最新ニュースインタビューライブレポート

劇場・イベント

2017年6月14日 (水)

NON STYLE 単独ツアー開催決定!「NON STYLE LI VE~漫才行脚~」

NONSTYLEの単独ツアー 「NON STYLE LIVE~漫才行脚~」の開催が決定しました!
ゼロからのスタートで完全復帰したNON STYLEの"漫才"を たくさんの方にお届けします。
20170614153339-8012c6ddbd65c23667091ed5b41b257630a1b069.jpg

<NONSTYLEからのコメント>
▼井上裕介
単独ツアーをやることになりました。
ご迷惑、ご心配をかけた皆様に、少しでも笑いで恩返し出来るように頑張ります!!

▼石田明 とにかく漫才やります。よろしくお願いします!



【NON STYLE】

2017年6月13日 (火)

M-1チャンピオン『銀シャリ』初の全国ツアー開催決定!!

2016年M-1グランプリチャンピオンの『銀シャリ』が初となる全国ツアー開催が決定しました!
8月13日の札幌を皮切りに、名古屋・大阪・福岡・東京と全国5都市で開催!今春に東京進出を果たし、数多くのバラエティ番組出演するなど関西だけでなく全国区の人気者になるつつある、今最も勢いに乗る『銀シャリ』の真骨頂である漫才を全国で堪能できるチャンスです。

銀シャリイベントでお馴染、鰻デザインの限定グッズも販売予定。M-1チャンピオン圧巻のステージを是非生でご覧ください!

■意気込みコメント

銀シャリ橋本:皆皆様のおかげで優勝できました!!チャンピオンになって初の単独ライブ!そして初の全国ツアー!!米(まい)上がっております!!
スケジュール帳に米(※)印でチェックしといてください!完全に仕上がってます、というか炊き上がってます。粒立てて米(コメ)ントすることはございません。
是非ともその目でその舌?で精米されたライブを是非!ジャーまた単独ライブ当日に会いましょう!!

銀シャリ鰻:でらなまらヤベーライブやから見に来てくれたらうれしいばい!
20170613104546-5375353136b38a78da75983f0e925411d1e2d879.jpg


【銀シャリ】

2017年6月12日 (月)

神保町花月10周年記念公演!「1010愛して(じゅうじゅうあいして)」初本読みを終えて、出演者からコメント!

20170612160310-281152171c83aad3767fb963e79823d274d2f07d.jpg
神保町花月は、7月でオープン10周年を迎えます。
つきましては7月5日(水)~9日(日)まで10周年記念公演「1010愛して(じゅうじゅうあいして)」を上演致します!

記念すべき、10周年記念公演の脚本・演出を手がけるのは昨年芸人を引退し、脚本家・演出家と転身した家城啓之。出演するのはピクニック、シューレスジョー、ボーイフレンド・宮川、スクールゾーン・俵山、おばたのお兄さん、3時のヒロイン・かなで、ヒラノショウダイ、兵藤天貴。そして今回は豪華日替わりゲストも出演し、神保町花月の10周年を盛り上げます!
先日、出演者が初めて稽古場で顔を合わせ、初本読みが行われました。今回はその初本読みを終えて、出演者から本の感想と作品に対する意気込みをインタビューしました!


20170612160427-c6c2d924d181e02a698fd59cd3e962cc7aecdfc0.jpg
■ピクニック
10周年記念公演「1010愛して」。台本から溢れ出る10年分の愛の形を観に来て下さい。
個人的には1年半ぶり66回目の出場です。
数字だけ見ると甲子園常連の強豪校ですが初めて出演させて頂いたあの頃の気持ちで新鮮にやらせて頂きます。

20170612160522-2aa7050044e6eeff5a84229959a3198a6028c588.jpg
■シューレスジョー
久しぶりの神保町公演。家城さんの作品は何度か演らせて頂いてますが、今回も改めて「家城さんの本は日本語が美しい!」と思いました。
ワクワクです。愛を込めてお届け致します。

■ボーイフレンド・宮川
「1010愛して」の本読みを終えて、家城さんの作品にまた参加できる喜びと、舞台を絶対に成功させるプレッシャーが混ざりあった、ワクワクした気持ちです!
今回も自分の持っている全てを舞台で出していきたいです!
是非出演者全員全力前回の舞台を観に来て下さい!!
10年後の20周年でもきっと思い出して頂ける、最高の作品になりますから!

■スクールゾーン・俵山
不思議だけど楽しくてすごく優しいお話だこと!と思いました!俵山の包容力をいかんなくそそぎこみます!ぜひみにきてください!

■おばたのお兄さん
色んな愛をテーマにこの作品。愛を持って挑みます!

■3時のヒロイン・かなで
台本を読んで「1010愛して」の意味がわかった時、とても素敵な気持ちになりました。
愛に溢れていました。
出演者の方々、ゲストの方々を共にこの作品に出演させていただく幸せを噛み締めながら、頑張ります!

