最新ニュースインタビューライブレポート

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

仲良し祈願「かつみ❤さゆり×ハローキティ」コラボぬいぐるみ、2月14日から発売!

20160131234930-045f375b9ca7cf22fc5423b6dc45740bc2dbf71f.jpg

結成15周年&結婚20周年を記念して完成した「かつみ❤さゆり×ハローキティ」コラボグッズ。さゆりのシンボルである美脚とつけまつげがポイントの、唯一無二のハローキティコラボグッズが好評発売中です。さらに2月14日(日)から、「仲良し祈願」を込めたコラボぬいぐるみを発売することが決まりました!

20160131235016-27fec1d42e8573e0fe0cab5462c9c059786ecb5f.jpg

ご祈祷していただいたのは、神戸・長田区にある長田神社。実は長田神社はかつみ❤さゆりと縁の深い神社で、かつてさゆりの実家があったのが長田神社のすぐ近所。さゆりの両親をはじめ、親戚一同長田神社で結婚式を挙げているのだそう。さゆり自身も高校から大学時代に巫女の手伝いをしたことがあり、かつみと交際中は一緒に何度もお参りしたことも。結婚後もさまざまな苦難(!?)を乗り越え、ついに結婚20周年を迎えられたのも、長田神社でのご利益があったからこそだと言います。そこで、ハローキティコラボぬいぐるみにも「仲良しのご利益を」とご祈祷をお願いすることに。

20160131235217-90b9c97aaeed16b14f167813d0614b2c53f363b1.jpg

20160131235256-96bb25f2946a75d1ce77ba3d46e92133cb971f24.jpg

ご祈祷を受けた1月29日(金)はあいにくの雨空でしたが、「雨降って地固まる、と言います」と、とことんポジティブなかつみ❤さゆり。厳かな空気の中、仲良しのパワーをぬいぐるみに込めるべくお祈りしました。

20160131235330-bc27362d5ad4404c055db84f2d764bd156fa2c23.jpg

20160131235432-3617c4b58596c57eb0e360d6989f696b0535b8a7.jpg

ご祈祷前に、コラボぬいぐるみへの思いや夫婦円満の秘訣について、熱く語ったふたり。夫婦の絆の深さに驚かされる、仰天の珍エピソードが続々と飛び出しました。

さゆり「20年も続くわけないといわれていた夫婦がこれだけ続くのは、やっぱり仲良しの縁や絆が強いからやと思います。だから『このぬいぐるみを持ってたら、自分の大事な人と縁がちゃんとつなげます』という仲良し祈願のぬいぐるみとして持ってもらいたくて。発売は2月14日の予定で、ちょうどバレンタインというのも縁起がいいです!」

20160131235530-9376cd5bde55237229631bd583ad7fb118930afc.jpg

かつみ「さゆりちゃんは高校1年から大学までこの長田神社で巫女さんのお手伝いをしていて、正月や七五三、結婚式、厄払いの時にお手伝いしていたそうで」

さゆり「よく言うんですけど、あれだけ人の厄を払っていたのに、その厄が全部自分に来たって...(笑)」

かつみ「僕からすると、『巫女さんを奥さんにしたら幸せになれる』っていいますし、いい奥さんをいただけたと感謝しています。僕、そういう意味で運がいいんですよ! 金運は悪いですけど...。婚約中に、副賞で当たったパリ旅行へさゆりちゃんを連れて行ったら、そのタイミングで阪神淡路大震災が来て...」

さゆり「そうなんです。『結婚前に男の人と海外旅行なんて!』とお父さんに怒られながら、勘当同然で行った海外旅行だったんです。パリで震災を知ってから家族とまったく連絡がつかず、無事なのかもわからないままパリから帰ってきて、一睡もせずに車で10時間かけて実家に帰ったら家が全壊...。家族に会えたときは、抱き合って泣きました。でも、わたしの部屋の屋根がバシャンと落ちて、いつも私の部屋で一緒に寝ていた猫が命を落としてしまって...」

かつみ「もし旅行へ行かずいつも通りさゆりちゃんが部屋で猫と一緒に寝ていたら...と。お父さんが『よくぞさゆりの命を助けてくれた』と言って、結婚を許してくれたんです。芸人っていうだけでもハンデやのに、当時の僕はイメージも悪くて、それでも許してもらえたのは長田さんのおかげ。お付き合いしてる頃からさゆりちゃんの送り迎えのときにしょっちゅうお参りにきてました」

20160131235625-142daab9c541db859a1035746e4537c54414dc71.jpg

さゆり「この20年間、離婚話が出たのはたった一回ですしね。しかも、かつみさんから言われたんです!」

かつみ「先物取引で本気でヤバいときがありまして...」

さゆり「かつみさんの信条は『借金は多いけど、自己破産せんと死ぬまでにぜったいに返し切る』で、私もそこが男らしい! と思って一緒になったにもかかわらず、『いよいよオレ、飛ばんとあかん』と。『北海道の阿寒湖でマリモを売る。さゆりちゃんを付き合わせるわけにはいかんから別れてくれ』って言われたんです。だけどちょっと待って、と。かつみさんと私は夫婦やけど、私はかつみさんの保証人の判子を5つ押してるんです。ということは、裁判所的には夫と妻というよりは、甲と乙の関係で、夫婦関係がなくなってもそっちの関係のほうがずっと強い。だから、『かつみさん、そんなんで離婚しても一緒やで』っていうことで、離婚話はなくなったんです(笑)」

かつみ「そんなことがあったから絆はすごい強いんです。内輪揉めしてる場合じゃないから。例えばWBCで日の丸を背負って戦うときは阪神も巨人も西武もないわけじゃないですか」

さゆり「いいように言いますけど(笑)、ロールプレイングゲームで例えたら、"借金"という大ボスに向かってふたりで戦ってる感じです」

かつみ「さゆりちゃんは嫁であり、娘のようでもあり、同じ釜の飯を食って泥沼から這い上がってきた同志やから、すごい絆を感じるんです。飲食店が商売繁盛のために仙台四郎の置物や招き猫を飾るように、仲良し祈願にかつみ❤さゆりのコラボキティぬいぐるみをそばに置いてくれたら。僕なんて、さゆりちゃんにLINEの中身を読まれてもぜんぜん平気ですよ!」

さゆり「夫婦でお互いの携帯電話に、指紋認証が入ってるんです」

かつみ「僕の電話が鳴ったらさゆりちゃんが出ますしね。ただ、夜中にキンコン♪って着信音が鳴ったら『うぉ〜! 誰や!』と焦りますけどね...(笑)」

20160131235730-9e196d765418d3a3aec78978fddb5e9c9303cd05.jpg

かつみ❤さゆりの仲良しパワーと長田神社でご祈祷をしていただいた、「かつみ❤さゆり×ハローキティ」仲良し祈願コラボぬいぐるみは、2月14日(日)から大丸心斎橋店サンリオギャラリー、サンリオギャラリー京都店、よしもとテレビ通り、ボヨヨンスイーツガーデン、よしもとグッズショップ(web)ほかにて発売されます! 大切な人とずっと一緒にいられるお守りになってくれますよ!

【かつみ❤さゆり】

20160131235836-a42f0176ad2fbbc7529871b3d585c465556fcb47.jpg

「27歳はチャレンジしたい」 MYNAME・コヌが初ソロアルバムイベントで意欲

1月31日(日)、東京・タワーレコード渋谷店にて、MYNAMEのリーダー・GUN WOO(コヌ)初ソロアルバム『I AM 27』リリース記念イベントが行われました(以下、敬称略)。

20160131222010-a7b47194ff43204ee52808336b66cf777ed00317.jpg



約350名ものファンが押し寄せるなか、最初にステージへ現れたのは、MCを務めるMYNAMEのインス。
このサプライズでMYgirl(=ファン)を歓喜させたインスは「今日のMC、インスです!」「今日、私何もなかったんです、スケジュールが」と挨拶して和ませると、「今日の主人公、コヌさんお願いします」とコヌを呼び込みます。

20160131221435-3bdf614aeed54b7dde084758fb29ad49b9c53a88.jpg 20160131221532-48c56df244778306f27ed6e323d6a8510e54af65.jpg

前日、誕生日を迎え、ともに27歳となった2人は、これまでの道のりを振り返るなど、気心の知れた仲ならではのトークを日本語で展開。
そしてコヌが、アルバムのリード曲『I AM 27』と、絢香のカバー曲『みんな空の下』の2曲をしっとりと歌い上げます。

