最新ニュースインタビューライブレポート

映画会見・舞台挨拶

2018年11月 4日 (日)

奥山和由監督『熱狂宣言』がついに初日!南海キャンディーズ山里も「頑張ろうと思える映画」

 『GONIN』『ソナチネ』など数々の傑作を世に送りだしてきた奥山和由プロデューサーが、『クラッシュ』以来15年ぶりのメガホンをとった映画『熱狂宣言』が11月4日(日)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで初日を迎えました。上映前に行われた舞台あいさつには、本作主演の松村厚久さん、江角早由里プロデューサー、奥山監督、そしてMCとして南海キャンディーズの山里亮太が登壇しました。

20181104141037-b7be3fc2515fdecb6c3c5ed0c5a7a4923f96ee18.jpg

 映画『熱狂宣言』は、若年性パーキンソン病を抱えながらも、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた外食業界の風雲児・松村厚久さんの実像に迫ったドキュメンタリー作品。会場に集まった満員のお客さまを見渡した奥山監督は「TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映させていただけること、関係者の方に感謝しております。最初はレイトショーで1回ということだったんですが、なんと朝から晩まで6回も上映していただけることになりました。皆さんも、今日、明日と、どんどんといらしていただけるよう薦めていただけたらと思います」とあいさつ。そして「以前から松村さんのことは、本やテレビなどでチラチラと拝見はしていたんですが、そういったものを見ていると、正体不明な元気をもらえるんです。この不思議さの正体を確認したくて、映画を撮り始めました。皆さんでその正体を確認していただければ」と付け加えました。

20181104141127-94e49b0f0c67c8428824a497a45004a4a004df2b.jpg

 その話を聞いていた松村さんは「今日はありがとうございます。いい映画になりました。奥山さんに撮ってもらえてうれしいです。2年前に奥山さんが会社に来て、映画をやると言われまして。あんな有名な方がと信じられなかったですね。これは映画になるのかなと思いながらも、あれよあれよといううちに......なりました(笑)。先ほども言われていましたが、はじめはレイトで1回上映ということだったのですが、1日で6回も上映していただくということで、ありがたく思っております。今日は楽しんでください」と呼びかけます。

20181104141539-f96a0ee3e311f43fedacffb62022b7574e24d187.jpg

 そして最後に江角プロデューサーが「足かけ約2年になりまして、ようやく初日を迎えることができました。本当に映画になるまでは、いろんな課題やトラブルがあったんですけども、このように皆さんの前で観ていただけることになりまして。感無量、うれしく思っております」とあいさつ。お客さまからの拍手を集めていました。

20181104141631-2a7470b0e0cfb3297275e293a72c92e1f146a900.jpg

 そしてその後はトークセッションを実施。司会は南海キャンディーズの山里亮太が務めます。「本編がやっと観られると思った方。まだまだ前菜は続きましたね」とジョークを交えて登場した山里は、松村さんが故郷のよさこい祭りに参加していることに感銘を受けたとのことで、「今年の夏に初めて、よさこい祭りに行きまして。祭りって世の中にたくさんありますけど、だいたいが地元の神さまを祀っているものなんです。でも、よさこいは違うんです。みんなが何を祀るのかというと、高知への愛を祀るんです。つまり自分が生まれた高知をなんとか盛り上げたいという気持ちがあって、その集大成があのよさこい祭りなんです。そこで全身全霊でやっていた、よさこいのチームが松村さんのチームでした。そこで一緒に練り歩いたんですけど、その時、高知の人たちが一緒になって"松村さん、今年も盛り上げてくれてありがとうね!"というんです。あれを目の当たりにして、この人はなんてすごい人なんだろうと。愛というものを表現するのに、こんなに素敵な人がいるんだと思って。それでなんとかお近づきになりたいと思って。いろんな力を使って、今ここに至ります」とあふれる思いを一気に語り尽くし、会場をわかせます。