■ヒラノショウダイ
家城さんの前作、本多劇場で行われた「魔王コント」に関わらせていただき、今回の「1010愛して」の台本を読み、家城さんの描く愛の大きさに圧倒されています。
愛で心臓を殴られたような読後感。
この大きすぎる愛が見る人にぶつかった時、きっとそれが涙になるのだろうと確信をもっています。
ストーリー自体も後半に進むにつれて謎が解けていくような爽快感があり、単にひとつの笑いの要素だと思っていたものが最終的に「これの伏線だったのか!」と思わず膝を打つようなしてやられた感さえも心地いい最高の本だと感じました。
こんな最高の本をいただいたからにはこの作品が10年先も愛される作品になるように、僕たち演者がその最高を超える最高を目指さなくてはと思う限りです。

■兵藤天貴
10周年記念公演という非常に貴重な公演に出させて頂けるのは非常に光栄な事です。ありがとうございます。
僕は今24歳なのですが、丁度10年前の中学2年生の頃に出会ったのが脚本・演出家の家城啓之さんです。当時家城さんがパーソナリティを担当していたラジオ番組、スクールオブロックの企画に電話でリスナーとして初めて参加させて頂きました。その後も事あるごとに企画があれば番組に率先して参加していく内に家城さんにも覚えて頂けました。
当時中学生の僕は勿論芸人ではなく、家城さんのお笑いコンビカリカさんのただのファンでした。今思えば中学から今までの人生、楽しい時も辛い時も家城さんが常に心の中にいる人生を歩んできたと思います。(笑)もう僕のDNAには家城さんの血が入っています。(笑)
あれから10年、今回の神保町花月10周年記念公演にお声かけ下さり、参加させて頂けるという事で、感慨深い思いを持ち続けながら参加した初日の顔合わせの本読みで台本を開いて驚きました。重要な役柄を演じさせて頂ける事実に胸が高鳴りました。色んな感情が沸きました。
今回は「愛」がテーマのお芝居ですが、お話そして僕を含めて演者の皆さんに対する家城さんからの愛情がこれでもかと溢れていて、本読みを進めていく内に涙を流してしまいそうになりました。そして、本読みを終えて僕は思いました。これは俺のための物語なんじゃないかと!?と。(笑)
でもこれは観にきて下さるお客様、そう、あなたの物語です。あなたのために愛を込めてお届け出来るように僕も愛情たっぷり注いで素敵な作品にして行きたいと思います!1010愛していきます!よろしくお願いします!

20170612160833-c5172849433d4917e0ea2faaa08e7382f955889d.jpg

本読みを終えて、出演者それぞれ本の内容に「愛」の深さを感じたようです。神保町花月の「愛」に溢れる10周年、是非見届けにお越し下さい!


【ピクニック】【シューレスジョー】【ボーイフレンド】【スクールゾーン】【おばたのお兄さん】【かなで】【ヒラノショウダイ】【兵藤天貴】【ライス】【しずる】【シソンヌ】【ピース】【平成ノブシコブシ】【ランパンプス】【犬の心】【グランジ】【POISON GIRL BAND】【サルゴリラ】

2017年6月 9日 (金)

ラグビー「リポビタンDチャレンジカップ2017」日本代表 vs ルーマニア代表戦に、中川家が参戦!!

6月10日(土)に行われる、熊本県のえがお健康スタジアムで行われる「リポビタンDチャレンジカップ2017」日本代表 vs ルーマニア代表戦に、中川家をはじめとした吉本芸人が応援に駆けつけます!
ファンゾーン内特設ステージでのトークショーと、ピッチでの応援メッセージでスタジアムを盛り上げます!!当日券もあるので、是非みんなで日本代表を応援にいきましょう!!
20170609180415-356293ac53ebe63a5fca5d30a19225b17f892bb7.jpg

詳しくは、ラグビー協会HP
http://jpn2017.rugby-japan.jp/2017/06/08/nakagawake-2/まで!

<ラグビートークショー>
時間:13:30~13:50
場所:メインスタンド側場外 北ゲート前広場 イベントステージ
出演:中川家、もっこすファイヤー、安井まさじ

<グラウンドに中川家が登場!>
時間:14:06~(予定)
場所:グラウンド
出演:中川家



【中川家】

2017年6月 8日 (木)

爆ノ介プレゼンツ!"地肩"で笑いを競い合う「BDB〜爆裂地肩バトル〜」第6章は霜降り明星が優勝

6月4日(日)、よしもと漫才劇場にて、「BDB〜爆裂地肩バトル〜」が開催されました。爆ノ介が手がける、ひと味もふた味も違うお笑いバトルとして人気の同イベント。30秒という制限時間のなか、とにかく何でもありで笑わせ、獲得ポイントを競うという斬新かつ超シビアな大会となっています。今回は、東京からジェラードンとバンビーノをゲストに迎えて贈る第6章。出場者全20組の頂点に立つのは誰か!? 会場は開演前からたいへんな熱気に包まれています。

冒頭、暗転した舞台に現れたのはなにわスワンキーズの3人。ひとりずつスポットライトに照らされ、同イベントの始まり、そして「スペシャルMC」の登場を告げます。続いてどこからともなく聞こえてきた、「みんな〜! BDBが、は〜じま〜るよ〜!」の声...そう、今宵のMCは、藤崎マーケット・田崎。おなじみのあの衣装で飛び出し、なにわスワンキーズとの「ラララライ体操」コラボでオープニングを飾りました。