20160131221615-68029e94af74c8fa9ccebcb551f45c9089acc688.jpg

その後のトークでは、「スタッフさんから聞いたんだけど、コヌが名古屋でめちゃくちゃ緊張して。今日調子どうですか?」とインスが質問し、コヌは「今日は緊張してないです」と即答。
コヌ曰く、緊張していた理由は、MYNAMEでのステージだと、ファンの視線が分散されるため、「ソロだから(ファン全員が)僕を見ますね。怖かったです(笑)」とのことです。

続いて、試聴会としてアルバム収録曲を聞きながら生解説。

20160131221655-5371631de9666ae89b6e709a3a80e54d693b68e6.jpg

『MAMA Korean ver.』は、メンバーが大好きな曲だそうで、「メンバー4人もコヌのCD聞いて、大ファンになって、応援してるんです」とインスが打ち明けるものの、コヌは「気持ち悪いです」と返し、笑いを誘います。

20160131221737-cf4393462cb4ba71b3797bdb5b051e220cf058e2.jpg

またコヌからは、『I AM XX~interlude~』がワンテイクでレコーディングした逸話や、DREAMS COME TRUEのカバー曲『何度でも』は、「歌詞がめちゃくちゃいいです」「ドリカムさんがめっちゃうまい」といったコメントも。
さらに、2月28日(日)、東京・下北沢でショーケースの開催を発表し、ファンを喜ばせます。

そして「僕のことをみなさんに表現したかった」とアルバムに込めたメッセージを改めて伝えた後、『君のために』でイベントを締めくくりました。

20160131221818-34ac1976b430459474795702ca23c12eaa0837ce.jpg

直後のフォトセッションでは、ファンによる「ハッピーバースデートゥーユー」の合唱、スタッフからのケーキで祝福され、感謝するコヌ。

20160131221909-174fe09d447aa2c50a1b160b71280e462b42177a.jpg

囲み取材では、以前から自分がプロデュースするソロアルバムについて考えており、「ソロアルバムが出ますと聞いた時は、めちゃめちゃうれしかったです」と喜びのほどを表します。

20160131221941-4bfdfcf5f364b7acdfd61dc32cdeb40b90009b93.jpg

今年1年について訊かれると、「26歳の時は、チャレンジしてみたいことをチャレンジしてなくて終わったんですけど、27歳からは歌手としていろんなチャレンジしていきたいし、歌手じゃなくてもいろんな仕事とかいろんなことをチャレンジしてみたいです」とし、プライベートでは「最近、インテリアに興味がたくさんあって、趣味で勉強しています。僕の作業するところとかのインテリアをチャレンジしてみたいです」と意欲を燃やします。

話題は、前夜に行われたリオデジャネイロ・オリンピックのアジア地区最終予選にあたる日韓のU-23サッカー代表戦に移ると、「日本と韓国はアジアで1位、2位くらいに強いチームだと思います。昨日感じたのは、最後まで戦わないといけない」と死闘を振り返りつつ、リオ五輪での両国の活躍に期待を寄せました。

20160131221300-276bb87acf546ddfc2649b9418bac747d9837489.jpg



なお、『I AM 27』の収録曲、各タイプなどの詳細は、よしもとアール・アンド・シー内公式サイト(http://www.randc.jp/artist/gunwoo/)、よしもとネットショップplusYahoo!店(http://store.shopping.yahoo.co.jp/shop-yoshimoto/gunwoo28my.html)にてご確認ください。

初観戦の南キャン・しずちゃん&山田菜々、迫力満点のプレーに大興奮! トヨタ自動車アルバルク東京、3連勝で首位キープ!!

1月31日(日)、大田区総合体育館にて、バスケットボール・NBLのトヨタ自動車アルバルク東京対レバンガ北海道が開催され、タケト、南海キャンディーズ・しずちゃん、大西ライオン、チョコレートプラネット・松尾駿、山田菜々が応援に駆けつけました。
20160131213148-46cc69a4bd30709fd01a800718b248c0944d2368.jpg
リーグ後半戦最初のホーム3連戦。28日(金)、30日(土)とレバンガ北海道に連勝した現在首位のアルバルク。好調を維持するための大事な3連勝に向けて、31日も熱い試合が繰り広げられました。

第1ピリオドの序盤、主導権を握りながらも18対20と逆転を許してしまったアルバルク。第2ピリオドから集中した守備で相手の攻撃を封じるのみならず、素早いパスワークから巻き返しを図ります。激しい一進一退の攻防が繰り広げられる中、ファウルで得たフリースローで得点を重ねると、田中大貴選手のレイアップシュート、伊藤大司選手のスリーポイントシュートなどで40対33と再びリードします。
20160131212019-ce586b051227aa1a891efe36a993897f91f78a2a.jpg
20160131212120-37f9c92fc709dd7c8b1b4978b05f52505cdbe0a7.jpg
第3ピリオドも田中選手、伊藤選手のシュートでポイントを重ねると、マイケル・パーカー選手が相手のディフェンスをかいくぐってさらにポイント奪取して引き離しに。食らいついてくる相手に苦戦しながらも、第4ピリオド序盤に松井啓十郎選手がスリーポイントシュート、リチャード・ソロモン選手のダンクシュートなどで一気に突き放し、93対69で勝利!! 3連勝してレギュラーシーズンの首位をキープしました!
20160131212202-76a6d59437195a4737b06205d25126fdacd7624a.jpg
20160131212336-717a570511f8eae72ff84abf43f609d2ae827f90.jpg
20160131213040-22c236c568cccac61ccf71c017dfb10c5ab672fc.jpg
よしもと勢は試合前、第2ピリオド内のオフィシャルタイムアウト、さらにハーフタイムショーに登場。オフィシャルタイムアウトでは、タオルの投げ入れプレゼントを行なったのですが、しずちゃんはライナー気味の投げ込みで男性の観客を狙い撃ちして笑いを誘います。
20160131212426-9b6efa88d73064ba4b07ce3a51fb82601c33f2c8.jpg
20160131212510-00e51b648203ac9a5094573c6122f5ac137d911a.jpg
20160131212604-f04731df68902a0d63b6de4d1c8ca7dd43ed0930.jpg
ハーフタイムショーでは、Twitterで募集した観客によるシュートチャレンジ対決を。2人1組で3組のお客様が参加した対決に、ライオン&松尾ペアも参加します。ラブラブカップルとの対戦に、「絶対勝ちます! 優勝します!」と闘志を露にしたライオンでしたが、シュートが全く決まらず、あっさり敗退。タケトの呼びかけに、照れながらもお互い「好きです!」と宣言し合ったカップルが見事優勝し、アルバルクマフラータオルをゲットしました。
20160131212657-18deabf6d73725bd6603a641f3985cc3aad5f933.jpg
20160131212730-dd39c944974e2cacd14eb98c4c2bd815713cd036.jpg
20160131212812-8dc1e330353827c6836e109f877bb8b9b066965b.jpg
本日のMVPに輝いたジェフ・ギブス選手は、よしもと勢と笑顔でハイタッチ。「同じ相手に3戦連続で勝利するのは難しかったけれど、みんながハードプレイをしたからこそ成し遂げられた」とチームメイトを讃えつつ、「今後も1つでも勝ちを重ねて、勝利に貢献したい」と意気込みます。
「ハーフタイムまでは競った試合だったけれど、アルバルクのゾーンディフェンスが素晴らしかった」と賞賛したライオン。タケトは「監督の喜怒哀楽に引っ張られて、興奮しながら観ました」と感想を語ります。
20160131212841-6ba6b7f53d5ceb31b3fd1d10a3b62ca3156b4085.jpg
「思わず声が出てしまうくらい、すごく楽しかった!」(山田)「ルールがわからへんからライオンに聞きながら観ました。アドバイスがプロ並みに的確でした」(しずちゃん)と初めて観戦した女性陣も興奮した様子。松尾が「生で観ると(迫力が)全然違う。僕らも今後足を運んで盛り上げますよ!」と高らかに宣言すると、「みなさんも観に来てくれるか、心配ですよね?」とタケト。もちろんライオンの「心配ないさぁ~~~!!!」が会場中に響き渡りました。
20160131212900-88021534137fb135d65687c8ccf32c7a392a59c7.jpg
20160131212921-30b22012ce7d635b74d0e625f48c642e4530d8f3.jpg
試合終了後、タケト、しずちゃん、ライオン、松尾、山田が囲み取材に応じました。
「ほんまに勝ってよかった」と安堵の表情を浮かべたライオン。普段「心配ないさぁ~!」と叫んでいるにも関わらず、「お客さんが盛り上がってくれるのか失敗でした」と言い切ると、マスコミ陣から笑いが。「もっとお客さんが入ればいいなと思っていたので、今日はいっぱい来ていてよかった」とバスケ愛に溢れた感想も口にします。
「生で観ると楽しくて。とにかく展開が早いから、ゆっくり瞬きしてたら5点くらい入ってました」(しずちゃん)「気付いたら終わってました」(山田)と話す女性陣に、松尾からは「寝てたんじゃない?」とのツッコミが。「寝てないですぅ!」と否定した山田は、「それくらい(展開が早いから時間が)短く感じました」とかなり楽しんだ様子です。また、タケトは試合中、音楽が常にかかっていることが気に入った様子。「攻撃と守備と音楽も変わって。分かりやすくて良かったですね」と語りました。
20160131212942-6c93efb965d14a7c9852ff9771b3ec4ba6b334e0.jpg
週5でバスケットボールを楽しんでいるというライオンは、松尾に「バスケやってて仕事飛ばしたんでしょう?」と訊かれて「夢中になり過ぎて飛ばしました」と反省の表情を。「遅刻が多くて"やってもうた大西"っていうあだ名があるくらい遅刻する」とタケトに暴露されるものの、今日は大好きなバスケの仕事。いちばんに会場入りしていたそうです。
ライオンから「女性って、180cm以上の選手ってあまりいないんです。こっち(で選手)を目指すのはどうですか?」と提案されたしずちゃん。「え? まだいけるかな?」と言いながら、ウィングスパンを披露。「うわぁ、長い! これでディフェンスされたらすごい!」と大興奮のライオンでした。
20160131213003-913a1b383f67b7370dc9d5d7b259c106e1f04f3d.jpg
トヨタ自動車アルバルク東京、次回のホームゲームは、2月13日(土)、14日(日)の対サイバーダインつくばロボッツ戦。こちらの試合にも、よしもと芸人多数出演予定です。詳細は、今後のよしもとニュースセンターをチェックしてください!