 さらに「最高でしたね、今年のよさこいも金賞をとりましたしね。すごかったですね。来年も楽しみですね~」とたたみかけるなど、よさこいへの愛が止まらない山里ですが、いったんここで軌道修正。インタビュアーとして、登壇者の皆さんに質問を投げかけることにします。まずは「この映画の話が来た時はどう思いました?」という山里の質問に、「(アポイントはあったけど)本当に(会社に)来るのかなと思いました」と述懐する松村さん。その言葉を補足するように奥山監督が「あの時は不思議そうな目で、ジッと見られていましたね。でも本当は僕が行った時は松村さんとだけ会うつもりだったんですけど、社員の方10人くらいに囲まれましてね。松村さんに会ってから映画にするかどうしようか決めようと思っていたんですが、その10人の圧で、一気に映画の話が進んだということです」と説明。

20181104141758-8c1550ad1e9ddb73c99fb8f04776e44408176cb5.jpg

 その言葉に「それだけの人に、熱をもって支えていられているなら、いいドキュメンタリー映画が撮れるに違いないと思ったんですね」と納得した様子の山里。奥山監督も「そして何がいいって、何事も全力投球で、真っ向勝負じゃないですか。真っ向勝負のシンプルさ、そしてテレビや本などではあまり伝わってこないんですけど、この人の欠点がとにかく魅力的なんですよ。ありていに言えば女好きだし、ダジャレが全部すべるのに(構わず)言うし。余計なものが全然なくて可愛らしいんですよ」と松村さんの魅力を力説。その言葉を聞いた松村さんも「もう奥山さんのおっしゃる通りですよ。正解ですね」と深くうなずいていました。

 本作を鑑賞した山里は「あそこまでさらけ出していいのだろうか、というくらいにいろんな松村さんの表情を見せていた」と驚きを隠せない様子。「それに対して抵抗はなかったんですか?」と松村さんに質問をぶつけますが、当の松村さんは「タブーはないですね。普段からそういうのはまったく構わないんですよ」とまったく意に介していない様子。奥山監督も「最初にタブーなしでいいですねと聞いたら、タブーはまったくありませんと言っていただいたので。それなら傑作が撮れるかなと思ったんです」とその意見に同意します。


 「実際にこの映画を観てもらうと、この話に納得していただけると思います。タブーがあったら上映出来ない映像が出てきますからね」としみじみ付け加える山里に対して、江角プロデューサーも「そういうことは相当ありましたし、使われていない映像でも、着替えのシーンから病院のシーンまで。相当撮っているんですけど、すべて撮って構わないと言っていただいた。その意味ではクリエイティブを重要視されるというか。奥山さんからもやりやすかったとおっしゃっていただきました」。

20181104141843-5a54ed85b871edc97a35fdf44a3dbc3913b99d7a.jpg

 劇中では、松村さんが徳永英明さんの「レイニーブルー」を歌うシーンが登場しますが、「あの歌の下手くそさったらね」と笑う奥山監督。山里も「詳しくは言えないですが、今のキーワードを聞いて本編を観ていただけると、これかと思っていただけると思いますよ。なかなか個性的な『レイニーブルー』が出てきますからね」とお客さまの期待をあおります。松村さん自身、「あれ以来歌っていない」そうですが、奥山監督によると、「タブーはなかったですけど、唯一言ったのが『レイニーブルー』を入れ替えてくれないか、ということ。今度はうまく歌うから、ということだったんですよね」と明かし、会場は大笑い。そして山里が「これだけ『レイニーブルー』という単語を出てくるとワクワクするでしょ。でも歌に行きつくまでがめちゃくちゃいいところなんです。初めて観ると、あの歌がすごく染みるんですよ」と見どころを紹介しました。

 そして松村さんの会社の広報として、さらに本作プロデューサーとして松村さんを支えてきた江角プロデューサーには「松村さんってどんな人なんですか?」と質問。それに対して江角プロデューサーは「映画の許諾で、このシーンが使えるか使えないかという部分で、たくさんの課題があったんですが、そのたびに社長に相談をするんです。もちろんすぐに解決しない問題もあるんですが、真摯にそうかそうかと話を聞いてくださって。そしてわたしが悩んで疲れている時は、『社長室にアイスがあるから持ってきて。俺の分も一緒にね』と言って。アイスを一緒に食べながら相談したりして、本当に支えてもらいましたね。社長は、女性には怒らないんですよ」と明かします。