20170608162612-a6a6cd314cbc45be546b7e78ad3df9e6465fcfb6.jpg

続いては、お待ちかねの選手入場です! 田崎の紹介を受け、爆ノ介を筆頭に、出場者たちが次々と舞台へ。客席後方扉から、通路を通って入場するという演出で、観客を喜ばせます。各組ともさっそくボケやギャグを繰り出し、既にバトルが始まっているかのような雰囲気に。

20170608162722-f006592279d8a26ec268ec1716782ac633773adf.jpg

ジェラードン・西本はスティービー・ワンダーになりきっての登場。海野、かみちぃも「スティービーを呼んだからには、すぐ負けるわけにいかない」と意気上がります。また、ヘンダーソンが初登場ということで、中村は「後輩に舐められているので、ここで優勝を狙いたい」と、噛みながらも決意表明していました。

20170608162803-6ef7405a5a8a2daf4a85714b0bc7dac090e77c06.jpg

バトル開始の前に、まずは爆ノ介による主催者挨拶が。口をまったく動かさず、「心に語りかける」スタイルでしゃべり始めると、いつしか田崎、さらにダブルアート・真べぇも加わり、なぜか延々、打ち上げの相談を続けるという3人...。

20170608162834-918d219a9c31acf381d464e120d659ecbfbdd8ac.jpg

さらに解説を担当するゲスト、アキナも舞台へ。ふたりとも「すごい楽しみ!」と口を揃えます。

20170608162909-37c97f9e9e9c8370c68ae74f4256013eaa3bb4dd.jpg

開会式のクライマックスは、BDB旗の掲揚! 再び現れたなにわスワンキーズ・こじまラテの歌に乗せ、するすると上がっていく旗...。そこにはなぜか、なにわスワンキーズの6月のスケジュールが書き込まれていました。

20170608162936-c540520646fb9dc97dfc5c71c58d767dcff126d6.jpg

ここで、同イベントのルールについて説明を。出場者は4ブロックに分かれ、トーナメント方式で対決します。組み合わせは、事前に厳正なる抽選にて決定済み。試合では、各コンビ持ち時間30秒×2回が与えられ、ギャグ、コンビ芸、ショートコントなど何でもあり、とにかく"地肩"でお客さんを笑わせます。2回目終了後は、さらにポイントが倍になる「アルティメットターン」が。これらを通して、最終的に最も多くのポイントを獲得したコンビが勝者となります。

まずは予選からスタート。4試合が行われ、各組「レッド」「ブルー」「グリーン」「イエロー」「パープル」の5色に分かれてぶつかり合います。判定は、観客の皆さんの笑いの大きさにより、「B=1点」「BD=2点」「BDB=3点」「ノーポイント」がそれぞれ与えられます。

20170608163030-53e7f0e7739e6bb24e03d71d281095f1b48be7b4.jpg

第1試合は、レッド=大自然、

20170608163117-df4a272fbb26fb27964f7dcf4711024c40a6723c.jpg

ブルー=クロスバー直撃、

20170608163144-d2cd4efe7c0486bc16cb53dede5b2771a80d7c96.jpg

イエロー=ヘンダーソン、

20170608163208-91117ebfef531d26cfd3a7e80c1eede991c3682a.jpg

グリーン=フースーヤ、

20170608163235-83807a142421fb791662b4737aa2e04f730710f7.jpg

パープル=霜降り明星が激突。

20170608163302-5b866dd4c7716ac7f6768f96f85731011e680c53.jpg

いずれ劣らぬ爆笑ネタの連続となりましたが、せいやのモノマネもしっかり盛り込み笑わせた霜降り明星、自己紹介シリーズを中心にさすがの破壊力を見せつけたクロスバー直撃という上位2組が準決勝に進出しました。解説席から見守るアキナは、「レベル高すぎる! 面白い!」「誰が勝ってもおかしくない!」と大興奮です。

第2試合は、レッド=ロングコートダディ、

20170608163351-b6583eeab51c752741d3f900f6bbb021733fd4bb.jpg

ブルー=タナからイケダ、

20170608163418-10e6b8f35a6714aaf08f093824e5e87d6066bdd5.jpg

イエロー=爆ノ介、

20170608163439-323799d98b0fdb4cbd614967188174d6378dd551.jpg

グリーン=バンビーノ、

20170608163501-25f5de91ba2cdf4ef174e231a2b407d734d52f22.jpg

パープル=蛙亭という顔合わせ。

20170608163530-7a2b3ccf3cec090d96c09356215316d698541a79.jpg

30秒×2という限られた時間内に、各組それぞれ渾身のネタを詰め込みます。結果は、動き・フレーズなどさまざまな角度から攻めた爆ノ介、息もつかせぬショートネタの連続で沸かせたバンビーノが2強に。すっかりBDBワールドにハマってしまった山名は、「寝ころんでお菓子食べながら見たいわ〜」としみじみ。これには観客の皆さんも爆笑&大いに納得の様子でした。

