最新ニュースインタビューライブレポート

最新ニュース

パンシェルジュ・吉田結衣の単独ライブ『吉田結衣のおしゃべりパンパーティー』をレポート!

20170917001324-3c0e09ce0b7e0affe7ef72cda2a0b0a173adfc1a.jpg

9月15日(金)、道頓堀ZAZA POCKET'Sで吉田結衣の単独ライブ『吉田結衣のおしゃべりパンパーティー』が開催されました。

パンシェルジュ検定2級を持つ吉田結衣。近頃は"バタコやん"として『得する人 損する人』(日本テレビ系)でパン作りの腕前を披露したり、先日9月8日には奈良・たけまるホールで一般募集した生徒の皆さんを迎えてパン作り講座を開催したりと、着々と活躍の場を広げています。そんな吉田のピンネタあり、吉田手作りパンのおいしさを伝える食レポあり、ゲストとのユニット漫才ありと、盛りだくさんの内容となりました。

20170917001457-9b6a1e9110b4594a5ef68530fa8601537be3c70e.jpg

まずは吉田のピンネタからスタート。「卒業生へ贈る言葉」をテーマに、吉田らしい切り口でさまざまな言葉を投げかけてゆきます。

続いては、ヒガシ逢ウサカ・高見による食レポ! 「今日は、『舞台が明るくなったら出て行け』とだけ聞いてやってまいりました」とのこと。

20170917002458-116be7961d8ff18fc63dce3ba3ae411e7d6d0631.jpg

高見の手には吉田からの手紙が。「高見へ。今日は食レポしに来てくれてありがとう。まずは、ストロベリーチョコのパンです。食べてひと言、感想をください」という内容に「なんやこれ!?」と高見。目の前のテーブルには吉田お手製のストロベリーチョコのパンが。「めちゃくちゃデカいやん!」とその大きさに驚愕しつつ、食レポがスタート。

20170917002519-9795c867e56a7be06ba33215e3f856a6e6073f90.jpg

「チョコチップが皿からこぼれているぐらい...重っ! 重たっ!」と重さにも驚愕しつつほおばります。まずは「思っている以上に硬い」と率直な感想を述べつつ、「口の中の水分は持っていかれますけれど、チョコの甘さとストロベリーの甘さですごく美味しいです」とおいしそうにモグモグ味わっていました。

20170917001738-2d30a8269cce879f9e3d5764724e96ca1ad1c0dc.jpg

2本目の吉田のネタ「なぞなぞ」で会場が盛り上がったところで、二度目のヒガシ逢ウサカ・高見による食レポです。ふたつ目のパンは、玉子とハムのロールパンでした。

20170917001912-72705ce78d3f6e45b72e9d6b493b2b312d3a9e5b.jpg

吉田の3本目のネタが終わったところで、ヒガシ逢ウサカ・高見の最後の食レポです! 最後は、豆腐食パン。

20170917001932-1eef229dd52e8a806963fdabb49057078ed87152.jpg

さっそく手に取る高見ですが、「重たっ!」とひと言。吉田の手作りパンは、共通して重量感があるようでした。「本当に、シンプルですけど豆腐が持ってるシンプルかつ深い甘みが伝わってきて...業務上うますぎでタイホする!」と法学部出身ならではの表現で豆腐食パンの美味しさを伝えました。

20170917001954-3b4f9a9bf7b48a5467baf2c659a179442d247fad.jpg

続いては、吉田と、後輩の清友によるユニット漫才! 正反対に見えるふたりがお互いをいろいろ知るために、吉田が清友に最近読んだ本やいちばん好きな映画を訊いていくというもの。吉田が質問を重ねるうちに、清友の意外な素顔が明るみに!?

20170917002017-1d0471757a3ed83bd768d717e9171529101366b2.jpg

お次は同期のTHIS IS 岡下とのユニット漫才。コンビ名は「THIS IS パン」です! お互い31歳、結婚に憧れ始めているという岡下に付き合い、ふたりで憧れの新婚生活をやってみるというのですが...。

20170917002037-6ac070fcf8f733628469c313554e5dba8d71653d.jpg

ラストは、ヒガシ逢ウサカ・高見をMCに据えて、全員でわいわいとおしゃべりするトークコーナー「結衣ちゃんトーク」。全員で「吉田結衣」をテーマにトークを繰り広げます。

20170917002130-2b27619fd72e13d6c38c7c8653ee676cca7ae4c8.jpg

まずは「結衣ちゃんの第一印象」について。清友は、「かかわったのは最近ですけど、吉田さんの、前の前のコンビの『お湯』の頃から知ってた」と後輩の清友。当時の吉田はロングのソバージュヘアだったため、「ソバージュっていう感じでした」とのこと。岡下も「ソバージュ」の印象が強かったようで、「恥ずかしいわ〜」と当時を振り返る吉田。昔話に花を咲かせる中、岡下が「結衣ちゃん、俺のことが好きやった時期があるんちゃうかな?」と言いだして...? そう感じたエピソードとは?

20170917002156-5b91fb014858fb7c2909757b08ddf15918cccbcb.jpg

続いてのテーマは「結衣ちゃんはここがステキ」。清友は、吉田のサバサバとした人柄の中に垣間見える優しさを挙げ、「女上司やったらうれしい」とのこと。さらに「最初は性格がキツイんかなと思ってたから、優しさがギャップになった」とベタ褒め。吉田も「たしかに最初はみんなに怖がられる」と言います。「男前な感じ。女の子の感じがまったくない」と話すのは岡下。「前のコンビのシンクロックの時は、木尾のほうが性格的に女やった」とも話し、そこから木尾の話題が次々飛び出し、「結衣ちゃんトーク」ならぬ「木尾ちゃんトーク」に...! 高見は吉田のことを「決断力がある」と語り、その理由を、「なんでも答えてくれる」とのこと。ということで、3人が次々と吉田に質問を投げかけるとすばやく回答してゆく吉田。頼り甲斐のあるお姉さんという雰囲気を醸し出していました。

20170917002257-5c05ac260b14775d198391324a4d2a9d6c6a82b1.jpg

さらには吉田がパン作りを始めたきっかけも明かされるなど、同期、後輩と一緒だからこそ明かされる吉田の素顔が続々と飛び出しました。

吉田らしさがあふれるパンパーティーは、終始、和気あいあいとしたムードにあふれ、なごやかに幕を閉じました。

【吉田結衣】【THIS IS 岡下】【ヒガシ逢ウサカ・高見】【清友】

2017年9月16日 (土)

横澤夏子、リノベーションでさっそく新居購入!?『リノベーションEXPO JAPAN 2017』スペシャルトークショー

9月16日(土)、東京・青山スパイラルホールにて『リノベーションEXPO JAPAN 2017』スペシャルトークショーが開催され、横澤夏子が登壇しました。
20170916223155-cbc7169700803e04dc1d122b7f15d5ec742d16bb.jpg
『リノベーションEXPO JAPAN 2017』とは、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会が、東京を皮切りに北海道から九州まで全国の7エリア14都市で開催される、リノベーションを通して豊かな暮らしを提案するイベント。

