最新ニュースインタビューライブレポート

« 2017年5月 | メイン

2017年6月

2017年6月27日 (火)

ピース・又吉が企画・構成を務めたWebムービーが公開! 主演の柄本佑さんは役柄に「近しいものを感じた」と共感!!

6月27日(火)、都内にて「ソニー製パーソナルアロマディフューザーAROMASTIC(アロマスティック)Presents Webムービー「元、落語家~話が下手な元噺家のハナシ~」公開記念プレミアム上映会』が開催され、ピース・又吉直樹、柄本佑さん、志真健太郎監督が出演しました。
20170627225340-8c5b44465d1a90456b0fe6e82a5d8e8493d3d86a.jpg
片手に収まるコンパクトなサイズの容器に5種類の香りが入ったカートリッジを装着すると、気分によって異なる香りを楽しむことができるパーソナルアロマディフューザー「AROMASTIC」。
このたび、公式サイトにて公開されたムービーでは、落語家に見切りをつけて不動産業へ転職した主人公・中村が飲みの席で上司や同僚の輪に入れず、慣れない環境の中でのもどかしい気持ちを抱えたまま店をあとにするも、1人になって嗅いだAROMASTICから漂う香りによって気持ちを切り替え、落語を呟くうちに前向きになっていく姿が描かれています。
又吉は、この物語の企画・構成を担当。志真監督が脚本に落とし込んで映像化した物語の主人公を、柄本さんが演じています。

5~6本出したアイデアの中から決まったというこの題材について、「僕にとってはよくあること」と切り出した又吉。「昔、コンビニでアルバイトをしていたんですけど、バイト先では2番目に面白いって言われていまして。芸人じゃない僕よりお喋りが達者な先輩がいて『お前よりあいつのほうが面白い』って言われてたんですけど、"そういうことじゃないんだよなぁ"って」と語ると、客席からくすくすと笑い声が。「ここでちゃんと自分を表現できてないな、力をいまいち発揮できてない状況ってあるじゃないですか。そういうとき、街を歩いていて音を聞いたり、香りを嗅いだりすると"あっ、がんばろう"ってなったりする。そういう感覚を出せたらいいなと思いました」と説明します。
20170627225217-249d34a31d25146ddbc6b3be277c6352bd8b615c.jpg
ソニー株式会社 新規事業創出部 OE事業室 統括・藤田修二課長は「AROMASTICへの共感について、どう得てもらおうかと考えていまして。又吉さんの小説を読ませていただくと、主人公と同じことを体験していないのに共感できるなと思い、又吉さんならみなさんの共感を呼べるようなストーリーを描いていただけるんじゃないかと思った」と又吉の起用理由を説明。できあがったムービーについて「感動しました」と感想を述べると、又吉は「よかった」とホッとした表情を浮かべつつ「"思ったほどではなかった"と言われたらショックを受けるところでした」と自虐的に語って、笑いを誘いました。
20170627225238-29fb9a18a14473c35d0e97e0fc17ea183e9955d6.jpg
志真監督は「プロットが面白いなと純粋に思った」とコメント。「商品を使わせていただいて、息を吸ったときに深呼吸したんです。気持ちを切り替えたいときにそうするなと思ったことが、映画の中の動作にもつながった。さらに、音楽でもそういった表現できたらと思って演出しました」と、演出のこだわりを語ります。
20170627225254-7ffe97bd3cf2ed865b523ecd7c610b127fb3cfb6.jpg
今作で主人公・中村を演じた柄本さんは、「呑み会とかに行くと比較的、中村くんと同じ立ち位置になるんです。それに、ものすごく独り言を言うんですよ。本屋とかでも『なんだ、これ。新刊出たんだ』とかすげぇ言っちゃうし、台詞も散歩しながら覚えたりするので、自分と近しいものを感じながらやりました」と発言。初対面だという又吉の印象について聞かれるも「あの、すっげぇ、あの......」と口ごもる様に、又吉が「なんにもなかったら大丈夫です!」と笑いながら話すと「そうじゃないです!」と慌てながら「もっと声がちっちゃい方なのかなと思ってました。シャイなイメージがあったんですけど、ご挨拶させていただいたときに大丈夫だな、と(笑)」と答えます。
20170627225311-34ba9693ba868b0fd321b9f1eacb189baee3410a.jpg
一方、又吉は柄本さんについて「僕にとって、俳優さんって佇まいが大事というか。佑さんは立っているだけで、脚本とか作品で描き切っていない背景を感じさせてくれるところが魅力的。この人、どんなことを考えてたんやろ? 昨日、何してたんやろって想像させてくれるところが好きです」と、以前から好印象を持っていた様子。今回、主演が決まったと聞いたときは「嬉しかった」そうで、「イメージ通りというか、それ以上に膨らませてもらいました」と感謝しました。
20170627225325-6f7771f6236177af3137e18a5ea156fc3af59618.jpg
『元、落語家~話が下手な元噺家のハナシ~』は、パーソナルアロマディフューザーAROMASTIC公式サイト(https://scentents.jp/aromastic/)にて公開中。そのほか、又吉のインタビューやスピンオフも観ることができます。
「中村という人間に近しいものを感じましたし、できあがった映像を観たら"あ、俺、大丈夫じゃん"と前向きな気持ちになれました。観ていただいて、そういう気持ちになっていただけたら」(柄本さん)「劇的に何かが変わるわけではないですけど、観たら気持ちが楽になっていただけたら嬉しいです」(又吉)と視聴を呼びかけた2人。さらに、又吉が「AROMASTICも試していただいて......。あ! 映像を観ながら使っていただけるとより楽しめるかもしれませんねぇ」と話すと、客席からは温かい笑いが起こりました。


【又吉直樹】【ピース】

『第67回「社会を明るくする運動」滋賀県PR大使』に、ファミリーレストランが任命!

