最新ニュースインタビューライブレポート

記者会見

2017年10月 3日 (火)

天満天神繁昌亭で「第三回 三代目林家菊丸独演会〜人情・滑稽・芝居音曲〜」開催!

20171003083251-629017bafff4c8561a6e4de3baa067aa7b3dd3d6.jpg

11月8日(水)、天満天神繁昌亭で、「第三回 三代目林家菊丸独演会〜人情・滑稽・芝居音曲〜」が、文化芸術祭参加公演として開催されます。2015年の第一回から今年で三年目を迎えるこの独演会を前に、開催会見が開かれました。


20171003083841-121998f99e812642477b1b15f589aba9623aa8ef.jpg

会見場に現れた菊丸は、独演会を「年一回の集大成、けじめになる」と語り、今回、滑稽噺はもちろん、芝居音曲、人情噺とバラエティに富んだ内容であることをアピール。「思い切って色合いの違う三席を披露させていいただく」と力強く宣言しました。


理想の落語は「演者の姿が見えなくなって、登場人物がいきいきとお客様の頭に描かれるようになるもの」と菊丸。演者の個性で押すというよりは、作品の良さを全面に伝えられる落語を目指している、と話します。


20171003083741-eef5295f173f6df6e5c2427cc44991bb4dc906e9.jpg

独演会で披露する「幸助餅」「浮かれの掛取り」は、師匠の染丸から膝稽古で一言一句つけてもらったとのこと。「幸助餅」については、三年前の襲名披露で全国を回った際にもよくやっていたそう。「いい話、人と人との義理や恩、師弟関係でやってきた私にはすごく響く」と思い入れたっぷりの様子です。そして去年からやることは決まっていたものの、1年ずっとやったら上達するかというとそうではないとも。この「幸助餅」をやるために、違う人情噺にも取り組んできたと明かしました。「浮かれの掛取り」は、やっぱり芝居音曲がふんだんに入るものをやりたいと決めたとのこと。実は辻占茶屋と迷ったという裏話も聞かせてくれました。


「湯屋番」は「林家たい平さんからいただいた」と菊丸。6月に二人会を開きましたが、たい平が十八番にしているということで「実際に舞台でやっている人から教えてもらう方がいいだろう」とお願いしたそう。以前はノロケの入るのは苦手だったとのことですが、「40を超えるとそういうものも吹っ切れて」と笑わせました。


20171003083940-40907daed4ad1465d179cf721bd6bd24f57fbcd0.jpg

療養中の師匠の近況についても質問があり、小柄でありながら勢いがいいという理由で大相撲の宇良関が好きというエピソードも披露。弟子たちが定期的に立ち寄り、芸人としての感覚が鈍らないようにコミュニケーションをとっていると話しました。続いての東西で気になっている落語家はという問いには、かなり悩んでいましたが、東は古今亭文菊、西では桂雀太の名を挙げ、「気になるというとついつい後輩になってしまう」と話しました。


20171003084031-c7c80e23a10019abdcd26869b2e98d57d133960f.jpg

独演会当日は、上方落語若手噺家グランプリを受賞した桂米輝の「開口一番」、ラッキー舞の「太神楽曲芸」もそれぞれ披露されます。さらに話芸に磨きをかけた菊丸の独演会、見逃せません!


20171003084059-0b2b193e025c937e6ac67fbe10f5a9a324f8c28c.jpg


【林家菊丸】



「第三回 三代目林家菊丸独演会〜人情・滑稽・芝居音曲〜」

開演午後6時45分(開場6時)全席指定

前売1階2,500円 2階2,000円 当日1階3,000円 2階2,500円

お問合せ:チケットよしもと0570-550-100(平日10~19時受付)


『キングオブコント2017』7位に終わったアキナが新番組『吉本超合金A』の記者会見ドッキリで強烈なLOVEゲームを体験!

20171003000433-82ef74a44d6a20e1486661c316e2f3eabe817ce8.jpg

10月29日(日)からテレビ大阪でスタートする新番組『吉本超合金A』の放送に先立ち、テレビ大阪で記者会見が行われました。『吉本超合金』といえば、かつてFUJIWARAや二丁拳銃が体をはったロケで人気を集めていた伝説の番組。

このたび、アキナがメインとなり『吉本超合金A』として新しく生まれ変わります! 10月2日(月)、意気込みを語る記者会見が行われたのですが、こちらの会見、実はドッキリ。先日行われた『キングオブコント2017』で残念ながら7位とふるわなかったアキナの2人に、予告なく『吉本超合金』名物のLOVEゲームを仕掛けようというもの。

20171003000513-18c5f24b6b47ecc8995bc014bd5e70ff2cfa6f84.jpg

何も知らず会見場に姿を現したアキナ。金屏風の前でやや緊張気味ではあるものの、新番組のメインMCとあり、その顔は晴れ晴れしさを感じさせます。

まさかこの後に大がかりなドッキリが行われるとは知る由もなく、意気揚々と会見に臨む2人。まず、『吉本超合金A』にかける意気込みを尋ねられ、秋山は「『超合金』は本当に青春時代に観ていた番組で、この番組を自分たちがやれるということで。当時、FUJIWARAさんのことがすっごく大好きで、腹を抱えるぐらい笑ってました。そのFUJIWARAさんを超えないといけないんだなというプレッシャーはあるんですけど、FUJIWARAさんを超えるために、"死ななかったらいいや"精神で挑みたいと思います」と意気込み十分。

20171003000606-48fb1c3a48021934fd5ec9466e046e80c3cf0e70.jpg

山名も「伝説の番組やと思ってるので、決まったと作家さんから伝えてもらった時はとりあえず『殺してください』と伝えました」と、かなり大きな決意を持って番組に挑むようです。

記者からの質疑応答では、まず「吉本超合金の印象は?」という質問が。「FUJIWARAさんが常にボロボロになっているような印象です。そこがやっぱり『こんなおもしろいことあるか?』っていうぐらい笑ったので、そうなれるようにしないとダメやなと思います」と秋山。山名は「(過去の『吉本超合金』で)勝手に家を引越されたり、勝手に貯金を全部使われたり...ってあったんですけど、それを考えた時に、そういうことが今後、ほんまに自分の身に起こり得るんやと想定したら『殺してください』といったものの、すごく腹が立ちます」と語り、記者陣をわかせました。

20171003000648-c2ab69bb1a2d9268be187202b94f3a3909040132.jpg

「他に印象に残っている企画は?」という質問には、秋山は「こないだの『吉本超合金F 2017 帰ってこいよ!超合金90分SP』(2017年9月17日放送)も、もちろん見させてもらったんですけど、『帰ってこいよ!』は当時大好きだった企画で、言い出したらすごく出てきます。あんまりやったなっていう企画はないです。なんか、『365日、誕生日の人を探す』っていうやつだけ、中学生ながら『おもんないな、これはどうしたらええねん』と。それ以外は全部面白かった」と答え、記者陣は思わず爆笑。山名は「僕は『秘密指令』というのが面白かったです。ほんまにいっぱいあります。どれも面白かったので」と当時に思いを馳せていました。

「今後、『吉本超合金A』でやってみたい企画を教えてください」という質問には「FUJIWARAさんがやってた企画はもちろん自分たちもやりたいです。でも新しい名物企画が生まれることが一番いいかなとも思います。両方、やっていきたいです」と意気込みます。山名は「こういう記者会見の場で言ったことが、意外と...。いま、スタッフさんもいらっしゃるので」と匂わしつつ、「それを含めて言いますと、うちの秋山はスニーカーが大好きで、コレクションが100足あるんです。あんなんって燃やしたらどうなるんかな...?」と言い出し、思わず秋山が「マジで手ぇ出すから!」と止めていました。

20171003000721-98b253ad7fadfa80dccf18eb9de1f4998aafb7be.jpg

続いて、何やら怪しい男性記者から質問が...。実は、この方はニセ記者。ついにドッキリが幕を開けます! 「アキナさん、『吉本超合金A』で、ぜひお笑い界のキングを目指してください!」とエールを送ったと思いきや「ところで昨日の『キングオブコント』は何位でした?」と出し抜けに傷口に塩を塗るニセ記者。思わず爆笑するアキナでしたが、秋山が「記憶から消したい(笑)。7位だったので...」と答えているにもかかわらず「何位でした?」と繰り返すニセ記者。

20171003000824-b6d04d40a88e8203b152723989a06c3ac4a4387b.jpg

すると、どこからともなく「7位か!」との声!聞き覚えのある声に驚くアキナ。なんと、MCを務めていた千年屋アナウンサーの机の足元から、ケンドーコバヤシが登場! 「7位はよくないねぇ〜! 7位に終わってしまったということで、『LOVEゲーム』!」と絶叫し、LOVEゲームがスタート! LOVEゲームとは、番組でもおなじみの超過激な企画です!

20171003000952-2397ee2678af5e9c380eaa18de56e5592fdaebfa.jpg

20171003000853-e35188979bc64027d95e4754d91727734054b3b4.jpg

「目指せ、日本一祭り」と題して、秋山にはバクチクが仕込まれた富士山型の帽子を被ってもらい、来年こそ日本一を獲ってもらおうという企画。「俺? なんでなん!? 怖い、怖い!」と、急展開に戸惑いを隠せない秋山に強引に帽子をかぶせて点火!!

20171003000923-e27adbc53f4ab0ca86e978d4ecabd952c6c4e7b5.jpg

弾ける火薬、飛び散る火花!

20171003001058-694a8cbea7bc8763cdb395e4b1b56a2a2e2e49eb.jpg

放心状態の秋山は「『超合金』、やっぱり観る側がいいかもしれません」とポツリ。

20171003001125-a7980c46840c40df7e3a0baa1a25de515db6f522.jpg

「目指せ、日本一祭り」が終わった後、「喉が渇いた」というケンドーコバヤシが水の入ったペットボトルを手に取り、山名におもむろに近づいてゆきます。その瞬間、「あっ!」と水をこぼし、山名のズボンがびしょ濡れに...。

20171003001153-b77a3ccf02637ef75118b1076d259a5389e1a551.jpg

ズボンが濡れて怒る山名。ケンドーコバヤシが「なんとかして!」と助けを呼んだところ、なんと山名のお母様が登場! 山名は「30年ぶりのおむつ替え祭り」ということで、お母様に濡れたズボンを脱がせてもらい、おむつを履かせてもらうというLOVEゲーム!

20171003001222-916b15c598a80b16f91f5d8deb0da3c7dba545f6.jpg

「あかん! ほんまにいや! もうあの時のとは違うねん!」と激しく嫌がるものの、半ば強制的にお母様におむつを交換してもらった山名でした。

20171003001257-d4eb0b5d221e668deed9c4b4d45b5c2f2dedd7fb.jpg

20171003001320-bf8305514f420d0cdc00c876b5d7416e5444d56b.jpg

ドッキリ終了後、秋山は「まったく想像してなかったので...。ほんまに『超合金、すばらしいな』と思いました」とグッタリ。山名は「ことが起こる前、会見で『やるぞ!』って言ってましたやん。でも、(ドッキリを仕掛けられて)こんなに心の準備ができてなかったんやって思いました。改めて、『だいぶ腹くくらなヤバイな』って思いました」とこちらもグッタリ。

「想像をはるかに超えてる。やっぱり見る側がいいかもしれない」。アキナにこう言わしめた今回のドッキリの様子は、テレビ大阪で10月22日(日)24:35~(※都合により放送時間が変更になる場合がございます)にて、『吉本超合金A祭り! スタート直前緊急SP』として放送されるので、アキナの仰天ぶりをぜひチェックしてくださいね!

そして、『吉本超合金A』は、10月29日(日)24:35~スタート(毎週日曜日24:35~25:35)です! どうぞお楽しみに!

20171003001349-739d0880f147ce7e346f7440971e444f28fe7b2d.jpg

■番組情報

テレビ大阪『吉本超合金A祭り! スタート直前緊急SP』

10月22日(日)深夜0:35~

※都合により放送時間が変更になる場合がございます

テレビ大阪『吉本超合金A』

10月29日(日)24:35~スタート、

毎週日曜 深夜0:35~ 放送

【アキナ】

2017年9月29日 (金)

大阪の"エエ歌"とここだけのトークが楽しめる! 大平サブローの『オオサカンホットミュージックナイト』11月24日に開催!