9月16日(土)より3日間開催される本イベントのスペシャルトークショーに、今年7月に入籍を果たし、念願の新婚生活をおくる横澤夏子が登場、『理想の住まい』に関するさまざまなエピソードを語りました。
20170916223848-1640c712157a359b1d28c7433e532392e8ec69c1.jpg
トークショーの相手は「SUUMO」編集長・池本洋一氏。まずは以前、池本氏とイベントで共演していた際に、横澤が自身の住まいを「渋谷駅から徒歩30分の場所」と話していたことに触れ、「もう引っ越しはされましたか?」と池本氏に質問されると、「同棲をきっかけに引っ越しました!」とにこやかに話す横澤。
20170916223914-8ddecc8d61c5ec7b78b835dd2ed672e772223d35.jpg
今は「念願の1LDK」に住んでいるという横澤ですが、以前住みたいと言っていた二子玉川には程遠い築地に住んでいるそう。「なんで築地なのか私も不思議なんですけど」と言いつつも「朝、海鮮丼を食べに行きたいね~なんて言っていて。でもまだ引っ越してから一度も食べに行ってないです」とさっそく理想と現実のギャップが出てきていることを明かします。
20170916223954-5a42b58ddb5026f7175ac6e698cf2d11ca30fa38.jpg
間取りは理想ではあるものの、「キッチンが狭くて料理がしづらい」「リビングが狭くてソファーが置けない」「壁に耳を当てると中国語のケンカの声が聞こえる」など、新婚生活を送っている今の部屋にも不満が多いようで、リノベーション住宅には興味津々の様子。
20170916224023-b2b32eb1a80e28065dca4f31f187a3b0cecea129.jpg
現在の不満を解消しつつ、理想の住まいを実現させるために横澤が出した希望は、①北欧のインテリアで、ネイビーカラーを取り入れたい、②ソファーを置きたい(広々としたリビングを希望)、③料理を楽しめるキッチンに、④将来の子ども部屋も用意したいの4つ。

現在のインテリアは「寄せ集めの家具の状態」で、「ダンナ様がネイビーが好きなので、ネイビーを取り入れたい」と話す横澤。料理ももっとしたいそうで、「ピザ生地とか伸ばしたいし、パンもこねたい」と、広々としたキッチンへの憧れを語ります。

また、「子供は女・男・女の3人欲しい」と話す横澤は、子どもの名前もすでに決めているそうで、その名前を自身のコントでも子どもの名前として使っている「まなみ、しょうた、みく」だと明かします。ちなみに、現時点での妄想の進み具合は「しょうたが少年野球のチームに入るところまで」なんだそう(笑)。
20170916224055-c72b6a21bbb91dfe4cd8e856b907701c77410ecc.jpg
と、ここで横澤の希望を叶えるベストな家を、実際のリノベーション会社3社が本気でプレゼンするコーナーへ。
20170916224129-6bf24b2be20b5442e91e403248d24e8e5dbb5ea8.jpg
20170916224156-a0cec1eca7d75d865dfa1a6ae321878dde261020.jpg
まずは「blue studio」の提案する「ブルーを基調とした、遊び心のある広々リビング」の物件に「素敵ですね~!」と感嘆する横澤。紹介された物件が「自由が丘のマリクレール通り沿い」にあると聞くと「勝ち組の物件ですね」「私、自由が丘で折りたたみの自転車に乗るのが夢なんです」と、具体的な夢まで語り出し、未来の新居に思いを馳せていました。
20170916224322-cb194dd4118a76159f342e63bebc31e1c1594799.jpg
20170916224351-f7107c3c33bc5c5a0fa13917d03de25997957899.jpg
続いては「ReBITA」の「子ども部屋がコンパクトで、広々リビングの部屋」。部屋が魅力的なのはもちろん、マンションごとリノベーションするため、屋上などの共有部分にも魅力的な施設がいっぱいというこちらの物件にも感嘆しまくりの横澤。写真を見ている間に妄想が止まらなくなった横澤ですが、皆が暖かい目で見守っているため、「大人が私の妄想に付き合ってくださって......ありがとうございます」と感謝します。
20170916224438-147b7b6fb1a8243eca9a09cb207c2a1e5eefca24.jpg
20170916224500-50b1256e1edcfa04e1e29e94382abf3e3135c592.jpg
3社目は「空間社」の「収納たっぷりで使いやすいキッチン」の物件。キッチンの見せる収納を見た横澤は、「私も木の実とか出しておきたいですぅ~」と、スパイスを独自の言い方で表現し、笑わせます。また、写真の家に実際住まわれている方が料理好きで、パン教室や料理教室を開いているという話を聞くと、「いいですね~! 見せびらかす家に私は住みたいんです」と言い放ち、ここでも報道陣を笑わせていました。
20170916224530-5f03d2c7f1321573570456c999f7d54ccdd268eb.jpg
最後に、どの会社にリノベーションをお願いしたいかと聞かれると、「どこも魅力的で......30分もらってもいいですか?」と悩む横澤でしたが、最終的にはキッチンが広々としていて使いやすそうだった空間社のプランを選びます。「本当は3社集まってお家を作ってもらいたい」と話す横澤ですが、「こんなにいろんなリノベーションの会社があって、会社ごとにいろんなアイデアがあると思うと、リノベーション会社選びから(家探しを)楽しめそうです」とニッコリ。

『リノベーションEXPO JAPAN 2017』は9月16日(土)~9月18日(月・祝)まで、青山スパイラルホールにて開催されています。
20170916224758-cef029034b4e1f0ab4178e64c5d2d0dd121536e0.jpg
20170916224831-f952c16eb662374dba59e7ac5ecfeb0f0d36ca05.jpg


【横澤夏子】

桂文枝が第4回ベストシニア大賞 食卓笑顔部門を受賞!「伊勢エビのようにがんばっていきたい」と意気込む!!