第3試合は、レッド=ジュリエッタ、

20170608163614-af6cc8835573860f023f42a5c9e84659fdd3a14a.jpg

ブルー=祇園、

20170608163640-1d0a760b44b09fef620c7a20610f0f5add27841b.jpg

イエロー=紅しょうが、

20170608163711-8a7158c49ce591ec3d676d556911ce7f9885c405.jpg

グリーン=コーンスターチ、

20170608163755-c7403892250f5366aef5c1969392b394a4e1ce5c.jpg

パープル=ジソンシンが登場。

20170608163829-628c3da7719eef364675ed5e032c80df7d6a3859.jpg

ここでは「立ってこれ〜」を含む木崎を前面フィーチャーしたネタを炸裂させた祇園が、頭ひとつ抜け出た形に。とにかくギャグ満載で波状攻撃を仕掛けたジュリエッタが2位につけ、この2組が勝ち抜けました。アキナのふたりは、紅しょうががタイムリミットを前にネタに詰まってしまったことを振り返り、「惜しかった!」とその健闘を讃えます。

レッド=マユリカ、

20170608163901-10b9802687437abe347fbf283110369d8f29a4d5.jpg

ブルー=ダブルアート、

20170608163926-9fab518939284b800b8e28c985c5df9ab67e4eab.jpg

イエロー=ツートライブ、

20170608163952-4d53e5a6642a8a6cc54350da13d6038fecde67a0.jpg

グリーン=ジェラードン、

20170608164022-4642a732ab603906a96ad9fbab91df161199b6cc.jpg

パープル=ニッポンの社長という組み合わせの第4試合も、またまた大熱戦に。

20170608164054-2495b9642b9d8d6a767d204944d0c1dd4f941492.jpg

アルティメットターンのショートコントでも大きな笑い(BDB)をさらったジェラードンが堂々のトップ、関西の懐かしCMをはじめ多彩なネタで笑わせたマユリカが2位となり、見事、準決勝進出! 

8組で争う準決勝は、4組ずつの2試合を実施。ルールは予選と同じですが、新たに小道具も使用できることに! モノボケなど、使い方はもちろん自由。果たして勝ち上がる2組はどのコンビに!?

1試合目に登場したのは、クロスバー直撃、

20170608164138-e6c933ac832da0f84c38053745f3432e47ba108f.jpg

霜降り明星、

20170608164208-f5b1ee95ed63226a2bedb0f249ad45b967a2e5a1.jpg

爆ノ介、

20170608164238-f2305ac0546b3453b563534fb168d5457a2b015d.jpg

バンビーノ。

20170608164311-1ff2a91658d63697135cf68174216e3135de68da.jpg

ここぞとばかりに小道具を大活躍させる3組に対し、バンビーノは今回もショートネタの連発で勝負をかけます。秋山が思わず「事実上の決勝では?」ともらすほどの激戦を制したのは、霜降り明星! 敗れた爆ノ介は「もう十分の介!」とすがすがしい笑顔で、ここからは解説に加わります。

2試合目は、ジュリエッタ、

20170608164344-9c3b48ab89b3c76d34c493a9fe359b5f447bd442.jpg

祇園、

20170608164412-6d17970cc5ea912c24d6a617e567e70edf9acb81.jpg

マユリカ、

20170608164435-bd2fc14d02bb76fe28451af13a282aac3ec78a70.jpg

ジェラードンの4組。

20170608164459-b77430221fcb4da2c8820a4babb18e54b48b1640.jpg

小道具の解禁で新たな笑いが巻き起こるなか、田崎が「会場が揺れましたね!」というほどの盛り上がりに。爆ノ介も「見るとこんなに面白いんですね!」と感心しきりです。

20170608164540-63e977200e51199940054330cd1f5e36807b9994.jpg

そんななかでトップに立ったのは、櫻井が小道具を選び、木崎がそれに合わせてボケるという見事なコンビネーションを見せた祇園! 決勝は霜降り明星×祇園という組み合わせに決定しました。

いよいよ決勝戦。3分間で、とにかく交互に打ち合うというルールに変更されるほか、さらに効果音入りのサンプラーも使用できるようになります。前半戦は、サンプラーを駆使してボケの応酬を見せる2組。

20170608164651-05f1344bb8bb655d714f47d25272be8149e1fc07.jpg

20170608164717-c656f7c6a84f4ff5c1260ec9ee856ba649c8cbf0.jpg

いずれもBDB連発の好勝負を繰り広げます。後半に入ると、モノボケやショートネタを織り交ぜた総力戦となり、終盤には木崎の「立ってこれ〜」をせいや、櫻井がカバーして笑わせる怒とうの展開に! 続く粗品がボケる寸前で、惜しくも時間切れとなり、手に汗握って見守ってきた秋山は「空気読んでよ!」とクレームを!?