20170627213615-fc95d66082fb19ed7e0c6e3301eb94b8074856dd.jpg

2011年から「滋賀県住みます芸人」として県内に在住、大活躍しているのがファミリーレストラン。滋賀県内でのワンマンライブのほか、様々なイベントなどでも積極的に活動しています。今回、そのファミレスの2人が、『第67回「社会を明るくする運動」滋賀県PR大使』に任命されることが決定。6月27日(火)、大津保護観察所にて任命式が行われました。


「社会を明るくする運動」〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ〜は、犯罪・非行の防止、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、明るい地域社会を築こうとする運動です。吉本興業は法務省との取り組みとして同運動の協業を行っており、これまでに様々な活動を全国で展開しています。


20170627213715-4fb057dc00c31e0143f2de62424b5f6ad5d04ba1.jpg

20170627213751-0e38f097aa7430eb7592a1bc3f067c7d2f10b1b5.jpg

20170627213826-bbfe6201361fe3d1b9d392acc2fabcc155b69d2b.jpg

任命式では、大津保護観察所所長、「第67回社会を明るくする運動」推進委員会事務局長の長尾和哉氏より、まず任命状が、続いてタスキが授与されます。「ありがとうございます!」とファミレスの2人。続いて、長尾局長よりあいさつが行なわれました。「ご多忙でご活躍のところ、ノーギャラ、ボランティアで...」と話し始めた局長にすかさずツッコミを入れるファミレス。さらに局長は、運動の趣旨を巧みな話術とスパイスの効いたギャグで広めて欲しいとリクエストしますが、これにもすかさず「なんでそこでハードル上げるんですか!」とツッコミを入れていました。


20170627213912-8218b1132f0e32266721de084faffe99c72660bb.jpg

20170627213906-83a2e8a67e01977c8c3d6c7175f6798106950b80.jpg

20170627213900-1b7a4e9bec300762738e36a5c407ebb34aa145f0.jpg

続いては、PR大使に就任した2人のあいさつです。と思いきや、まずはタスキの歪みをしもばやしが指摘。さらにハラダのタスキがずれ、それを局長に直してもらうといったひと幕もありつつ、「住みます芸人として滋賀県に住んで6年、滋賀への地元愛、滋賀を盛り上げたいという気持ちが大きくなっている」と滋賀県への思いをアピール。さらに「滋賀県の人が滋賀県のことをすごく好きなんだなというのが伝わる」としもばやし。それをさらに誇れるようになる運動のひとつだと思うので、自分たちならではのやり方でがんばりたい、と抱負を語りました。ハラダは「いらっしゃっせ〜」精神で、地域を明るくするこの運動に携わりたいとアピールします。


20170627213957-52916d7c94d874aa47ce8f3c4e1e3ec186df928a.jpg

続いてのフォトセッションでは、更生ペンギンのホゴちゃん、サラちゃんから顔を出す、局長もいっしょに写真に収まるなど、就任式は終始明るいムードで進行。ラストは質疑応答の時間です。PR大使としての意気込みを改めて聞かれたしもばやしは、世間ではこの運動をまだまだ知らない人もたくさんいると思うと話し、「メディアに出たり、いろんなところで活動させてもらっている自分たちにしかできない方法でPRしていきたい、そして自分たちがまず理解して丁寧に活動していきたいと思います」と力説。「こういうテーマのお仕事をさせてもらったことがなかった」とハラダ。それだけに自分も学びながら、皆さんにお伝えしていけたらと力を込めました。


20170627214043-efeb6b98d859259f23e40a2e3742aa28fbc80232.jpg

大使としてのプレッシャーは感じているか?という質問には、もちろんプレッシャーはあると即答。今回が14個目の大使になるとのことで、「大使に任命してもらった以上、我々はそれを背負ってやってます。本当に思い入れをもって、現場に行って、理解してPRしてるつもりですし、この活動もしっかりと理解してやっていきたいと思ってます」と熱く語りました。


20170627214125-38d51b1565c44e0441d74cad95e7f43ce94417db.jpg

20170627214239-3fc1f79b826b222563adf1b9d5a9ab9567a50527.jpg

その後、局長と懇親会も行った大使の2人。今後は7月4日(火)、JR大津駅北口で実施される街頭広報活動など、様々な活動が予定されています。PR大使としての活躍に期待が高まるファミリーレストラン。これからますます目が離せません!



【ファミリーレストラン】


「チャラさゼロです!」 オリラジ藤森が映画『カーズ』最新作で伝説のレーサーのライバル役を

ディズニー/ピクサーの大ヒットシリーズの最新作『カーズ/クロスロード』が、7月15日(土)日本公開! 6月26日(火)には、「カーズ」シリーズとして6年ぶりとなる"新車"の登場を記念して「新車発表会見」と題したイベントが行われ、監督のブライアン・フィー氏、共同製作のアンドレア・ウォーレン氏とともに、日本版のキャラクターの声を務める松岡茉優さんと、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が登壇しました。
20170627200453-83bf24878720ebf90b4b00f0a6394e2adb3f09ee.jpg
本作は、嵐のごとく現れた次世代レーサーたちとの激しいレースで大クラッシュした天才レーサー"マックィーン"が、再起をかけレースに挑む感動作。マックィーンをもう一度トップに返り咲かせるため奮闘する若きトレーナー"クルーズ・ラミレス"を松岡茉優さん、マックィーンを引退の危機に追い込む新世代のナンバー1レーサー"ジャクソン・ストーム"を藤森慎吾が担当します。
20170627200433-3b60ae8069a9139ef05ec266582bcf7b308858b5.jpg
2台の新車の紹介に続き松岡さんと藤森が銀のカーテンから華々しく登場すると、ブライアン監督は藤森と肩を組み「トテモチャライ~」と発言!? 藤森は海外までチャラ男ぶりが轟いていることに驚きながらも「センキュ~」と笑顔でガッチリ握手。今回演じるストーム役は一切チャラさはない役なので、アフレコ時に監督から「一切チャラさを出さないで」と指示されたことを明かし、「自分とは全く違うキャラクターなので、難しさもありながら、やりがいのある役でした。本編ではチャラさゼロです!」と役への取り組みを語りました。
20170627200215-2a7216966baed0f8d1e347cc4fc87da923d97cdf.jpg