【タケト】【南海キャンディーズ】【しずちゃん】【大西ライオン】【チョコレート】【松尾駿】

エリートヤンキ解散ライブ『60分漫才+月刊エリートヤンキー最終号』で同期芸人たちとともに有終の美を

昨年12月30日(水)、大宮ラクーンよしもと劇場にて、エリートヤンキーの解散ライブ『60分漫才+月刊エリートヤンキー最終号』を開催。現在は橘、西島ともにピン芸人として活動中のエリートヤンキーにとって最後の60分漫才と、同期芸人の囲碁将棋、えんにち、ゆったり感、エレベーターマンション、天狗、滝野元気を迎えての30分のトークを行いました。
20160131094249-01ff11916ce20652aed7f36c067406e644c3bd1a.jpg
会場は、客席の後方だけでなく両サイドにまで立ち見も多数の満員御礼。ステージに登場したエリートヤンキーの2人は、あまりのお客さんの多さに「一番前の子おいで」と声をかけると、舞台袖で見ていたえんにち・アイパー滝沢が登場し、2人の記念写真を撮影。続いてブロードキャスト!!・吉村が登場して同じように写真を。ところが、次にえんにち・望月が出てこようとすると、西島が「お前はいいや~」と追い返し、まずはひと笑い。
20160131094010-e0a54ec6b1e14f9a1e50b7b3d06b23649f02b694.jpg
こうして最後の60分漫才がスタート。まずは、年末の町内で子供を見て、昔と変わったところと変わってないところがあると気づいたという西島話から、今も昔も変わらない"ピーマン嫌いな子供"にどうやって食べさせるかということに。西島が料理し、橘が子供となって食べることになるが...。橘の顔を見た西島が、子供役にふさわしくないと「まずヒゲそってきなさい!」と一蹴。さらに、「エリートヤンキーファンの大半は、お前のヒゲ反対派だぞ!」の声に、お客さんからは賛同の笑いが。気を取り直して、ピーマンを細かく切ってハンバーグらしきものを作る西島。その料理の過程を細かく描写しすぎて、会場はクスクス。ようやく出来上がった料理は、せっかくピーマンを細かく刻んだにもかかわらず、ハンバーグのネタをピーマンの中に詰めたピーマンの肉詰め。当然、橘は「ピーマンそのまんまじゃないか!」と激しくツッコむものの、西島はそれをものともせず、お前は実の息子ではないという衝撃の事実を打ち明け「どうだ、ピーマンの味しないだろう」と自信満々。そういう意味ではなく...ということで、西島は何度も新たな料理にチャレンジするが、ことごとく失敗したのでした。しかし、西島は、必要以上に料理を描写することが気に入ったのが、その後も料理ボケが続出したのでした。
20160131094123-ed107fc3cfec84ae84a26c957c80eddab67e3b61.jpg
その他、海外の人をホームステイで迎え入れたいという西島のため、橘が外国人役をやることに。この橘演じるカタコトの日本語の外国人、その名も"ミノル・シングルス・モモモーモ"があまりにもうますぎて、西島のツボに。モモモーモの身の上を聞き出すことに執心し、なかなか本題に入らないという事態に。橘の一挙手一投足が笑いを生み、モモモーモの独壇場となりました。さらに、続くムツゴロウ王国の後継者を目指すネタでも、橘演じる"ミノゴロウさん"のキャラクターが爆発。西島の無茶ぶるによる橘のフリーパートが、大きな笑いをとりました。
20160131094326-85a596be1841d1ace681853405386358fca0f975.jpg
そして最後のネタは"交換日記"。交換日記という形で、2004年11月、コンビ結成から、コンビ名の決定などについて語り、感動の漫才に。...になるはずが、「ゆったり感ってコンビ名はダサい」「天狗はダサい」「えんにちは華がないからテレビは無理だろう」と同期をディスり、さらには、背が同じくらいの囲碁将棋と西島は座高も一緒。ところが、4人で撮った集合写真を見ると、身長の低い橘まで座高が一緒だったという衝撃の事実を暴露。そして、西島の「12年間いろいろいろありましたが、今後もお互い頑張りましょう。最後の僕のボケです」の言葉で、最後の漫才を締めくくったのでした。
20160131094407-5bcfaec944a8fbbecd2482213b1e8b4a2d865b96.jpg
続くトークコーナーでは、「一番運のいい人と、今後もお付き合いしたい」という西島の提案により、サプライズで賞金争奪の運試しを行うことに。参加者は、囲碁将棋、えんにち、ゆったり感、エレベーターマンション、天狗、橘&滝野ペア。勝った一人には金一封、脱落した人でも笑いを取ればポチ袋が。まずは、西島が選んだ順番で出てきてしまったコンビは脱落という"登場運試し"。ここで3番目に出てきたエレベーターマンションが、いきなりの脱落。その後登場したゆったり感・中村は、最後のトークがしんみりするのは嫌だからと、「"エリートヤンキー解散反対"のタスキをかけてデモをしようと考えていたのに、なんだよ争奪戦って」と毒づきながらも参加することに。
20160131094456-f742cee570d78300741cab0ac2cb0c381651f640.jpg
続いては、ワサビが入っていない人が脱落の"ワサビ寿司"。ところが、ワサビが見えてしまっていため、結果うんぬんより、どうボケるかの攻防戦に。結果、天狗脱落。3回戦のイスに座って壊れなかった脱落の"壊れるイス"ではえんにち、タオルで顔をふいて汚れなかったら脱落の"絵の具タオル"ではゆったり感、声が変わっていなければ脱落の"ヘリウムガス"では橘・滝野ペアが脱落。
20160131094606-5663defc27e3d6bcb4876c45d7aeff8d0eb925b7.jpg
勝ち残ったのは囲碁将棋が勝利。ところが、ここでは終わらず決勝戦で囲碁将棋が対決することに。片方が低周波治療器を付けて2人で戦う"低周波チャンバラ"。低周波を付けている人は紙風船を5個、低周波を付けてない人は紙風船1個を付け、先に相手の紙風船全てを割った人が勝利。低周波を付けるのは根建に決定。文田が急いで5つの紙風船を付けている間に、根建が攻撃しようとするが、頭の紙風船が落ちてしまい、すぐに割られて終了。文田が優勝し、賞金を手にしました。
20160131094717-c695376ab48f34ed9591c08c345aa54d6cb7f10d.jpg
最後は「13年目を迎えても、9期生のみなさんとお仕事をしつつ、形は変わりますが、別々の道を進んでいきたいと思います。今後も、我々2人をよろしくお願いします」(西島)と挨拶し、エリートヤンキーとしての最後のステージは幕を下ろしました。