20170929092816-322c6f92e6ebbe310239512139c7219a5dad3474.jpg

大平サブローが、11月24日(金)にYES THEATERで『オオサカンホットミュージックナイト』を開催することが決定しました! 1975年にデビューして以来、テレビ、ラジオ、舞台など幅広く活躍する大平サブロー。このたび、大阪の文化として関西弁をベースにした曲や関西を題材にした曲などを残し続けていきたいという強い想いを抱き、『オオサカンホットミュージックナイト』を開催することになりました。

20170929092913-01c80b00f79b97fd0aae25bb784f73e381d9d514.jpg

これに先立ち、9月28日(木)、大平サブローが開催発表会見を行いました。会見の始まりに、サブローのミュージックサポーターの岡嶋直樹さんのギターに乗せて歌声を披露。上田正樹さんの『悲しい色やね』、桑名正博さんの『月のあかり』、やしきたかじんさんの『あんた』などをメドレーで歌い上げました。

20170929092959-87542361da65b20466706c566b793954bebcdc31.jpg

記者陣が聴き惚れているところに「放っておくとずっと歌ってしまうので(笑)」と切り出し、続いてサブローからこのイベントに対する想いが語られました。「ずっと大阪・関西にちなんだ歌、大阪にちなんだ方の歌をたくさん唄いたいという気持ちになっていました。関西にはやしきたかじんさんや桑名正博さん、河島英五さんなど、天国に行かれたレジェンドが本当にたくさんいらっしゃいます。もちろん、現役でがんばっている先輩や若い方もいらっしゃるし、そういう方々の歌を唄っていきながらみなさんに歌を聴いていただいて、その時代のことを思い出していただいたり、楽しんでもらえたりという時間、空間を一緒に作れたらなと。そんな想いでライブをやらせていただきたいと思っています」と語りました。

20170929093023-786b56494c33574052276d8b7066a8b27d65fb43.jpg

60歳の時はギター片手に全国ツアーを周り、さらに去年は関西エリアを中心にライブ活動を行ってきたサブロー。「今度は大阪にしっかり腰を下ろして、YES THEATERをベースに1回目としてやらせていただきますが、今後、2回、3回とずっと続けていけたら。これから、団塊の世代を含めて僕らの人口が増えていきますので、僕らの年代の娯楽を残していくこと、歌い続けていくことを、ひとつの使命というとかっこいいんですけど、僕も楽しいし、聴いている方も楽しんでもらえる。そんな想いもあります」とのこと。「歌える限り、しゃべれる限りはがんばろうかなとやらせていただきます」とも。

20170929093154-e1dc9e4ccccd6875ea3c6a0f7d77f585acdb5152.jpg

さらに、今回は間寛平、嘉門タツオさんをゲストに迎えての賑やかなライブになる予感。「寛平さんはボケで、独特の間合いでなんとも言えない空気感をもってらっしゃる先輩。大人のちゃんとした会話が未だにできない(笑)。でも歌がうまくて、人一倍優しくて、木に登って落ちたり、地球を一周したりと、まだまだスケールが計り知れないものがあるお兄さんです。大阪を代表するレジェンドでもあるので、いつもとは違った寛平さんをトークと歌で引っ張り出すことができたら成功かなと思います」と、いつもとはひと味違う寛平の魅力を引き出す予定。

嘉門タツオさんは、「昔は笑福亭笑光という落語家さんだったので、やっぱり芸人さんという感じです。破天荒に見えて真面目な人ですし、緻密で、『ヤンキーの兄ちゃんの歌』も計算され尽くされています。どうやって作ったんやろう? とか、噺家さんから歌に行かれた理由とか、桑田佳祐さんとの出会いとか、そういったエピソードも知られているようで知られていないので、そこも含めて嘉門タツオさんの世界と僕らの世界を融合させたい。非常に楽しみにしています」と語りました。

20170929093053-87be8b83e9ab26fe3c3e637cad6ad8516efa97ad.jpg

こうしたライブを開催することは「以前からちょいちょい考えていた」とサブロー。「楽器をする前から、『歌と話を交えたような面白いイベントできたらいいな』と言っていたんですけど、ツアーとか回らせてもらっているうちに『これは絶対になんかできるわ』と。今回も巨人さんに話したら『いつでもいいで』と言ってくださいました。巨人さんは以前、NGKでライブをやった時に出ていただいたので、2回目とか3回目ぐらいにまた出演していただきたい」と語りました。

ライブの構成について尋ねられた際は、「歌を忘れてしゃべり続けている可能性もある(笑)」としながらも、「ざっくり考えているのは、僕が7〜8曲ぐらいで、ゲストの皆さんは3曲ぐらい」明かし、嘉門タツオさんや間寛平の歌を楽しみにしていると語りました。また「寛平さんの、アースマラソンの時の話をちゃんとしゃべってほしいですね。『ありえんやろ!?』みたいなことが多かったので(笑)。僕はイランまで寛平さんに会いに行ってるんで、その時のエピソードもしたいと思っています」と語りました。

20170929093127-137f1b8cbbfd5b1a5105f8f157bdba84e477c110.jpg

また、やしきたかじんさん、桑名正博さん、河島英五さんとの思い出を明かす一幕も。「北新地というのを初めて教えてくれたのはたかじんさんでした。桑名さんは、僕らが若い時のミナミのヒーローで、僕らがテレビに出始めた時に声をかけていただいて、『自分らの漫才好っきゃ!』と話しかけていただいたのが印象的で、あんなかっこいい大人になれたらいいなと思わせてくれた方でした。河島英五さんは、歌の番組をやっている時にゲストで来ていただいて、英五さんの歌の替え歌を披露したら『おもろいな』とすっかりハマってくださって。ワイルドなイメージがありますが、緻密で几帳面な方でした」と懐かしそうに語りました。こういった、サブローだけが知る大阪のレジェンドたちとのエピソードもライブでは明かされるようです!

『オオサカンホットミュージックナイト』は、今後も「僕としては最低でも年1回、できれば春・秋とか、季節の節目で開催していきたい」とも。「いろんな方をゲストに呼びたいです。大西ゆかりさんや上田正樹さん、憂歌団の木村さんとか、アリスさんもそうですよね。ギャラは思いっきり泣いてもらって(笑)。関西出身ではなくても、大阪にまつわる歌を唄っている方々とか、そう考えると果てしなく広がりますね」と目を輝かせていました。また「押尾コータローさんに生ギターを弾いてもらいたいですね。記事に『弾いてください』と書いてください!」と熱烈ラブコールも飛び出しました。

ミュージシャンだけでなく、楽器が得意な芸人ともコラボも考えているとのこと「(新喜劇の)松浦くんとか、ぐっさんとかフットボールアワーの後藤なんかもギターうまいですしね。彼らもそんなんで絡んでいけたら。今後ですけど、いろんな方とコラボでやっていきたいです」と語りました。

大阪で歌い継がれている名曲の数々と、ここでしか聴けないトークも楽しめる大平サブローのライブにぜひお越しください!

20170929093231-b3ca45b6abd7ac84cdec790b51577c381a4e9d94.jpg

■イベント情報

『オオサカンホットミュージックナイト』

開催日時:2017年11月24日(金) 18:30開場/19:00開演

場所:YES THEATER(なんばグランド花月ビルの地下の劇場)

出演:大平サブロー、岡嶋直樹(ミュージックサポーター)

ゲスト:間寛平、嘉門タツオ 

料金:前売5,000円、当日5,500円 ※全席指定席

2017年9月27日 (水)

大阪が文化一色に染まる!『大阪文化芸術フェス2017』発表会見!

20170927101430-55b2e571154944208b1e7bd8a5239067eff43cae.jpg

10月1日(日)からの31日(火)までの1カ月、大阪をまるごと舞台にさまざまな文化芸術がジャンルを超えて交わり合う『大阪文化芸術フェス2017』が開催されます! このフェス期間中は、万博記念公園をはじめとする府内の各会場で、上方伝統芸能、上方演芸、音楽コンサート、アートなど、様々な魅力あふれるプログラムを展開。多くの府民や観光客に文化・芸術に親しみ、体験できるまたとない機会です。また、大阪の文化魅力を国内外に広く発信する役割も果たします。

これに先立ち、9月26日(火)、大阪府公館にて概要発表記者会見が行われました。

20170927101812-ad60234aafdc974540d2d4e02b942436a476b650.jpg

出席者は、松井一郎大阪府知事。10月21日(土)、岸和田市立浪切ホール大ホールにて開催される「上方落語とお能を楽しむ会」に出演の桂文枝。10月28日(土)、大槻能楽堂で開催される英語寄席「KOTENGLISH!!」に出演の春野恵子さん。10月7日(土)・8日(日)、ABCホールにて「大阪文化芸術フェス2017版『のぶなが』」に出演の劇団そとばこまちから田中尚樹さん、南園みちなさん、新谷佳士さん。10月25日(水)〜29日(日)まで、YES THEATERで「四季の宴〜風雅流麗〜/JAZZY 〜DANCE AND THE BEAT」に出演のOSK日本歌劇団から高世麻央さん、遥花ここさん、和紗くるみさん、白藤麗華さん、城月れいさん。10月14日(土)、浄るりシアター前にて「浄瑠璃の里 能勢浄瑠璃公演」鹿角座からは本朝廿四(ほんちょうにじゅうし)(こう)出演の「八重(やえ)(がき)(ひめ)」、壺坂(つぼさか)観音(かんのん)霊験記(れいげんき)出演の「沢市(さわいち)(さと)」のご夫婦。10月11日(水)・12日(木)にグランキューブ大阪で開催される「DREAM LIVE」でMCを務めるFM802 DJ 落合健太郎さん。10月21日(土)・26日(木)・27日(金)・29日(日)、よしもと漫才劇場にて開催される「Kiwami 極LIVE〜大阪文化芸術FESスペシャル〜」に出演の吉田たち。10月28日(土)・29日(日)、万博記念公園東の広場で開催される「ナニワハロウィンパーティー2017」に出演のNMB48から城恵理子、内木志。

20170927101731-eafe3ff223a9a8825a2ac681af0246c3fdc745ef.jpg

まずは、松井一郎大阪府知事からご挨拶。「10月は、大阪にある、ありとあらゆる文化を、大阪に訪れていただいている大勢のお客様にお届けしたいということで、桂文枝師匠はじめ、大勢の皆様にご協力いただくことになりました」とお礼。「僕は、文化にあまり熱心じゃないと言われますが、『いつか、そういう悪い評判をひっくり返してやらなアカンな』と、ずっと思っておりましてね(笑)」と明かすと、これを受けて文枝がすかさず「それを待ってました」と答え、記者陣から笑いが。さらに松井知事は「これだけの皆さんが、お持ちの芸を披露していただき、皆さんに楽しんでいただく場となりますから、ぜひ世界中から訪れていただいて、大阪のおもてなし、ホスピタリティを全身で感じていただきたいと思います」と語りました。

20170927101848-66327abfc707a421c55187b7e5210f1f8c237e63.jpg

NMB48内木志は「私たちNMB48は、大阪・なんばを拠点に活動させていただいているのですが、そんな私たちの活動が、大阪文化芸術のひとつとして、歴史ある伝統芸能の方々とご一緒できるのをすごく誇りに思っています」と笑顔。

20170927101959-92f151c3ebefab7ba5085bb08096dbbb041bbd94.jpg

続けて城恵理子も、「今回のイベントを通じて、私たちが今まで詳しくなかった歌舞伎や浄瑠璃などにも出会うことができ、そして私たちNMB48も万博公園にて『ナニワハロウィンパーティー』に参加させていただきます。私たちを知らない方にも、たくさんの方に知っていただけるよう、がんばりますし、大阪の文化芸術のこともたくさんの方に知っていただけるよう、がんばりたいと思います」とコメント。「大阪の未来をもっともっと明るく盛り上げてけるようにがんばりますので、よろしくお願いします!」と元気いっぱいに語りました。

20170927102027-e4b8599bba0bed074f7777b3a12c4f4e0e01b779.jpg

吉田たちは、まず「吉田たち、こうへいがしゃべります」とこうへいが自己紹介。「大阪といえばお笑い、お笑いといえば大阪なので、たくさんのイベントがありますが、僕たちのイベントが一番盛り上げるんだと、そういう熱い気持ちをグッとこらえてやっていきたいと思います」と語り、すかさずゆうへいが「出していけ、出していけ!」とツッコミ。記者陣を笑いに包みました。

20170927102049-64924f4e4faa318ba86e13bc5cb0188e6496244f.jpg

ゆうへいは、「先ほど弟が言ってましたが、お笑いの街ですから、僕らの漫才劇場で、僕らを含め、皆さんがまだ知らない若手芸人が出演しております。こういう機会をきっかけにいろんな芸人を青田買いしていただき、広めていっていただけたらと思います」とし、「だいたい言いたいことは知事と同じです」とも語り、こうへいから「どこがやねん!」とツッコまれていました。

20170927102115-fbc6bfa940db534bfc910fd1899db26e3ea720f3.jpg

桂文枝は「先ほど、知事さんがやっと文化芸能に力を入れると言われましたので、このフェスが今後2回、3回ということでなく、10回、20回と続くよう、ひとつよろしくお願いします」とご挨拶。「各ジャンルの優秀な皆さんがいらっしゃるので、皆さんとできることを楽しみにしています。ほかにも上方講談や河内音頭など、いろんなものが大阪にあります。こうしてみんなでコラボしてやれば、お客様にもわかりやすいのではないかと思います。私は今回、お能とやらせていただきますけれど、できればOSKの皆さんとやりたい」とも語り、記者陣を沸かせていました。

20170927102159-89d41675d4d91678a101f4d5b9189ad7c4f557ad.jpg

落合健太郎さんは、「FM802は開局から大阪に根付いた音楽文化の発展とともに歩んできました。今回の『DREAM LIVE』では、学生を無料招待し、プロのミュージシャンと学生との、まさに夢のコラボレーションなんかも考えています」と語り、さらにFMDJらしくPR!