20170627200239-d22a1c5eb37293e259e03ac80259e414981b7e23.jpg

20170627200258-1420c40862505ac70aeb37bb2900288154fe67fd.jpg
松岡さんは、ストーム役が誰だか知らないままアフレコをしたそうで、「超かっこいい声で、きっと人気若手イケメン声優さんがやってるんだろうなと思ってたら、藤森さんで。こんなにかっこいいクールでキザなお芝居ができるんだってビックリしました」と驚きの声を。
20170627200320-3a89af646947963fdd1a3eba3fdaffdb3df41e34.jpg
また、藤森は「ストームとオリエンタルラジオは、どちらも彗星のごとく現れたところが似てる」と共通点を発見。「10年ほど前に、ストームと同じくらいの衝撃で突如芸能界に最速で現れた若手芸人。ストームと違うのは、その後大クラッシュするんですけれども...」と自虐で笑いを誘いながら、「ストームのかっこつけたい感じも、実は抱えている弱さも、なんか分かる」と共感を口に。
20170627200343-169e9f3142e6922d1e88b14a970f753d9a375fe6.jpg
さらに2人は、"大人が泣ける"と話題の本作からオススメの泣きシーンを紹介。「マックィーンがどんな状態の時も支えてくれる仲間たちとの絆に感動。クライマックスのクルーズが大活躍するシーンも、本役の方の芝居を何度も何度も聞いて挑んだ思い入れのあるシーンです」(松岡さん)、「苦悩するマックィーンと、そこに明るい光を照らすクルーズの2人に感動。年を重ねれば重ねるほどジンとくるストーリーなので、ぜひ大人の方にも楽しんでいただきたい」(藤森)と、感動をよみがえらせながら熱くアピール。最後は、2人の言葉を受けたブライアン監督が「人生には変化が必ず訪れる。私たちは誰しも先代の方々に支えられ教わり今がある。そういうことがみなさんに共感していただけるのだと思います」と作品に込めた思いを語りました。
20170627200410-3a925f8a2dd496be62ffbc137ed8fec30d2442f9.jpg

【オリエンタルラジオ】【藤森慎吾】

「チャラさゼロです!」 オリラジ藤森が映画『カーズ』最新作で伝説のレーサーのライバル役を

ディズニー/ピクサーの大ヒットシリーズの最新作『カーズ/クロスロード』が、7月15日(土)日本公開! 6月26日(火)には、「カーズ」シリーズとして6年ぶりとなる"新車"の登場を記念して「新車発表会見」と題したイベントが行われ、監督のブライアン・フィー氏、共同製作のアンドレア・ウォーレン氏とともに、日本版のキャラクターの声を務める松岡茉優さんと、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が登壇しました。
20170627200453-83bf24878720ebf90b4b00f0a6394e2adb3f09ee.jpg
本作は、嵐のごとく現れた次世代レーサーたちとの激しいレースで大クラッシュした天才レーサー"マックィーン"が、再起をかけレースに挑む感動作。マックィーンをもう一度トップに返り咲かせるため奮闘する若きトレーナー"クルーズ・ラミレス"を松岡茉優さん、マックィーンを引退の危機に追い込む新世代のナンバー1レーサー"ジャクソン・ストーム"を藤森慎吾が担当します。
20170627200433-3b60ae8069a9139ef05ec266582bcf7b308858b5.jpg
2台の新車の紹介に続き松岡さんと藤森が銀のカーテンから華々しく登場すると、ブライアン監督は藤森と肩を組み「トテモチャライ~」と発言!? 藤森は海外までチャラ男ぶりが轟いていることに驚きながらも「センキュ~」と笑顔でガッチリ握手。今回演じるストーム役は一切チャラさはない役なので、アフレコ時に監督から「一切チャラさを出さないで」と指示されたことを明かし、「自分とは全く違うキャラクターなので、難しさもありながら、やりがいのある役でした。本編ではチャラさゼロです!」と役への取り組みを語りました。
20170627200215-2a7216966baed0f8d1e347cc4fc87da923d97cdf.jpg

20170627200239-d22a1c5eb37293e259e03ac80259e414981b7e23.jpg

20170627200258-1420c40862505ac70aeb37bb2900288154fe67fd.jpg
松岡さんは、ストーム役が誰だか知らないままアフレコをしたそうで、「超かっこいい声で、きっと人気若手イケメン声優さんがやってるんだろうなと思ってたら、藤森さんで。こんなにかっこいいクールでキザなお芝居ができるんだってビックリしました」と驚きの声を。
20170627200320-3a89af646947963fdd1a3eba3fdaffdb3df41e34.jpg
また、藤森は「ストームとオリエンタルラジオは、どちらも彗星のごとく現れたところが似てる」と共通点を発見。「10年ほど前に、ストームと同じくらいの衝撃で突如芸能界に最速で現れた若手芸人。ストームと違うのは、その後大クラッシュするんですけれども...」と自虐で笑いを誘いながら、「ストームのかっこつけたい感じも、実は抱えている弱さも、なんか分かる」と共感を口に。
20170627200343-169e9f3142e6922d1e88b14a970f753d9a375fe6.jpg
さらに2人は、"大人が泣ける"と話題の本作からオススメの泣きシーンを紹介。「マックィーンがどんな状態の時も支えてくれる仲間たちとの絆に感動。クライマックスのクルーズが大活躍するシーンも、本役の方の芝居を何度も何度も聞いて挑んだ思い入れのあるシーンです」(松岡さん)、「苦悩するマックィーンと、そこに明るい光を照らすクルーズの2人に感動。年を重ねれば重ねるほどジンとくるストーリーなので、ぜひ大人の方にも楽しんでいただきたい」(藤森)と、感動をよみがえらせながら熱くアピール。最後は、2人の言葉を受けたブライアン監督が「人生には変化が必ず訪れる。私たちは誰しも先代の方々に支えられ教わり今がある。そういうことがみなさんに共感していただけるのだと思います」と作品に込めた思いを語りました。
20170627200410-3a925f8a2dd496be62ffbc137ed8fec30d2442f9.jpg