【囲碁将棋】【えんにち】【ゆったり感】【エレベーターマンション】【天狗】【滝野元気】

大阪の若手精鋭漫才師が品質保笑の笑いをお届け! 『大阪よしもと漫才博覧会4~この中に絶対いる!~』

1月30日(土)、東京・ルミネtheよしもとにて『大阪よしもと漫才博覧会4~この中に絶対いる!~』が開催されました。

『大阪よしもと漫才博覧会』は、昨年3回にわたって開催され、過去の公演では総勢400組から厳選された精鋭漫才師が上京し、漫才の本場・大阪で鍛えた一押しの爆笑ネタを披露、業界内外で大きな話題を集めました。3カ月連続公演の初回となる当公演では、公演ごとに業界関係者や一般のお客様から集計したアンケート結果をもとに、ブレイクの期待値が高かった若手漫才師を選出。いま最も面白い大阪の漫才師20組が"品質保笑"の漫才を披露します。

この日のMCはテンダラー。登場するなり浜本が「今日は残念ながらWヤング師匠は出てませんが......」と発言し、笑わせたあとは「今日は実力のある若手ばかりが出ます!」と力強く宣言します。が、「中には、『あれ、このコンビ、若手......?』と思うような人も出てくるかもしれませんが......(笑)」と一口に若手といっても幅があることを匂わせ、「そういう僕らだって芸歴12年ですし」とわかりにくいウソをつき(※本当は芸歴22年)、白川に「微妙なウソついた!」とツッコまれていました。
20160131040100-2275610d955c80c314745a9d6693df21f3423c78.jpg
5組ずつ4ブロックに分かれて披露されたこの日の漫才。トップバッターを務めたのは大阪ではすでに大活躍の「アキナ」。離婚に直面した親子の設定でめちゃめちゃ大人びた5歳児を演じる山名にお客さんは大爆笑です。続いて登場したのは「スマイル」。ウーイェイよしたかの似てないモノマネ10連発が似てなさすぎて逆に面白いという不思議な現象を起こしていました。3組目の「モンスターエンジン」は西森がものすごく人間臭いヒーローロボットを演じて大林を呆れさせ、続く「シンクタンク」はデブは冬でも暑いというワンテーマでボヤきまくります。結成25周年になるベテラン・「へびいちご」は、25年を機に出囃子を変えようと、いろんな出囃子を試していきますが、どれも難のある出囃子ばかりというネタで笑わせます。
20160131040256-e95eafd204fc15e7119c24957c0ad203b499ce11.jpg

20160131040432-f048142bc16ca1b95b1e879f24075aea45f65a68.jpg

20160131040518-1bc35adb0eeebbf75322b9857166fc355006ae74.jpg

20160131040621-16e9e9551b6ada10bf4a7cbbc2d35619aae85fa6.jpg

20160131040720-aba9c848864c206f3602bfe68016dc424c3d5ba9.jpg

2ブロック目の最初に登場したのは「スーパーノヴァ」。好きな女性はソフトボールをしてなければ誰でもいいという浅山と「そんなんおかしい」という橋本が言い争いになり、謎のジャンケンで決着を付けようとします。続く「さや香」は、話の途中から漫才を始めるという斬新なスタイルを披露。新山のおかしなテンションでの主張に引き気味の石井とのかけ合いが笑いを誘っていました。熊本出身らしく、熊本弁まじりの漫才を披露したのは「からし蓮根」。 プリキュアになりたいという松本に付き合い、2人でプリキュアごっこをするというかわいらしい(?)ネタを繰り広げます。どちらもメガネで衣装も同じという、双子のようなルックスの「男性ブランコ」は、かなりシュールなネタを披露、ルックスもあいまって独特の存在感を醸し出していました。「インディアンス」は実家に帰った際に親に芸人をあきらめろと言われる設定で、親から言われたことに全てダジャレで返すという、軽快な漫才で笑いを誘います。
20160131041006-19109bab28072aee38ac7c9679d8482c0de6e7bc.jpg

20160131041249-28e48a00333147b9751107fa016647380281abcc.jpg

20160131041336-9bcc80ea5bc99d732d89a6c3fe36c671b95f1b02.jpg

20160131041424-9424844430b2c73cb161ae61f02f5eaf8040ff1c.jpg

20160131041517-43819dc276185f342608a9b1c27ce60990ea815f.jpg

3ブロック目は「霜降り明星」からスタート。銭湯に行く粗品のジェスチャーに変なヤジを飛ばし続けるせいやに、粗品が得意の(?)カンフーを炸裂させます。続く「コーンスターチ」の、学生時代によくいた世話好きな女子のあるあるネタに客席からはクスクス笑いが。「せかいちず」は、学生時代忘れ物が多かったという話から、学校にお弁当を届けにくるおかんネタを披露します。続いて登場した「カキツバタ」は、山根リチャードの丁寧な口調なのに内容はむちゃくちゃなツッコミにだんだんイライラしてくるむくもとの様子が笑いを誘っていました。朝礼の校長先生の挨拶をテーマにした「アイロンヘッド」は、とにかく「前にならえ」をしつこく何回も挟み込んでくる先生にお客さんは大爆笑です!
20160131041626-a5871f1b099d2a208d72e1a973fdb7908bafcbf9.jpg

20160131041754-bee136f10e0f5a38ad06000aa9c5858351a09636.jpg

20160131041914-952d0502ffcdf18eaf9ca45db68360ff7c08305d.jpg

20160131042025-3d395dfd286a51c0f0aad30d3fa27fc61a5a152b.jpg

20160131042118-8974d77820237999c3e500ba36c02a11069968c2.jpg

最後のブロックは、兄弟コンビ・「ミキ」からスタート。披露宴は日本武道館でやりたいという壮大な夢を持った弟・亜生が、兄・昴生が活躍しすぎるめちゃくちゃな披露宴プランを立て、兄をパニックに陥れます。続いて登場した「ジュリエッタ」は、政治家になりたいという井尻に、ウグイス嬢になってサポートするという藤本が素晴らしい滑舌でとんでもないことを口走る漫才を披露。「パーフェクト・ダブル・シュレッダー」は、バイト先の思わせぶりな女子が苦手という門野の話を聞いていくうちに雲行きが怪しくなっていき......と、巧みな話術で人を引きつけます。続く「バンビーノ」はスーツを「キュッ」と着ているという藤田が、不思議な擬音で石山にスーツの着方を解説。顔は「カッ!とする」という藤田でしたが、「カッ!」をそれまでにやりすぎていたせいで、肝心な時に音が出ないというアクシデントも笑いに変えるさすがのバンビーノでした。トリを務めたのは「学天即」。部屋に物がありすぎて困っているという四条にフリーマーケットを勧める奥田でしたが、四条のフリーマーケットの略し方がおかしかったり、出したい商品が意外なものだったりと、いちいちツッコまざるをえない奥田。四条の謎の発言に対し、「......それはいつオモロいねん!」というツッコミには大きな笑いが起こっていました。
20160131042227-54718115e02500ca78dc03aa7def481571a91782.jpg

20160131042328-9299468274df36efdb5e8cbc4650779d1b1dff9e.jpg

20160131042458-612d5f8a3e65c2256c7ecde15ba15beef14dec25.jpg

20160131042607-304f970eae3f2bd3a591687d32e28cbeb9e72d42.jpg

20160131042706-f7842f96cd5f61cbead650e88459c0ae08829435.jpg

各ブロックの終了ごとに行われたアピールタイムでもさまざまな見せ場が。へびいちごのネタの後のアピールタイムでは、まずはテンダラー・浜本が「いきなり趣旨と違う25周年のコンビが出てきてすいません」と謝るところからスタートし、アキナが「教えるどころではない」というかなりシュールなショートコントで大爆笑をさらいます。モンスターエンジンは久々となる「神々の遊び」コントを披露して観客を沸かせ、浜本に「ゲスの極み乙女の川谷くんに似てるね」と言われたスーパーノヴァ・橋本は、「向こうが寄せてきたんです」とありえない発言で笑わせます。
20160131042834-7dbb9ce12aaff5c860d7ef37e36ce16962c68c2e.jpg

20160131042949-d30eb2dcc7bf828f32a54f533fdbc98f6c2bdd36.jpg

20160131043113-6a0685c4c2ff8d76e32556901aaaa3f0b275834b.jpg

「大きいなぁ~!」と浜本に感心されたからし蓮根・松本は「でも、こう見えて190cmなんですよ」と返し、「いや、そう見えてるわ!」とツッコまれます。そんな松本は昔いじめられっ子だったそうで、相方・杉本が「昔、(松本が)よく掃除用具箱に入れられてました」と言うと、浜本に「ちょうど(身長が用具箱の大きさ)やな」と、変な感心のされ方をしていました。インディアンス・田渕はわざわざメイクをして、やる前から誰のモノマネかがわかってしまう「バレバレモノマネ」なるネタを披露しますが、さっぱり誰のモノマネかバレません(笑)。ネタばらしをしても微妙な反応だった田渕を救ったのは、相方・木村の「口トランペット」。うまいのですが、地味すぎるネタに客席からはさざ波のような笑いが押し寄せていました。
20160131043237-c4700c60450dcc866beebc2783d73bac202d8a42.jpg