20181104142009-a22579fdba9960f8bc7570f1bc4aed08c3a194b5.jpg

 しかし、その答えの中にあった「女性には怒らない」というキーワードに鋭く反応した山里は、「そうなると男性には怒ると捉えていいんですか?」と質問。すると松村さんが「そりゃ怒りますよ」と即答し会場は大笑い。「もともと女性にモテたくて起業したのに、女性に嫌われたら元も子もない」と語る松村さんに、山里も思わず「めちゃくちゃ軟派な男じゃないですか。でもそれも映画を観ると納得しますよね」と笑顔。さらに江角プロデューサーが「こんなにフェミニストな社長はいないと思います」と続けると、奥山監督も「病気によっていろいろな価値観をそぎ落とされて、こんなにさわやかな笑顔になったわけですよね。この映画でも一番意識したのが笑顔ですね。こんな歳なのに、彼の笑顔が異常にかわいいんですよ。それはモテますよ。だいたいが会社の社長のドキュメンタリーなんていやらしいじゃないですか、ヨイショ映画になっちゃう。でも真っ向からヨイショにならない映画を撮ろうということで、ありのままを撮りました」。

20181104142101-dec62da6427d10ddcfb1580536661d5fe5518277.jpg

 映画を通じて松村さんに触れた山里は、「松村さんと一緒にいると自然と頑張ることができるというか。呼吸をするように頑張ろうとさせる人ですね。だから何かに向けて頑張ろうという人たちにこの映画を観てもらいたい。ドーピング的に頑張れるというか、いつの間にか、頑張らないといけないという空気にさせられてしまうんですよね」としみじみ。「本当に不思議ですよね」という奥山監督も「そのまんまの松村さんを撮ろうと思ったんですよ。この映画にパーキンソン病の説明を入れてくれとか、仕事はどう成功したかといった解説が必要だという方もいらっしゃった。病気になる前の姿も入れるべきだろうとも言われました。確かに元気だった時の資料はいっぱいあるんです。でもそれは面白くないんですね。それは不思議ですよ。パーキンソン病にかかってからの方が、すごく魅力的なんです。ですから、この映画を通じて、その正体を観ていただきたいと思います」と会場に呼びかけました。

2018年11月 3日 (土)

奥山和由監督『熱狂宣言』が東京国際映画祭でワールドプレミア上映!

 第31回東京国際映画祭 特別上映作品『熱狂宣言』が11月2日(金)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズでワールドプレミア上映されました。上映前には本作主演の松村厚久さん、そして本作の応援企業代表であり、本作ポスターでも強烈なインパクトを残した株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長の近藤太香巳さん、そして奥山和由監督が登壇し、舞台あいさつを行いました。

20181103093317-9a97bf9046fbda849e20c397839740833e40d641.jpg

 松村さんが代表取締役社長を務めるDDホールディングスは、グループ全体で国内外合わせて約500店舗を展開、従業員数は約1万人、年商約500億円。2015年には東証一部上場を果たした大手企業です。映画『熱狂宣言』は、若年性パーキンソン病を抱えながらも、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた外食業界の風雲児・松村厚久さんの実像に迫ったドキュメンタリー作品。数々のヒット作を送りだしてきた奥山和由プロデューサーが、『クラッシュ』以来15年ぶりのメガホンをとった作品となります。

20181103093419-9dcc7a715107ecfc4cf9f699c178efcccd6693db.jpg

 「東京国際映画祭の舞台、そしてレッドカーペットに立つのが夢だった」と言っていた松村さんは、本映画祭に参加し、「うれしいですね」と喜びもひとしおの様子。一方の奥山監督も「松村さんの映画を作り始めてから、松村さんからは東京国際映画祭に行こうと言われていたんですよ。映画を作っていたのは自分なんですけどね」と笑ってみせます。