20170927102224-b0f81fc42a782388f0778e400130420cae1a29c2.jpg

大阪で生まれ、劇団創立95周年を迎えるOSK日本歌劇団、高世麻央さんは「95周年という節目の年に、『大阪文化芸術フェス』に参加させていただけるのは、本当にうれしいこと。このうれしい思いを舞台でお届けしたいと思います」と語りました。

20170927102423-6c94e5bc5abd61ce92ba3513f4db8c2d2b11c32f.jpg

能勢人形浄瑠璃、鹿角座からは、館長よりメッセージが。「座員一同、大変盛り上がっています。大阪の最北端、大阪のてっぺんから文化芸術を叫びます」と意気込みを。

20170927102318-ed9bb0bc5f123a5b303fa01bcdde5c524393bbc7.jpg

劇団そとばこまち、田中尚樹さんは「殺陣はもちろん、ダンスもあります。過去と現代をミックスさせたエンターテインメント時代劇で、大人から子どもまで楽しんでいただける作品なので、ぜひともよろしくお願いします」と語りました。

20170927102351-d36367c69371f8d3e881991ee93150b79abe02f7.jpg

浪曲師の春野恵子さんは、「英語ということで難しく思われるかもしれませんが、日本の方にも楽しんでいただけるように、なるべく平易な英語を使いましたので、英語の勉強を兼ねてということでもいいかもしれません。外国人の方と一緒に楽しんでいただきたいと思います」とのこと。また、文枝に「浪曲を英語でってどうなるの? ちょっと一節、よろしくお願いします」とうながされ、英語で浪曲を披露する一幕もあり、会場を沸かせていました。

20170927102448-09481b820ba6b940e21f1b78304bb9f4392fd9ea.jpg

松井知事は「これだけの方々に集まっていただけたということで感激しております。今、文枝師匠から10回、20回という話もありました。ぜひ皆さん、第1回目でコケないように...。1回目でコケてしまいますと、なかなか...」と心配すると、「コケるわけがありません! 大丈夫です!」と文枝から心強い言葉!

また、春野さんの英語浪曲に感銘を受けたようで、万博の大阪誘致活動のため東奔西走する松井知事は、「今はどこへ行っても英語です。それで春から英語の勉強を始めています。まだ『How do you do?』しかしゃべれませんけど」と明かし、文枝に「それだけ言えたら大丈夫!」と太鼓判を押されていました。

20170927102509-f460135aa1e83be698fdf2d17e08711e2aa49071.jpg

会見後の囲み取材には、文枝と松井知事が出席。『大阪文化芸術フェス』はもちろん、『2025年 万国博覧会』の大阪誘致にも力を入れる大阪府に対し、「私も大阪芸能の代表やと言ってがんばります」と文枝。すると松井知事から突然「文枝師匠には、ぜひ『大阪いらっしゃい大使』として大阪を盛り上げていただきたい」という打診が。文枝も「大阪の繁栄を祈って、万博が誘致できるように引き受けさせていただきます!」と快諾。会場が大きな拍手に包まれました。

20170927102547-f61a0c6f1b241380d90e8871936714fe4cc0fcc1.jpg

20170927102613-640a8c11bc27f2f8dbabccf1b7a2ae63685f8c4e.jpg

『大阪文化芸術フェス』各公演の日程、詳細につきましては、「大阪文化芸術フェス2017」公式ホームページをチェックしてくださいね!

20170927103428-3cb3a872fcb089092e8fa7bdd838f059a1064c58.jpg

【桂文枝】【吉田たち】

2017年9月25日 (月)

キタエリアに9年ぶりに新劇場がオープン! 「よしもと西梅田劇場」へ"いらっしゃ〜い"!!

20170925160801-1884369e4e897786f4c68c5900a3fc6f907d7dfd.jpg

吉本興業の11館目となる劇場「よしもと西梅田劇場」が、9月25日(月)、ついに西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)に新たにオープンしました!

20170925160709-fcecfd8aef557d5cbf7d60b0e7e6acff82a08b6e.jpg

記念すべき初日公演前の朝、「よしもと西梅田劇場」にて、吉本興業株式会社会長 吉野伊佐男、代表取締役社長 大﨑洋らが出席し、厳かに神事が執り行われました。その後は、「よしもと西梅田劇場」玄関前で芸人らによるテープカット! テープカットを務めたのは、吉野伊佐男会長、大﨑洋社長、桂文枝、西川きよし、中田カウス・ボタン、西川のりお・上方よしお、Wヤング。くす玉割りを担当するのは、初日公演の舞台を務める芸人たちです。ハイヒールのふたりが司会を務める中、晴れ晴れしい笑顔がこぼれる幕開けとなりました。

20170925160900-96b20b3f18669e2675a06881ed9287e52e467fa5.jpg

続いて劇場内でオープンセレモニーが執り行われました。オープニングアクトを務めたのは、楽器が得意な新喜劇座員や芸人などで結成されたホンワカパッパー隊! 「新喜劇のテーマ」の生演奏で賑々しくスタートしました。しかし、指揮者を務める吉田裕がトランペットを担当する山田花子に疑いの目を。「演奏してました?」と尋ねる吉田に「してたよ!」と突っぱねる花子。「じゃあ聴かせてもらっていいですか?」と促され、花子は「正露丸のテーマ」を演奏しますが、なかなか個性的な音色で...!? 吉田に「全然あかんやないかい! ようメンバー入りましたね!」とツッコまれ、記者陣は大笑い。続いてホンワカパッパー隊の隊長を務める坂田利夫も、「アホの坂田」の生演奏をBGMに登場! 「アホの坂田でございます。嫁はんほしい」と挨拶し、「よしもと西梅田劇場で絶対に探す」との宣言も飛び出しました。

続いては、吉野伊佐男会長による挨拶です。「このたび、日本郵政株式会社様とのご縁をいただき、西梅田スクエアにおいて『よしもと西梅田劇場』のオープンを迎えることができました。9月4日からの工事の開始から非常に短期間にもかかわらず大変ご配慮いただいた関係者の皆さんにまず御礼を申し上げます。ありがとうございました。」と御礼を。「吉本は、大阪のキタの劇場につきましては、梅田花月を9年前に閉館し、9年ぶりにこの梅田の地に『よしもと西梅田劇場』としてオープンさせていただきます。梅田で育った芸人さん、梅田で成功していただいた芸人さん、梅田に熱い思いを持っていただいている芸人さん、たくさんいます。その方々の感慨もひとしおだと思います。近年注目度の高い大阪において、『よしもと西梅田劇場』が大阪の新名所として、吉本の思い、吉本の笑いを皆さまにお届けし、大いに楽しんでいただけるような空間であり、そのような時間を作っていきたいと考えております」と語りました。

20170925160949-c11b69acc97775f34bfa9b3306fefe91f6ccd9b9.jpg

続いて中田カウス・ボタンからの挨拶。カウスは「僕らは梅田花月でオーディションを受け、それから吉本に置いていただいて、初舞台も梅田花月。それから数えてちょうど50周年を迎えます。その記念すべきその年に新劇場がオープンするということですね」と語り、「これもご縁ですよね」とボタン。さらに近年の各劇場の盛り上がりを挙げ、「大阪も、京都も、東京も、埼玉も、千葉もたいへんよろしいです。ライブというものがお客様に見直されたといいますか、テレビではなく劇場というのはそれぞれの芸人さんが本芸をぶつけ合い、その本芸を、お金を出して観に来てくださるお客様に対して思いきりやろうという場所です。『よしもと西梅田劇場』も、皆様にもっと広く知っていただけるようになればと思います」と語りました。

20170925161050-efb64a33861f1f9826ab7a3cafa0189b2fad1303.jpg

また、『よしもと西梅田劇場』オープンを記念して、日本郵便株式会社様よりオリジナルフレーム切手の贈呈式が行われました。日本郵便株式会社 近畿支社 支社長 矢﨑敏幸様より、吉本興業を代表して、吉本新喜劇座長の川畑泰史がオリジナルフレーム切手を受贈しました。オリジナルフレーム切手は、新喜劇の座長の顔をモチーフにしたとても素敵な切手です。川畑は「ありがとうございます!」と大喜びでした。

続いて、「よしもと西梅田劇場」を鮮やかに飾るプランターの数々を手がけた庭園デザイナーの石原和幸からも挨拶が。「お笑いの演芸と、お花の園芸で、"Wえんげい"でたくさんの方々にたくさんの笑顔をお届けするお手伝いをしたいと思っております!」と笑顔。また、初日公演のお客様に、おかえりの際にひまわりの種をプレゼントするとのこと。「ひまわりの花言葉は『笑顔』です。皆さんに『よしもと西梅田劇場』へ足を運んでいただき、ひまわりの種を植えていただいて、たくさんの笑顔を日本中、世界中に発信できればと思います」と語りました。

20170925161132-4a852c31b652fffab887e1b01e690427092ca93f.jpg

オープニングセレモニーを締めくくるのは、桂文枝、西川きよしの豪華なふたり! 桂文枝は「我々にとりまして、梅田に劇場ができるというのは本当にありがたいことでございます」と感慨深げ。文枝も梅田には熱い想いがあり、「私は梅田花月の劇場で師匠を見ている時に、梅田花月の部長さんから『吉本来えへんか?』と声をかけていただいて、その時は本当にうれしかった。『ありがとうございます!』って言うて。その時に、条件とか聞いておいたらちょっとはよかったんでしょうけど(笑)。とにかく出られるのがうれしかったです」としみじみ語りました。「西川さんはどんな思い出があるんですか?」と尋ねられた西川きよしは「昭和41年にコンビを組ませてもらいましたが、それまでは新喜劇の通行人Aの役で、坂田利夫さんがBでした。それに、家内と初めて出会ったのも梅田花月です」と懐かしそうに目を細めていました。そして最後にふたりそろって、「皆さん! 『よしもと西梅田劇場』に"いらっしゃーい!"」と締めくくりました。

20170925161428-d091d54adf32982f5e8f23150dba7983bfb85465.jpg

「よしもと西梅田劇場」は、JR大阪駅、各線梅田からもアクセス抜群! かつて、大阪中央郵便局が"お便り"で人と人とをつないだように、これからは"エンターテインメント"を通じて人と人をつなぐ劇場となってゆきます。エントランスなどあちこちで、石原和幸が手がけたプランターの可愛い花々が皆さんをお迎えします。

20170925161217-09b6d4d0eb336e58325a581a58bff619fd3a57e1.jpg

20170925161452-e2d1c89b60bce50a61ba9f4c7860ff66361a5cc1.jpg

20170925161257-3448df4fdf668274fd31ce4fcb77e074e6052acd.jpg

20170925161337-97b52132e9772fcf5bca7fe78f1d5729750dd3f3.jpg

9月25日(月)から12月20日(水)までは、こけら落とし公演『限定!おでかけグランド花月』と題し、吉本新喜劇や漫才、落語や諸芸など、若手からベテランまで多彩な芸人によるお披露目公演を毎日上演! その後も、海外から招いたエンターテインメントショーなどをラインナップに加え、見どころ満載の公演を上演します!

皆さま、ぜひとも「よしもと西梅田劇場」へ、"いらっしゃ〜い"!