9月16日(土)、東京・築地場外市場「築地魚河岸」海幸橋棟にて、『第4回「ベストシニア大賞」授賞式』が開催され、桂文枝が食卓笑顔部門を受賞しました。
20170916153225-078953122f2bbcda4831e89e14bdb3cb80766466.jpg
9月第三月曜日の祝日「敬老の日」に、長寿の象徴である海老を食べるという新しい食文化をつくるという目的から、この日を「海老の日」として認定。9月14日(木)から本日までの3日間、一般社団法人日本海老協会による「海老の日」を記念したイベントが築地場内・築地場外で行なわれました。
そのイベントの一環として行なわれた「ベストシニア大賞」は、長寿大国である日本で活躍する長寿人&長寿企業、また長寿の象徴である海老の国内生産、流通、販売、各業界で国内の海老の消費に貢献した方に経緯を評して、その功績を讃える同協会主催の授賞式。4回目となる今回は、6部門の受賞者が表彰されました。

なお、それぞれの受賞者は下記の通りです(敬称略)。
●地域貢献部門
 特定非営利活動法人築地食のまちづくり協議会 兼 築地場外市場商店街振興組合
 理事長 鈴木章夫
●輸入開発部門
 株式会社ニチレイフレッシュ 代表取締役社長 金子義史
●海老料理部門
 dely株式会社 代表取締役 堀江裕介
●外食産業部門
 株式会社リンガーハット 代表取締役社長 秋本英樹
●海老特別部門
 私立恵比寿中学
●食卓笑顔部門
 桂文枝

最後に登壇した文枝。ジャケットを広げて海老のプリントが描かれたTシャツを客席へ見せると、私立恵比寿中学のファンのみなさんから「おぉー!」というどよめきが。隠しては見せるを繰り返すたびに、ノリのいいみなさんから大きな歓声が挙がります。
20170916152743-8303265252264653654f0c5ae2b4cacabba91284.jpg
後ろにいた私立恵比寿中学のみなさんにも披露すると、「イェーイ!」と軽快なレスポンスが。続いて、ほかの受賞者にも同様に披露するも、大人のみなさんは静かに微笑み返すのみでした。
20170916152827-b3a795468f923e362e52684543f67ec59874bd82.jpg
20170916152827-c7456e7b698a0e30cf055fd11e814d0723b5d052.jpg
賞状とトロフィー、さらに海老1年分を受け取ると、文枝は客席へ掲げて喜びます。
20170916152912-989f4c8320669e53feb04434b331de5e84ed9666.jpg
まずは「いらっしゃ〜い!」とおなじみの挨拶を。「海老は海に老いると書きますが、むしへんの"蝦"もあります。海老には歩くエビと、泳ぐエビがいますが、私は今、医者に言われて(健康のために)プールで3時間くらい歩いてるんです。同じよしもとの池乃めだかさんが同い年なので、"歩くのはいいよ"って言うたら"(プールの底に足が届かないから歩くと)溺れるねん"と言われました」と話すと、客席からドッと笑いが起こります。
20170916152935-aad29a91f03beba939eba7dc7d7b14d9caad70c5.jpg
そして「エビも、伊勢エビのように歩いているもののほうが大きい。私も伊勢エビのように一生懸命がんばっていきたいと思います」と、受賞の挨拶を締めくくりました。
20170916152953-8a4a8994c4cadf84c72ce7ba4f1d22dce7909d80.jpg



【桂文枝】

ワークショップ「沖縄県立芸術大学+嵯峨美術大学 「草木染め+何か」を纏う」で 1枚の生地が生み出す可能性を体感!

秋の恒例イベント「京都国際映画祭」では映画の上映のみならず、アート作品も楽しめるプログラムが盛りだくさん。同映画祭アートプランナーを務めるおかけんたによって、沖縄県立芸術大学と京都の嵯峨美術大学によるコラボ作品展示・トークプログラムが、2016年度「京都国際映画祭」、今春開催の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で催されてきました。沖縄と京都連携アート企画として今年の「京都国際映画祭」でも、沖縄県立芸術大学・美術工芸学部の仲本賢教授、嵯峨美術大学・芸術学部の江村耕市教授を中心としたプログラムが予定されています。

 

そのプレイベントとして、嵯峨美術大学・芸術学部の上田香准教授から染色技法を学ぶ「沖縄県立芸術大学+嵯峨美術大学 「草木染め+何か」を纏う」が行われ、9月15日(金)には京都の嵯峨美術大学内でギリシャ出身のアーティト/デザイナー、ミハイル・ギニスさんを招いての講義が実施されました。ミハイルさんは古代ギリシャの服をベースに、日本の生地でオリジナルのクリエイションを展開、「京都国際映画祭」ではクリエイターズファクトリー・アート部門の審査員も務めます。今回はプロの目線からものづくりについて参加学生18名にレクチャーしてもらいます。おかは、「京都は「クラフト(工芸品)」、沖縄は「ナチュラリズム」と相対的なものづくりの風土がある。そこにミハイルさんが持つ"ギリシャ"が加わることで、参加する生徒さんたちがどのように受け止め、プロダクト化していくのか」と興味深く見守ります。

 

20170916002212-28ee335270bc90e4d7f4ca8707fb2e51b5b2a4b9.jpg20170916002225-0ce40d779fa2c31c7309dccafca978e5a3677cea.jpg

 

ミハイルさんはまずは場の緊張をほぐそうと、生徒ひとりひとりと握手を交わしていきます。「講義というよりも、話し合うような雰囲気でフレンドリーにやっていきましょう」とご挨拶。

20170916002310-930266ef7bbc0f975f7ecf922547c89ba4d6d3ca.jpg

 

早速、事前に準備し飾っていた自身のテキスタイルに、撮影してきた環境写真のデータを投影するインスタレーションを。有機的な布と、デジタルで無機質なものがレイヤーとなり生み出す美しさに、みな目を奪われます。

20170916002355-6b0614a5a102455f8263506bf2af46342060f21a.jpg20170916002401-d9ca652a6e5898b92060e4c2d1f4a90f5285fe09.jpg

 

ミハイルさんが用いる生地は、ヴィンテージ織機による極めて柔らかなコットン、カットオフしてもほつれにくいという珍しい特性があるハイテクニット、岡山の工場で開発した世界で1番薄いデニム、東京産の豚革といったものや、まるで蓮の葉のような撥水性も備えたものなど。日本各地の匠の技が詰まった伝統的なものや、現代技術の結晶と言えるハイブリッドなものを組み合わせたオリジナリティに溢れたテキスタイルばかり。生地の上に綿や毛糸などを埋め込み作る「ニードルパンチ」の手法を用いたものは、ミハイルさんのセンスが柄に反映されており、「かっこいいー」という声が次々に上がります。その生地が回され、手にした感触にも驚きの声が。アーティステックな見た目だけでなく"暖かくて軽い"という機能性にも富むプロフェッショナルな逸品とあって、生徒だけでなく教授らも夢中で体感していました。

20170916002441-2f899ff7ee0d9d0fa685aca49af31c6d7b7d4f54.jpg

 

次に、デモンストレーションを交え説明を行っていきます。スカーフと洋服の機能性を持ち合わせた"着るスカーフ"というコンセプトで作られたミハイルさんのテキスタイルは、単に巻くだけでは終わりません。代表して男子生徒がモデルになり、実演していきます。四方にジップが施されているので袖が作られ羽織ものへ変化、上下を逆転させるとブルゾンにも。変わって女生徒がモデルで前に立ち、カーディガン、ボレロ、パレオ、スヌードと1枚の布がいろんな形に変容。ミハイルさんのクリエイションが目の前で繰り広げられる様を、みな驚きの表情で見つめます。メモを取りながら聞き入る生徒の中には、テキスタイルのデッサンを描きプロのアイデアを記憶に留めようとする人も。沖縄県立芸術大学・仲本教授は「首回りの着心地はどう?」、嵯峨美術大学・江村教授からは「早く触りたい!」と前のめりで見学。おかは「デザインから実用性が生まれる」と感心しきりの様子でした。