20181103093521-2631a999f28c52dd80ba9b267317cbed1236eaa2.jpg

 松村さんの映画を作ろうと思ったきっかけについて奥山監督は「一昨年の暮れだったと思いますが、精神的に具合が悪いなと思っていた時、たまたま本屋さんで(小松成美さんが書いた)『熱狂宣言』の本を見つけたんです。そしてそこに映っている松村さんの写真を見て、いい顔をしているなと思ったことがきっかけでした。それくらいにシンプルなことでした」と述懐。「奥山さんに撮ってもらえるのはうれしいですね」と語る松村さんに対して、近藤さんは「さっきからずっと"うれしい"ばかり言っているね」とちゃかしてみせます。

20181103093552-b0624fad66a2d8f3a282cc88d8f58c7d8f7955ec.jpg

 そして「松ちゃんとは親友なんです」とうれしそうに語る近藤さんが、「僕は大きなイベントで話す機会があったんですが、もともと彼はそこの生徒さんとして来ていたんです。あの時、彼は10店舗くらい経営していた頃だったと思うんですが、当時はダサかったですね(笑)。でもそれが病気になってからどんどんカッコ良くなっていったんですよね」と振り返ると、奥山監督も「松村さんが元気な時の映像を見せてもらったんですけど、どうも面白くなくて。映画に使えるものではないなと思っていたんですけど、パーキンソン病になってからはどんどん魅力的になっていったんですよね」とその意見に同意。そんな二人の言葉を聞いて、当の松村さんは「正解です」と笑っていました。

20181103093654-5cbfd53e4b5af3ae87c302e8c0ea851c51983029.jpg

 さらに近藤さんによると、松村さんは男性社員に厳しく、そして女性社員には優しいのだそう。その理由について聞かれた松村さんは「だって女性を怒らせたらモテなくなるじゃないですか。モテたくて仕事をしたのに」とキッパリ。そんな軽妙なやりとりに会場からは笑いが起こりました。

20181103093802-3f9d649bd3b14c6ac8d1d8528965f3b98876be84.jpg

 そんな松村さんを見て奥山監督は「松村さんという人はものすごくシンプルな方なんですよね。彼の笑顔はすごくいいじゃないですか。この笑顔はどこから来るのかと思うんですよ。そしてこれは僕の勝手な想像なんですが、パーキンソン病になって出来なくなったことが山ほどあり、その中で捨てなくてはならないものがたくさんあった。スマホでもなんでも、インストールしすぎると動作が重くなる、ということがありますが、松村さんの中では、価値観の断捨離が行われて、どんどんシンプルになっていったんだと思います」と分析。その上で「撮影する上でタブーは一切ありませんでした。株主総会でもなんでも撮らせてもらいました」と付け加えました。

20181103093856-078a5c609925ff8f6febb7c024fb9eed9bdcece9.jpg

 近藤さんが松村さんを支えるポスターについて「本当にこれが象徴しています。もともと『止まったら死ぬぞ』というキャッチコピーを考えていて。この写真はそれにピッタリだったんです」と振り返る奥山監督。近藤さんも「松ちゃんを支えることで、みんなどんどんいい人になっていくんですよ。彼を支えることで自分の心もきれいになっていく。彼の近くにいると、こんなにも人は優しくなれるんだと感じるんですよね」としみじみ。

20181103094047-3f153721f9f93cd833889c53cc47bedd250ea445.jpg

 そして「僕は本当に運がいいんですよ」と語る松村さんに対して、奥山監督も「俳優のマイケル・J・フォックスが同じ病気になり。『ラッキー・マン』という本を出したことがあるんですが、そこに通じるものがあります。松村さんも心底運がいいと思っているんです。この映画でも、「病気も治りそうですね」と言ったら、「治るに決まっているじゃないですか」と真剣に言っています。そのポジティブシンキングがどこから来ているのかを、この映画で確認していただけたら。1時間17分くらいなんで、すぐに終わります。この映画は最初から、松村さんを1年間だけ撮ろうと決めていました。それをまるっとお見せするだけです。そしておそらく、3年後か4年後か5年後に、松村さんは何かをやります。その時に撮影したものを20分くらい足してもう一度完成させます。それを楽しみにしてください」と宣言。映画『熱狂宣言』がさらなる進化を遂げることを示唆しました。