20160131043347-d113c9c495f71d0213d07f761497a6c82816313f.jpg

他にも、霜降り明星・粗品の桑田圭祐の「似てるけどその歌知らん!」という歌マネや、コーンスターチ・岡下の超似てるカウス師匠やCOWCOW・多田のモノマネ、せかいちず・ぐみの傘回し、パーフェクト・ダブル・シュレッダー・門野のルービックキューブなどさまざまなアピールが繰り広げられます。アイロンヘッドのショートコント・「悲しんでるのに声の張りがないやつ」では大爆笑が起こり、ブラジルにサッカー留学の経験がある石山による、「日本のギャグをポルトガル語でやって、なんのギャグかを当てるクイズ」は大いに盛り上がりました。
20160131043456-bf232e72ac190f19d76f469666014e57b4f8e4ad.jpg

20160131043629-220819ec69a3095f77ade8053fb65dec818ed0d5.jpg

20160131043727-854f2d63ad4261ab3a3bbdc52ce7dbac52fa0151.jpg

20160131043820-80ad1629bc05c96631057ca0199fbd0ddf9646bb.jpg

『大阪よしもと漫才博覧会』、は2月28日(日)、3月27日(日)と、3カ月連続でルミネtheよしもとで開催されます。まだまだいる、若手精鋭漫才師による「品質保笑」の漫才をぜひとも直接体験してください!

20160131043907-d18c4715df4d598d87bb402bf0c861c02586c84d.jpg



【テンダラー】【へびいちご】【シンクタンク】【せかいちず】【モンスターエンジン】【アキナ】【スマイル】【ジュリエッタ】【学天即】【アイロンヘッド】【カキツバタ】【コーンスターチ】【バンビーノ】【インディアンス】【霜降り明星】【男性ブランコ】【ミキ】【パーフェクト・ダブル・シュレッダー】【スーパーノヴァ】【さや香】【からし蓮根】

2016年1月30日 (土)

トヨタ自動車アルバルク東京がホームで連勝! ハーフタイムにはエグスプロージョン、ひとりでできるもんのダンスコラボも

1月30日(土)、東京・大田区体育館にて、バスケットボール・NBLのトヨタ自動車アルバルク東京対レバンガ北海道が開催され、あべこうじ、田村裕(麒麟)、エグスプロージョン、ひとりでできるもんも出演し、ハーフタイムショーなどに華を添えました。

20160130210411-27957996c11cf0c6dfa82e2d3381f74ef9c1b03f.jpg



現在、NBLのラストシーズンを戦っている「トヨタ自動車アルバルク東京」。
今秋に発足するバスケットボールの新しいプロリーグ「B.LEAGUE」への参入を目前に控える同チームを、このたび吉本興業が盛り上げていくことになりました。

アルバルクの勝利に終わった28日(木)の国立代々木競技場 第二体育館、30日(土)&31日(日)の大田区総合体育館にて開催されるホーム3連戦。
現在首位を走るアルバルクにとっては、後続を突き放す絶好の機会となります。

両チームの選手がウォーミングアップする中、まずは田村が「どうも~!」と一人で登場。
続いてあべも加わり、暖かな拍手に包まれると、田村が小中高とバスケに打ち込み、最近は相方・川島が売れっ子となったため、その間「どっぷりハマっています」とバスケへの情熱が再燃したことを明かします。

20160130210441-3fb2d80476766be6e0d201535838b3f9090fae62.jpg

一方のあべは、小学生の時くらいしかバスケ経験がないそうですが「緑がすごい好き。財布も深緑だし、緑の靴もおろしました」とアルバルクのチームカラーの緑好きをアピール。
またあべは、選手を間近に「でっかいなあ」と何度も漏らします。

いざ試合が始まると、開始早々主導権を握ったのは、アルバルク。
伊藤大司選手のレイアップシュートを皮切りに、ガードの松井啓十郎選手の3ポイントシュート、リチャード・ソロモン選手のリバウンドなどの活躍で、26対18とアルバルクのリードで第1ピリオドを終えます。

20160130210513-c67e9bd4ae84b0e5ef19cf484be9d9699d231325.jpg 20160130210557-423ecd2754b004590d5c56764b19ebd5a766716f.jpg

続く第2ピリオドでは、レバンガの逆襲が始まり、ジャマール・ソープ選手がバスケットカウントを決めるなどして、一時は35対34と1点差に。
しかし、アルバルクのシュートブロックやスティールなどのディフェンスも決まりだし、50対36と再び突き放したところでハーフタイムを迎えます。

ハーフタイムショーでは、あべと田村が再び登場し、まずは覆面ダンサーのひとりでできるもんを紹介。

20160130210639-94f4333562a18284740133d8247e97bf314cb723.jpg

ドリブルの動きを取り入れつつ客席を巻き込んだキレキレのダンスで魅了すると、続いてはエグスプロージョンが、踊る授業シリーズから『小野妹子 -遣隋使-』を披露します。

20160130210803-af45328ced2c8daebb760449d0929807fdb88a20.jpg

そして、まちゃあきとおばら、ひとりでできるもんの3チームに分かれ、チアリーダーを従えた圧巻のコラボ『本能寺の変 アルバルクver.』で、会場全体を盛り上げました。

20160130210839-e760fdab68ba47eb66ea9797bbb923cc3f4efc9a.jpg 20160130210910-90deae13467405511cca0ac9a84795565650714c.jpg 20160130210941-4c526f8fa809eafea6c6303a0aaf685804399a51.jpg

第3ピリオドではソロモン選手がダンクシュートで会場を沸かすと、第4ピリオドでは、レバンガのジェロウム・ティルマン選手の3ポイントシュートが連続で決まるなどしますが、最終的に85対66と逃げ切ったアルバルクが勝利を収めました。

田村とあべも参加したヒーローインタビューには、チーム最多の15ポイントを稼いだ田中大貴選手が選出され、「タフな試合でした」と振り返りつつ、3連戦での2連勝に手応えを感じた様子で、「明日も勝って3連勝したいと思います!」と明日の勝利を約束。

20160130211010-ce1950e859d2527c47c94501242a75947f3acd51.jpg

その後はサイン入りミニボールを田中選手、田村、あべが客席へ投げ込み、ハイタッチにもあべと田村が参加するなど、最後まで来場者をもてなしました。

20160130211052-7e4f3d92a32c4897cf47b49c8d2cd7fea2849b41.jpg

明日、1月31日(日)も同じく大田区体育館でトヨタ自動車アルバルク東京対レバンガ北海道の試合が16時より開始され、よしもとからはタケト、しずちゃん(南海キャンディーズ)、大西ライオン、松尾駿(チョコレートプラネット)、山田菜々が出演します。

チケットなどの詳細は、アルバルク公式サイト(http://sports.gazoo.com/alvark/)まで。


【麒麟】【田村裕】【ひとりでできるもん】【エグスプロージョン】

UFC日本人ファイターの逸話にチュートリアル・福田もファン目線で興奮!

