みっちりやろうよ、あと2時間半ぐらいあるから」って。そこでなんか、お互いテンパってるからなのかわかんないんですけど、藤田がネタ合わせの時にやけに絡んでくるというか、「もうちょっとここ、こうした方がいいよ」って言っても、「は? やだよ」みたいな、つっけんどんな感じできて大ゲンカになって。罵りあいで1時間半ぐらい経過したんですよ。

ーー本番前の大事な時間に?

大村 はい(笑)。で、「やべぇやべぇ! どうすんだ今日」みたいになって。そこでオレももうカッカしてたんですけど、「これは練習しなきゃホントにヤバい」って思って、スイッチを切り替えて、ちょっとなだめる感じというか、泣き落としまでいかないですけど「オレもちょっと言いすぎたのは悪かったよ。でも、オレたちは2人で笑いの文化がないような静岡から東京に出てきて、ここまできたわけだろ? 2人でやってきたじゃないか」みたいな、ちょっと情に訴えるみたいなスタンスでいったら、まんまとソレがハマって、マジで「ごめん~(泣)!」みたいな(笑)。

ーー(笑)! さすが藤田さん、愛くるしいです!

大村 両手で顔を覆って泣き出して。「ごめん、オレが悪かった!」って。

藤田 (照れ笑い)。

大村 それでなんとか間に合ったっていう、ね。

ーーいい話ですね。

大村 いや、いい話なのかめんどくさいのか......(笑)。オレとしてはホントめんどくさかったです。だって意味なくつっかかってきて、ケンカ売られて、ケンカになって、泣いて(笑)。

藤田 (笑)。テンパってたんですよね。

ーーでも最終的に、本番にも間に合ってよかったですね。

藤田 去年なんかでも、(ネタが)固まるのすごい早かったよね。

大村 年によっていろいろありますね。
20180622005054-8f7ca3b3f8a677041a267da3b8ab8336d0b1acaa.jpg
ーーツアー先で、その土地土地でウケるネタやウケる箇所って違ったりするものなんですか?

大村 多少はありますよ、やっぱり。各会場のアンケートなんかで統計とってますけど、トータルしたら「やっぱこのネタが強いね」とかはあるんですけど、この場所ではこれが強いとかは全然あります。

ーー土地柄みたいなものがあったりするんでしょうか?

大村 それもあると思いますけど、やっぱりライブって生ものなので、同じネタをやっても同じ出来じゃないじゃないですか。この時のこのネタはすごく調子よくできた、というのもあって、やっぱそういう時は(アンケートでも)票が伸びてるっていうこともあるから、一概には言えないですね。

ーーなるほど。では最後に今回のツアーへの意気込みを一言ずつお願いします。

藤田 今年に関しては老若男女いろんな人を笑わせたいっていう気持ちもあるし、ライブに来たことがない人もこの記事を読んでくれてると思うんですけど、入門編としてはすごくいいライブだと思います。「寄席は見たことあるけど単独ライブはない」ってう人が大多数だと思うんですけど、そういう人にも身構えることなく、入りやすいライブだと思うんで、ぜひぜひお越しください。

大村 ホントに単純に笑えるライブになってると思いますんで、ヘンに構えることなく来てほしいですね。とりあえず来てくれれば、間違いなく満足してもらえると思いますんで。

藤田 「よかったなぁ。2時間、ムダじゃなかった」って思わせます。

大村 デートで来てもらってもいいですしね。

藤田 結構カップルで来てくれる方も多いんですよ。

ーーそうなんですね。

大村 狙ってる彼女を連れてきて、その日に告白しようと思ってたら失敗する可能性はありますけど。毎年熊本にそういうことをしてる人がいるんですけど(笑)。毎年狙ってる彼女を連れてきて、ライブ後に告白してフラれてるヤツが。

藤田 去年に関しては、「今年も連れて行きます!」って言って、ライブ会場の1番前の席にそいつがいたんですけど、隣の席が空いてて(笑)。もう、来てももらえないっていう(笑)。

大村 (笑)。

藤田 でも、カップルで来てる人の中には、元々彼女がファンで、連れてこられた彼氏も好きになってくれたり、その逆もあったりで、男女問わず面白いと思ってもらえると思いますので、ぜひ来てください!
20180622005120-a179134621ef4a42eb333150e4ba46979314240b.jpg
20180622005139-3a90b033ee23c33b7254db9fa102302cf7eb6853.jpg


【トータルテンボス】

2018年6月21日 (木)

九州の7県全県を回るサカイスト結成20周年記念ツアー開催決定!