20181103094210-cd250635b5f1a1d0e4b259cc441e0f1eb9933a8a.jpg

 そして最後に「こういう映画をTOHOシネマズ 六本木ヒルズで上映するのは珍しいこと。最初にお願いしたときは1日1回ならということで受け入れてもらいましたけど、松村さんの人望で、協賛応援企業が1118社も集まりました。ということで、TOHOシネマズさんのご厚意で1日6回上映されることが決まりました。ですから何時にいらしても結構です。そして、六本木の交差点近くにグラスダンスというお店が営業しているんですが、映画を見終えてからそこに行くと、もしかしたら生松村さんに会えるかもしれません。近藤さんも遊びに来ているかもしれません。ぜひご来場いただけたら」と会場に呼びかけました。映画『熱狂宣言』は11月4日(日)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズで上映開始となります。ぜひお越しください!

2018年11月 2日 (金)

村上虹郎さん、広瀬アリスさん登壇の東京国際映画祭『銃』上映に大勢の観客の熱気あふれる

現在開催中の第31回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門正式出品作品『銃』、2度目となる上映会が11月1日(木)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主演の村上虹郎さん、ヒロインの広瀬アリスさん、奥山和由プロデューサー、武正晴監督が、お客さまからの質問に答えました。この日の会場にはお客さまだけでなく、報道陣もあふれんばかりに殺到、この作品の注目の高さがうかがい知れました。

20181101210245-547b7935ff9c39c3abb1f2e87d50a5fbe5064888.jpg

 芥川賞作家・中村文則さんの同名小説を映画化した本作は、雨が降りしきる河原で偶然に銃を拾った大学生トオル(村上虹郎さん)がその銃に魅せられ、やがて狂気の世界に導かれていくさまをスタイリッシュなモノクロ映像で描き出した衝撃作です。

20181101210508-fa36aaee9cf1aa50b39f144ec638f6fd10162eec.jpg

 本作の映画化を熱望していた奥山プロデューサーは、2015年東京国際映画祭のレッドカーペットで村上さんと出会い、「『銃』の主人公がここにいる!」と運命的なものを感じたといいます。

20181101210329-eb124fa689a80d80059006aa9b57fe83d11e5ec0.jpg

 一方の村上さんも「それはすごく不思議な縁でした。3年か4年前に初めてやった舞台があって。その時の共演者の方が『虹郎に合う本があるよ』と言ってくださったんですけど、それが中村文則さんの「銃」だったんです。でもその時はとりあえず買ったままで、読まずに積んでいたんです。それから奥山さんから連絡が来て、そういえばその本は持っていたなと思って。驚きましたけど、宿命だなと思いましたね」と続けました。そして銃に魅せられた大学生のトオルという役を演じるにあたり、村上さんはクランクイン前から撮影場所となった廃屋のアパートに住み込んだそう。武監督も「撮影の時も寝ているかなと思って。朝来た時は『撮影隊が来たよ』と言って、その部屋をノックをしていました。虹郎くんは完全にトオルになっていましたね」と振り返ります。

20181101210636-807edd337254c401e2dacde361908cf685ffbbc9.jpg

 本作のヒロインとなる広瀬アリスさんのキャスティングについて「ヒロインを決めようという時に、『百円の恋』で組んだ(脚本家の)足立紳が書いた『佐知とマユ』というドラマのことを思い出して。(見た目はギャルの家出少女という広瀬さんが演じた役に)こんなことができる人なんだと。引き出しの深い女優さんですし、年齢的にもジャストだったんでお願いしたかった。そこで(この作品のオファーについて話を)聞くだけ聞いてほしいと言ったら、意外と早くにやると返事をもらえて。やった! という感じでした」と述懐。広瀬さんも「ちょうど朝のドラマをやっていた時期だったんですが、全然出番がない時期だったんです」と語るなど、いろいろなタイミングがビシッとハマった結果のキャスティングだったようです。