1月29日(金)、東京・アクトスクエアにて、「UFC JAPANファンイベント」が開催されました。

20160130030720-3beb788c6d9901b6b662dfea8c0263d0676524f4.jpg



世界最高峰の総合格闘技団体UFC(Ultimate Fighting Championship)。
今回は、その2015年、2016年の試合の数々を、日本人ファイターとともに振り返ろうというスペシャルなファンイベントです。

まずは、格闘技通で知られるユウキロック、WOWOWの荻野仁美アナウンサーのMC2人と、現役復帰した"TK"こと高阪剛選手、コメンテーターの堀江ガンツさん、そして一昨年くらいからWOWOWでUFCにハマっているというチュートリアル・福田充徳の5名が登壇。

20160130030824-7afbe1e45fe17ea2f59c635f11867f7b1c8c1941.jpg

続いて、川尻達也選手、国本起一選手、廣田瑞人選手、山本徳郁選手、金原正徳選手、田中路教選手、石原夜叉坊選手が、一人ずつ、客席通路を練り歩きながら入場し、田中選手、石原選手は、持参したTシャツを投げ入れて盛り上げます。

事前応募で当選した400名のファンを前に、「(地元の)茨城には人いないんで、ビックリしました(笑)」と川尻選手が笑いを誘えば、山本選手も「すごい立派なところ」と感心している様子。

さっそくスクリーンに、昨年12月11日にアメリカ・ラスベガスで開催された『The Ultimate Fighter22 Finale』での川尻選手vsジェイソン・ナイト選手の試合が流れると、タフな試合展開で判定勝ちを収めた川尻選手は、試合を振り返りつつ、「こんなムチムチしてるんですか」「冷蔵庫みたい」と映像の中の自分が膨張して見えるようです。

20160130031139-d5e1c1d9c3e0dd50803f0da03465d122f401a260.jpg

続いて、今年1月2日にラスベガスで開催された『UFC195』から、ジョー・ソト選手と田中選手、マイケル・マクドナルド選手と金原選手の試合、さらに昨年9月27日にさいたまスーパーアリーナにて行われたUFC日本大会からは、廣田選手と石原選手によるUFCとの本契約をかけた試合を振り返り、廣田選手は「足をやっちゃった」と1Rで脱臼したことを告白。

ケガと言えば、山本選手も大会目前でケガに見まわれ、UFC日本大会を欠場となりましたが、ミット打ちの最後の15秒で踏み込んだ際に「パーン!」と音がして、足にボールか棒をぶつけられたような衝撃だったと生々しい報告をします。

20160130031255-863510dc4efc8d871b1e5b511f0af53fccc60ce8.jpg

ちなみに、この大会では福山雅治さんがゲスト解説を務めており、ユウキロックが「次の日、福山さんが結婚したんですよ!」とひとり興奮気味。

休憩後は、昨年11月15日、オーストラリアで5万人以上も動員した『UFC193』から、ホリー・ホルムvsロンダ・ラウジー という女性のタイトル戦から。
格闘一家の山本選手曰く、以前は痛々しくて見られなかったという女性の格闘技ですが「最近は見てて面白い」「勉強になる」と称えます。

20160130031358-ad7c92048895599ce85a4bdc87c6673055ca96f1.jpg

また、川尻選手は「ミーシャ・テイトはかわいいですね」と発言すると、石原選手は、隣に彼氏がいるにも関わらずミーシャ選手に「好きですよ」と伝えたとのエピソードも。

昨年12月12日にラスベガスで開催された『UFC194』から、10年間無敗を誇るジョゼ・アルド選手が、コナー・マクレガー選手にわずか13秒でKOされた試合が流され、その衝撃シーンに客席も改めてどよめきが起きます。

話題は他にも、ファイトマネーからUFC特有のボーナス、さらに好きな格闘家など多岐にわたり、タトゥーの話題では山本選手が「朝起きて、入れようかな」といった軽いノリで入れると明かし、一同を驚かせる一幕も。

イベント終盤にはUFCのサイン入りTシャツや『UFC189』で使用されたマットの一部などのグッズがもらえる抽選会が行われ、大盛り上がり。

20160130031448-73cb8ad9682b7a337824704df6673cad4c7d8036.jpg

最後は、一人ずつ挨拶を行い、来月『UFC Fight Night 82』でデニス・バミューデス戦に挑む川尻選手が「絶対しんどい試合になる。ここで勝って、WOWOWで福田さんに解説してもらえるようにがんばります」とコメントします。

20160130031551-913f5389e0dd4806caee13222e9fbc121adf14a6.jpg

さらに、「2年後にチャンピオンになれるように、1年負けないでランキングに入るように闘います」(田中選手)、「UFCで勝ってないので、まずは1勝目指します」(国本選手)といった意気込みがそれぞれ語られ、来場者とともに記念撮影をして、イベントは終了。

20160130031645-d15f0afd64c35e5b36b64bf00faec303da9f43fc.jpg



なお、UFCの最新情報は、公式サイト(http://jp.ufc.com/)、WOWOW公式サイト(http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/)でご確認ください。


【ユウキロック】【チュートリアル】【福田充徳】

2016年1月29日 (金)

ハイリール・リンゴを筆頭にナニワの女芸人パワーが爆発!『女芸人大祭り~ナニワの女芸人がシブヤに夜討ちをかけてネタやるで♡』レポート

1月19日(火)、東京・ヨシモト∞ホールにて『女芸人大祭り~ナニワの女芸人がシブヤに夜討ちをかけてネタやるで♡』が行われました。

大阪で開催されている同ライブ。この日は初の関東開催とのことで、気合も十分! ネタあり、コーナーありと盛りだくさんの内容で、客席からは終始、大きな笑いが起きました。

ナニワの注目の女芸人たちが集まるとあって、この日の会場は超満員! そこに登場したのは、MCであるハイヒール・リンゴ。「今日は大阪でいちばん、いや、いちばんではないかな(笑)。ちょっと勢いのある女芸人を連れてきました! 彼女たちは大型バスでやってきて、ライブ後に大型バスで帰ります! だから、今日は時間通りにライブを終わらせなダメなんです。バス出発しちゃうので」と話し、のっけから会場の笑いを誘います。
本日のゲストである陣内智則とピース・綾部も登場。熟女好きの綾部ですが、陣内が「リンゴ姉さんはどうなの?」と聞かれると、「正直、ハイヒールさんはお2人ともイケます!」と即答しました。
20160129150906-fe727b93f6ff088333473ca57be59b1121b7e709.jpg
20160129150911-607e58866bf0d94ffdd37c92b385b113a50b6f90.jpg
本日のメインである10組の女芸人は、Wヤング師匠の弟子を経験したピン芸人のもみちゃんズや、元バスガイドの堀川絵美、コンビで6畳一間に一緒に住んでいるガンバレルーヤなど、さまざまな個性が光ります。
尼神インター・誠子は登場するやいなや、ゲストの陣内と綾部に対し、「2人ともそないなんですけど」と上から発言。それに対し、陣内は「パツパツのパンツのヤツに言われとうないわ!」とツッコみます。
20160129151136-716bc53cb1de3b2924470fd0f06b43c9968f8af7.jpg
自己紹介が終わると、前半5組のネタが披露されました。
ぽっちゃりなボケとべっぴんなツッコミのコンビ・美たんさんは、男女のお会計のラリーの漫才を披露。スピード感ある漫才でお客さんを引きこみます。次の不思議系芸人のもみちゃんズは、フリップネタを披露。三角ぼうやのシュールでファンタジーな世界観が印象的です。
3組目のブランチは、顔がモンスターエンジンの西森に似ているというボケの蔵留とべっぴんと言われるツッコミの松木によるのコンビ。ブスが美人を引き立ててるのだという蔵留の持論が炸裂する漫才です。4組目は吉本のエロリン・モンローこと、ツジカオルコ。セクシーバキュームで精力を吸うなど、お客さんも巻き込んでのエロ漫談を展開。5組目はゆりやんレトリィバァ。「落ち着いていくよー!」と言いながら、焦ってしまうシチュエーションを音楽にのせて披露。あるあるすぎる共感とゆりやんのユニークな姿に、客席からは大きな笑いが起きました。
20160129151300-149d2648bce4f8c6cd17ace98731ff40277b9093.jpg
20160129151307-933d35a927c5a87eb7d85c072479f6e8e333a3e9.jpg
20160129151311-9b0004a2f03dcfbf20b8d612df180d38d5f10fff.jpg
20160129151314-d6d3c13b79dbd73381c17490e1f651369413eeb2.jpg
20160129151313-9ec085e27dce6364336d876df954191d24ff0560.jpg
続いて、後半5組がネタを。
1組目は、エヴァンゲリオンの綾波レイコスプレでバスガイドネタをしたピン芸人の堀川絵美。似ても似つかないコスプレが衝撃です。2組目は、ガンバレルーヤ。大好きなアイドルのコンサート会場を舞台に、不思議な絆で結ばれる女たちの友情を描いたコントで、シュールすぎる世界を繰り広げます。
3組目はピン芸人の人妻ニャンコ。人気番組のコーナーのパロディで「もしも食わず嫌いが深夜枠だったら」と、官能芸人らしいエロネタを展開。4組目の桜 稲垣早希は、おなじみのアスカコスプレで登場。男子に比べて女子はバカが多いということで、女子のあるあるネタを中心にしたフリップネタを披露し、「あんた、バカァー?」を連発。トリは尼神インター。元彼をひきずらないと断言する誠子の女っぽい心情が露になる漫才で、彼女のキャラと渚の容赦ないツッコミが光りました。
20160129151940-40e1cbe2510dfbbb3367ae7c962b3a69fec02493.jpg
20160129151944-118faa707378772d07a2655a835d2e71e4147048.jpg
20160129151941-dde92f3005ebf772e9e90bd6226b8628c03ea8f2.jpg
20160129151945-ad222d64609bf2c6325efc6e6746af2e5dd227bc.jpg
20160129151943-670e0f28d08e9f5526f5890c1c1235cda8bb1058.jpg
全組のネタが終了すると、リンゴ、陣内、綾部が登場。陣内は「8割下ネタってどういうこと(笑)?」と下ネタの多さにあきれ顔で言うと、リンゴは「みんなに自信ある得意なネタを持ってくるように言ったら、あーなった(笑)」と説明します。綾部は西の独特なツッコミに衝撃を受けたらしく、「尼神インター・渚の、あのツッコミのストロークの強さ、何なの!」と驚くと、会場から共感を得ていました。
20160129152222-e05c6f0b53d0ac52083e739cfe483ef01622a4c7.jpg
ここから2チームに分かれてのゲームがスタート!
まずは「キュンキュン♡5番勝負」。「美味しいものを食べたときのリアクション」や「酔っ払ったときのリアクション」などのお題に従い、いかに男子をキュンとされられるかを競うもの。判定はゲストの陣内と綾部が行ないます。判定だけでなく、彼氏役として稼働させられたゲスト2人は「出番、多すぎ!」とボヤきます。
20160129152326-0f9b7e527516a888ae633025781dc082a8e25ab0.jpg
20160129152330-a2b25383e5427281f377eab583d7bd6d0ebdc7f1.jpg
最後は、全力風船割りゲームで対決。各チームに陣内と綾部が入り、ゲストと女芸人が抱き合って、風船を次々に割っていき、早くすべての風船を割ったほうが勝ちというものです。
しかし、風船がなかなか割れないというハプニングが! かなり接近しても、ビクともしない風船に「これはあかん!」と慌てふためく綿々です。その後、勢いをつければ割れるということを学んだ各チームでしたが、尼神インター・渚は蹴りで割ったり、ツジカオルコはセクシーな姿で割ったりと、もう大変な騒ぎに。結果、綾部が加わった尼神インターチームが優勝しました。
20160129152455-017e93a675213adf54200ab8dfb631f1f8bb9cc9.jpg
いろいろな意味で、内容の濃い1時間半となった今回のライブ。感想を求められたゲストの綾部は息を切らしながら「感想もクソもない(笑)。二度と呼ばないでください」と吐き捨てます。
しかし、MCのリンゴから「でも、じつは3月にまた渋谷で開催します! よかったら3月もぜひ!」と衝撃的な告知が。ナニワの女芸人たちの芸達者ぶりがいかんなく発揮されたこのライブ、早くも次回の開催が楽しみになりました。
20160129152543-5fa01efb267513e32607a192c19bf116a3fae855.jpg