20170916002526-26e3061cc3b3ab126c2b27d87cf4208be86e31ec.jpg20170916002534-2f94dc89a03cb906c47351d668271450497d7e65.jpg20170916002551-a8585ba2ff90d8b9544d9c8f87b68e196c996c39.jpg20170916002553-01cda1f495cb0bebd861d0265bf505f10375108f.jpg

 

ミッションとして「日本の生地、加工技術の維持継承」を掲げるミハイルさんは、実際に工場へ行き、生地の質感を自分の目で確かめる大切さを説きます。「素材に触れることで生まれるデザインがあります。柔らかさ、揺れなどの動きもデザインに結びつけることが大切」と述べ、現場の職人さんらも「自分たちの技術がデザインに活かされている」と、喜んでくれると言います。しかしながらミハイルさんが愛する技術を持つ工場は、場合によっては縮小傾向もあるそう。「職人さんらの技術を形にして、世界から発注してもらえるように」することで伝統技術の存続にもつながるのだと訴え、参加している生徒らに未来を託したいと願っていました。また、近年は緑豊かな東京・等々力渓谷にサロンを置いたことで、それまでモノクロ中心だったのが、周囲の緑に映える色合いについて考えさせられカラーバリエーションが増えたエピソードも教えてくれました。

20170916002711-54d797e2cfc5ad1ab67829378fb5394d7795c72d.jpg

 

そして質疑・応答の時間に移ります。展示物中の、プロジェクションマッピングから派生しできたという靴下を手に取りしげしげと眺めたり、説明を受けた生地を実際に纏って見たりと生徒さんたちはミハイルさんの作品を全身で堪能。また直接質問しようと、ミハイルさんをぐるりと囲んで熱心に聞いていました。

20170916003119-5cff3343c02e09417be359b38e366fd8eee6a79f.jpg20170916003117-c8ab0a5b14327404762475d7f3fc205f4b99ff91.jpg

20170916002752-9e496a0bd2fc34df51995d57aa147c873e0838cf.jpg

 

最後に、ミハイルさんは生徒たちに熱いメッセージを送りました。「違う素材のものを、自分のオリジナル方法で組み合わせてみる。はじめは何かの真似でも構わないから、自分のフィルターを通してみてください」とまずはトライしてみることを勧め、「そのためには好きなことをとことん探して、知ること。それがやがてオリジナリティになっていきます。トラディッショナル、ハイテク、ナチュラルなものと日本にはまだまだ面白い文化がたくさんあるので、いろんな経験をして見つけてください」と語りました。江村教授からも「今日のことを、次のアクションに繋げてください」と、生徒たちにエールを送っていました。

20170916002851-f5d85b0dfaa13085049095feac8ac8fa5f8e908b.jpg

 

このワークショップの模様は「京都国際映画祭」で「首里嵯峨 2017 秋」として記録映像が上映され、おかけんた、江村教授、仲本教授、「島ぜんぶでおーきな祭」宣伝部長・宮川たま子さんによるトークショーが行われます。そして、ミハイルさんは京提灯と「着るスカーフ」のコラボ作品にも挑み、展示します。1枚の生地が持つ可能性を、ぜひ「京都国際映画祭」で目にしてみてください。

 

「京都国際映画祭2017 -映画もアートもその他もぜんぶ-」

開催期間:10月12日(木)〜10月15日(日)

会場:よしもと祇園花月、元・立誠小学校ほか

公式サイト: http://kiff.kyoto.jp

 

「首里嵯峨 2017 秋」トークショー

開催日:10月15日(日) 午前11時〜

会場:京都伝統産業ふれあい館 イベントルーム

出演者:おかけんた、仲本賢さん(沖縄県立芸術大学・美術工芸学部教授)、江村耕市さん(美術家/嵯峨美術大学・芸術学部教授)、宮川たま子さん(「島ぜんぶでおーきな祭」宣伝部長)

 

「ミハイル・ギニス『Futuristic Craftsmanship』京提灯×ハイテクニット」

開催期間:10月12日(木)〜10月15日(日)

会場:京都伝統産業ふれあい館 イベントルーム

 

【京都国際映画祭】【おかけんた】

2017年9月15日 (金)

ココリコ・遠藤、糖質コントロール生活で家を買う!?「#ファミマでライザップ ファミマで糖質コントロール生活」結果発表会

9月15日(金)、東京・ファミリーマート本社にて「#ファミマでライザップ ファミマで糖質コントロール生活」結果発表会が行われ、ゲストにココリコ・遠藤章造が登壇しました。
20170915215747-1c7abeffebaae6bad0c5d02598864b56340e5f68.jpg
「#ファミマでライザップ ファミマで糖質コントロール生活」とは、株式会社ファミリーマートがRIZAP 株式会社の協力のもと、ファミリーマート・サンクスで実際に働くストアスタッフが参加し、ファミリーマートで販売中の商品の中からRIZAPがセレクトしたメニューを食べ、毎日の食生活・体重の変化を記録し、食生活の改善に取り組む様子をファミリーマートのホームページやSNSで紹介する企画のこと。

2017年6月27日(火)から約2カ月間にわたり実施された本企画では、参加者11名がそれぞれ目標に向けて取り組んだ結果、合計で体重 84.5kg、腹囲 137.7cm 減と、糖質コントロール生活に成功したそう。

MCのあべこうじの紹介により、まずは同社の代表取締役社長・澤田貴司氏よりあいさつがあり、続いてそれぞれの部署から企画の説明や詳細な結果発表、また、満足感がありながらもダイエットのサポートをしてくれるファミマ×RIZAPのコラボ商品の新製品である「ビビンバ風サラダ」や「たっぷりクリームプリン」の紹介などもなされます。
20170915215825-78505af71b8e090a0833a21713a5f84bf32cdac3.jpg
20170915220007-b3245ec5c79cc01003ae3ad2a2f89dda7fd0efe4.jpg
20170915220038-622fb577205d517c87cac9aea443432df0c6e149.jpg
この日は実際に企画に参加した11名のスタッフの中から6名が登場。スタッフのひとり、こうさんは「お客さんから『顔が小さくなったね』『首が出てきたね』などと言ってもらえてうれしかった」と話します。店内に体重の推移やその日の食事のメニューなどを紹介していたこともあり、「一緒にやろうかな」などという声もあったそうで、お客さんとのコミュニケーションにも一役買ったと話すこうさん。この場に同席していたRIZAPの栄養士・幕田さんによると、11名のスタッフはRIZAPのアプリを使って、簡単な運動と食事のアドバイスを受け、運動の面でもサポートを受けていたそうですが、髙さんは「(糖質コントロール生活は)そんなに苦ではなかった」と感想を述べます。
20170915220124-326a400ebe9a637f33a8dd76dc84afabf5343b71.jpg
20170915220211-3e2b0ef9d5758dc365496017889b1699e40e334c.jpg
20170915220839-72661092eb3a76ee2d8264b0e1dd618a39a07719.jpg
企画がスタートする際にこうさんに会っていたあべも「2カ月前は本当に『首のない人だな』と思いましたよ」と、その変貌ぶりに驚いていました。