20170925161529-ee43862516a3c25520faef7a792a6bef75aafc6a.jpg

■劇場情報

よしもと西梅田劇場

所在地:大阪市北区梅田3-2-4 西梅田スクエア(第2会場)(旧大阪中央郵便局跡地

座席数:700席

交通:JR「大阪駅」桜橋口・阪神電車「梅田駅」西改札口、地下鉄四つ橋線「西梅田駅」から徒歩約2分

2017年9月24日 (日)

MBS『関西発!才能発掘TVマンモスター』から生まれたダンス&ボーカルユニット チーム・マンモスターが初お披露目ライブを開催!

20170924093320-cad6d9045a6bd03e4f59cf0e7e5cacf3732f7542.jpg

MBSテレビで月曜深夜0:59〜放送中の『関西発!才能発掘TVマンモスター』より、様々な審査を通過した精鋭16名によるチーム・マンモスターが誕生! 9月23日(土・祝)、その初お披露目となるライブ「マンモスターLIVE vo1」がMBSちゃやまちプラザステージにて開催されました。

20170924093351-dc95fffc25ee9e92128b274101b5aa5c88ed7596.jpg

この番組は、関西に眠るマンモス級のスター=「マンモスター」を発掘し、世界で活躍する本格的ダンス&ボーカルグループを生み出し、デビューまでを追いかけるドキュメントバラエティー。MCは『キングオブコント2017』の決勝進出を決めた実力派若手芸人のアキナが務めます。プロデューサー陣に、安室奈美恵や倖田來未などのアーティストの振り付けを手がけてきたRYONRYON.(野村怜花)、そしてYUKI、FUNKY MONKEY BABYS、JUJUなど数多くのアーティストの作曲、プロデュースを担当してきた田中隼人氏、NMB48など様々なアイドルプロジェクトを成功に導いた剱持嘉一氏を迎え、日本のみならず世界へ飛び出す本格的なスターを目指してプロデュース。そしてこのたび、他薦エントリーされた、主に関西の中学生以上の男女1,911エントリーの中から、数々の厳しいレッスンや審査、そして公開選抜テストをも見事に勝ち抜いた精鋭によるチーム・マンモスターが結成されました。

メンバーは、芦田茉奈津、岡畑雛生、金子京平、辻内祈、田中優衣子、戸谷莉里香、長澤翼、狭間愛生、樋口光、南埜巴那、村上元紀、森下翔、森下真帆、吉田悠祐、渡邉梨沙、和田光平の16名。チーム・マンモスターは、その都度オーディションを行い、曲によってそれぞれの個性がいちばん発揮できるメンバーを選出し、変幻自在に活動していきます。今後、LINELIVE、そして海外を含むさまざまな場所でのライブ活動を展開します。

20170924093418-df0c88bdee5d6b586c9fb2690c177e43af30250d.jpg

初お披露目となったこの日のステージには、番組MCを務めるアキナ、プロデューサーのRYONRYON.も出演。アキナは、番組がスタートした今年7月からマンモスター候補生たちの奮闘ぶりをVTRで応援してきました。それだけに、秋山は「僕らがまずマンモスターのファンです」と、この日初めてメンバーたちと対面するのを楽しみにしている様子でした。

20170924093449-e127648f791b24a277430c09b52872d25bd36215.jpg

いよいよお披露目ライブの開幕! ファーストステージは、ガールズユニットA(辻内祈、田中優衣子、芦田茉奈津、岡畑雛生、樋口光)によるステージ。少女時代の『LOVE&GIRLS』、2NE1の『I AM THE BEST』を披露。キュートさとクールさを備えた熱いパフォーマンスで会場を盛り上げます。

20170924093507-371ad73cd3bd5e88778c9ba550dc4c0b6a592b9a.jpg

秋山は「堂々としたパフォーマンスで、僕らも前の席で見てましたけど、かっよかったです! すごい!」と大絶賛。「もともと持っているポテンシャルはもちろんですが、そこから磨きをかけたんですね」と感心していました。

20170924093533-3166f4e8afbffa2e423e762c8dd6054d3bd7ff54.jpg

セカンドステージは、ガールズユニットB(森下真帆、南埜巴那、戸谷莉里香、渡邉梨沙、狭間愛生)によるパフォーマンス。少女時代『Catch me if you can』、TWICE『Like OOH-AHH』をお披露目しました。

山名はひたすら「すげーな! 完璧なステージでした。楽しそうやった」と感心。秋山も「勢いが止まりません!」と興奮。

20170924093625-cbdb562072275ec7f6dae5533d30ae4ed6b4df87.jpg

ガールズユニットの締めくくりは、女性メンバー全員によるパフォーマンス。この日、リーダーを務めた狭間愛生からコメントがありました。「私たちは、年齢層もバラバラで、最初はバラバラの夢を持っていました。でも今はみんなで、世界で活躍できるユニットを目指しています。この数カ月間で仲も深まりました」と、よきライバルであり、よき仲間であることを語りました。最後のパフォーマンスは、TWICEの『SIGNAL』。

20170924093746-009d189d9fe4b6a46d68a87ea669284ca3052839.jpg

メンバーのパフォーマンスを初めて生で観た秋山も、「日々がんばってきたのがひと目でわかるパフォーマンスでした」と感慨深げ。メンバーを時には厳しく、時には優しく、大切に育てているRYONRYON.も、「泣きそうになりました」と感無量の様子。「でも、みんなもっと輝きます。もうちょっと上を目指したい。みんなの才能を伸ばしていきたい」と語りました。森下真帆は「練習する目標があるからこそがんばれました。今日のステージに立てて、すごくうれしかった」と笑顔。

20170924093841-15214d7655fb5ec36338db41421fe27e5ef1569b.jpg

続いては金子京平、長澤翼、村上元紀、森下翔、、吉田悠祐、和田光平という男性メンバー6名のパフォーマンスです! 防弾少年団の『BOY IN LUV』、BIGBANGの『BANGBANGBANG』を続けて披露。

秋山は「かっこいい〜!」と感激し、「皆みたいな感じに生まれたかった」とポツリ。山名も「すごすぎて笑けることってあると思うんですけど、まさにそれでした」とクオリティーの高さに驚くばかりでした。山名が以前、あだ名を「子羊」と名付けた金子京平でしたが、この日の素晴らしいパフォーマンスに「成人した羊になってる」と感心。そして男性全員に「セクシーになっていってる」、秋山も「ほんまに、みんな色気あったよ。自信持って、もっと人を惹きつけるエロいオーラを出して欲しい」とのこと。これを受けてRYONRYON.も、「ダンスはエロかっこいいなので、もうちょっと引き出したいと思います」と語りました。

20170924093929-7816a014b8aa1567be38f5d93e46774e16de2a37.jpg

続けて防弾少年団の『血、汗、涙』、SHINeeの『Everybody』をパフォーマンス。この日、ボーイズユニットのリーダを務めた長澤翼は「短い期間ながら、すごく濃密な時間を過ごさせてもらったのも、マンモスターのオーディションがきっかけですし、何よりこうして観に来てくださる皆さんが支えになっています。冬のデビューに向けて突っ走っていきますので、引き続き応援をよろしくお願いします」とご挨拶。flumpoolの『World beats』で締めくくりました。

20170924094022-7cc8f9c646f18c8ed5fc88b2c97267ad0392d88f.jpg

20170924094046-d5c96fdc86fdd49ad59684c5f1eaf179369a6576.jpg

秋山と山名は「最高のパフォーマンスでした」と改めて感激。RYONRYON.は「ここまでやってきて、初めて皆さんの前でお見せすることができ、ありがたく思っています。これからもみんなすごく努力して、これから世界に向けてまだまだがんばっていきます。才能がたくさんある子達なので、私含めスタッフ一同、がんばっていきたいと思いますので、よろしくお願いします」と挨拶しました。

20170924094114-84c4f72646820a19edb47ed399c8c56953fdef43.jpg

「マンモスターLIVE」終了後、アキナのMCの元、記者会見が行われました。

プロデューサーのRYONRYON.は「4月からオーディションが始まり、番組が7月から始まって、1911エントリーの中から選ばれた16名のメンバーが登壇させていただいています」と改めて紹介。秋山にチーム・マンモスター16名の評価を尋ねられたRYONRYON.は、「可能性をたくさん秘めているメンバーを選出していますし、さまざまな課題をしっかりクリアでき、なおかつ人間性、アーティスト性があるメンバーを揃えているので、必ず実現していきたいと思います。ここまでは第一段階で、これからは第二段階。本物になってもらうため、これまで以上の厳しいトレーニングを積んでいただこうと思っています」と熱を込めて語りました。

20170924094148-37afa51f4834d2048728fda03f7663a329d1b841.jpg

メンバー16名からは、この日のステージの感想が。

20170924094236-fe8e90610beece316081368b97a66cf2a49d7683.jpg

吉田悠祐は「今日のライブはすごく楽しくやらせていただきました。今後はステージやアーティスト性をもっと磨いて本物のアーティストになるとともに、僕個人の活躍の場をもっと広げていきたいと思います」。

20170924094300-c50c8bf4cb35c61e8cb1c3eeb98288794514317c.jpg

長澤翼は「これまでレッスンを積み重ねてきた中で、今回、初めて披露という形になりました。僕たちも、ゼロから改めてスタート地点に立つということで、もう一度気を引き締めて、もっと成長して世界を目指していきたいです」。

20170924094417-bb0e6100aa8cdd3325a06d1c49732fe14996f1ac.jpg

村上元紀は「今日のライブは全力で挑むことができました。でも、また新たな課題も見つかったので、それをクリアするのが今後の目標だと思っています」。

20170924094441-d2fe48abd91eae0a588ec2698dad66dee7d4c2fa.jpg

和田光平は「今日は記念すべき日でした。でも、正直自分の中で納得いかない部分があるので、この先は今日の反省点を生かして精一杯自分を磨いていきたいと思います」。

20170924094510-5518b533996461d27448a0f8c7a2141222a9e52f.jpg

森下翔は「今日のライブは、全力でできました。でもライブの途中で機材(音声装置)が落ちてしまったので、プロとして、そういう場合のハプニングの対応力をもっと身につけていかないとなと思いました。また、ライブ展開をもっと創り上げて挑みたいと思います」。

20170924094543-37d91266091dd58aa70c3b3bf2db2133f34f7fbe.jpg

金子京平は「全力を出せたけど、自分の中でミスがあったり、チームとしてもまだ改善できるところがあるのでそこをもっと突き詰めていきたいと思います」。

20170924094614-d21a35b145b92c58a85dcc2d7b3ca7cdabed3da0.jpg

森下真帆は「本当に、ここからがスタートだなと改めて感じました。すごい楽しい気持ちと、ここからもっと自分自身がんばっていかないとと気を引き締めた一日でした」。

20170924094643-32f6d100940fc0683c6f39006243810319702acb.jpg

戸谷莉里香は「今日は、何よりも『楽しもう!』と思って朝から準備していました。いざステージに立ち、やはりお客さんひとりひとりの笑顔を見て、本当にここからが勝負やなと改めて痛感させていただきました」。

20170924094714-b033d70d3426cd7f56544f22488117a2d0614af1.jpg

南埜巴那は「初ステージでは、今までの課題の発表のとき以上に緊張したんですが、これからたくさん人前に出させていただくことになりますので、毎回、私自身が課題を見つけて取り組んでいけるようにがんばります」。

20170924094748-6966528a795ef672e4c46dab606a7351faffa162.jpg

渡邉梨沙は「すごく緊張したのですが、この日を楽しみにみんなで集まって練習してきました。ステージはすごく楽しかったです。これからはプロとして、お客さんひとりひとりの顔を見られるような余裕を持ってステージに立てるようにがんばりたいです」。

20170924094822-75e35600fdf0ea19968871ffcdb45744e6efa8d3.jpg

岡畑雛生は「今日、初めてのライブで、すごく緊張しました。めっちゃがんばって練習したけど不安が残っていて今日まで不安だったんですけど、世界で活躍するにはこんな気合いではダメなので、もっとイチからがんばります」。

20170924094854-974ca8b443bf8a6df11e136148a1c6bde992eafc.jpg

田中優衣子は「今日、初めて16人でのライブをやらせていただき、私の中では楽しく発表できたと思っています。でもまだ技術面で皆さんに追いついていない部分があるのでプロとしてやっていけるように自分を成長させていきたいです」。