【ハイヒール】【リンゴ】【陣内智則】【ピース】【綾部祐二】【桜 稲垣早希】【ツジカオルコ】【ゆりやんレトリィバァ】【尼神インター】【もみちゃんズ】【堀川絵美】【美たんさん】【ブランチ】【ガンバレルーヤ】【人妻ニャンコ】

ゴシップもあり?!椿鬼奴、黒沢かずこ、光浦靖子によるトークライブ

20160129163924-e5232531eac42668c235a403d63cd5d905af5cb6.jpg
20160129163259-cf5a0787dd904e29052c6031ba420be88229f4e8.jpg20160129163303-491f7748fef8d69933027de46d852d9e72dc9e1b.jpg

椿鬼奴、森三中・黒沢かずこ、オアシズ・光浦靖子による『お友達になってください season2』を、2月1日(月)、ヨシモト∞ホールにて開催いたします。

ゲストにグランジ・大を迎えて大盛況で幕を閉じた「お友達になってください」の第2回目。三人ならではのトークを繰り広げるほか、歌も披露いたします。

■椿鬼奴のコメント
今回も歌ありゴシップあり!ですので、このライブで見聞きしたことは親と言えども他言無用です。
信頼できる皆様のお越しをお待ちしております。

■森山中・黒沢かずこのコメント
平日の夜9時から2時間のイベントという、OLさんには非常にオススメしにくいのですが、
この時間だからこそ、出来てしまうトークもあるので、興味がありましたら宜しくお願い致します。
そして、今回は、テレビを観て気になっていた、あの人と!!お話しができるので楽しみです。
渋谷駅から歩ける距離ですー!

ダブル田中によるデカラッスンゴレライが実現!? バスケ大好き芸人がトヨタ自動車アルバルク東京の試合を応援!!

1月28日(木)、東京・国立代々木競技場 第二体育館にて、バスケットボールのトヨタ自動車アルバルク対レバンガ北海道が開催され、レイザーラモン・RG、麒麟・田村裕、8.6秒バズーカーが出演しました。
20160129144238-c3076a94a77ddfce210fb795748c746ba2f85185.jpg
現在、NBLのラストシーズンを戦っている「トヨタ自動車アルバルク東京」。今秋に発足するバスケットボールの新しいプロリーグ「B.LEAGUE」への参入を目前に控える同チームを、このたび吉本興業が盛り上げていくことになりました。
本日の国立代々木競技場 第二体育館、30日&31日の大田区総合体育館にて開催されるホーム3連戦。現在首位のアルバルクにとっては後半のスタートダッシュをはかる大事な試合ということで、よしもと所属のバスケットボール芸人が集結。本日は週8でバスケをしていると豪語する田村、観る専門のRG、経験者の8.6秒バズーカーが応援に駆けつけました。