20181102005550-5c5f04bb4f436a52c595646b58c15d0593dad072.jpg

 さらにヒロインのヨシカワヤスコについて「(この映画では)唯一の天使というか、陽の部分だと思っていました」と語る広瀬さんに対して、武監督も「この人が出なかったらつらいですよね。この映画はかなり原作に忠実に描いたんですけど、ラストの方にとあるシーンを足したんです。そうしたら(原作の)中村さんもこういうシーンがないとつらすぎますよね、助かります、と笑いながら言ってくれたんです。そのうえ、中村さんご本人から、あそこはこういうセリフにしたらどうですかと言って、新たにセリフを書き足してくださったんです」とコメント。奥山プロデューサーが感激した様子で「原作者として筆を入れたのは初めてだと言っていましたね」と述懐すると、さらに武監督が「あれは本当に感動的で。僕にとっても救われる言葉なんですよ。この作品はかなり自分たちを追い込んでやらないといけない作品なんで。抜け出したいときにあのセリフを読むと泣きそうになっちゃって。いいセリフだなと思いました」としみじみ付け加えました。


20181101210834-e813384c9e3579f2f8404132efc8ff2800ff1652.jpg

 そしてその後はお客さまからの質疑応答タイムに。銃を持つトオルに疑いの目を持つ刑事役のリリー・フランキーさんと村上さんが、喫茶店で対峙するシーンは息が詰まるような緊迫感があり、本作の見どころのひとつとなりますが、そんなリリーさんとのシーンの撮影秘話について質問された武監督は、「撮影前はなかなかリリーさんと会うことができなくて。ようやく会うことができたときに、とにかく虹郎くんと一緒に本読みをしましょうかということになったんです。台本は7ページ半近くあるので大丈夫かなと心配していたんですが、しっかりと頭に入っていた。その上でどんどんアドリブが出てくるんです。しかもその発想は僕には思い浮かばないようなことばかり。そうすると虹郎くんがどんどんのせられてくるんですよ。うわさに聞いていた"リリーさん"を初めて体験することができました。本当に楽しい現場でしたね」と振り返ります。

20181102005808-87f012316262182c07d34cb808f4a7f877b8003c.jpg

 さらに村上さんが「リリーさんとは世代も違いますし、現場では、『虹郎くんはいくつなの?』とか、たわいのない話をしていましたけど、一度、『どうやって台本を覚えているんですか?』と聞いたことがあったんですよ。そうしたら黙読していると言うんですよ。テストの瞬間まで一度も声に出さないと言っていて。それはビックリしましたね。それからリリーさんと盛り上がったのが麻雀の話。前にドラマで覚えたことがあったので、覚えていて良かったなと思いました」と振り返りました。

20181102005945-bceaf410a8ac6e5c454c51c745a0671f5de5c48d.jpg

 続くお客さまからは、原作小説をいかにして映画のキャラクターに肉付けしていったかについて質問が。それについて武監督は「僕は今まで(原作がない)オリジナル作品をやってきたので、ちょっとでも分からなくなるところがあったら、原作を読み返したいなという衝動に駆られて、こっそり見ていたんです。そうしたら虹郎くんが、台本と一緒に原作本をチラッと見ていたのを見つけて。虹郎くんも原作を見ていたんだと思ったらうれしくなっちゃって。それで共犯めいた気持ちがわき起こったということがありました」とコメント。

20181102010344-5168520ac992359c1e5790f7236a9ac503be37c3.jpg

 村上さんは「この作品に僕は出ずっぱりなんですが、こんなにお客さまにサービスしない、とがった作品はない。『銃』は中村さんにとって宝物の作品。その作品を奥山さんが"俺がやりたい"と言った。"誰かがこれを求めているから作ってあげたい"ではなくて、"俺はこれをやりたい"んだと。そういう思いを持った人が集まって、純度の高いものを作ったということです。だからアプローチとしても濁りなく。ただそこにトオルが生きていることだけを意識してやったということですね」。