と、ここでゲストとして、昨年自身もライザップの企画で見事痩せることができたココリコ・遠藤章造が登場。

「僕が糖質コントロール生活をしてた時よりも、今の方がファミリーマートさんではさらにメニューが充実しているので、もっかいやりたいぐらい」だと心なしか悔しそうに話す遠藤。「しかもなにがうれしいって、糖質コントロールしてくれてるのにおいしいんですよね」と、ガマンすることが多くなりがちなダイエット生活において、おいしいものをガマンせずに食べ、しかも痩せられることの素晴らしさを力説します。
20170915220250-3bee003e32d27fd383defdf1109dccecd507271f.jpg
20170915220317-75eb0f90c3505de775305af78907e0a49e5398a3.jpg
痩せたことで「今まで2軍で、もう着いひんやろうなと思ってた服が1軍に上がってくるんですよ」とうれしそうに話す遠藤。1年経った今でもリバウンドせずに体重はキープできているようで、「今は次のステップにいってて、筋肉を増やす段階にいるんです。だから、今以上にファミリーマートさんとは向かい合っていきたい。家も買おうと思ってますので、よろしくお願いします!」と、なぜか自分の体をさらに進化させることで家を買おうと思っているというナゾの意気込みを見せていました。
20170915220402-ce0bd2622691b9791aa0b4038226e2d7fa6c8141.jpg
企画に参加した別のスタッフの「糖質コントロール生活中はサラダがメインのメニューになるんですけど、サラダだとどうしてもおなかがすくんで、メニューにパスタがあるとテンションが上がりました」という感想を聞くと、大きくうなずく遠藤。「ダイエット中は絶対パスタは食べたらあかんと思ってたんですけど、食べてもいいんですよね。しかも......おいしいんですよ、社長!」と、またも社長に媚を売ります(笑)。
20170915220442-2374d39a5a526d38ddca17b7a695308016e8a111.jpg
そのおいしさを、「僕、近所によく行くカフェがあるんですけど、そこのパスタより全然おいしいんです!」と表現し、笑わせる遠藤。最近は「糖質カットをがっつりはやってないんですけど、『ちょっと食べすぎたな』と思ったときは『じゃあ明日はこういうものを食べるようにしよう』とか『こういう運動を増やしてみよう』とか、考えて調整しながら維持している感じ」だと明かしていました。
20170915220542-4399d3648e6a343d05e58ad9911561ff8200bd79.jpg
最後に社長から企画に参加したスタッフへ特大の表彰状が贈られ、イベントは終了。
20170915220618-fc4c8bb3091f89bf74db2df27fae216a99d388f9.jpg
20170915220653-7f0488748807f520c513b4ecf7b3d1621f1b38de.jpg
イベント終了後の囲み取材では、自身のライザップでの糖質コントロール生活を振り返り、「サラダと鶏肉を中心に食べて、楽しく食事しながら痩せることができた」と告白。たまに甘いものが食べたくなったときはファミリーマートの「RIZAP 濃厚チーズケーキ~ミックスベリーソース~」を食べていたそうで、「あれ、おいしいねん!」と絶賛します。
20170915220742-24cf05f13bfac7d53a7d1bf6a727ea2529a14062.jpg
また、遠藤が社長に「家を買いたいと思ってますので、よろしくお願いします」と媚を売っていたことについてあべから問われると「昔から、社長と名のつく人にはすり寄っていくクセがあるんですよね~」とニッコリ。無事、家を買った暁には「家の外壁のデザインもこれ(ファミマとライザップのロゴ入りボード)にします!」と猛烈にアピールし、笑わせていました。
20170915220806-aaa26c49829c52e37d689af118fa961bb3b6cafb.jpg
実際に奥さんとも「家が欲しいね」と話をしているそうですが、「家を買うとウチの相方(田中直樹)みたいにすぐ離婚することがあるし、怖いから気をつけようと思います」と慎重な顔も。「(明石家)さんまさんとか東野(幸治)さんもそうでしたよね」とあべと話し、「なんなんでしょうね? ああいうの」と不思議そうに顔を見合わせます。

記者から田中の再婚について聞かれると、「全くわからない。当分ないんじゃないですか?」と話す遠藤。「今は子どもを育てるのに一生懸命ですから。僕もなんか助けられたらいいなとは思ってるんですけどね。たとえば、朝、ウチの嫁が弁当を多めに作って田中家に回すとか。『定期購入してくれたら安くするよ』とは言ってるんですけど、『お金とんの!?』って驚かれました(笑)」と明かし、笑いを誘っていました。
20170915220906-fea20bff70ff6351596405d69339d0713707a371.jpg


【ココリコ】【遠藤章造】【あべこうじ】

椿鬼奴、あべこうじ、NMB48三田麻央ら全編ベトナム語の収録に挑戦!神奈川県スペシャルコンテンツ動画 『かなかなかぞく』 ベトナム編 公開中

9月14日より、神奈川県スペシャルコンテンツ動画「かなかなかぞく」ベトナム編~フォーを超える日本の麺を探せ~が公開中です!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=90ApmsqerUo

20170915164207-f5bb6e572b20e85cebed76a83b4f5f050feea88e.png


「かなかなかぞく」は、神奈川県とよしもとが共同で制作するPR動画。
最新作「ベトナム編」には、あべこうじや椿鬼奴、アホマイルド坂本、NMB48三田麻央など、神奈川ゆかりのタレントが声優出演しています!

20170915164428-b6bf94eb36a2851b641ef27111fd43f1ceb5e34b.png

さらに、今回はベトナムの方々にも広く視聴してもらうため、全編ベトナム語で収録に挑戦!声優陣による、見事なベトナム語にも注目です。

20170915164539-60280dd9a8b700ab90d5b43e7dfe7d84b5708079.png

タイトルは、「フォーを超える日本の麺を探せ」。
りかちゃん(声:NMB三田)の友だち、ベトナム人のガンちゃんが日本に遊びにやって来るところから、物語は始まります。
かなぼう(声:アホマイルド坂本)と一緒に、どこへ案内しようか悩むりかちゃんでしたが、ガンちゃんの希望は、「大好きなフォーを超える日本の麺を見つけること」。
戸惑う2人をよそに、麺スポットを巡る旅が始まります。

20170915164640-4c2f34ba8f907bb5dbfd02323f1b944768ca3c79.png

20170915164710-fbadcfef3ea5ba161c3bfdc05dedd45b78a8f75c.png

新横浜ラーメン博物館や中華街を巡りながら、神奈川ならではの麺料理を堪能する3人。作品内では、けんちゃん(声:あべこうじ)とおばあちゃん(声:椿鬼奴)が、周辺の観光スポットも紹介しています。

20170915164752-36378d6b1081aa746ec65e63203bba3b32652e14.png

20170915164818-14030c17980817dbbcf3be3d7418d5c5627a6ddb.png

湯河原の坦々焼きそばや川崎競馬場で人気の激辛焼きそばなど、神奈川県民でも、知る人ぞ知る麺が登場するところも見どころの一つです。                  

20170915164855-922a75403edb4c4847f08821d69206b377048485.png

20170915164930-93ee9108faaa1a6e2fe5c4ce21dc1632b3da611b.png

麺料理を巡りながら、神奈川の素晴らしさを再発見できる内容になっています。苦労しながら収録した、声優陣のベトナム語も必見です。
ぜひチェックしてみてください!