【オリエンタルラジオ】【藤森慎吾】

ド迫力プレーが続出! 初参戦の「OKINAWA72.EXE」は準優勝発進!『3x3 PREMIER.EXE 2017 SEASON SHINAGAWA』レポート

6月24日(土)、25日(日)、東京・大森ベルポートアトリウムにて、『3x3 PREMIER.EXE 2017 SEASON SHINAGAWA』が開催され、白熱の試合を繰り広げました。


2020東京オリンピックの正式種目(男女)に、追加採用されたことでも話題の3人制バスケットボール「3x3バスケットボール」。
『3x3 PREMIER.EXE』(スリーバイスリードットエグゼ)は、世界に先駆けて2013年より本格始動した「3x3」のトップリーグで、国際バスケットボール連盟(FIBA)承認、日本バスケットボール協会(JBA)公認の下、世界に挑戦できる3x3のトータルブランド『3x3.EXE』のトップカテゴリーとして、グローバルに展開しています。

20170627181410-74c1b7fdb7ce170f57fa0229b2a6660dca4d1962.jpg


『3x3 PREMIER.EXE 2017 SEASON』には、今シーズン18チームが参戦しており、この日はホームが西日本のチームを中心とした「WESTRN CONFERENCE」の6チームによる開幕戦が開催。
「OKINAWA72.EXE」(オキナワセブンティトゥードットエグゼ)は、バスケ大国の沖縄から初参戦することに加え、ガレッジセール・ゴリがオーナーを務めることでも注目を集めています。

20170627181453-7cdc50d0a466c67535301d79699a4d53624d2172.jpg


会場は観戦無料のオープンスペースで、観客から参加者を募ったフリースローチャレンジやドリブルシュートチャレンジ、さらにはDJブースから流れる音楽でも大勢のギャラリーを盛り上げました。


まずは、6チームを2つのグループに分けた総当たり戦が行われ、Bグループの「OKINAWA72.EXE」は初戦で石川県金沢市がホームの「ZETHREE.EXE」と対戦。
大会ルールは、1チーム4名で、「OKINAWA72.EXE」は、ブライアン・シンプソン選手(24番)、テレンス・テレール選手(23番)、ファンティン・ブランドン選手(30番)、スペンサー・ジェニングス選手(1番)が出場。

20170627181452-5175fcc035d19755cbbc3f284ad96f27e6577a9c.jpg


先制はされたものの、ブランドン選手の3連続2ポイントやブライアン選手の198cmから繰り出すド迫力のダンクシュートなどで得点を重ね、18対21で鮮やかにノックアウト勝利(試合時間は10分間で、10分以内でも21点先取すればその時点でノックアウト勝利となるルール)。

20170627181449-aae106f6822e834a2baccf43fff62409390452a5.jpg


2戦目は、大韓民国ソウル市がホームの「WILL.EXE」で、序盤リードするものの、終盤に5点差をひっくり返されて、21対20の逆転負けをくらいます。

20170627181451-b427e57b4002f5735c375349e5d0ab2f969da809.jpg


1勝1敗で3チームが並んだBグループですが、総得点で「OKINAWA72.EXE」が1位で勝ち抜け、準決勝へと進出!


準決勝の「OKINAWA72.EXE」の相手は、Aグループを2位で勝ち上がった鹿児島県鹿児島市がホームの「EXPORERS KAGOSHIMA.EXE」で、ブランドン選手の2ポイントシュートで口火を切ると、終わってみれば6対21という大差をつけてノックダウン勝利しました。

20170627181452-21cdb6cb203aabbf242c11803d316f77f97cf79f.jpg


白のユニフォームに着替えた「OKINAWA72.EXE」が決勝で対峙するのは、Aグループを無敗で勝ち上がってきた岡山県岡山市がホームの「TRYHOOP OKAYAMA.EXE」。
順調な滑り出しの「OKINAWA72.EXE」でしたが、試合時間1分が過ぎたところで、ブライアン選手が退場処分を受けてしまいます。

20170627181451-a1b722d65bc352b0f8b704a5e97bcb1acc1ef11d.jpg


選手交代が出来ない状態に陥った「OKINAWA72.EXE」は、徐々にペースを掴まれ、21対16でノックアウト負けとなり、優勝は「TRYHOOP OKAYAMA.EXE」、最多得点を叩き出した「TRYHOOP OKAYAMA.EXE」のゲイリー・ハミルトン選手がMVPという結果に。

20170627181452-6a5a9648c571e89b5a944f2df4a3d2542cf3045d.jpg


「OKINAWA72.EXE」にとっては悔しさの残る決勝となりましたが、初参戦でいきなり準優勝、3ポイントを獲得するという好発進を果たし、場内からは暖かな拍手が送られました。

20170627181607-c61f33676fe5ec9f984197f2f8d094adefcdca79.jpg


なお、『3x3 PREMIER.EXE 2017 SEASON』は、7月1日(土)、2日(日)に愛知県名古屋市のオアシス21、7月8日(土)、9日(日)に栃木県宇都宮市のオリオンスクエアにて開催されるなど、9月10日(日)の東京・六本木ヒルズアリーナのプレイオフまで熱戦を繰り広げますので、「OKINAWA72.EXE」を始め、「3x3」のトッププレイヤーたちの活躍にご注目ください。
詳細は、大会公式サイトにてご確認ください。