20170608164807-4e3c102e8de19b5287fbfc7446e2972514faa33a.jpg

素晴らしい打ち合いを見せてくれた2組に、アキナも爆ノ介も「楽しかった!」と大満足。獲得点の計算に入り、この日の出演者が再び舞台へ集まります。

20170608164835-1a0e92969e7b2acb2e60d7d293a7e780f76a5c28.jpg

結果を待つ間には、爆ノ介がアイロンヘッドや男性ブランコからの推薦を受けてジェラードンに出場をオファーしたことなど、裏話も続々。爆ノ介は、いつか東京でも開催したい、と夢を広げていました。

さあ、結果発表の時間がやって来ました。優勝したのは霜降り明星! わずか1点差という僅差で接戦を制しました。

20170608165053-04eb58d12ebf21927ec203aff5b7be604d61637d.jpg

過去の同イベントにMCとして出演してきた祇園・木崎は、「今まで誰よりも近くで見てきただけに、対策は完璧だった。ほんまに悔しい!」とコメント。名前を呼ばれてガッツポーズを決めた霜降り明星を、爆ノ介特製のパセリ(緑の紙吹雪)が包みました。

20170608165016-55082e9042392891db6a3366fe821fbe37efd22b.jpg

閉会の言葉を求められた爆ノ介は、「もっと大きなところでやることがあったら、ぜひ出場者として」とアキナに直談判。ふたりは「絶対イヤ!」「解説か、もしくはチケット買って客席に座って見るわ!」と即答していました。次回はどんな芸人が参戦し、どんな闘いを繰り広げるのか...どうぞお楽しみに!



【爆ノ介】【クロスバー直撃】【ジュリエッタ】【タナからイケダ】【祇園】【ジソンシン】【ヘンダーソン】【コーンスターチ】【ダブルアート】【ツートライブ】【ロングコートダディ】【大自然】【霜降り明星】【ニッポンの社長】【マユリカ】【蛙亭】【紅しょうが】【フースーヤ】【バンビーノ】【ジェラードン】【藤崎マーケット・田崎】【なにわスワンキーズ】【アキナ】

ハイスクールマンザイ2017 H-1甲子園 特別企画「あなたの学校がマンザイ教室に!?~よしもと芸人がやってくる!~」

今年15年目を迎えるハイスクールマンザイでは特別企画「あなたの学校がマンザイ教室に!?~よしもと芸人がやってくる!~」を開催します!
我こそはクラスの人気者という人や、想いを上手く表現したいけれど少し苦手だなという高校生のキミ!
漫才が大好きだけれどどうやって作ればいいの?というそこの高校生のアナタ!
特別企画「あなたの学校がマンザイ教室に!?~よしよも芸人がやってくる!~」では、よしもと芸人があなたの学校へ行き、ハイスクールマンザイへのエントリー動画撮影会やワークショップ(漫才教室など)を行います。

ご応募頂いた中から、熱い想いをお持ちの学校によしもと芸人がお邪魔します!(クラス、所属クラブ、サークルや色々なグループ単位での参加ももちろんOK!)
さあ、高校生の皆さん!ハイスクールマンザイで人生を変えてみませんか?
お気軽にハイスクールマンザイ事務局までご応募ください!

■特別企画ご希望の方へ
住所、氏名、年齢、高校名、連絡先、おおよその参加人数を記載の上、下記連絡先までメールでご応募ください。(クラス、所属クラブ、グループ単位など規模・人数は問いません!)
また先生からの応募なのか、学生さんからの応募なのかを必ず明記してください。
締め切り:2017年6月25日(日)
メールアドレス:info@highschool-manzai.com

※尚、ご応募頂いた皆様には事務局からご連絡をさせて頂きます。
※参加人数等により、企画内容は変更となりますので予めご了承ください。
※基本的には無料で実施させて頂きます。
20170608133027-10ec5f65c74616aae563e05a0f82dd8d79c3c259.jpg

「吉本新喜劇 小籔座長東京公演」 大好評につき今年も東京で上演決定!!

8月9日(水)〜13日(日)の5日間、銀座ブロッサム中央会館にて「吉本新喜劇 小籔座長東京公演2017」を開催することが決定致しました。
20170607183236-8d4742b862447d7cfb289900e2fdb68a1ac23a69.jpg
吉本新喜劇 小籔座長公演の東京地区での上演は、2014年の俳優座劇場を皮切りに、サンシャイン劇場(2015年)、東京グローブ座(2016年)にて開催し、今年で4回目となります。例年チケットが完売する好評ぶりで、今年も多くの要望を受け開催が決定しました。

本公演では、本場大阪の吉本新喜劇で、50年以上受け継がれているテッパンの技術と、その時々の新鮮なネタを見事に融合させてきた伝統の笑いをお楽しみいただけます。
1部は、新喜劇「オバケなんて嘘さ」(作・演出/大崎知仁)を披露する予定です。座長である小籔千豊を筆頭に、桑原和男、島田一の介、松浦真也、浅香あき恵、そして先日女性初の吉本新喜劇座長に就任することが決定した酒井藍など、精鋭メンバーが勢揃いします。
2部では、豪華ゲストが新喜劇メンバーとともにトークを繰り広げます。(日替わりゲストの詳細は追ってご案内します。)


【小籔千豊】【桑原和男】【島田一の介】【松浦真也】【浅香あき恵】【酒井藍】

2017年6月 7日 (水)

水谷千重子&春澪 初デュエットソング 『抱いてフラ・フラ』 ミュージックビデオ解禁&配信開始!