20170924094930-ed35a09ffc4a8853015844e743065cac158b5598.jpg

辻内祈は「今日はすごく貴重な経験をさせていただきました。これからがまたスタートなのでもっとがんばりたいと思いました」。

20170924095046-f3c2184d2ed54ac40ccae188d95aa04e76375bec.jpg

芦田茉奈津は「今日、女性メンバーで発表させていただいた曲は、選抜テストの曲や初めて課題でいただいた曲でもあったので、初心を思い出したり、これまでみんなでがんばってきたことを思い出し、楽しみながらパフォーマンスできました。でも、もうちょっとお客さんも一緒になって、この雰囲気を味わえたらなと思ったので、もっとみんなでがんばっていきたいです」。

20170924095110-3d9e07b942f99dd108f1a855c5caba8430f7042a.jpg

狭間愛生は、「ダンスも歌も楽しめたんですが、もっとお客さんに目配りできたかな? という課題も出てきました。次はそこを改善していきたい。次回は本番にもっと強くなり、お客さんも巻き込めるように上を目指していこうと思います」。

20170924095138-845640c8180e71a0cce5f758d7657dbcec149792.jpg

樋口光は「始まる前は不安で仕方なかったんですが、もっと本番も楽しんでやってけるようにならないといけないと感じました。がんばりますのでよろしくお願いします」。

それぞれ、精一杯のパフォーマンスをお客さんに見てもらうことの喜びと、ライブを創っていく上での課題を新たに見つけたようでした。

20170924095244-e81be96ff0485cf33523e5506b1864223299f0e7.jpg

RYONRYON.は、メンバーに対して「自己反省が多いところもありますが、私の中では、与える方々に十分なパフォーマンスを見せていきたい。それがチームとしてできるように、マインドづくりも含めた上で"与えられるアーティスト"になってほしい。皆さんの自己反省を踏まえた上で、次の段階へ。来週もライブがあるので、1週、1週をキーポイントにしていき、彼らの成長を見ていただきたいと思っています」と期待をかけていました。また、今後の展開を「まずこの16人を核として育て上げることにより、その後は『チーム・マンモスター』を増やしていきたいと考えています。10年後、15年後、100年後も続くものをつくりたいと思ってこのプロジェクトを始めたので、その始まりとなる16名だと思っています」と語りました。

20170924095303-89f6fea2142543835b9fba15209e9ff6b95b7cda.jpg

先日、来年9月16日をもって引退を発表した安室奈美恵さんが14歳だった頃から付き合いがあるRYONRYON.が、安室奈美恵さんとのエピソードを語る一幕も。最近では、安室奈美恵さんの2013年のツアーで振付師として共に過ごしたそう。「安室奈美恵さんには驚かされることが多々あった」そうで、「ダンスを覚えるのがプロのダンサーよりも数倍速かったですし、エンターテインメントにおける勘がかなり高かったです。あと、人間性、人柄、礼儀、姿勢も含め、素晴らしい人物だと思います。それが14歳の時から一切変わらない。私自身も尊敬しています」と、やはり唯一無二の才能を感じていたよう。「マンモスターの中には14歳のメンバーもいますし、またひとつの時代を担ってくれるような逸材が育っていってほしいと望んでいます」とRYONRYON.。「これまで安室さんをはじめ、他のアーティストさんも担当してきましたが、何ひとつ変えないのが私のやり方。マンモスターの皆さんも輝き、才能を花開かせてくれると信じています。そこに向けて、スタッフ一同取り組んでいきたいと思っています」と語りました。

今後、世界での活動に向けての特技を尋ねられた際は、吉田悠祐は「英語落語」、戸谷莉里香は「英語暗唱」、渡邉梨沙は「韓国のファッションやメイクが大好きなので、韓国語を勉強中」と笑顔で語りました。

20170924095348-f188bfb7a171d30cb7258bc995806d08d3efa462.jpg

今後もチーム・マンモスターは、MBSちゃやまちプラザステージにて無料ライブ「マンモスターLIVE」を定期的に行っていきます! 近日開催されるライブは9月30日(土)17:00〜。彼らのパワフルなステージは、一度観ると何度でも見たくなる迫力です。ぜひお越しください!さらに、「マンモスターLIVE」終了後は、「マンモスターLINELIVE」も配信! 吉本の若手芸人がMCとなり、チーム・マンモスターのフレッシュな素顔が垣間見られる内容となっているのでぜひともチェックしてくださいね。さらにさらに! 将来、海外で活躍するために、11月には海外に飛び出しライブを予定! これらの詳細は、後日、番組公式HP(http://mammostar.jp/)にてお伝えします!

会見の後、メンバーを代表して4名のマンモスターにインタビュー! 今後の意気込みを訊きました。

20170924095436-46fb66f20308638faaf0555631ce4c3d21ccd377.jpg

芦田茉奈津は、E-girlsの『ごめんなさい kissing you』のMVでバックダンサーを務めた経験のある18歳。「今日のお客さんの中には、それぞれのメンバーのご家族やお知り合いが多かったと思うので、今後は自分たちのファンに来ていただけるように知名度を上げていきたいです。このステージで満足せず、もっと大きなステージに立ってパフォーマンスができるようにがんばっていきたいです」とにっこり。今後、海外での活動も予定されていることについては、「私は小さい頃から、海外に行くなら絶対にこういったお仕事で行きたいと決めていて、ずっと海外に行くのをガマンしていたので、海外でパフォーマンスするチャンスがあると聞いた時は本当にうれしかったです。1日、1日無駄にせずがんばっていきます!」と意気込んでいました。

20170924095459-0eef18ddae514307347523ef9c318de85c10c6ef.jpg

男性チーム最年長、23歳の長澤翼は、一期生オーディションで落選したものの、二期生オーディションでリベンジを果たした努力の人。その勢いに乗り、チーム・マンモスターの切符をもぎ取りました。「とてもありがたい環境の中でパフォーマンスをやらせていただき、どんどんこういった機会を積み重ねていきたいです。今日は100名というお客さんの前でやらせていただきましたが、僕らを応援してくれる方のなかで『行けなくて残念』と言ってくれる方もいたので、そういう方にも見ていただける機会をつくり、大きなステージで見ていただけるように成長していきたいです」とファンにうれしいコメント。海外で活動を見据えては「海外は高い壁があると思うので、それに負けないように、毎週ライブをやらせてもらえる環境を大切にして成長していきたいと思います」と気合十分。

20170924095532-98bcf32aedbe902402de2b523c5e47a8acba8827.jpg

男性チーム最年少、17歳の村上元紀は、キレが抜群のダンスでマンモスターでも一目置かれる存在。パフォーマーとしてはもちろん、ファッションにも興味があり、将来はブランドを立ち上げるなどアパレル活動もしていきたいとのこと。今日のパフォーマンスについては「スタート地点に立ち、ここから発信していくんだと改めて自覚しました。でも、今日はまだ100人の方々を僕らの雰囲気に飲み込めなかった部分があるので、今後はレベルアップも必要だと思いました。今回、皆さんの前でパフォーマンスをやらせてもらったことで、ステージングや後ろを向いた時の立ち姿を意識するというのは、普段のレッスンだけではなかなか習得できていなかったなと感じたので、課題に向き合っていきたいです。だけど今回のライブは、今の僕らの全力を出したので後悔はないです」と力強い言葉。海外で活動するチャンスが目前に迫る今、「日本で味わえないことが、海外にはあると思うんです。修学旅行で海外に行った時も、少しだけダンスをした時、日本では味わえないリズムを感じたので、今後は課題に向き合ってきちんとマスターし、海外へ行ける時には得ることができる全てを吸収できるスペースを作っておきたいです」と語りました。

20170924095611-fa621d299e6bea11f67e0ea51eee68054ff521c4.jpg

渡邉梨沙は、USJのパフォーマーの経験がある22歳。ボーカリストとしてのスキルも高く、二期生オーディションで「即戦力になる」と高評価を受けた実力の持ち主です。「私は三代目 J Soul Brothersさんと、EXILEさんの全国ツアーでバックダンサーとして参加した経験があり、その時、大きなステージでダンスをしてすごく楽しくて、『次はいつか、私のパフォーマンスを観に来てくれるようなステージに立ちたい』という強い思いがありました。今日、100人のお客様が私たちを見るために集まってくれたので、今日はその第一歩だなと思いました」と目を輝かせていました。渡邉さんも海外での活動には興味津々。「言葉が一番の壁だと思うんですが、私も海外のアーティストさんの曲を聴いたり、ダンスを見た時、言葉の意味はわからなくても『好き』と思うことがあります。だから、言葉だけではなく、表現として伝わることは必ずあると感じています。海外でパフォーマンスできるとしたら、現地の方の心に残るようなダンス、歌、表現が与えられるように成長したいと思います」とのこと。

驚くほどに急成長を遂げているチーム・マンモスターのメンバーたち。彼らの成長を、番組で、生のライブで、LINELIVEでぜひともチェックしてくださいね!

20170924095711-1ec8c7bbcc2062c0b6aad03151517dde130fb320.jpg

■ライブ情報

「マンモスターLIVE vol.2」

日時:2017年9月30日(土) 17:00〜

場所:MBSちゃやまちプラザステージ

出演:チームマンモスター

「マンモスターLIVE vol.3」

日時:2017年10月7日(土) 17:00〜

場所:MBSちゃやまちプラザステージ

出演:チームマンモスター

■番組情報

MBS 『関西発!才能発掘 TVマンモスター』

毎週月曜 深夜0:59〜 放送

番組MC:アキナ、RYONRYON.(野村怜花)

http://mammostar.jp/

【アキナ】

2017年9月13日 (水)

桂文枝の「淡路島創作落語三部作」が楽しい絵本に!井戸兵庫県知事を訪問し原版を寄贈「淡路島、そして全国の子どもたちに読んでもらいたい」

「淡路島名誉大使」を務める桂文枝が手がけた「淡路島創作落語三部作」が、8月28日(月)、『桂文枝の淡路島らくご絵本』(ヨシモトブックス)となって発売されました。淡路島の風土や食べ物など、多彩な魅力を楽しくわかりやすく多くの子どもたちに伝えようと、文枝と新進気鋭の絵本作家たちがタッグを組んで作り上げた3冊は、いずれも個性豊かな作品揃い。9月13日(水)には、発売を記念して文枝が兵庫県庁を訪問し、井戸敏三兵庫県知事と面談。その後、発売発表記者会見を行いました。

20170913181246-f5b0e6e22bf7bf7ec5192a9d175b8acece9e16be.jpg

知事応接室で井戸兵庫県知事と面談した文枝は、堅い握手を交わして歓談。「淡路島の子どもたち、そして日本の子どもたちに淡路島を知ってもらえれば」と期待を込める文枝に、井戸知事も「楽しい絵本ができましたね」と笑顔で感想を述べます。これまでも文枝の創作落語が絵本化されたことはありましたが、今回は絵本作家さんが手がけており、子どもが読みやすい内容に。熱心にページをめくる井戸知事からも、「かわいらしい絵ですね」とお褒めの言葉をいただきました。

20170913180607-9fc34fcde5b0a1540d070787a6000a9dccb5b5b7.jpg

ここで、文枝がこれら3冊の絵本の原版を寄贈。目録を受け取った井戸知事は、「淡路島の宝にさせていただきます」と感謝の言葉を。

20170913180710-762827eab91d728d0647fdda8896146bd89fc7b3.jpg

そして今度は井戸知事から、文枝への感謝状が贈られました。

20170913180745-87580a113fce9424eea39a29612197840d96e949.jpg

歓談中には、「淡路島にいらっしゃい協議会に続き、(来夏オープンする落語の定席『喜楽館』がある)新開地へいらっしゃい協議会もぜひ作って」と文枝がリクエストする場面も。井戸知事も「さっそく立ち上げないと」と応え、この後も話は尽きない様子でした。

面談の後は、文枝が記者会見に出席。絵本発売の感想をきかれると、「(淡路島の創作落語を)せっかく作ったので、淡路島の子どもたちにも知ってもらいたい。そのままでは絵本になりにくいので、落語をベースに、絵本作家の方々に作っていただいたら、非常に面白い絵と文になった」とコメント。『たまねぎの王者ターザン』は、20年ほど前に淡路島で「ターザン」というタマネギの銘柄があることを知り、「面白いな」と思ったことから着想。「勇ましい名前やなと思って、いろんな野菜を助けるという話にした」と説明します。『神さまのさがしもの』は、淡路島に伝わる「イザナギとイザナミ」の伝説にちなんだもので、「イザナギとイザナミ以来、神様が代々淡路島を見てきたが、たくさんの人が来てひとりでは見切れないからと、新しい神様をよこしてもらう話。その神様が、上から見ているうちに島へ落ちてしまうんです」。落語では大人の七福神が登場した『恋の七福神』は、キャラクターを子どもに変更。「神様にも子ども時代があったという発想が面白い」と文枝も絶賛する出来栄えとなりました。「ぜひ淡路島、そして全国の子どもたちに読んでいただきたい。淡路島の図書館、学校には寄付をさせていただいた。絵本を読んで、皆さんに淡路島へ来ていただければ」と呼びかけます。