あなたの通話器の中にチェチェナちゃん!くっきーのLINEスタンプ発売

LINE公式スタンプ『野性爆弾くっきー歩歩歩(ポポポ)スタンプ』を、6月27日(火)より発売いたします。
20170627115845-f4eb41404d9d586752827d02e09355242395db2e.png
お風呂の妖精チェチェナちゃん、フランスピエロ、ベンジャミン・ボーナス、お花を摘みに来たのちゃんなど野性爆弾くっきーによる人気キャラクターがラインナップされています。
「チェチェナちゃん」「土足厳禁」「ねんねの時間」「テンキュー」など、使いどころ不明なシュールなものから使いやすいものまで取り揃えています。また、くっきー本人によるセリフを考えたボイスと、写真撮り下ろしの実写風イラストでお楽しみいただけます。

≪野性爆弾くっきーのコメント≫
あなたの通話器の中に私共をお納めください。


【野性爆弾】

内場勝則、乃木坂46・松村さんの言葉に照れ笑い! 舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』稽古取材

6月26日(月)、都内にて舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』の稽古取材が行われました。
20170627094606-1c859c45a4eb45757da019ad36dfd94c38648dc2.jpg
鬼才・後藤ひろひとによる東京での7年ぶりとなるオリジナル新作公演は、孤独な男・真下幸吉(内場勝則)が、「音楽に人生を賭けたい」と言って勘当した娘の事故死を知らされて、歩んで来た人生を知るために彼女が所属していたガールズバンド「スキッドマークス」に加入し、娘のため、自分のため、バンドのメジャーデビューのために奮闘する人情物語。楽曲は、歌手の中村中さんが提供しています。

この日は、劇中の3シーンが公開されました。
まず披露されたのは、真下と妻・文音(柿丸美智恵さん)が言葉を交わすシーン。報道陣を前に、「これ、普通に稽古していいんですよね?」と確認する後藤。「緊張しますよね」と笑う柿丸さんですが、演技に入ると内場とともにシリアスな雰囲気を醸します。
元部下でドラムの先生でもある薮内(汐崎アイルさん)との練習シーンでは、内場と汐崎さんによる緊張感のあるやりとりが。ひと通り演じたのち、後藤は2人へこまかく演出していきます。
20170627094352-4b763f8a9a490e77f3ac15e06a4a41fc9d16c1b7.jpg
20170627094352-a3acdeacd44b2f08cf70ed5aeab50a5b562cc3da.jpg
スタジオでのシーンは、後藤の「みなさんに悲しいばかりの芝居だと思われないように」との言葉に、ギンナナ・菊池健一が「ふざけま~す!」と取材陣へ笑顔で挨拶。多田野曜平さんとのコミカルなやりとりには、共演者から笑いと歓声が。
20170627094417-edd44320efc69d716fb0b328ada6899efadc524b.jpg
この場面では、「スキッドマークス」による演奏も。最後は、内場も含めたメンバー全員で「月夜のカノン~ロック ver.~」を披露することになったのですが、内場が出だしを間違えてしまうハプニング! 大きな笑いが起こるなか、「すみません! すみません!」と謝る内場が全員、笑顔になったところで、再びリズムを取って演奏をスタートさせました。
20170627094442-f2d00374f8390de067ab6384346155af56808de9.jpg
20170627094442-51154fb67794364f3519752b40560cad9fc65e0f.jpg
20170627094442-5217b3d5f210ca35fb46b0916658b1071a578e9d.jpg
20170627094443-16f5546d04d72ad41c02f6c4edb98c5f5bdc96d4.jpg
公開稽古を終えて、「稽古はものすごく順調です」と切り出した後藤。「毎日いろんなことができているところに、(池乃)めだかさんが入ってくるとどうなるのか。みんな仲よくなりすぎている中に、あの"ミクロマン"が入ることによってどんな化学反応が起こるのか、楽しみです。本番は相当面白くなると思いますよ」と展望します。
20170627094518-e2c0d07b040639ecd7e2410e83663db0f1adfeea.jpg
「スキッドマークス」のギター・葉月を演じる相楽樹さんは「まだまだブラッシュアップを重ねないと」と気を引き締めながら、「バンドが好きなので、芝居の中でバンドを組めて楽しいです。うまくいく日とそうじゃない日、いろんな日がありますが、うまくいく確率を上げていきたい」と発言。「ステキな演奏とお芝居を楽しんでもらいたいですね」と来場を呼びかけます。
同バンドのベース・くりこを演じる乃木坂46・松村沙友理さんは「経験豊富な皆さんの中に入れていただいて......ふぅ~! 毎日お勉強させていただいています」とコメント。「内場さんは毎日、何かしら面白いことを言ってくれはるから、"この人、天才や!"と感激しています」と言われた内場は照れ笑い。続けて、松村さんは「私も精一杯がんばりたいと思います」と意気込みます。
「舞台の稽古は初めて」だと話すのは、キーボード・レイを演じる千菅春香さん。「想像以上の刺激をもらえて楽しいです。本番までの2週間に増々の発見があると思いますし、幕が上がるとどんなものが生まれるのかも楽しみ。音に体も心も揺れる感覚を楽しめると思いますので、足を運んでもらいたいです」と話します。

内場は「楽器は初めてで、もちろんドラムは初めて。12月から練習してまして、最近では腕が張るようになってドラマーになったなと思ってたんですが......今日(演奏してみて)もっと練習せなあかんなと思いました」と、セッションの感想を。「笑いあり、涙あり、ドラマももちろんあって胸が熱くなる舞台。(全員で)チームワークを見せて、ここに入りたいと思ってもらえるように頑張ります」と気合いを入れました。
20170627094541-0e3c08f80b832b8f84f1c4b217c10a8e13bacee5.jpg
舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』は、7月13日(木)から23日(日)まで東京・紀伊國屋ホールにて上演。ぜひ劇場へお越しください!


【内場勝則】【ギンナナ】【菊池健一】【後藤ひろひと】

2017年6月26日 (月)

アキナ、RYONRYON.が初の番組MCに! 大阪から世界に通用する一流アーティストを発掘する「関西発!才能発掘TV マンモスター」がスタート!