昨年11月に東京から福岡に活動の拠点を移したサカイストが2018年8月3日(金)に結成20周年をむかえるのを記念して九州のみなさんにご挨拶と20周年の感謝を伝えにいくために
九州の7県全県を回るサカイスト単独ライブ「サカイスト結成20周年記念ツアー 九州de兄弟~九州の皆さんよろしくお願いします。~」の開催が決定しました!
20180621164229-dc04acaa6212b20cbcad4a216ffaff6e8d1e2de0.jpg
8月11日(土)福岡ビブレホールからスタートします!

(本人からのコメント)
20180621164208-a39341f3730e3a5d958db34f4678c4e20919c4ec.jpg
<デンペー>
この度、20周年ツアーとして、九州を一周させていただくことになりました。
僕らが福岡よしもとに移籍してから初のビックイベント!
それは九州の皆さんへのご挨拶ともなります。
そして福岡よしもとのサカイストということを知ってもらうためでもあります。
僕らは常に刺激あることを求めて、20年走り続けてきました。
さあ生のサカイストに本物のデンペーに会いに来てください。
あ、デンペーは輝いてるからサングラスを忘れずにね笑


<マサヨシ>
僕たちは芸歴20年と言う節目の年に福岡へ来させていただきました。
来た当初から、九州の皆さんにサカイストをもっと知ってもらいたい!サカイストの漫才を色んな人に見てもらいたい!とずっと思っていました。
そして、その願いが叶い、今回九州を全県周らさせていただける事になりました。
本当にありがとうごさいます。
20年間の経験を持ちながらも、サカイストは九州一年目です!元気いっぱいに一生懸命頑張ります!
皆様、よろしくお願いします!


■ライブ詳細
サカイスト結成20周年記念ツアー 
九州de兄弟~九州の皆さんよろしくお願いします。~
前売1800円 当日2000円
先行受付:6/24(日)11:00~6/26(火)11:00
一般発売日:7/1(日)

<福岡公演>
8月11日(土) 15:00公演「福岡de兄弟」
ビブレホール
福岡県福岡市中央区天神1丁目11−1 天神ビブレ 8F
Yコード506005

<長崎公演>
9月18日(日) 14:00公演 「長崎de兄弟」
長崎県立美術館 ホール
〒850-0862 長崎県長崎市 出島町2番1号
Yコード506006

<大分公演>
11月18日(日) 14:00公演 「大分de兄弟」
別府ブルーバード劇場(2階)
〒874-0920 大分県別府市北浜1丁目2−12
Yコード506007

上記以外の九州他県の公演情報は決定次第、福岡よしもとのHPに随時更新していきます



【サカイスト】

『M-1グランプリ2018』が開催決定! かまいたち・山内の掲げた公約にざわめきと爆笑が!!

6月21日(木)、東京・ヨシモト∞ホールにて、『「M-1グランプリ2018」開催記者会見』が開催され、和牛、ミキ、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、さや香、ゆにばーす、マヂカルラブリー、三四郎、さらば青春の光、そして30代目チャンピオンのとろサーモンが出演しました。
20180621164030-05cb5075f7826a757095694f0e5cf128b2ddac2f.jpg
参加資格は結成15年以下(2003年1月1日以降結成)、プロアマ問わず、とにかく面白い漫才を披露し、日本一を決める漫才頂上決戦『M-1グランプリ』が、今年も開催されることになりました。
本日よりエントリーがスタートし、8月1日(水)より予選がスタート。1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝と厳選なる審査を重ねて、12月に生放送される決勝戦へ進出するファイナリストを決定します。また、ファイナリスト以外の準決勝進出者には敗者復活戦の出場権が与えられるほか、アマチュア参加者にはすべての1回戦でMCの印象に残った1組に「ナイスアマチュア賞」が贈られます。