20181102010513-a506926af4a5b562d4946527084880cde3489557.jpg

 広瀬さんは「監督からは、ヨシカワヤスコというのはこの作品の"陽"の部分だからと言われただけで。それ以外はそんなに、お芝居に関しては何もなかったんですよね。ただ、会うたびに虹郎くんが違う顔を見せていて...というか、どんどん飲み込まれている感じがして。わたしも台本を何度も何度も読み返していたんですけど、その波に飲み込まれちゃいけないなというのが自分の中にあって。彼女は彼女で、自分の中でモヤモヤして解決できないものがあったりするんですが、それでもわたしは陽の部分を持とう、ということは意識しましたね。二人のシーンが多かったので、引っ張られないように、と思いました」。

20181102010047-49b8a640df4bddb7e612a1bafe70e1f7ded858be.jpg

 そして奥山プロデューサーは「何年かに一度、精神的に病むんですけど(笑)。思いっきり病んでいる時に、ジーパンのポケットに銃を差している表紙のイラストを見て、「これじゃないか」と運命的な出会いがあって。主人公にグワッとのめり込んだんです。若い時に誰しも通過するものが、闇というものがこんなにも甘いものなのかという陶酔感があったんですよ。自分自身がその作品をやるということで、勝手な言い方かもしれませんが、運命みたいなものを感じたんです。原作権はないよとは言われたけど、でもいずれ俺のところに来るだろうと思ったら...来た。武さんどう? と言ったら...来てくれた。虹郎くんともバッタリ会った。それも運命だし。それから僕も知らなかったんですけど、武さんも(映画の舞台となった)高島平に住んでいた。だから土地のことも微に入り細に入り全部分かっていて。原作にある舞台を全部言い当てるんですよね。そういう風に、運命に導かれるように出来上がった映画で。そういう映画が何年かに一度あるんですよ。だいぶ昔の映画ですけど、北野武監督の『ソナチネ』もそんな感じででした。そういう映画だと、プロデューサーとして『この映画は当たりますよ』と説得することができなくて。会社にはとにかくいいからやらせてください、やれなかったらやめますという言い方しかできなくて。それでやらせてもらったというわけです。たぶんこの映画は、"あの年の東京国際映画祭でかかってすごかった"と語り継いでもらえる映画だと思う。そんな確信だけがただ、あるという。そういう映画だと思います」と一気に語りました。

20181102010243-d7468bd4f91d8c9dd7365394177b83a021b1010b.jpg

 そして最後に武監督が「この映画は銃というものを描いていますが、人間が道具に支配されるというところが僕の中でのテーマでした。特にこの映画が海外に行って、銃社会で生きている人たちがどのような感想を持つのか、聞いてみたいなと思っています。ぜひこの映画祭から出発して、少しでもこの映画を世界に広げていきたいなと思っております」とお客さまに呼びかけました。映画『銃』は11月17日よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショーとなります。

2018年10月29日 (月)

東京国際映画祭で映画『銃』を上映!奥山和由プロデューサー、武正晴監督が裏側を明かす

 現在開催中の第31回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門出品作品『銃』が10月28日(日)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで上映されました。そして上映終了後は、本作を企画した奥山和由プロデューサー、そしてメガホンをとった武正晴監督を迎えて、お客さまとのQ&Aが行われました。

20181029123503-b9c05fae09157cdc72803a85a3d0b4e6b43bd5d0.jpg

 芥川賞作家・中村文則さんの同名小説を映画化した本作は、雨が降りしきる河原で偶然に銃を拾った大学生トオル(村上虹郎さん)がその銃に魅せられ、やがて狂気の世界に導かれていくさまをスタイリッシュなモノクロ映像で描き出した衝撃作。本作には村上虹郎さんの父・村上淳さんもとある重要な場面で出演。村上虹郎さんのデビュー作で、河瀬直美監督がメガホンをとった『2つ目の窓』以来の親子共演が話題ですが、そのキャスティングについてまず質問を受けた奥山プロデューサーは、「実は(村上淳さんの)あの役はギリギリまで別の大俳優に決まっていたんですが、その人のギャラの折り合いがつかなくてお願いできなくなった。そこでどうしようかと思った時に、(村上さんの)お父さんはどうかと思いついて。それで虹郎くんに恐る恐る聞いてみたら、『親父が大丈夫なら』ということでオッケーが出た」と説明。それには武監督も「はじめて聞きました」と驚いた様子を見せました。