20170913180832-f9c04048c49b152043cf9e231c368422d25bee6a.jpg

質疑応答では、「淡路島のいちばんの魅力は?」との質問が。「いろいろありますが...」と前置きしつつ、歴史と文化、食べ物を挙げた文枝。一方で、「淡路島は大きい島ですから、いろんな名所が点在していて、回るのがなかなか難しい」とも。効率よく回れるルートや手段ができれば、もっと観光が発展するはずだと語りました。また、遅くまで遊べる、食事ができる店が少ないことも感じており、「もっともっと、お店をはじめ遅くまで遊べるようなものができればいい」と提案を。

「絵本を通じて子どもたちに伝えたいことは?」との問いには、それぞれの絵本に込めた思い、テーマを紹介。『たまねぎの王者ターザン』では、「しゃべらない野菜にも、それぞれの思いがあるんだよ、と。だからモノを大切にしようということを伝えたかった」そう。『恋の七福神』『神様のさがしもの』はいずれも神様が登場する物語であり、「どんな辛い時でも、神様がいるんだよということ。淡路島は国生みの島といわれ、古い歴史と伝説がある島ですので、子どもたちにそういうことを知ってほしい。誇りに思ってほしい」と話しました。

20170913181006-583449deeb09d1c00621cf370f7c9f32d5a359bc.jpg

井戸知事との面談で「新開地へいらっしゃい協議会」の設立を提案したことから、「淡路島と新開地をどのようにつないでいきたいか」ともきかれた文枝。「喜楽館をやっていくうえで、淡路島から来ていただくのもさることながら、我々の方が淡路島に出張できるよう、淡路島の人にも落語を味わっていただけるような場所を作っていただけたらなと思っています」と答えていました。



【桂文枝】



● 書籍情報

文枝の淡路島らくご絵本


『たまねぎの王者ターザン』

原作:桂文枝

文:ひろただいさく

絵:すずきみほ

『恋の七福神』

原作:桂文枝

文:ひろただいさく

絵:ひろたみどり

『神さまのさがしもの』

原作:桂文枝

文:ひろただいさく

絵:田中六大

☆ 淡路島を中心とした一部書店、ネット書店で好評発売中

価格:いずれも1200円+税

発行:ヨシモトブックス

発売:株式会社ワニブックス

2017年9月11日 (月)

「なると島田島ハーフマラソン with 新喜劇」開催決定!寛平&めだかが伝説のギャグ「サルと猫」で鳴門を笑いの渦に

徳島県鳴門市市制施行70周年を記念し、来たる12月3日(日)、よしもとと鳴門市の共催で、ハーフマラソン大会を開催することが決定しました。「なると島田島ハーフマラソン with 新喜劇」と題し、間寛平、池乃めだからが沿道からランナーを応援するほか、大会当日には鳴門市文化会館にて「吉本新喜劇」も上演。1日を通してスポーツと笑いの両方を楽しめるイベントとなっています。9月11日(月)に開かれた記者会見には、寛平、めだか、石田靖、川畑泰史が出席。大会の詳細や、それぞれの意気込みなどが語られました。

20170911181502-b45c6c4a10c4963016cf63d0f6d3e3ff6167b731.jpg

会見の司会を務めるのは川畑。

20170911181723-51e47e7a7abe0219de50f0657fbf6b5850e2198a.jpg

まずは、鳴門市長・泉理彦さんが挨拶に立ちました。イベント会場となる島田島は、四国の北東端に位置しており、「昔ながらの農村、漁村の島で、初夏には古代ハスが咲くことでも注目されている」そう。マラソンコースからは、世界最大級の渦潮で知られる鳴門海峡と、その反対側にあるウチノ海を臨むことができ、「動と静の両方を楽しめる。高低差110mというタフなコースでもあります」と説明しました。

20170911181558-d85a313cff6b2741d52057d41fc6a9a416a86ad7.jpg

なお、ハーフマラソン参加者には、当日の出演者のイラストが入った大会オリジナルTシャツをプレゼント。9月23日(土)より参加エントリー受付がスタートします。詳しくは、大会公式サイトをご確認ください。

続いて、マラソンといえばこの人、よしもとの鉄人・寛平も挨拶を。以前、仕事で鳴門競艇場を訪れた際、同イベントの構想を聞いたとのことで、「本当にやるのかなと思っていたが、今回、実現することになり、よかったなと思っている。(鳴門市は)大阪から近いから、盛り上げなアカン」とニッコリ。また、新喜劇には盟友・めだかも出演するということで、「これはいける! 『サルと猫』やらなしゃーない!」とも。「めだかちゃんのお尻がアバアバなるぐらい、鳴門を笑いの渦にします」と、近年、なかなか見られなくなっているレアな絡みを、惜しげもなく披露することを誓いました。

20170911181820-87c40f42d5521c9769931deb3094534c7bb26da8.jpg

「ボートレース鳴門PR大使」を務めるめだかは、「寛平ちゃんと長年にわたって一緒に仕事をしてきたが、世界のあちこちでお叱りをうけている」と苦笑い。ローマ法王も訪問したというイギリスの寺院で「
サルと猫」を繰り広げた時は、先方を怒らせてしまったとか。逆に、ニューヨークの空港で入国審査官を爆笑させたこともあり、「そんなふたりが揃って行けば、面白いことが待っている。新喜劇で、地元の皆さんに喜んでもらいたい」と話しました。


20170911181908-41b316790bd9604ec74e9bb099bb29044055d60d.jpg

石田靖も鳴門市には縁が深く、「鳴門市文化会館名誉館長」と「鳴門市阿波おどりPR大使」を兼任。就任以来、さまざまなイベントに参加してきましたが、「今回は初めてのハーフマラソン大会。ハーフなら、僕も参加しようかな」と、その場でいきなりの出走宣言! 「12月に海沿いでずっと応援するのは寒いから、走ったほうがええかなと思って(笑)。一緒に参加して盛り上げます」と理由を明かしていました。

20170911181949-6b1cbafcc70536c5ff007c2f411f979c83a72022.jpg

完走後の石田も出演する新喜劇は、15時30分からと18時からの2回公演。出演者は寛平、めだか、石田、川畑をはじめとする新喜劇メンバーのほか、矢野・兵動 矢野や麒麟・田村、月亭八光、なかやまきんに君、「鳴門市文化会館所属芸人」ずばり!タコ介など、ココでしか見られない顔ぶれが勢揃いします。ハーフマラソン参加者は、一緒に来られるファミリーを含め5名までが割引価格で観劇できるといったサービスも! チケットは、9月23日(土・祝)から各プレイガイドおよび鳴門市文化会館などで発売されます。

最後は寛平が改めて抱負を。「2回目、3回目と続くよう、気合を入れてやっていく。100%、いや120%、140%の力を入れて頑張るので、よろしくお願いします!」と呼びかけました。

質疑応答では骨折の治り具合についてきかれ、「絶好調です! サルも140%でできます!」と回答、快調にボケまくった寛平。一方のめだかは「あんまり暴れんといて」と及び腰...!? 「サルと猫」は一部の劇場でNGが出るなど、「最近は、やらんといてくれと注意されることが多い」(寛平)そうですが、泉市長からはGOサインが出たことでひと安心。「思いきりやりますわ!」と早くも燃えていました。

20170911182121-fd4acfe24881f54717e22bd9bd212eae0dc6a8fc.jpg

石田がハーフマラソン出場を決めたため、川畑にも「走らないのか?」との質問が。「僕は新喜劇に懸けているので。これだけのメンバーをまとめるためには、前の晩から準備するぐらいでないと」と断固拒否した川畑でしたが、石田が走ることについては「石田さんは、疲れているぐらいがちょうどいい暴れ具合になる」と歓迎していました。

20170911182203-d3d05f576b722a89c83ea2be9eea21667701ee62.jpg



【間寛平】【池乃めだか】【石田靖】【川畑泰史】

2017年9月 7日 (木)

豪華な登壇者を迎えて「京都国際映画祭2017」開催概要発表会見を開催! オープニングセレモニーは西本願寺南能舞台で!!

20170907001647-de607c00e8dcfc8eba49edfca0569ca05db8c6bf.jpg

9月6日(水)、よしもと祇園花月にて「京都国際映画祭2017」の開催概要発表会見が行われました。「京都国際映画祭」は「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぐ映画祭。「映画もアートもその他もぜんぶ」というほかにはないテーマを持ち、今年10月12日(木)〜16日(日)の開催で4回目を迎えることになります。今回のキャッチコピーは『京都三泊四日。』というもの。京都の街に新鮮な驚き、感動のステージを創り上げます。

20170907001842-166bb7828748e43d4ddcf0027648b0287c684276.jpg

ステージにはMCの木村祐一、KBS京都の平野智美アナウンサーが登場です。京都国際映画祭のテーマや今年のキャッチコピーについて説明されました。木村は「(映画祭への)地元のみなさんの期待度、浸透度を感じる」と話したあと、「京都には言われたくないことを知ってる人もたくさんいる」と笑いを誘います。 

20170907001932-2c8f450092789332c42f6b8d5e15ef94c27ffe0a.jpg

最初は門川大作京都市長の挨拶です。「文化で全国を元気にしていこう、京都が、この映画祭がその拠点になれば」と話し、来年は明治維新150年であること、第一回の万国博覧会が西本願寺を中心に行われたことなどに触れ、「市民みんなで応援し、楽しませてもらいたい」と語りました。

20170907002011-7eaaad013d6837a2f12a0f9c74a7771906439917.jpg

続いて京都府 商工労働観光部 観光政策監 古川博規氏が登壇。府立植物園や大学などと連動して、ワークショップやアート展などを行っていること、日本初上映の台湾映画などについても話し、「みなさんに楽しんでいただければ」と挨拶しました。

20170907002051-31fd5b2d13e9a48f2bc0cc83387bd47fb5d2ee23.jpg

京都国際映画祭実行委員会 名誉委員長の中島貞夫氏は「京都は映画の故郷、新しい波が京都から起こって欲しい、という気持ちで参加させていただいている」とコメント。映画の楽しさを味わってもらいながら、新しい映画づくりをもう一歩、二歩進めるためにはこの映画祭の成功が必要であることなどを話しました。

20170907002135-c76eb5b55019ff5467dfa7e9409413c8ad075f24.jpg

続いては、京都国際映画祭実行委員会 実行委員長の中村伊知哉氏の挨拶です。西本願寺を始め、岡崎公園、植物園など京都らしい場所を使うこと、さらにアニメ100周年など新しいイベントも盛り込んでいることをアピール。「3泊4日の間、世界中のみなさんに楽しんでいただきたい」と話しました。

 

そして、改めてオープニングセレモニーが世界文化遺産「西本願寺」の重要文化財でもある「南能舞台」で開催されることが発表されました。去年の二条城もビックリしたと木村。まさか今年は西本願寺の能舞台に上がれるとはと驚いた様子で話しました。

20170907002235-416b6ac769b8b26fcbfcacb464ae52b214a3407d.jpg

西本願寺 本多隆朗執行長は「大変ありがたく、ご縁の深さを感じている」と話し、この映画祭が新たな展開になることを喜んでいるとコメント。そして「レッドカーペットは国宝の唐門をバックに歩いていただくことも考えている」と発表しました。さらに1909年に西本願寺で映画に関するイベントが行われたエピソードを披露。西本願寺は時代ごとに文化、芸術と向き合い、育ててきた歴史があることを話し、京都国際映画祭を全国、全世界にアピールできる素材と思っていると話しました。

20170907002320-d701e8751dcba06b347d87e2f7eec328117387d7.jpg

続いては映画部門についての説明です。ステージには京都国際映画祭総合プロデューサー 奥山和由氏が登壇。過去三回以上のプログラムの充実ぶり、アニメ部門が新しく発足、さらに目玉として「火花」がワールドプレミアで上映されることをアピールしました。そして個人的に「五社英雄監督特集」を切望していたことを告白。厳しく教えられた過去のエピソードを披露し、原点を見直すということも大切、原点という意味で「五社英雄監督特集」が実現したことを話しました。