本会見のMCを務めるのは、斎藤真美ABCテレビアナウンサーとトータルテンボス 。昨年の大会についてトータルテンボス ・大村は「今観ても、優勝決定のシーンは鳥肌が立ちますよね」と冷めやらぬ興奮を話しつつ、「(優勝したとろサーモンの)村田のリアクションが冷蔵庫に入ってたときのようだった」とコメント。藤田も「村田が感動を与えましたね」と大きくうなづきます。
20180621163217-af84c0a20bf0dbf7c148a51d296d462a5d000809.jpg
さらに、特別ゲストとして昨年の覇者・とろサーモンが登場。「感動しますね、僕の顔」とトータルテンボスの2人に同調した村田は「嬉しい気持ちが出すぎて(ああいう表情になった)。信じられなかった」と回想します。
優勝後、仕事が激増し、3カ月で280本もの仕事をこなしたそうで、「毎日、仕事が7本くらいあって、ストレスが半端なくて後輩におごったり、洋服を買ったりと散財したので、優勝賞金はもうあんまり残ってません」と話した村田を、「泡沫マネーだからなぁ」となだめる藤田です。
一方、破天荒で知られる久保田が「弟の子供が小学校に上がったから、賞金でランドセルを買った」と真面目な使い道を明かすと、大村がすかさず「伊達直人か!」とツッコミ。伊達直人とは、児童の福祉施設などへ匿名でランドセルを贈るという支援を行う際、実名を隠すために使った『タイガーマスク』の主人公の名前。すると、久保田は「一言言わせて。大村、半端ないって!」とコメント。先日、行われたワールドカップコロンビア戦で勝利を引き寄せる活躍を見せた大迫勇也選手を絶賛する際に使われる言葉「大迫、半端ない」をもじって、迅速且つ的確なツッコミを讃えました。
20180621163237-ff1c8dbe3142f3f4ccd8334d1d346ca6e1b715bc.jpg
20180621163310-209755e14e480d6470a3c7cd282dd41ab8ddbf2c.jpg
ここで、今年のエントリーが期待される和牛、ミキ、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、さや香、ゆにばーす、マヂカルラブリー、三四郎、さらば青春の光が登場。それぞれ公約を掲げました。
20180621163337-ecc7817c89de1391b3d7bf2d0a6166caec197d29.jpg
藤田に「賞レースのバケモン」と紹介されたさらば青春の光・森田さんは「賞レースは大事で、翌年の営業数が変わってくる。今年、決勝にいけなかったら本当にやばい」と危機感を露わに。
三四郎・相田さんが「優勝できたら盛大なパーティ、できなくても参加フリーの残念会をやります」とオラオラしながら宣言すると、相方・小宮さんは「誰が喋り出してんだよ!」とツッコミます。
20180621163400-d550ec5a26dfa390f4605ac8383d5df81fc53a24.jpg
20180621163400-7ed05d55b87c9858713876a58b6685b473ea7c8d.jpg
さや香・新山が「僕らの場合、ジャルジャルさんが優勝してもいい。僕と後藤さん、そっくりなんで」と言いだし、2人で並ぶとトータルテンボス は「そっくり!」と驚嘆。さらに、新山は自身のギャグで「優勝できるかじゃないねん! 強い気持ちで優勝すんねん!」と意気込みます。
昨年、最下位に終わったマヂカルラブリー・野田は「昨年は大恥かいちゃいました。今年優勝したら、いろんなお世話になった人に還元します」と話しつつ、「できなかったら......」と独特のリズムをとりながら洋服を脱いで、鍛え上げた上半身を見せながら「下も脱いで、大会ごとぶっ壊します!」と熱く宣言します。また、初めてのファイナリストとなった昨年の同大会でトップバッターを飾ったゆにばーす・川瀬は「今年はラストイヤーの方がいらっしゃるので、相当な覚悟を持って臨まないと優勝できない」と冷静に分析しました。
20180621163436-45d96b33e3bc5392ce9f425a903bbc4f9a6b44ee.jpg
20180621163437-cf8f33b6efa4a238bd6c026ff66032e3c3c67d68.jpg
20180621163437-676e537ba7545466e31d2669cf77fd10314468b5.jpg
20180621163437-70c5200db8d10a26dc969faa24abc8c881584442.jpg
『キングオブコント2017』で優勝し、ダブル優勝を狙うかまいたち・山内は「キングオブコントとM-1、両方優勝した芸人はいないので、したら来年(M-1の)審査員側に回らせてもらいたい」ときっぱり。また、「4月から東京に来たんですけど、優勝しなかったら広島よしもとに移籍します!」と宣言すると場内騒然。「言ったよな?」と芸人一人ひとりを指しながら確認した久保田は、山内に詰め寄って「絶対しろよ? みんな聞いてるからな」と念押し。負けじと顔を近づける山内が「俺は今すぐ広島よしもとへ行く! 優勝とか関係ない!」と返すと、ざわめきはいっそう大きくなります。
相方・濱家は「俺は東京に残るよ?」と不安がるも、「優勝するから大丈夫。広島よしもとかM-1優勝かどっちか選んで」と顔色ひとつ変えない山内。そのやりとりを笑いながら見ていた藤田に、「それはお前次第だよ」と冷静にツッコまれていました。
20180622111456-15a493b52369eab1c879b0156af78e8e4a8db558.jpg