20170626201649-031396b738e78206c7c37329ea97c42852112dd7.jpg

7月3日(月)からMBS(関西ローカル)にて新番組「関西発!才能発掘TV マンモスター」がスタートします。(月曜24:59~25:30)

この番組は、関西に眠るマンモス級のモンスター(マンモスター)の原石を発掘し、近い将来世界で活躍する本格的ダンス&ボーカルグループを生み出すことを目的にしており、番組MCを、コント、漫才の賞レースでは決勝の常連という実力派、アキナが務めます! 

NMB48をはじめ様々なアイドルプロジェクトを成功に導いた剱持嘉一さんや、安室奈美恵さんや倖田來未さんなどのアーティストの振付を手掛けてきたRYONRYON.をはじめ超一流のスタッフが総力を挙げて、オーディション合格者を育成、プロデュースし、日本だけでなくアジアに飛び出す本格スターの誕生を目指します。

6月26日には、第1回放送分の収録が行われ、アキナ、RYONRYON.が初MCに挑みました。収録では、RYONRYON.をはじめとするプロデューサーたちが望む人材の話し合いや、事前に番組趣旨を宣伝するVTR、第1期オーディション第一次審査の様子が紹介されました。東京でプロデューサー会議が開かれている一方でアキナはPR活動を行いました。そして実際にロケで出会った女性の他薦動画が送られてきたことも判明。「うれしい!」とふたり、自分たちのことのように喜んでいました。


20170626201947-bb9afd63e9bff35b3aafc501e68fddc0e6bf4662.jpg


「関西発!才能発掘TV マンモスター」の応募方法は、募集期間内に他薦のLINE動画を送るというもの。既に締め切られた第1期の応募総数は1290通。そのうち、RYONRYON.や音楽プロデューサーの田中隼人さんらの審査で第一次を通過したのは208名。そして既に行われた第2次審査では28人が狭き門をくぐり抜けました。他薦動画を見ながら「すごい」と連発するアキナ。パフォーマーたちのレベルの高さに、アキナはもちろん、RYONRYON.も感心していました。

20170626202002-3183e0ecfbef16c3e9c34de4aa40332c518a0e0d.jpg

また、急遽第2期の募集も始まっているという朗報も。第2期の募集期間は7月18日(火)18時まで。応募は他薦のLINE動画になります。詳しくは番組HPをご確認ください。

8月中旬には、第2期の第2次審査通過者と合流し、プロジェクトメンバーが勢ぞろいとなります。そして、今年冬のメジャーデビューを目指して、ますます本格化していきます。今後の動向をぜひチェックしてください!

収録終わりには、アキナ、RYONRYON.が取材に応じました。

--初MCの収録を終えての感想をお願いします。

山名:テレビ番組でMCをするのはアキナとして初めてなので、それがすごく嬉しいです。2人でまた新たに番組ができる喜びがあって、感慨深いなと思います。今回、収録を終えて、これはすごいなと思いました。とんでもない、思っていた以上に大きいプロジェクトですし、それを全力で応援できたらと思います。

秋山:山名くんと同じ気持ちなんですけど、初MCをやらせてもらえる、うれしいな、緊張する、ドキドキするって思ってたんですけど、いざ収録が始まってVTRを見ていたら、マンモス級の皆さんを見て、そのことを忘れてしまいました。自分たちの番組というより、VTRで見た視聴者の皆さんの番組というか。それを僕たちがサポートできて、全力で応援できたらと改めて思いました。

RYONRYON.:アキナさんと初MCということで、私もご一緒させてもらってすごく光栄です。その中で、若く、すばらしい人々をこれからどんどん大きくして、サポートしていく体制ができたら嬉しく思います。

20170626201953-e60fcf903c62886664f00e2da57b878799c7eb97.jpg

--どのくらいのクラスの人を発掘したいですか?

秋山:トータルでなんですけど、当時僕の好きやった鈴木亜美さん。鈴木亜美さんはトータルバランスがよかったです。1つ飛び抜けているのもいいんですけど、トータルバランスがいい子が出てきてくれたらいいなと思います。

20170626201956-80aabfe919416d6153ff42fb28aa4a48b8e9fec4.jpg


山名:僕は、ダンス&ボーカルユニットを作ると聞いたとき、TRFさんが真っ先に浮かびました。TRFさんは中学のときに毎朝、ビデオを見るくらい大ファンやったんです。

RYONRYON.:私はマイケル・ジャクソンやジャネット・ジャクソンに憧れてて。世界的なダンスミュージックにレジェンドっていると思うんですけど、歴代有名なアーティストがいる中で、最近だったら日本ではジャスティン・ビーバーが人気があると思いますが、レジェンドまで行かないかもしれないけど、関西発のアイコンになれる人を育成したいと思います。関西の顔として愛される人が育てばいいなと思います。

--山名さん、ゆりやんレトリィバァさんに熱烈なラブコールをされていると思うのですが、ゆりやんさんがオーディションに推薦されたら、ラブコールに応えますか?

秋山:山名君が答える前に僕が相方として客観的な意見を言うと、これはもう(ラブコールに)応えるべきだと思います。僕、山名くんの子供が見たいです。吉本にも入ってほしいです。むっちゃかわいがると思います。毎日お小遣いあげます!

RYONRYON.:私もゆりやんさんが好きで、彼女のパフォーマーもリスペクトしているので、ぜひ!

山名:事務所に所属していても応募できるかどうか、そこをしっかり確認して。それで他薦のゆりやん動画が来たらほんまに応援します。

--山名さんが推薦してはどうですか?