20170907002441-054eb76b2e2c0bde3f6b7684afcfbf398a63918a.jpg

20170907002613-b8561a5731ac50d6f2f4f0394a348ab7cdfb6813.jpg

ここから「映画部門」各賞の紹介です。日本映画の父と呼ばれる故・牧野省三監督を偲び、1958年に創設されたのが「牧野省三賞」。昨年からは発表、授与式を京都国際映画祭で行なっています。今年は西本願寺南能舞台で行われるオープニングセレモニーで発表されます。続いては「三船敏郎賞」について。戦後の日本を代表するスターであり、その日本人離れしたアクションは、世界の映画表現・演技において革命的な影響を与えてきました。その三船敏郎の名前を冠した同賞は、国際的な活躍を期待される俳優に贈られます。こちらも今年の受賞者が10月12日(木)のオープニングセレモニーで発表されることが伝えられました。

20170907002531-10d3f2a20f195139d99a9520ae3c65ed4b3cdf2a.jpg

続いて「上映される各部門」の紹介です。「特別招待作品」は、京都国際映画祭2017以降に公開予定、日本未公開の海外作品など、刺激的な作品をゲストの参加とともに紹介します。

20170907002715-a5f33143b3e82bcb4b0d0e9d67533f1df452946e.jpg

続いては第2回沖縄国際映画祭からスタートした「TV' DIRECTOR'S MOVIE」です。テレビ局と吉本興業によるこの共同プロジェクトは、既存のジャンルにとらわれない意欲的な作品創りを目指したもの。沖縄に続き、充実した作品の数々をいち早く、一挙に上映するプログラムとなっています。

20170907002827-96d6a618b2c8207e7b6aa76fba0bd63112c495fd.jpg

「サイレント クラシック映画」は、日本の映画発祥の地「京都」ならではの温故知新な映画体験を発信する京都国際映画祭のパーマネントカテゴリー。活弁や演奏を交えて上映される作品、デジタルで修復され、鮮明な画像を楽しめる名作、さらに芸人が活弁に挑戦するなど、ライブ感あふれる映画体験ができるプログラムです。

20170907003002-76cac550c9d8f728b841846b67c3201d64560052.jpg

20170907003047-5afe19a7175e6a48e626755e7902d0799f6c9a57.jpg

一人の人、一つのテーマなどにスポットを当てるのが「特集上映」。「五社英雄特集」では、没後25年を経て、今なお注目を集め続ける名監督・五社英雄氏の初期から晩年までの作品を、関係者の貴重な証言なども交えて紹介します。

20170907003154-d47d51778ad7269613298937d8cc6300ebaa313e.jpg

「内田裕也 ロックンロールムービー」は、毎年京都国際映画祭を盛り上げてくれるロックンローラー・内田裕也氏ならではの視点で作品を紹介していきます。

20170907003255-c9ef0b5701f689167a6d78305044da16c1d6ded2.jpg

「映画祭連携企画」は京都で行なわれる様々な映画祭、イベントと手を組み、作品の紹介上映を実施するなど、映画の街「京都」を盛り上げる企画です。

20170907003428-ebbb39ff2e98d3ab54e84b7ab7ab27145a402a5b.jpg

「京の映画」は「京都」を"人"、"場所"などいろいろな視点から紹介する、京都にゆかりのある作品を紹介します。

2014年から京都国際映画祭の会場として使用されていた元・立誠小学校の竣工が1927年、同じ年に「忠次旅日記」も公開されました。今回事前企画として9月23日(祝・土)に「『忠次旅日記』(デジタル修復版)井上陽一 活弁ライブ」が開催されることも発表されました。

 

20170907003649-72cfc24b75bc57278ca28cda8050c75a3a278a30.jpg

20170907003642-9e9ccf52f5fffea7670c5f58108b255f4efbd948.jpg

そして今年からアニメーションカテゴリーが追加されたことが話され、ナビゲーターに「京都特別親善大使」のアニメ「有頂天家族」を起用したことが発表されました。世界最高齢のアニメーション作家集団「G9+1」プロジェクトの紹介も行われました。日本のアニメを創設したベテランクリエーターたちの新作や過去の短編作品の上映、舞台トークも予定されていることなどが話されました。

20170907004133-223ee4b1e21cceca8b73cc8e99470ebae3f8bd46.jpg

ここで今年のワールドプレミア作品、300万部を超えるベストセラー又吉直樹著書を板尾創路監督が映画化した「火花」の紹介として、予告編と主演の菅田将暉氏、桐谷健太氏のコメントが流されました。2人はたくさんの人に見てもらえるのがうれしいと話し、コメディ映画ではなく、青春映画であること、公開されることが楽しみでうれしいと話しました。

20170907004218-a6159adf74392e6760095148fbd1a38071914a24.jpg

ここで奥山氏がゲストを紹介。五社プロダクション代表取締役 五社巴氏が登壇します。監督によく怒られたと振り返る奥山氏。五社氏は「没後25年にこのような機会をいただいたこと、スタッフのみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです」と話しました。

20170907004316-78f511e3fb7fa911bbafb38bc6e77db34f5c1977.jpg

続いては、大阪芸術大学教授 おもちゃ映画ミュージアム代表で、サイレント・クラシック映画のディレクターでもある太田米男氏です。今年は大江能楽堂がメインの会場に決まったのがうれしいと太田氏。映画の原点はコメディであるということをテーマに、去年はチャップリン、今年はコメディ映画の女王メーベル・ノーマンドを始め、女性ががんばるプログラムを上映することを発表。そして「古い映画はなかなか見る機会が少ない、活弁、音楽、映像とのコラボで新しい発見があると思う」と語りました。

20170907004437-bc6c9c7c1211e0d198ba516b117f1b1a1b563258.jpg

20170907004426-52d7cfca6ac37c9e1dcda2e3df8c0dd20a2d624a.jpg

続いて「TV DIRECTOR'S MOVIE」の出演者も登場しました。テレビ朝日共同制作作品「N.Y.マックスマン」の主演を務めた稲葉 友氏は、ニューヨーク帰りの探偵役であることのほか、撮影の裏話も披露。見どころとして歴代のマックスマン3人が並んでの変身シーンを挙げて、自身も変身ポーズを見せると、舞台上からも「カッコいい!」の声が上がっていました。

20170907004553-8e77f603cd7e2c0b55dc31ece96a6e4c0960317d.jpg

20170907004541-f53d270f84926adf4bb20e3cf89b74afb246fa44.jpg

続いては朝日放送共同制作作品「ありえなさ過ぎる女〜被告人よしえ〜」の主演・浅香あき恵です。今回はシリアスな役どころで「ほぼほぼ無表情」だったとのこと。撮影中はどんな作品になるかわからなかったけど、見てみるとめっちゃおもしろかったとアピールします。そして「私って笑顔、表情に助けられていた、無表情は不細工」と話すと、木村がすかさず「そうですね!」とツッコんでいました。

20170907021346-aecf0851d306e2327bca3be007de75edad78ec83.jpg

3作品目は、テレビ東京共同制作作品「海辺の週刊大衆」に出演しているNMB48渋谷凪咲です。初めての映画でヒロイン役だったので「みなさんから愛されなくてはと本番前イチゴをたくさん食べて挑みました」とコメント。主演のピース・又吉との撮影中のエピソードも披露されました。

20170907021430-de8391d541312233a7ca16d0a4c1b845aa72ca3d.jpg

続いては、毎日放送共同制作作品「よしもと新喜劇映画 女子高生探偵 あいちゃん」に出演したNMB48谷川愛梨、内木志、村瀬紗英の挨拶です。ストーリーのあらすじに触れたあと、新喜劇メンバーとの撮影中の裏話として「みなさんがやさしかった」「川畑座長がNMBにくわしかった」などのエピソードを話しました。

20170907021527-e2290da2b24ae72746fde25295d939f1380ee559.jpg

映画部門に続いては、アート部門の解説です。今年のアート部門は『生生流転』全てのものは絶えず生まれては変化し、移り変わっていく。をテーマとして掲げていることを発表。アートプランナーのおかけんたが登壇し、旅を意識して企画を考えたと話します。そして、図書館で行われるイベントや北山エリアで大学といっしょになって行う取り組みなどを紹介しました。

20170907021622-63deffd9db499e8ade7b85ee6912d547eb646f06.jpg

そして会場ごとのイベント紹介も行なわれました。「京都駅ビル」は、機関車を模した鋼鉄製のオブジェを展示する橘宣行『銀河鉄道たちばなDX』、「京都芸術センター」はLIMITS 『Digital Art Battle in KYOTO』。世界レベルで盛り上がりを見せる、デジタルアートのバトルイベント「LIMITS」を実施します。

20170907021746-3e1a9d205eba5a3541b140b6e94e18a8d0081ad4.jpg

「元・立誠小学校」では『精華百華展 陶器展・陶器市』『アニメを通して見る京都の世界』などの展示・企画が行われます。「京都府立植物園」では、Yotta『穀(たなつ)』、お茶の京都博『宇治茶BAR』、石原和幸『よしもと演芸 in 京都』などが行なわれます。

20170907021833-6cce026bd3d0f9047474e384342b4bed74e143e7.jpg

「藤井大丸」はSTICK 『SHUTTER BOMB in KYOTO』、銀シャリ鰻和弘『鰻の1コマ入魂展』、「京都タワーサンド」では、『ギャグ!?アート!?ゆりやんレトリィバァ×イチハラヒロコ そこそこええ人生でいきやー。ガチャ。』を開催。「ジェイアール京都伊勢丹」では、ヘザーブラウン『ヘザーブラウンmeets京都国際映画祭』が、「京都伝統産業ふれあい館」では、『首里嵯峨 2017 秋』、ミハイル・ギニス『Futuristic Craftsmanship』京提灯×ハイテクニット、『京の職人ワークショップ』、月亭方正 笑福亭笑利 『伝統工芸を纏って落語を一席』が行われます。

20170907021929-078ef037ed384381913441b5e5fce9ad3ca008c6.jpg

20170907022008-f0a622500f24585fba18ccbecf6b28c1a417bf94.jpg

ここでゲストとしてイチハラヒロコ氏が登場。イチハラ氏は言葉のアーティストであることをけんたが紹介。今回は言葉をたくさん散りばめたアートタクシーが京都市内を走ること、乗車すると作品の書かれたカードをもらえることなどが発表されました。そして、ゆりやんレトリィバァとのイベントタイトルを改めて発表し、2人のコラボ作品がガチャガチャで買えることも告知。イチハラ氏は「みなさまに楽しんでいただけたら」と話しました。

20170907022109-876603575af6c5b5a54e19bed3518ae7bcd10b6b.jpg

20170907022103-7a3168ad8ed6bb0e804ab7f5fead04029bfa399d.jpg

続いては元・立誠小学校で行なわれる、木村祐一、西方凌『企画展示・ワークショップ』の紹介です。ステージには西方凌氏が登場。2ショットの2人を見て「夫婦での登場は珍しいのでは?」とけんたが尋ねると「子供ができてからは初めて」と木村。現在子供は「9カ月ちょっと」と話します。西方氏は趣味がDIYとのことで、制作過程とか制作物の写真を展示することを発表。写真は木村が撮っていることも話されるなど、夫婦仲の良さを伺わせます。そして街で見かけたおもしろいものを木村が撮影、面白さを引き出す「写術」の作品が展示されることもアピールしました。ラストに木村は「映画祭が終わって11月22日にいい夫婦に選ばれること、そしてカレーのCMを目指したい」と語り、会場の笑いを誘いました。久しぶりの夫婦共演を終えた木村は「ちょっと汗が出ましたね」とぽろり。ホッとした表情を見せていました。

20170907022212-af7cb2dab4a74b3218e7c398872e08887c0e9b26.jpg

続いては『クリエイターズ・ファクトリー』の紹介です。審査員を務める春日太一氏は「今年もたくさんの映画人に応募してもらえれば」とコメントを寄せ、同じく審査員を務めるミハイル・ギニス氏は「自分のフィルターを通した創造性を表現してほしい」というコメントが発表されました。

20170907022300-c7748e7a6c27b61c261192b81d509c66d1cbbbbe.jpg

ここからはそのほかの様々なプログラムを紹介。「元・立誠小学校」にて行う企画として、〜京都 人となり〜 永松仁美『夏の道』、能勢伊勢雄『共同性の地平を求めて 68/75』、『京都人が撮る京都』を発表。1960年代のイギリスで流行した芸術運動「アーキグラム」が21世紀の京都で新たに生まれ変わるのが、『よしもとアーキグラム』。京都国際映画祭開催期間中にパルコクラウドファンディング"Booster"サイトでスタートします。