20170915165006-296fa02e99c529424baa859d2daf1cd9b0c3ecaf.png

■かなかなかぞく「フォーを超える日本の麺を探せ 編」
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=90ApmsqerUo
・出演:あべこうじ(けんちゃん役)、アホマイルド坂本(かなぼう役)、椿鬼奴(おばあちゃんの二役)、NMB48 三田麻央(りかちゃん役)
・配信元: YouTube「かなチャンTVチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCgbP0Z6Tm8fIY5ILHarmzjQ
・神奈川県HP かなかなかぞくページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532153/

大丸梅田店の"さくらパンダ神社"で吉本新喜劇初の女座長・酒井藍が「よしもと西梅田劇場」の連日大入り満員御礼祈願に来場!

20170913192219-427499d88ea6dd597607aaf32ed755bbc89ed11b.jpg

今年、創業300年祭を開催中の大丸。大丸梅田店では9月13日(水)から10月24日(火)まで期間限定で生誕10周年を迎えたキャラクター"さくらパンダ"にちなんだ「さくらパンダ神社」が登場します。

9月13日の初日には吉本新喜劇初の女座長に就任した酒井藍が来店。9月25日(月)から西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)にオープンする「よしもと西梅田劇場」の"連日満員御礼"を祈願しました。

20170913192211-185f29a428326b050b4183124c33d2db33b5d731.jpg

司会を務めたのは西川忠志。忠志の呼びかけで酒井藍はさくらパンダと一緒に"さくらパンダ神社"の鳥居の前にやってきました。「パワーいっぱいの藍ちゃん」と忠志に紹介され、早速成功祈願。大きな絵馬に「よしもと西梅田劇場にいっぱいお客様が来てくれますように」と記し、奉納しました。

9月25日(月)によしもとの11館目の劇場としてオープンする「よしもと西梅田劇場」。梅田によしもとの劇場ができるのは、9年ぶりのことです。聞けば、酒井藍の初舞台はうめだ花月で、座長就任後の吉本新喜劇を7日間フルで上演するのも10月3日(火)~9日(月・祝)と11月14日(火)~20日(月)の座長公演が初めてとのこと。これまでの就任公演は6日間、3日間といずれも変則的でした。「梅田は藍ちゃんにとって初尽くしで縁起がいい!」と鼓舞する忠志。大きなおみくじを引いて運試しをすると二人とも大吉を引き当て、大喜びでした。そして「よしもと西梅田劇場も大成功間違いなし!」と大入り満員を祈念しました。

20170913192238-95de1ff653c7f5336ddb8c40135020cceb96fa97.jpg

20170913192241-a0a43a28fb4b8116c19e5744042724cf3a5bfe38.jpg

さくらパンダ神社での成功祈願の感想を尋ねると、「さくらパンダちゃんが何よりもかわいいので、ここに来るだけでハッピーになれるパワースポットのような感じがしました」と酒井藍。パワーを感じたという忠志も「何かいい風が吹いてますよね! 大丸梅田店さんのパワーと、一人ひとりのお客様が運んでいらっしゃるものだと思います!」と颯爽と答えました。

酒井藍は9月10日で31歳の誕生日を迎えました。座長になってから初めての誕生日。30歳のときとは異なる心境の変化はあったのでしょうか?「30歳になったときは、ああ、もう20代最後なんやとか要らぬことを考えていたのですが、31歳になったときは"また階段昇った!"とか何もなかったです。一日中、新喜劇漬けでした。誕生日を祝ってもらったりもしましたが、誕生日や~!っていう弾むような気持ちはなかったです。ただ、朝、最初に浅香あき恵姉さんが"藍ちゃん、おはよう、ハピバースデー!"とめっちゃいい英語の発音で言ってくれたのが印象的でした」

「この1年は、座長として新喜劇をたくさんやりたい」と酒井藍。プライベートでもやりたいことを尋ねると「冬になるとデートしたくなる」そうで、早速、さくらパンダ神社に祈願することにしました。「さくらパンダ神社の大きい絵馬には座長としてバーンと書かせてもらいましたので、小さい絵馬に『彼氏できますように』と書いて帰りたいと思います!」

9月25日(月)にはよしもと西梅田劇場がオープンします。そこで、二人にPRをしてもらいました。

「大丸梅田店さんと目と鼻の先にオープンさせていただきます。まずは大丸梅田店さんでおいしいお食事をいただいてから、吉本新喜劇をはじめとしてよしもとの演芸をご覧いただき、お帰りには大丸梅田店でお買い物や夕食のお惣菜などを買って、おうちへ帰られる。行きも帰りも大丸梅田店さんを利用していただき、よしもとと相乗効果で梅田を盛り上げていけたらという気持ちでいっぱいです」と忠志。

酒井藍も「よしもと西梅田劇場はよる公演もやっているので、仕事終わりや学生さんも気軽に来れますし、何よりも大阪駅からめちゃくちゃ近いです。私がタクシーに乗らずに済む距離、歩いて行ける距離、めっちゃ近いです。今日、前を通ってきたら着々と出来ていまして、ドキドキしました。朝昼晩、上演していますので、どこかで観に来ていただけたらと思います」と呼びかけました。

「劇団四季さんも道路を渡った向かいにありますし、ミニ劇場街のような演劇、演芸の街になったら嬉しい」と忠志は頭の中に描く構想も語りました。

最後に酒井藍座長のイメージを忠志に尋ねると「いろんなお仕事で大変なこともたくさんあると思うのですが、本当に笑顔を絶やさない。藍座長の笑顔にみんなが癒されて、パワーをもらって、みんなでチームワークよく新喜劇をがんばっていこう、盛り上げていこうという気持ちに心底にさせてくれます。藍ちゃんはそういう生まれもったパワーを持っていると思います。パワースポットみたいなものです。本当、ウソはつきません。藍ちゃんは梅田が初舞台で、初めて1週間の座長公演を梅田でする。梅田は初尽くしです。私事ですが、父と母が初めて出会ったのがうめだ花月なんです。そうして僕が生まれて。だから梅田は縁起のいい場所です」と力説。藍も「私が第二の『きよし・ヘレン』になる可能性もあるってことですね!」と勢いづき、藍にとっての『きよし』探しの成功を祈って、思いのたけをさくらパンダ神社の絵馬に込めました。

20170913192214-623d992d64d7615df4c56b35a4c74ac77ab9799a.jpg

絵馬に願い事を書いて奉納したふたり。西川忠志は「大丸梅田店&よしもと西梅田劇場、毎日満員御礼!」、酒井藍は「あわよくば彼氏ができますように」と祈願しました。

20170913192205-efdd8b67a849c78cbc84fde91d31012503507d81.jpg

「よしもと西梅田劇場」は9月25日(月)から西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)にオープンします! ぜひ起こしください!!