両チームの選手がウォーミングアップする中、4人は登場。「ラッスンゴレライが来たよー!」と呼びかけた田村は、RGに「ホームレス中学生が来たよー!」と言われると、「段ボール食うてましたぁ~!」と返して笑わせます。選手のプレーを間近で観た8.6秒バズーカー・田中は「みなさん、すっげぇうまいですね」とわくわくしているようです。
田村が「よしもとはトヨタ自動車アルバルク東京と力を合わせて、バスケットボールを盛り上げようということになっています。ご存知の方、拍手~!」と呼びかけると、多くの観客から反応が。「一緒にトヨタを盛り上げましょう!」と意気込みます。また、10歳の息子がバスケを始めたというRGは、「寝る前もハンドリングの練習をしている。将来はアルバルクに入って欲しい」との親ばかぶりを見せました。
20160129142608-3ace4bbdabc338dd404b6010990eebfb5351f5f5.jpg
オフィシャルタイムアウトでの登場時には、観客へチームタオルの投げ込みプレゼント。アグレッシブな試合展開に刺激されたのか、3ポイントシュートを真似してみせるRGと8.6秒バズーカー。田村から「フォームでバスケやってないのが伝わりますよ!」と鋭くツッコミを。
20160129142806-1146379d47cbbecf4b6c53c8b9e429abc5b2bc79.jpg
ハーフタイムには、8.6秒バズーカーがラッスンゴレライを披露しました。
20160129142836-ddbd1ad2fd3053718177d3e2c783211068bc7dcb.jpg
20160129143221-8a64fd30564ee9b4c5c50ebb26cad0e57edc2432.jpg
音を使ったフルバージョンに「オリジナルバージョンやん!」(田村)「あれだけ"ちょっと待って"のパターンを見せられるなんて」(RG)と感嘆する2人。RGは負けじと「アルバルクあるあるを歌っていいですか? ロッカーでパーカー選手も聴いてくれているはず」と言い出し、「We Are The World」に乗せて「アルバルクあるある早く言いたい~! アルバルクの選手、靴下黒い~♪」と熱唱します。
田村には「あるある......うっすぅ~。ほとんどの選手が黒い靴下ですよ?」とげんなりされるも、「世界中にこの動画を配信してください!」と強気な姿勢を崩さないRGでした。
20160129143310-e9d6fd04d7efe06c8c0c27673c9bcc61a7475291.jpg
初めて日本のプロリーグの試合を観戦した8.6秒バズーカー。「躍動感がすごい。特にギブス選手、すごいですね」(田中)「興奮し過ぎて、気が付いたら立って応援してるときもある」(はまやねん)とすっかり魅了された様子の2人。田村に「この世界にいながら、ラッスンを生で観たのは今日が初めて。普通におもろいね」と声をかけると、お客様からも大きな拍手が。2人は「やさしい~~!!」と感激しきりでした。ちなみに、田村から「この3人の話題のメインは"チアガールがカワイイ!"です」という暴露もありました。
20160129143350-c3369f9749aac3ad1cac7b1e6bbe2be877179a4c.jpg
試合は、第1ピリオドから華麗な速攻で連続ポイントを取ってリードしたアルバルク。ギブス選手がコートを退いてからは点差を詰められる場面もありましたが、1点差まで迫られたところで相手のシュートをブロック。相手ファウルから得たフリースローのチャンス2回のうち1回を二ノ宮選手が決めると、残り45秒で松井選手がスリーポイントをゲット。21対15で終えます。
まず先制した第2ピリオドも、集中した守備で相手の得点チャンスを作らせません。相手のミスからボールを奪ったのち、ギブス選手が速攻を決めて勢いに乗ると、すかさず松井選手がスリーポイント! 菊地選手のブロック、ソロモン選手のダンクシュートなど迫力満点のプレーに会場も大盛り上がり。残り15秒で、伊藤選手がスリーポイントを決めて、39対20とリードをさらに広げます。
20160129143444-9a98598500e8f4e967f7a74d45e7a7e8bd192269.jpg
20160129143603-f9b275b007a4769e60e8abab5a1cc7422ef62f28.jpg
逆転を狙う相手がさらにギアを上げて、果敢に攻め込んできた第3ピリオド。
冷静さを失わないアルバルクは、パスカットから田中選手が速攻を決めると、パーカー選手が相手のエースであるティルマン選手へのボールを積極的に奪ってチャンスを生み出します。中盤に、バランスキー選手が登場すると会場のボルテージはさらにヒートアップ。相手ファウルからソロモン選手はツーポイント、さらにもうワンポイントを重ねて65対37に。
第4ピリオドでは、二ノ宮選手の華麗なスリーポイントにドッと湧く会場。残り4分辺りから相手に押し込まれる場面も増えたものの、集中力を切らさず。残り45秒で得た二度のフリースローを二ノ宮選手がしっかり決めてさらに引き離し、85対50で圧勝しました。
20160129143724-c19e7357a0cc7c6019c7399f549656be5cef4490.jpg
20160129143755-8e9834234877981a920ff4b54636bcaaf87dc231.jpg
20160129143828-53b2287d09f298a39909ecce084a2f916d85ede7.jpg
MVPに選ばれたギブス選手は「レバンガ北海道は非常にタフなチームなので、フィジカル面で負けないことを意識していた」とコメント。平日にも関わらず、試合に駆けつけてくれたファンに「今日は応援に駆けつけてくれてありがとうございます。あと2試合、必ず勝利をものにしたいと思います」と宣言しました。
また、田村が「僕ら知ってますか?」と聞くと、「『アメトーーク!』観てるから知ってます」とギプス選手。「えぇ? 観てるの?」と驚く4人でした。
20160129143950-87b76b35964a18851b01e6fd09843aa35e346fd3.jpg
試合後の囲み取材に、RG、田村、8.6秒バズーカー、そして田中大貴選手が出席しました。
今日の試合を振り返って、「ディフェンスが機能して、相手の得点が少なかったので非常にいい試合だった」と語った田中選手。自分自身の出来を訊かれると、「試合の入りはあまりよくなかったんですけど、後半の入りは少し修正できました。土日の試合ではさらにいいパフォーマンスができるようにしたいですね」と気を引き締めます。
「よしもと芸人が応援に来ることはどう思います?」と訊かれると、「こういうのは初めてなので......」と少し戸惑いを見せつつも、「会場は盛り上がっていたと思いますし、お互いが高め合えればバスケットの人気も上がっていけると思うので、いい機会だと思います」と返答。「いつもと違いはあった?」と意気揚々と質問した田村ですが、田中選手に「そうですね......」と濁されるとすかさず「ないんかい!」とツッコミを。RGは「僕のあるある、ウケてたのかわからなかった。『We Are The World』っていうしっとりとした曲を選んでしまったのは、僕のディフェンス」と笑わせました。
20160129144130-a92d24e9489e7c993f51fc9ad8052a4a9a47136b.jpg
バスケ好きとして知られる田村。「朝バスケ、昼育児、夜バスケ。やるし、観に行くし、月バス(註:雑誌の『月刊バスケットボール』)読んでるし......。バスケのバの字を口にするたびに、嫁が吐きそうな顔してる」と苦笑い。RGから後輩から漫才のことを相談された際に、『お前、バスケやりたないんか!」と間違えてしまったことを暴露されます。
学生時代、バレーボール部に所属していたRGは「バスケは好きで、中高生の頃は月バスを買っていた。観る専門で、僕がバスケなんてまだまだ......おこがましいと思っていたら、41歳になっていました」とコメント。何回かやったことはりますけど、そこは"ちょっと待って、ちょっと待って"って感じです」と8.6秒バズーカーのフレーズを盛り込むと、「使い方がうまいです!」と絶賛するはまやねん。また、『スニーカー同好会』というライブを開催するほどスニーカーが大好きなRGは「バッシュの合わせ方も勉強になった」と嬉しそう。今日履いていたスニーカーを、田中選手から「バスケしてる人間が欲しがるシューズ」と誉められると、「ソロモン選手にもナイスシューズと言われました」と満面の笑みを浮かべます。も、「田村はバスケ、RGはスニーカー......こうなるなよ!」と後輩である8.6秒バズーカーに鋭く忠告しました。
小学校時代にやっていたバスケットボールチームでキャプテンを務めていたという田中。「試合を観るのは初めてで。ずっと観たいなと思ってたんでうれしかったです」と感想を口にします。大学生の2年間、バスケットボールをやっていたというはまやねんですが、大会で169対2で負けて挫折し、やめてしまったそう。ですが、「今日試合を観ていたら、やりたくなりました」と笑顔で語りました。

吉本興業にはプロ野球選手やプロサッカー選手を始め、多くのスポーツ選手が在籍。「よしもと入りに興味はありますか?」と訊かれた田中選手は、「小野龍猛選手(千葉ジェッツ)も入ったんですよね? 代表で一緒だったりするので......興味はあります」と返答。「ほんまかい!」と勢いよくツッコんだ田村は「日本代表のエースが入ってくれると、より盛り上がると思う」と大歓迎の様子。「でも、新喜劇とか出ることになるかも......」と呟くと、田中選手は少し驚きつつも「がんばります」と前向きに答えます。
ここで「ラッスンゴレライやってみぃひん?」という田村のお願いを、田中選手が快諾。まさかと田中選手と田中によるコラボレーションが披露されると、報道陣を始めスタッフも大笑い! 田村は「ウィングスパンが長い! デカラッスンゴレライや!」と興奮気味に語りました。
20160129144208-359a099671a0da000f28f247425e08cab4189cf8.jpg
最後は、RGの「B.LEAGUEあるある」で締め。森山直太朗さんの『さくら(独唱)』に乗せて、「B.LEAGUEのあるあるがぁ~聞こえるぅ~♪」と歌っていると、着替え終えたアルバルクの選手達が続々と来訪。チームメイトに観られてちょっぴり恥ずかしそうな田中選手の隣りで、RGは「川淵さんが必ずいる~♪」と高らかに歌い上げました。

30日(土)、31日(日)は東京・大田区総合体育館にて、レバンガ北海道と対戦。よしもと芸人も多数駆けつけますので、アルバルクの応援にぜひともいらしてください!


●試合情報
1月30日(土) vs レバンガ北海道
会場:大田区総合体育館
試合開始:16:00(14:30開場)
出演者:あべこうじ、田村裕(麒麟)、エグスプロージョン、ひとりでできるもん

1月31日(日) vs レバンガ北海道
会場:大田区総合体育館
試合開始:16:00(14:30開場)
出演者:タケト、しずちゃん(南海キャンディーズ)、大西ライオン、松尾駿(チョコレートプラネット)、山田菜々

「#アルバルク応援宣言」キャンペーン開催中!
1月13日(水)の情報解禁後、twitterもしくはInstagramで「#アルバルク応援宣言」をつけてツイート・投稿し、レバンガ北海道との3連戦にお越しになった方は、インフォメーションでツイートや投稿をスタッフに見せると、特典がもらえます。

チケット
大人:前売り券 2,100円~  高校生・小中学生価格あり
詳しくは「アルバルク」公式HP(http://sports.gazoo.com/alvark/)または、NBLオンラインチケット(http://nbl.pia.jp/pc/)を!
※未就学児童は大人1名につき1名まで膝上無料(席が必要な場合チケット購入の必要がございます)

<車椅子席に関する詳細または公演などに関するお問い合わせ先>
㈱トヨタエンタプライズ アルバルクホームゲーム事務局 03-3237-1049(平日10時~17時まで)


【レイザーラモン】【RG】【麒麟】【田村裕】【8.6秒バズーカー】

| »