20170907022344-34eeb9f497be5a87df310b5b7ddc4f39beb64dd4.jpg

「京都アスニー」では、京都国際映画祭プレイベントin京都アスニー ビブリオバトル『ヘンダーソンvsさや香vs図書館司書』、吉村誠×ネイビーズアフロ『お笑い芸人の言語学とは?』が、「京都市内図書館」では『芸人お薦め本 POP展示』が行われます。

20170907022432-2ca3a657aa022560aed714b2740ecfca86fbc232.jpg

「岡崎公園」で開催されるのが、人気タレントが多数出演する『きょうのひろば』。続いて紹介されたのが「SDGs」の取り組み。「京都国際映画祭」でも様々なイベントが行われ、「よしもと祇園花月」では「SDGs花月〜映画もお笑いも新喜劇もぜんぶ〜 第1部:映画上映「ワレワレハワラワレタイ〜ウケたら、うれしい。それだけや〜」、第2部:ステージイベント「SDGs-1グランプリ」を開催。「岡崎公園・そのほか会場にて」行なわれるのが、SDGsを遊びながら学べる参加型イベント企画「そうだ!どんどん がんばろう!スタンプラリー」、よしもと芸人がアフレコを務めるSDGsの取り組みを紹介するオリジナル動画「未来からのメッセージ〜世界を変えるための17の目標〜」の放映を行います。盛りだくさんの内容に、木村も「日程足りないですよね」とコメントしていました。

20170907022505-464d2c992212bf2b11b71342a53a1c7d2417652e.jpg

続いて、吉本興業を代表して株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役 祇園花月 支配人 白仁田佳恵の挨拶。祇園花月が京都のみなさんの応援、協力で6周年を迎えたことに感謝を述べ、メイン会場としてプレミア上映、クラシック映画などを上映してきたことを話します。そして、今年も様々なステージイベントが予定されていることをアピールし、様々な会場に足を運んで楽しんでもらえたら幸いです、と語りました。

20170907022535-bf40cfa0433d3cd69b13b393bc1651e0bb07c282.jpg

続いては株式会社きょうのよしもと代表取締役社長 木村深雪が登壇。様々な企画を含めて、行政との連携が広がっていることを話し、「京都でつながる映画祭として、応援していただきますよう、よろしくお願いいたします」と挨拶しました。

20170907022620-162ab32cb9ac0b8e12581af3c3e075e850d4370e.jpg

20170907022701-0d0698cae40ebe41a55bd42c78636e2c02c831b2.jpg

ここで京都と映画祭を結ぶ架け橋として、京都出身の今くるよ、清水圭が登壇。「地味な衣装ですみません」とくるよ。そしてタクシー運転手が映画祭のことを知ってくれていたエピソードを話します。清水は東京から着物を着てきたとアピール。最後にくるよは「一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします!」、清水は「参加しに来てください、本当に面白いのでぜひ!」と締めくくりました。

 

京都国際映画祭の詳細は随時ホームページで更新されることも発表され、記者会見は幕を下ろしました。

2017年9月 5日 (火)

『大阪文化芸術フェス2017』の主催プログラム『歌舞伎特別公演』を、中村鴈治郎さんと片岡愛之助さんがPR!

20170905232302-13c4a13837818d531542eef3c2a0d46cdb432c12.jpg

10月1日(日)〜31日(火)、万博記念公園をはじめとする大阪府内の各会場において、様々なプログラムが展開される『大阪文化芸術フェス2017』が開催されます。上方伝統芸能、上方演芸、音楽コンサート、アートなどで大阪を文化芸術一色に染め上げようというこれまでにない祭典。多くの府民や観光客に文化・芸術に親しんでもらい、体験する機会を提供し、大阪の文化・魅力を国内外に広く発信していきます。

そしてこのたび、10月27日(金)・28日(土)に松下IMPホールで主催プログラム『歌舞伎特別公演』開催が決定。これに先立ち、9月5日(火)に大阪府公館にて記者会見が開催されました。

20170905232357-bdb499ed67e3deff16daee755f6ef487b4d99ee0.jpg

会見には松井一郎大阪府知事、上方歌舞伎を代表する成駒家 中村鴈治郎さん、松嶋屋 片岡愛之助さんが出席。それぞれ『大阪文化芸術フェス2017』に向けての想いを語りました。

20170905232434-16cdb0ace3bff290bb8f38e8e1fd6e300a1804fb.jpg

まずは松井大阪府知事からご挨拶が。『大阪文化芸術フェス2017』概要説明があったあと、「多彩なプログラムの中でも、私としましては大阪の文化、芸術といえばまずは上方歌舞伎。今回、この歌舞伎公演を実現することができて喜んでいます。本日ご出席いただいております中村鴈治郎さん、片岡愛之助さん共に、大阪のためにひと肌脱ごうとお忙しいスケジュールの中でこの公演が実現するに至りました。上方歌舞伎の名門である成駒家さん、松嶋屋さんがそろって大阪のために公演をしてくださることになり、これもひとえに大阪に対する深い愛着、大阪の文化振興に対する多大なご理解、ご協力の賜物であり、心からお礼申し上げます」と語りました。

20170905232455-dc82de921f4157f39dadbc93b7232b3ff673fa04.jpg

今回の『歌舞伎特別公演』の演目は、「操り三番叟(あやつりさんばそう)」、「舞妓の花宴(しらびょうしのはなのえん)」、「釣女(つりおんな)」。松竹株式会社執行役員 船越直人さんから、それぞれの演目の見どころが語られました。「巷でよく言われますとおり、歌舞伎は400年以上の歴史がございますけれども、今では日本を代表する伝統芸能のひとつのジャンルとして世界でも大変認知されています。しかしなんといってもスタートはどこかといえば、この上方であるということは間違いないこと。ルーツとしての底力を感じられる空間でやらせていただけるというのは本当にありがたいことだと思います」と感激の言葉も。演目の説明では、今回は、趣向の違う舞踊を3本並べたといい、「『操り三番叟』は斬新さといいますか、軽快さが大きな見どころになるかなと思います。『舞妓の花宴』は、通称男舞と言いますが、女性が男性のなりをして舞いを披露するという趣向を歌舞伎俳優が演じるという二重構造の図式になります。女形という、世界にも類のない演技スタイル、歌舞伎ならではの作品といえると思います。『釣女』は、人間の浅はかな欲ぶかさのようなものを軽やかに演じる、こっけいみ溢れた演目になります」とのこと。「いずれの演目も、上方俳優を中心に、歌舞伎舞踊の魅力を最大限お伝えするべくがんばってまいりたいと思います」と意気込みを語りました。

20170905232531-bde333c7bd8059a3b80d560c72d122c193227b08.jpg

中村鴈治郎さんは「とにかく三本とも歌舞伎を楽しんでいただける演目でして、初めて歌舞伎を観る方でも楽しんでいただけると思っております。『操り三番叟』に関しましては、格式ある三番叟が実は人間ではなく人形が三番叟を踊る、糸で持って操られているように踊るという、大変コミカルな三番叟でございます」と語りました。また、『舞妓の花宴』についても「珍しい踊りでございますので、楽しんでいただけるのではないかと思っております」、『釣女』は「愛之助さん演じる太郎冠者がお告げによって嫁を取ろうとして、釣ってみたら私の(演じる)醜女が出てきたということでございます。もっといいのが釣れりゃよかった、という(笑)。コミカルな狂言で、初めて観られる方も大変喜んでいただけます。歌舞伎は敷居が高いんじゃないかという気持ちを取り払って観ていただけるものではないかと思っております」と笑顔で語りました。

20170905232613-1d8d11750c7d8ca23229d7656ae990ea715da5eb.jpg

片岡愛之助さんは「私、今回『操り三番叟』で翁という役を務めさせていただくんですが、最初お話を伺った時に耳を疑って『翁、僕でいいんですか?』と」と驚いたと明かします。「やはり僕の中で翁というのは祖父の十三世片岡仁左衛門が務めておりましたから、それが頭に残っておりまして、父の片岡秀太郎が務めた時も『僕なんかまだ若いのにな』と言ってまして、そしてまた僕ということなので本当に驚いております。これは儀式的な踊りになるんですが、がんばってできる役ではないので、かといってがんばらないというわけにもいかず、よい加減に力を抜きながら勉強していきたいと思います」と意気込みを。そして『釣女』で演じる太郎冠者についても「楽しみにしている演目のひとつ」と語りました。

20170905232701-696d44f09ef5a0c4d66e556fe04a3fb16f1b8975.jpg

続けて、『大阪文化芸術フェス2017』に対して中村鴈治郎さん、片岡愛之助さんからメッセージが。中村鴈治郎さんは、「このお話をいただいた時、大変うれしいなと思いました。歌舞伎公演はお正月から松竹座でやらせていただき、夏の芝居があり、これはみなさんに定着しつつあるのですが、秋というのはなかなか公演の数を打つことができない中で、秋口にこういう機会をいただいて大変うれしく思いました。それに、こんなにいろいろプログラムを用意していらっしゃるとは、よく考えてらっしゃるなとつくづく感じました。この中に歌舞伎もあるということで、私たちも2日間ですが、意義を余計に感じます」とのこと。さらに「文化とは、難しいことではなく遊びから出てくるものだと思っていますので、とにかく肩を張らず気楽に入っていただきたいと思います。まず接していただかないことにはどうにもならないと思いますので、接していただき、観ていただき、そこから大阪を感じていただきたいです」とメッセージを。さらに「大阪にこれだけたくさんの文化があると、これによって横のつながりもこれからできる可能性もありますよね。そういうことでもいいチャンスだと思います」と語りました。

20170905232731-158ac5fd6c649e125ed812bdcd4d7bb839662008.jpg

片岡愛之助さんは「僕らは歌舞伎役者ですから、当たり前のように歌舞伎と接していますが、松竹座の前を歩き、街ゆく人の声を聞くと、その昔は『歌舞伎が来てる』と。例えば成駒家さんとかじゃなくて、『歌舞伎』と言われていたんです。でも最近は『誰々が来てる』、『こんな演目をやるんだ』という声が聞こえてきて、ずいぶん歌舞伎も親しんでいただけてるんだなと、それが非常にうれしいです。そして今回このような機会をいただき、これが2回、3回続くように、そしてお芝居なんかもかけていけるようなことになればうれしゅうございます。まだ歌舞伎を観たことがない方の中には、歌舞伎は固苦しいような、難しいような、わからないことづくしのようなことを思われる方が多いんですが、その垣根を越えて本当に楽しんで観ていただきたいです」と語りました。

20170905232803-88c808076e0876f27cadd1bb7c3c5c061c84b7e6.jpg

おふたりの言葉に、「大変心強いです」と松井大阪府知事。「大阪のことをすごく愛していただいているのがひしひしと伝わります。今回の『大阪文化芸術フェス2017』は、これまで秋にやってきた催しより規模も拡大し、圧倒的なスケールで大阪を盛り上げていきたい。その中に鴈治郎さん、愛之助さん、松竹さんのご協力で歌舞伎がひとつの演目として入れていただけた。大阪は今、海外からのお客さんも増えていますので、この大阪において、まさに上方歌舞伎を世界に発信できる、そういう機会になればと思っています。本当におふたりには感謝申し上げます。ありがとうございました」と締めくくりました。

■公演概要

大阪文化芸術フェス2017 主催プログラム 『歌舞伎特別公演』   

日時:2017年10月27日(金)13:00開演/17:00開演

   2017年10月28日(土)11:00開演

場所:松下IMPホール(大阪市中央区城見1-3-7)

料金:全席指定 11,000円

演目:

一.操り三番叟 

三番叟 中村鴈治郎

千歳 中村壱太郎

後見 中村種之助

翁 片岡愛之助

二.舞妓の花宴

白拍子和歌妙 中村壱太郎

三.釣女

太郎冠者 片岡愛之助

大名 中村種之助

上臈 中村壱太郎

醜女 中村鴈治郎

チケット発売日:9月16日(土)より一般チケット発売

【問い合わせ】チケットぴあインフォメーション ☎0570-02-9111(10:00〜18:00)

大阪文化芸術フェス2017 http://ocaf.jp

20170905233051-19e87a3accfeaae8b9d0955577cd414673816681.jpg