20170607134431-3d220b9881d88915c9b21d9f1b6ad8813b398771.jpg
この度、芸能生活50周年を迎えた水谷千重子(みずたにちえこ)と、雨上がり決死隊の宮迫に似ているとかつて話題になったオネエ演歌歌手・春澪(しゅんれい)の新曲デュエットソング『抱いてフラ・フラ』のミュージックビデオが解禁となり、楽曲配信も開始しました。

"演歌とJ-POPの架け橋"として今なお走り続ける水谷千重子の歌と笑いと涙が満載の一大スペクタクル歌謡ショー「キーポンシャイニング歌謡祭」<名古屋公演>にて、この楽曲を初披露し大きな反響がありました。
20170607133639-5ecab7462b68df756dcd1c271532550715e4fc04.jpg
ツアー最終日となる本日の仙台公演(会場:仙台サンプラザホール 開演:19時)でも、披露します!

新曲『抱いてフラ・フラ』は、情熱的な大人の恋模様を歌った内容です。アップテンポなナンバーで、Aメロ、Bメロともに男女(男役=春澪、女役=千重子)がそれぞれメロディーを聴かせ、サビでは男性が女性をリードするスタイル。サビの"フラ・フラ"のフレーズに合わせて、手をフリフリする振付はインパクトを与え、更に歌いやすい曲調なのでカラオケで流行りそうな1曲です!

水谷千重子と春澪はこれまで、「ロンリー・チャップリン」などのカヴァー曲でのデュエットで一世を風靡していました。
昨年開催された「キーポンシャイニング歌謡祭」での共演を機に、今年の「千重子新年会」で意気投合し、初となるオリジナル・デュエットソングを制作することになりました。既に、音楽業界内でも話題沸騰中の作品となっています。

是非チェックしてみてください!


-------------------------------------
水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭2017 仙台公演
日時:6月7日(水)19時開演
場所:仙台サンプラザホール
出演者:水谷千重子・八公太郎・倉たけし
仙台ゲストアーティスト: 中村雅俊・根本要(Stardust Revue)・稲垣潤一・春澪・大黒摩季
-------------------------------------


【水谷千重子】

2017年6月 6日 (火)

ライス単独ライブのオープニングVTRを山下敦弘監督が制作!!

来月7月7日(金)~9日(土)、東京・CBGKシブゲキ!!で開催される、「キングオブコント2016」優勝後初のライス単独ライブ「ブラン」にて、オープニングVTRを山下敦弘監督が手がけることになりました。
20170606163320-fc2ffcf7f4c3373bf9534a20243f043d671fad13.jpg
昨年10月のキングオブコント優勝後、「アメトーーク!!」(テレビ朝日系)、「内村てらす」(日本テレビ系)などで、次々フューチャーされてきたライス。今月にはシティボーイズの舞台にゲスト出演するなど、さまざまな場面で活躍しています。
今回は、ライブスタッフの提案で山下監督にVTR制作をオファーすることに。山下監督といえば、映画「天然コケッコー」「映画山田孝之3D」など、今大注目の監督。「やってくれるわけない」と思っていたライスでしたが、まさかの快諾で、トントン拍子に話が進みました。

先日行われた初の打ち合わせでは、ライスがイメージを山下監督に伝え、あれやこれやと話し合った3人。山下監督はまさにKOCをテレビで見てライスを知り、「すごく面白かった。こんな人たちがいるんだと思って」とコメント。
「いろんな仕事をやりましたが、お笑いライブのオープニングはやったこがなかったし、ライスは知ってたので興味があって」と、引き受けた理由を語ると、ライスは感無量の様子でした。
20170606163804-b305839a6ccced49267a0c7c1dd86675d5924b35.jpg

単独ライブ自体が5年ぶり、ライブで映像を使ったことはほとんどないというライス。
今回のVTRイメージについては「映像だからこそできる面白いことを」(田所)、「ワクワクです」(関町)とのこと。
どことなく空気感の似ている3人。コントの王者と人気監督がが作り出すVTRは果たしてどのようになものになるのか。一見の価値ありです。チケットはチケットよしもとにて販売中。購入はお早めに。

<ライス✕山下敦弘監督コメント>
●オファーの経緯は?
田所:スタッフさんからの提案だったんですが、「いや、やってくれないでしょ」と。
関町:「なんでそんな現実的じゃない話してるんだろう」って思ってたので、まさかやっていただけるとは。
田所:なぜ引き受けてくださったのか、いまだに僕ら謎で。
山下監督:いろいろやってきたんです。映画、ドラマ、PV、CMとか。でも、お笑いライブのオープニングはやったことないなと。ライスはもちろん「キングオブコント」で見て知ってたので興味があって。