20180622111456-9514922061acc18c150018744613afba4f7dff28.jpg
ミキ・亜生が「結婚して、責任感を増している」と兄・昴生を指した途端、芸人たちから様々な暴露が。焦る昴生は、再び亜生が「まみちゃん(昴生の妻)は、おでこに取るのに1千万円くらいかかるホクロがある」と言い出すと「怒られるぞ!」と詰め寄ります。
「2位は辛いので、優勝したい」と明かしたのは、和牛・水田。コンビ2人でいろんなことを相談しているそうで、「優勝したら、記念としまして東京ドーム30daysをやりたい。できなかったら、サンパチマイクを杖にしながらお遍路さん回ろうかな」と話します。「賢ちゃんは何かない?」と振られた相方・川西は「僕は大丈夫です。相方が面白いボケ2発炸裂したので」と返答。「ボケはコンビの花形」と常々話す川西らしく、水田を立てました。
20180621163536-30bf5db736eda0fa1f0a3513d7d18382ee39f04d.jpg
20180621163623-c7373b978842ab6767262a4d294056a586370a8c.jpg
今年がラストイヤーとなるスーパーマラドーナ。「今年がいちばん面白い大会になるでしょう」と言いだした武智は「僕がいちばんM-1のこと思ってんねん!」と熱い気持ちを露わにしますが、久保田は「それずっと言うてるけど、流行ってないねん」と一蹴。一方、田中は発言のチャンスがあるたびに「テッテレー!」と言いながら、「メガネ、逆になってます~!」「ポケットの裏地、だしてましたぁ~!」など地味な変化を発表し続け、笑いを誘います。
同じく、ラストイヤーのジャルジャルはいきなりキャラクターのスイッチを入れて、オールドスタイルのベテラン漫才師を演じながら、「M-1の公約。優勝したら嬉しがります。優勝できなかったら悔しがります」(福徳)「もうええわ!」(後藤)「優勝しなかったら坊主、優勝したら坊主」(福徳)「両方、坊主やないか! 野球部やないねん。もうええわ!」(後藤)とコテコテ関西弁で漫才風の掛け合いを。ほうぼうからの怒涛のツッコミに「こういうの苦手なんで、サクッと終わらせんと」と一瞬、素を見せた福徳ですが、再びスイッチを入れ直して「お笑いのワールドカップや思うてます!」とうまいこと言った感を漂わせました。
20180621163651-b5630362e106668179aef49bc4a446b83a6d1b9e.jpg
20180621163651-f738b44a9beb4a535629efd183104dfae240ddb5.jpg
優勝賞金1000万円の使い道について尋ねられたマヂカルラブリー・野田は「2人ともNSCに入ってないんで入ろうかな」と返答。ゆにばーす・川瀬が「優勝したら芸人引退するんで、はらさんに全部あげます」と話すと、相方・はらは「そっくりいただきます」と飄々と相槌を打ちます。
もうすぐ子供が産まれるという山内は「子供を全身ルイヴィトンにしたい」と話し、和牛・水田は「和牛専用劇場をつくりたい」と大きな夢を明かします。
20180621163536-4afe8aaf55bb4d438a851d1b2dce98404fbea9aa.jpg
また、警戒しているコンビについて訊かれたさらば青春の光・森田さんが「和牛さん。絶対に優勝すると思う」とけん制すると、「そういう作戦で僕らにプレッシャーをかけ続けている」と返した和牛・川西。山内が「みんなで言いましょう。にゃんこスター!」と言い切った瞬間、すかさず前に出て「優勝したの僕らなんですよぉ~!」と『キングオブコント2017』優勝後、何度も言ったであろう言葉を発した相方・濱家。ジャルジャル・後藤が「プログラミングされてるみたい」と思わず呟くと、笑いが起こります。
ミキ・昴生は「家族で漫才をやっているという意味で、完熟フレッシュ」とコメントし、和牛は「かつみ♡さゆり・かつみさんと高田延彦さんが漫才を」と振りながら顔マネを披露。スーパーマラドーナ・武智は「笑い飯。ミスターM-1を超えたい」と意気込み、ジャルジャルは相変わらずキャラのスイッチを入れたまま、滑舌が悪くてコンビ名が聞き取れないというボケを繰り広げました。
20180621164001-385e6c2eb506a640490ce894bef9389bd6893e92.jpg
20180621163928-e1e77b25f0f4c00952767036c0e7fae66d0541ed.jpg
『M-1グランプリ2018』のエントリーは本日よりスタート。14代目のチャンピオンに輝くのは果たしてどのコンビなのか。年末の決勝戦をどうぞお楽しみに!


【とろサーモン】【スーパーマラドーナ】【ジャルジャル】【かまいたち】【和牛】【マヂカルラブリー】【ミキ】【ゆにばーす】【さや香】【トータルテンボス 】

大阪にて急遽開催決定!銀シャリの「シャリラボ」、明日チケット発売スタート

東京で行われ、大好評となった「シャリラボ」が、ついに大阪でも開催されることが決まりました!

ネタあり!銀シャリ二人がやりたいことを好き放題やる、楽しいライブとなっております。
チケットは明日10時より発売スタート。
ぜひ見に来てくださいね!
20180621154026-4ea0c9f5441243d6f90f9069f0b55bb61c92ce0e.jpg
<銀シャリからのコメント>
ネタあり、やりたいことをおもちゃ箱的に詰め込んだ実験的なライブになると思います。
言うなればおいしい洗練された雑穀米を是非!
レアな品種の銀シャリを是非ご賞味下さいませ!
| »