20181029123709-1d8146952074fa58d872455efff66630d08547ab.jpg

 原作小説の「銃」が世に出た時に、奥山プロデューサーは、すぐに映画化したい旨を出版社に告げたそう。しかしその時点で、すでに別の俳優さん主演で映画化企画が進められていたといいます。その後、紆余曲折あって、映画化権を奥山プロデューサーが獲得することになりましたが、「主人公を誰にしようかなと考えたんですけど、その時は誰も思い浮かばなかった」のだとか。

 本作で主人公トオルを演じるのは俳優の村上虹郎さんですが、実は村上さんとの出会いは東京国際映画祭でのレッドカーペットだったのだとか。「彼は深田晃司監督の『さようなら』でレッドカーペットを歩いていたんですけど、そうしたら『奥山さんでしょ』と。初対面なのにタメ口で呼びかけてくるんですよ。でもその表情を見て、トオルはこいつしかいないと思ったんです。だから東京国際映画祭でのご縁があって『銃』が出来上がり、この間もまた映画祭のレッドカーペットを歩くことができたので、縁があるよなと思いました」としみじみ語る奥山プロデューサー。刑事役のリリー・フランキーさんもブルーリボン賞の授賞式で会ったことがきっかけでオファー。武監督とも「刑事の役はリリーさんしかいない」と確信を抱きつつも、しかしなかなか返事が来ないことにやきもきしたとのことですが、二人ともギリギリまで出演を待ち続けたそう。その甲斐あって、リリーさんが出演することとなりましたが、そんなリリーさんの演技は驚きの連続だったそうで、初のリリーさんとの仕事に二人とも感銘を受けた様子でした。

20181029123631-66e4d21cd59ae402a1952e4f7968967a39815ce1.jpg

 メガホンをとった武政晴監督は、『百円の恋』で各種映画賞を総なめにした売れっ子監督。「武さんは『GONIN』の助監督をやっていただき。そして壮絶だった『SCORE』の現場を支えていただき。僕の作ったアクション映画を助監督として支えてくれた方。武監督もこの映画祭でバッタリお会いしたんです」と振り返る奥山プロデューサーは、「ただ武監督のスケジュールが2年後まで埋まっていた。でも一本くらい(仕事が)飛ぶでしょと言ったら、翌日飛んだんですよ。何日空きました? と聞いたら20日というんで。それでも、やっちまいましょうか、ということでどんどん進んでいって。気づいたら十分に仕上げができるくらいのスケジュールになった」と述懐します。

 一方の武監督は「原作を読んで、こんな難しいものをよく映画にするなと思ったんですよ。でもその時に(村上)虹郎が夏に空いているんだよと。それはいいなと思ったんですよ。それから(むしろ海外を目指して)日本の興行を気にしないでいいと。いまどきそんなプロデューサーはいないですよ。これは監督にとっても殺し文句でしたね。とにかく何かやりましょうと。ただ(予定していた仕事が流れたので)『百円の恋』の気心が知れたスタッフが流れてくれた」と振り返ります。そして奥山プロデューサーは「(奥山プロデューサーが手掛けた北野武監督の)『ソナチネ』みたいに年数が経って評価されるような映画になる確信があった。だから何がなんでもやろうよという気持ちでしたね」と続けました。


20181029123746-4b568849394ad3d7e7d919658d090a67d5aaf156.jpg

 その後は客席からの質問を受け付け。喫茶店で村上さんと広瀬アリスさんが話すシーンで、まわりのガヤガヤした話し声も逐一聞こえてくるような音響設計にした意図について、タバコの使い方についての意図、モノクロの画面設計、主人公の衣装について、そして原作者の中村さんと武監督は隣の小学校の出身で、同じ原風景を見てきた同士として舞台を理解していた話など、映画を観たお客さまならではの鋭い質問の数々に丁寧に返すお二人。まわりのお客さまも熱心にその話を聞いていました。

|