山名:僕ですか!?(笑)。事務所の件がクリアしたら推薦します。


20170626201958-5f13b1436dff4d06731c1f1a8610ca2101294434.jpg

--アキナさん、MCとして意識することや、やりたいことがあれば。

秋山:僕らからしたら幅が広がると思うので、分からないことだらけですけど、ちょっとずつでも知って、マンモスターと共に成長できたらと思います。

山名:普段ロケで街中の人としゃべったりさせてもらうのですが、この番組でもオーディションに来てくれる一般の方と触れ合えるので、すごく楽しみです。今日もロケで行った人が応募してくれていたことを知ったので、そういうことも嬉しいです。

--RYONRYON.さん、オーディションに大阪らしさを感じることは?

RYONRYON.:大阪っぽいけどアメリカっぽい子っていう子とか、いますね。表情とか、キャラクターも、関西の個性派から、外国の子なのかな?と思うようなファッションの子がいたり。レッスン中に突っ込むとちゃんと返してくれるのは、大阪っぽいなと思います。そういうところもすごくいいなと思います。

新番組「関西発!才能発掘TV マンモスター」は7月3日(月)深夜より放送スタートです! 大阪からレジェンドが誕生する瞬間をお見逃しなく!!


新番組「関西発!才能発掘TV マンモスター」
MBS(関西ローカル)
月曜深夜(24:59~25:30)オンエア


【アキナ】【RYONRYON.】

今年の夏も盛り上がる!「河内家菊水丸 河内音頭・盆踊りツアー2017出陣式パーティー」開催!!

20170626171816-a1e2fd6adf8bd84685202be37711973e7bf53888.jpg

6月25日(日)、「河内家菊水丸 河内音頭・盆踊りツアー2017年出陣式」が行われました。会場は昨年と同じくシェラトン都ホテル大阪。4階の「浪速の間」には大勢の人が詰めかけ、華やかに出陣式が行われました。


20170626171901-87c4c57fbd383f60719e63e4fab9f03acea8f069.jpg

20170626171946-0fd7940092345a56da8d36bc0e72310801ffbab9.jpg

恒例となっているこのパーティー。まずは黄金の太鼓が打ち鳴らされ、その見事なバチさばきに会場からは拍手が起こります。そして菊水丸が登場。「河内音頭の一節から聞いていただきます。よろしくお願いいたします」の声で拍手が手拍子に変わります。「イヤコラセ〜ドッコイセ」の掛け声に続き、「今日が出陣、盆踊り、どうぞみなさんご贔屓によろしくお願いいたします」と菊水丸の歌声が響くと、会場中が大きな拍手に包まれました。


20170626172019-3b39c6c03c677b6e7c200de7fdadcac75efa35ec.jpg

20170626172128-933c450ad0cf875519aa7c6a979654b15699e3f3.jpg

20170626172121-43e32eee720e862740800518bbc44ecd2a25fe4b.jpg

歌が終わり、改めて菊水丸のあいさつです。甲状腺がんの手術をして、ちょうど4年半。これから一つの区切りの5年に向け、寛解に向かってのスタートラインに立つことができた感謝を込めて、改めて会場に頭を下げました。そこから来賓のあいさつがスタート。吉本興業田中副社長のあとに登場したのは、西川きよし。菊水丸が17歳で初舞台に立ったときにトリを務めたというきよしは、菊水丸を「不死鳥みたいな人」と評します。そして実は日にちを間違えて昨日会場まで来ていたことを話し、会場の笑いを誘っていました。それからも来賓のあいさつや、菊水丸講演会から東日本大震災の被災地へ義援金の贈呈などが行なわれました。

そして4年半前、菊水丸の手術を担当した大阪警察病院の鳥正幸先生もあいさつに登壇。もうすぐ5年経つことで「役目を果たせたのかな?」とこれまでを振り返ります。そして、これから10年、20年活躍する目処はついたんじゃないかと思う、と力強いエールを送りました。続いては角界から貴乃花親方夫婦がステージへ。二人からも菊水丸へ暖かなメッセージが送られ、会場から大きな拍手が起こりました。


20170626172320-6c22d6ff9ad73752abf0a663fe7cca6797d2d5c2.jpg

20170626172359-a588fb13b7cf78264244fc02aba00fc3f4013434.jpg

ここで鏡開き。「よいしょ、よいしょ、よいしょ!」の掛け声で木槌が振り下ろされ、会場には太鼓の音と大きな拍手が響きます。続いて、来賓のひとことスピーチの時間。錚々たるメンバーが菊水丸にメッセージを送ります。そのなかには、おなじみの芸人たちの姿も。


20170626172511-b6466dab4e0b7d078a4840a394dfa04201597cd6.jpg

20170626172646-88d82c2ebcdf7e952a82e9ae33fca4944c2f642f.jpg

20170626172633-926e286e883189bf70e31a57ab46a5ebd352518a.jpg

20170626172619-0c7a3bc1d0ba189fa0ed1d47e2db2f2e9d3dc752.jpg

オール阪神は話が長く、司会者からツッコまれたとボヤき、笑いを誘います。菊水丸はアクティブにいろんなことに挑戦していると話したのは大平サブロー。吉本新喜劇の安尾信乃助は「毎年呼んでいただいて本当にうれしいです...か?」と得意のギャグを披露します。ラストはハイヒール・リンゴ。ずっと立って待っていたことで「来年からは着席にしませんか?」とステージ上から提案するなど、芸人たちのトークで会場は盛り上がりました。


20170626172750-13f3c86440cd449383ff76ed6265687606d8b698.jpg

20170626172831-3bd287a4f842b82712fe814dd846d322b954a75a.jpg

20170626172909-2060f4d848c267b28771d0f9e8b6b0a971db5782.jpg

続いて乾杯です。ステージ上の来賓、観客全員がグラスを手にし、大きな声で「乾杯!」。同時に太鼓とギターがメロディを奏で、会場中が拍手に包まれました。それからも来賓の歌あり、激励ありのメッセージが菊水丸に送られ、大いに盛り上がりました。