【西川忠志】【酒井藍】

2017年9月14日 (木)

横澤夏子が働く女性の悩みを解決!?「私のTRILL」キャンペーン 記者発表会

9月14日(木)、東京・原宿クエストホールにて「『私のTRILL』キャンペーン 記者発表会」が開催され、木下優樹菜さん、横澤夏子が登壇しました。
20170914231144-b91c4b70ce79265f47b0044b0e875d4e15866ba5.jpg
TRILL株式会社が運営する女性向け情報サービス「TRILL」と「Yahoo! BEAUTY」は、9月14 日より TRILL アプリ内で「True &Real」をテーマに16名の女性著名人のインタビュー動画を順次公開します。

"TRILL"とは「True & Real」の略。いままでの慣習やしきたりにとらわれず、自分たちの信念のもとに行動するという想いが込められているそう。女性の生き方が多様化する現代において、自分の生き方に迷いや悩み、葛藤を抱える女性の課題を解決するため、女性の自己実現を支援するさまざまなサービスを提供するアプリです。

同社取締役・古賀真紀氏、企画担当・西島来美氏よりあいさつとキャンペーン概要の説明があったあと、14日に公開された木下優樹菜さんの「#私のTRILL」ムービーが流れました。
20170914231307-ef99b63b9f55789aa41cb30a82136c702a93afd7.jpg
20170914231334-95c4849f87511b13e26615c9c016d3f8ecfb0979.jpg
続いて、木下優樹菜さんが登壇。秋らしい色合いの装いで現れた木下さんは、ムービーについて「改めて見ると恥ずかしいですね(笑)」と少し照れ臭そう。撮影時は「インタビューしてくださった方が20~21歳頃の自分を知っていてくださる方だったので、話しやすかった」と振り返ります。
20170914231359-baca89b0f76bb3ff8c24c35cd921028041ff2caa.jpg
20170914231441-669e31a2cc6ea69af5ded4212ee9678bfd3b73ef.jpg
ムービーでは「自分に自信がなかった」と話していたことについて、「"私はこれでいいんだ"っていう自信が出てきたのは、結婚して子供を授かってから。だからここ5~6年です」と意外な告白を。また、「自分の個性はどういうところだと思いますか?」と聞かれると「いい意味の親近感?」と答えたため、笑いが起こります。「『あれ、この子友達だったっけ?』って思うくらい、初めて会う人に親しげに話しかけられるんです」と話しますが、「でも、こう見えて友達少ないし、大人数は苦手だし......、ギャップはありますよ?」とここでも意外な素顔を見せていました。
20170914231459-d2fb8a49fe4b514bf6279cb0f8a0f8ae16e01e76.jpg
と、ここでもう1人のゲスト、横澤夏子が登場。FUJIWARA・藤本敏史&木下優樹菜夫妻を「理想の夫婦」だと話す横澤は、今日の木下さんとの共演を「嬉しいです!」とニッコリ。
20170914231611-80e2a8a8810fd9663f79c5cf8af1b964fed6c465.jpg
2人がそろったところで「ズバリ!#私のTRILLお悩み相談室」という、悩み相談コーナーへ。「後輩に先を越されてしまった」と悩む女性には「人生はいいときばかりではないし、波があるもの。先輩後輩関係なく、『今はこういう時期なんだ』と思うことが大切」と自身の経験を交えてアドバイスする木下さん。横澤は、「私はまずその状況を受け入れます。そして"ひとり情熱大陸"といいますか......、自分の状況にナレーションを入れるんです。そんなことをしていると、自分にもいつかいいときが回ってくるんじゃないかって思えるので」と、受け入れることの大切さを語っていました。
20170914231641-3b582d17c19d5b308e21b51cf3a95903352ca9b7.jpg
20170914231712-3512c00d52140c0baa4ea16b199f845f106debc0.jpg
また、結婚と仕事の両立について悩む女性には、「結婚したことによって輝けることもあるから、結婚したいならした方がいい」とアドバイスする木下さん。一方新婚ホヤホヤの横澤は、自身の結婚生活について「恥ずかしいから、家で単独ライブの練習ができなくて、朝早く起きてお風呂場で練習してるんです。もっとさらけ出せるようになるといいんですけど......」と新婚ならではの悩みを告白。すると木下さんが「うちのダンナも、昔から(練習してるところは)見せないです」と、これまた意外な事実を明かします。
20170914231738-8c130f85dcb39898abc779322543f0913681ed1c.jpg
20170914231838-fc2be17b56efbed26aed97ac3abf3301cdb273ac.jpg
最後は横澤自身が「女性らしさがほしい」という悩みを明かすと、「女性らしさ、ありますよ~!」と木下さん。「子どもにも人気あるし。うちの娘も横澤さんが大好きで、初めて会った瞬間手をつないだんです。5歳の女の子はなかなか初めて会った人と手をつながないですよ?」と横澤が子どもに好かれるキャラクターであることを力説していました。
20170914231859-00463af507bb63d1598ba6c8216a5c5ab2463c90.jpg
続いて、「私のTrue&Real」と題して、自分の信念をフリップに書くコーナーへ。

木下さんが書いたのは「私と小鳥と鈴と」。金子みすゞの「みんなちがって、みんないい。」で有名な作品のタイトルです。「意外でしょ?」と笑いながらも、「金子みすゞさんの詩が小学校1年生の頃から好きで。金子さんの作品に出会っていなかったら今の私はないと思います」と、その影響の大きさを告白していました。
20170914231917-8dede9ad571c100f1f9f0f7811b26e06953453ae.jpg
横澤は「自分をかわいがってあげる」と書き、「薄っぺらいモデルが言いそうですけど......(笑)」と笑わせますが「でも、誰もかわいがってくれないので、自分だけは自分をかわいがってあげようと思って」と、その意味を明かします。
20170914232037-b77f339b7620df3b7dfa5dbe350e4348a217cf4f.jpg
イベント終了後の囲み取材では、木下さんのことを「インスタを見て、信者のようになってます」と告白する横澤に、「でも、私を否定する人も大事なんです。たとえばダンナなんですけど」と木下さん。なんでも白か黒に決めたがる木下さんに、藤本が「ときにはグレーな部分が大事なときもあるよ」とアドバイスしたそうで、昔は聞く耳を持たなかったのに、最近壁にぶち当たって白か黒かで悩んでいたとき、「白か黒に決めようとするから苦しいのかな?」と感じたことがあり、だんだん聞く耳を持つようになったんだとか。
20170914232112-7f2a9cccd26bd942db5208e60030c50a759708de.jpg
一方横澤は、「結婚式前にカップルのするケンカを、今台本どおりやってる感じです。たとえば、私はバルーンから登場したいんですけど、『そんなのいらないでしょ?』って言われたりとか」などと新婚ならではのエピソードを披露。「結婚式はいつ頃の予定?」という質問には「来年の1月頃です。新潟からおばあちゃんが来るので、東京駅の近くで......あ、ここまで言わなくていいですよね(笑)」と、細かいところまで答える横澤に笑いが起こっていました。