●映像に携わる山下監督がKOCで見たライスの魅力は?
山下監督:正直KOC前は知らなかったんですが、テレビで見てすごく面白かったです。こんな人たちがいるんだって。「勘弁してくれ~い」とか、よくわかんないけど笑えたというか(笑)。ありそうでなかったなと。ゆるーいジャブを打たれて、だんだん効いてくるみたいな、そういう面白さがあって。僕はキャラコントが好きでそっち寄りなんですけど、キャラだけに頼ってなくて、一見シンプルだけど考えられてるなと思いました。

●打ち合わせの感想は?
山下監督:なんとなくですが、いわゆるお笑いライブのオープニングにあるテンション高いものではなく、世界観を作りすぎるようなスカした感じにならないように、ライスだしというところで、なんとなく。俺も今テンパってます(笑)。
関町:監督っていうと、完璧主義者っていうか、怒られたり、「俺が好きなようにやる」みたいなイメージ だったんですが、全然そんなことなくて。
山下監督:そっちのほうが話が早いかも(笑)。僕はなかなか優柔不断で。
田所:なんか僕らと似たような感じで(笑)。話しててすごく伝わってるなっていうのがわかりました。

●どのようなオープニングVTRにしたいと考えてますか?
田所:コントでは舞台上で表現できないことがあるので、映像だらこそできる面白いことを見せられたらと思っています。
関町:ライスらしさというか、"THE オープニングVTR"ってことでもなく、かつワクワクさせるような感じにしたいなと。ワクワクです。
20170606163942-5961fab3c8ffd42be6ea9d0e5dac0d975ab26be7.jpg

ライス単独ライブ「ブラン」
7月7日(金) 19:30開演
7月8日(土) 14:00開演 19:00開演
7月9日(日) 13:00開演 17:00開演
場所:CBGKシブゲキ!!
前売り5000円 当日5500円
全席指定
一般発売:チケットよしもと Yコード:105045
http://yoshimoto.funity.jp/calendar/other/lottery/?kgid=105045


【ライス】

関西を席巻した伝説の番組が「大阪チャンネル」でいよいよ復活!「プロポーズ大作戦 なにわフィーリングカップル 5vs5」

20170606035319-e78c2fc58868b04e4ac893c1f43aff8e8f6858b1.jpg

4月25日から配信がスタートした、大阪・関西独自のカルチャーを日本全国に発信する、国内初の定額制見放題の映像配信サービス「大阪チャンネル」。そのオリジナル番組のひとつ、「プロポーズ大作戦 なにわフィーリングカップル 5vs5」の収録が朝日放送で行われました。「大阪チャンネル」とは、NTTぷららと吉本興業が共同で提供する新たな動画配信サービス。在阪民放局であるMBS、朝日放送、テレビ大阪、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送と、びわ湖放送、KBS京都、サンテレビジョン、奈良テレビ放送、テレビ和歌山の計10局(※)が垣根を越えてお届けするのも大きな魅力です。(※一部の放送局に関しては、提供コンテンツを調整中)

20170606035502-3b88ad71591b5cbd80737194dd6165a9e5689364.jpg

過去の人気番組を現代版にリバイバル復活させた「大阪チャンネル」ならではのオリジナル番組の中でこのたび収録されたのが、朝日放送「プロポーズ大作戦 なにわフィーリングカップル 5vs5」。かつて横山やすしと西川きよしが司会を務めた人気バラエティ番組「プロポーズ大作戦」が「大阪チャンネル」のオリジナル番組として蘇ります。

今回は、なかでも人気だった素人の男女が集団でお見合いするコーナー「フィーリングカップル 5vs5」をクローズアップ。新たに司会の陣内智則、月亭八光を迎え、さらにバージョンアップしてお届けします。お見合いメンバーには、大阪を中心に活躍する若手タレント多数! なにわ芸人のカップル誕生となるでしょうか!? 今回は第一部の収録の様子をリポートします!

20170606035547-3a9eacd10389fd320d7dcb2020d7013182bc29e8.jpg

人気番組が32年ぶりに復活ということで、「僕は観てましたよ。やすきよ師匠がやってて、子どもながらにおもしろい番組やなぁと思って観てました」とふり返る陣内。すると、「今回も、カップルをいろいろ成立させていくんですけども...、そんなことよりもおめでたいじゃないですか、陣さん! おめでとうございます!」と八光。思わず顔がほころぶ陣内でしたが、八光が「今年は阪神が強いので、優勝間違いなしですよ」と続け、「その話やったん!?」と陣内。思わず「結婚や!」と、自分の口でおめでたい報告となり、万雷の拍手が起きました。八光は感慨深げに「(結婚は)数年前に諦めたと思っていました」と言うと、「チャンスはあるねんな」と陣内もしみじみ。八光はかつての陣内の姿に思いを馳せ、「あの時、『あしたのジョー』の最終回みたいにホテルの片隅で燃え尽きてましたもんね...」とふり返りつつ、陣内からの報告を心から喜んでいました。