20170626173017-37b99522ed7feb4c777c73c4f9d7b9ea7c994d84.jpg

途中で行われた囲み取材では、「4年半は一つの区切り、5年目へのスタートに向けて気が引き締まる思い」と話した菊水丸。執刀医からお墨付きをもらったこともあり、テンションが上っていると上機嫌です。しかし、ここまでやはり長かったとのことで、「あと半年ということで、なんとかここまでこれた」と吐露。声帯が無くなるといわれてから、もし声帯を残せるなら例え地球の反対側でも行くという気持ちだったと話し、「それが吉本から5分のところに先生がいたんです」と笑わせます。そして、今日の来賓のスピーチから時事ネタを含めいろんなヒントをもらえたとのことで、「櫓でいろんな音頭を歌っていきたい」と今年の夏に向けての抱負を語りました。


20170626173120-cfe725633999a9e248fcb4c03859f5a62bdf7351.jpg

20170626173222-72ba34df4807f82f1b860379829ac3b50b1eab8e.jpg

後半は麗しい女性来賓のあいさつに続いて、菊水丸が店舗・webのコマーシャル曲を担当したオリックス生命の「バクバクおんど」を生歌で披露することに。公式キャラクター「BAKUBAKU」を手にした菊水丸は、この歌がインターネットでも簡単に見られることを紹介。4月に録音したそうですが、生で歌わせてもらうのは今日が初めてと話します。司会者が、この「バクバクおんど」は、音楽や踊りを通して自然とコミュニケーションが生まれる機会を目的としていること、年齢を問わず楽しめる音頭調の曲であることを説明し、早速歌がスタートです。菊水丸は「バクバクおんどでバクバク、不安をバクバク食べちゃうぞ」とノリノリで歌声を響かせ、「この夏、櫓の上でも披露したい」と話し、大きな拍手を浴びていました。


20170626173311-63c235ef38f468f9f28cee1d0d9b9ed6398e84b3.jpg

そして「これからエンディングに向けて、河内音頭大盆踊り大会です、そろそろやらせていただいてよろしゅうございましょうか」という菊水丸の声で、会場は大歓声。太鼓の乱れ打ちから盆踊り大会へ突入します。菊水丸の歌声に合わせ、ステージ前では参加者たちが踊りをスタート。やがてその踊りの輪は会場中に広がっていきました。最初は眺めているだけだった人も、気がつけば踊りの輪の中へ。一足早い盆踊り大会は会場中を巻き込んで盛り上がりました。


20170626173537-c2d542588d85ae10e0a4bd99cbdcdbbd71f57c9f.jpg

20170626173810-2749cc818a1a0c941d78e9e5b3d8f25441850da1.jpg

歌い終わった菊水丸は、もう8月14日、15日がきたような感じだったと、盛り上がりに満足気。そして、もう一度バクバクおんどを歌うことを告げ「今の雰囲気のまま総踊りでシメたいと思います」とアピール。二度目のバクバクおんどは最高潮の盛り上がりで、見事に出陣式を締めくくりました。最後は菊水丸が参加者をお見送り。大盛り上がりの出陣式は終了しました。


20170626173853-db67cf34c890a55d2464483b7e66bf98c5821bc1.jpg

この夏も京阪神を始め各地で、自慢ののどを響かせる菊水丸。夏の風物詩、菊水丸の河内音頭でこの夏も盛り上がりましょう!



【河内家菊水丸】


ファミマでダイエットに「チャレンジン"グー!"」 18kg減量成功のエド・はるみが挑戦者を激励!

6月26日(月)、ファミリーマートとRAIZAPのコラボによる糖質コントロール商品を利用して食生活の改善に取り組む企画「#ファミマでライザップ ファミマで糖質コントロール生活」開会式に、ライザップで18kgの減量に成功したエド・はるみが登場し、企画挑戦者を激励しました。
20170626170021-90182ff40e40afb9b2741efa298305750d585bd0.jpg
「#ファミマでライザップ ファミマで糖質コントロール生活」では、ファミリーマート、サンクスで働く店長やスタッフ11名が、ファミリーマートで販売されている商品の中からRAIZAPがセレクトしたメニューを食べ、約2ヶ月間の減量に挑戦。彼らの食生活、体重の変化をファミリーマートのホームページやSNSで公開します。
開会式のMCは、全国のファミリーマートで流れる店内アナウンスを担当しているあべこうじが担当。ライザップ指導のもと5ヶ月間で18kgの減量に成功し、服のサイズが13号から9号になったというエド・はるみがセクシーなドレスで登場すると、これから減量する企画挑戦者から羨望の声があがりました。意気込みとともに不安も抱える挑戦者たちに、エドは「ダイエットというと食べられないイメージですが、食べていいんです。ただし選んで食べるんです」と心得を。さらに「いくら頑張っても体重が落ちない停滞期が辛かった。でも、そこを耐えて、それまで通り続けていくと、また落ちますから」と経験からアドバイスし、「仲間やライバルが大事。お互いに鼓舞し合いながら頑張ってください」と応援の言葉を。
20170626165745-d1fd5e52e7186cf599ee990cac84b7bc08c7e58f.jpg

20170626165807-18a7122517d424460b3b85358120dab7d799b6f0.jpg
エドとあべは、新商品の糖質を抑えたデザート"マンゴープリン"と"クリーミー杏仁豆腐"を試食。「糖質カットなのにおいしい!」と感激し、「サイ"コー!"」(エド)、「H・A・P・P・Yですわー」(あべ)と、それぞれのフレーズでおいしさを表現。
20170626165833-c1b423131348687713daa516d820203ffeb07ff1.jpg
体調もよくなり、洋服選びも楽しくなり、身軽でアクティブになり「痩せていいことだらけ」というエド。最後は、「みなさん(体を)絞られたらさらに素敵になられると思います。また違う自分を目指して、頑張って、チャレンジン"グー!"」とおなじみのポーズで企画挑戦者を激励しました。
20170626165902-5d66e0789589aec329540e655bb115fbfffd1a79.jpg

【エド・はるみ】【あべこうじ】

| »