夫婦円満の秘訣を聞かれた木下さんは「話し合いかな?」と答え、「私はよしもとのマネージャーからダンナのスケジュールを教えてもらってるんで、スケジュールを踏まえた上でケンカ(話し合い)のスケジュールを決めてます」と話し、笑わせていました。
20170914232137-46b81820ffd1d85348bcff2e7243eda2499f4bbd.jpg


【横澤夏子】

ジャルジャル、ライブ名もビジュアルも新たに!?

20170914164844-28564cac93abf3c8b5e01b59b2975fcaedeb47ad.jpg
10月28日(土)より単独ツアーをスタートさせるジャルジャルが、今回のポスター・チラシを新たなビジュアルを発表しました。
今までのタイトルである「ジャルってんじゃねぇよ!」を今回のツアーから改め、「JARU JARU TOWER」と刷新したように今回のビジュアルは"TOWER"をイメージしたデザインとなっております。

東京・大阪・名古屋・福岡の4都市を回る今回のツアー内容などに関しては、順次発表していく予定です。
今後のジャルジャルの動向にご注目ください!!

【ジャルジャル】

2017年9月13日 (水)

竹内涼真さんの恋愛トークに、南キャン・山里の引き出しは「ゴミ」だけ! "ソフトバンク"記者発表会

9月13日(水)、東京・ベルサール汐留にて、『ソフトバンクの新サービスに関する記者発表会』が行われ、ゲストに古田新太さん、竹内涼真さん、杉咲花さん、山里亮太(南海キャンディーズ)が登壇しました。

20170913182307-f0ba60099afc040677755d7e66bd36c679af214c.jpg


今回の発表会では、「iPhone 8/8 Plus」発売日の9月22日に合わせて始まる、「データ定額 50GB」(月額7000円)の「ウルトラギガモンスター」といった新サービス、新料金体系などを発表。

20170913180652-d9cc1834f19b9989428e7158a697b129af8d1dcf.jpg


後半、10周年を迎えたこれまでのソフトバンクのCM"白戸家"シリーズのダイジェストが流れた後、MCの須藤美帆さんから「白戸家が大好きだというこの方」との紹介を受けて登場した山里は、「おそらく、使われないであろうシャッター、ありがとうございます」と大勢の取材陣に愛想を振りまきます。


その後、「10年間、白戸家、お疲れ様でした」と祝福され、驚く樋口可南子さんと上戸彩さんの映像が流れた後、新CMに出演するという古田新太さん、竹内涼真さん、杉咲花さんが登壇。

20170913180653-c1f9aae7adf64165c8cce2a3194acf2ad23ac84f.jpg


白戸家シリーズの終了を想起させる映像に加え、突如、ひとりで進行することとなり、動揺する山里ですが、「10年前だと、ちょうどお父さんと新宿コマで舞台やっていましたね。お父さんの中の人と」と口走った古田さんへ、「お父さんに中の人なんていないです!」と冷静なツッコミを入れて笑いを誘います。

20170913181922-0a68a5a145f79679ce7026e6885d8af60b4e830a.jpg


樋口さんと上戸さんが祝福された現場に居合わせたという3名ですが、これまでの白戸家が継続するかについては、「言うなって言われて、大人に。破天荒そうに見えて破天荒じゃないの。スポンサーさんにヘイコラするの!」と口を閉ざす古田さん。
「お父さんは...」と口を割りそうな竹内さんに対しても、古田さんは「それは言っちゃダメ」とガードを固めます。

20170913180654-66f271564715e4a92d89960a0024a43d436a99e0.jpg


こうした3人の様子から、山里は「お父さんは居たということですから、白戸家は続くんじゃないかなと勝手な妄想します」と持論を展開。


その後、新サービス「みんな家族割」にちなんで、「理想の家族は?」とのトークテーマに、竹内さんは「何でも言い合えるオープンな家族」と答えます。
竹内さんは、現在も両親へ、好きな人ができたといった話までするとか。


また、竹内さんの理想の女性像は「ちゃんと怒ってくれる人」だそうで、共感を求められた山里は「俺が竹内くんと女性の話をするなんて、おこがましくて出来ないよ」「引き出しを開けたら、ゴミしか出てこないよ(笑)」との自虐発言を漏らすのが精一杯です。

20170913180654-eaec844516f5686dc6a9406b5bde759211efe6a7.jpg


一方の杉咲さんは、「結婚した時、両親、家族とも一緒に住みたいので、二世帯にしたいです」との理想をイラストで発表。
その独特なタッチもさることながら、一戸建てが2軒並ぶイラストにざわめきが起こり、「二世帯ってこういうこと?(笑)」(竹内)、「母屋と離れだね(笑)」(古田)と共演者もいじります。


さらに杉咲さんは、理想の男性像について「気をつかえる人」と答えると、「気を使うのは得意な方なんです」と猛アピールする山里。

20170913180654-f094c93a6bf6970929a63f307794f6e1d811fbf5.jpg


しかし、杉咲さんの「事務所に確認してみます」との対応に、山里は「しっかりしている事務所だから、ちゃんとノーと言ってくれると思うよ。2秒、夢見れました...」とうなだれました。


そんな山里は「理想の家族は?」との質問に、「とにかく誰でも一緒になってくれれば全て理想」と回答。

20170913180653-a2e86a4f80b1fd7a7d5dcd7674fa163cf0a27f86.jpg


結婚を夢見る山里ですが、よく当たるという占い師に結婚運を診てもらったところ「今世はない」と告げられてしまい、「来世に期待ですね」と訊くも、「山里さんの来世は草なんです」と言われたとのエピソードで一同を爆笑させます。

20170913181352-01fb83d142a66368c6ef9f40681eb4e7b751ea77.jpg


山里から「来世で俺を見つけたら、摘んで!」とお願いされた杉咲さんは「草むしりします(笑)」と絶妙の返しで沸かせました。

20170913180651-e336d0faccee452a7052de09bed33e8527ba4157.jpg


ソフトバンクの新サービス等は、公式サイト等でご確認ください。


【山里亮太】【南海キャンディーズ】