20170606035618-57094c6f75fcea2a43b3ee292fc598d2353f9487.jpg

そして、いよいよお見合いメンバーの登場です。「今回はほんまにガチ。全員、恋人がいないお見合い企画なのでここから結婚するかもしれませんよ」と盛り上げるふたり。

第一部の男性陣は、和牛の川西と水田、守谷日和、クロスバー直撃・渡邊、アインシュタイン・稲田という面々。

20170606035711-b280d85ebdda9c1f20eb9f6b2bb8fba80b954c8e.jpg

20170606035706-4e5063c6d26b1328eefb6f4c84e328b242279a0d.jpg

20170606035701-e62fb66f69651d5d6429c3f9e693078ffe0b41ec.jpg

20170606035655-dab7ebb012ef6790104a065e232eb2727d61fd76.jpg

女性陣は、関西在住の美女5人! 女優志望のひめさん、学生モデルのさらさん、歯科衛生士のアファさん、女子大生モデルのるうささん、飲食プロデューサーのよっちゃんさんという顔ぶれ。

女性陣のあまりの美しさに「ほんまに関西にいたんですか!? 全然ソースの匂いがしない!」と驚く川西。守谷は、女性全員が肩を出したファッションであることに目をつけ「イケナイ子たちだなって思いました」とニヤリ。稲田は「眩しすぎて視力落ちるわ!」と絶叫。ハイテンションのまま、「第一印象フィーリングチェック」へ。まずは、第一印象で誰が気になっているかをチェックします。すると川西と稲田、水田と守谷は、同じ女性が気になるようで、早くも恋の火花がバチバチに?

20170606035926-56a47f4dcc9c02da2b99ca1f434f8ac435e1a652.jpg

続く「質問タイム」では、女性陣から「好きなタイプは?」、「付き合ったらどんないいことがありますか?」という質問が。同じく女性陣にも「好きな男性のタイプ」を尋ねると、5人それぞれ好きなタイプを明かしますが、全員が「見た目は気にしない」という回答。すると稲田が「見た目は気にしないと言いますけど、僕、度を超えていませんか?」と恐る恐る質問し...。はたして女性陣の反応は? その後もお互いの素顔が垣間見られる質問が続々と飛び出します。

20170606035822-5c962428461f04daaeace73aad50c9cfc3ddc72a.jpg

続いて特技を披露してもらう「注目!私の特技」や、男性陣が困った状況の時にどう対応するのかを試す「こんな時、どうする?」などのコーナーが繰り広げられました。

20170606035843-32197ecb52b0dfa1bbf6843dadea637ec3cc2226.jpg

20170606035904-fb7f63f4a112c6fb0e94ba975862b88527cf457e.jpg

お互いのことが次第にわかり始めたところで「中間フィーリングチェック」。はたして第一印象から、お目当ての相手に変化はあったのか...?

20170606040100-4b63aae8e446edad72127b194fc4abb8a1647730.jpg

いよいよ収録もクライマックス。「やっぱり1番は君だ〜!」のコーナーは、10年近くの付き合いで、お互いのことを知り尽くした男性陣が、女性たちからの質問に「自分はさておき、一番はこいつだ」というメンバーを挙げてもらうというもの。「この中で一番男らしいのは?」という質問には「ワイルド」や「頼りになる」などそれぞれが相手を褒めるものの、「親からいまだに仕送りをもらってる」と暴露されるメンバーも。仲間から明かされる男性陣の素顔は、女性陣の目にどう映る?

20170606040003-5b9d8305cb0f4e9945f9132d4e7c54c1e999b269.jpg

最後は恋愛に関するテーマについてトークする「恋愛サミット」。「彼女がいるのに他の女性と食事に行く男はアリか、ナシか」というテーマで繰り広げます。とくに水田は面倒くさい性格が露呈!? 「アリ」と答える寛容な女性陣に対し、「ナシ」を選んだ稲田が「男ってすごいスケベなんですよ!?」と訴える一幕も。トークは盛り上がったものの、男性陣は次第に女性にまつわるエピソードの暴露大会に発展してしまい...。

最終アピールを経て、ついに「運命のファイナルセクション」へ...! 両思いならカップル成立、片思いならサヨナラです。結果はまさに想定外! 仰天の顛末とは? ぜひ「大阪チャンネル」でご確認ください!

20170606040158-284b59093a08ffa6390983485e5cb81263e8326f.jpg

在阪放送局のオリジナル番組は、ほかにもMBS「笑い飯のモーレツ!!しごき教室ネオ」、テレビ大阪「吉本超合金BAN」、関西テレビ放送「小籔&すっちーのパンチDEデート」、讀賣テレビ放送「ZAIMAN Next Generations」、吉本興業×NTTぷらら「浜ちゃん 後輩と行くグアムの旅」を制作し、「大阪チャンネル」にて、順次、独占で提供開始予定です。

「大阪チャンネル」では、ほかにも初提供となるアーカイブ番組や見逃し配信、さらに「なんばグランド花月本公演」や「ルミネtheよしもとお笑いライブ」などの人気の劇場ライブ、地上波で放送中の番組と連動したオリジナル番組を制作・提供していきます。

登録から1週間は無料で利用できるので、まだアプリをダウンロードしていない人は、今すぐチェックですよ!

20170606040130-c9a1b72d5050046b7a9e78d855585fff24c31066.jpg

【陣内智則】【月亭八光】【和牛】【守谷日和】【渡邊孝平】【稲田直樹】