最新ニュースインタビューライブレポート

« 2017年10月 | メイン

2017年11月

2017年11月18日 (土)

FUJIWARA・藤本&森三中・黒沢、サプライズゲストのミッキーマウスに大興奮!!『ミッキーマウス バースデイ映画祭2017』プレスイベント

11月18日(土)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、『ミッキーマウス バースデイ映画祭2017』のプレスイベントが行なわれ、FUJIWARA・藤本敏史、森三中・黒沢かずこが出演しました。
20171118234714-a01a7311af00e126e303d66318d8b94eb44daf80.jpg
来年2018年にスクリーンデビュー90周年を迎えるミッキーマウス。そのプロモーションの一環として、本日ミッキーマウスの誕生日を記念して、全国の映画館にて『ミッキーマウス バースデイ映画祭』が行なわれました。

大好きなミッキーマウスのイベントへのゲスト出演とあって、大喜びの2人。ディズニーランドへは700回ほど足を運んでいるという藤本は、「落ち込むと会いに行きます。で、"こういうことがあったんだよね"って一方的に喋るとほっとするんです」と話す黒沢を「どんだけ寂しい生活してるねん」とツッコミます。「ミッキーは強い友達」だという黒沢に対して、藤本は「師匠的な存在。人気もあって笑いも取れる。見習うところがいっぱいあるんです」と話しました。
20171118234446-777d67897aabd3d1b5b1e08cfe494bb5339cfedd.jpg
20171118234459-77216f6c7c92dbba462db8dc4febf4e032ac18f8.jpg
その後、2人は「ミッキーマウス クイズチャレンジ」に挑戦。それぞれに出された1問目は簡単でしたが、。「ミッキーの親友は?」と訊かれた黒沢は目を泳がせながら、客席へ。ファンのみなさんにアドバイスを求めつつ、さらにMCからヒントももらって「ドナルドダック(&グーフィー)」という正解を。「私にとっての(椿)鬼奴みたいなもんですね」と呟きます。
3つ目「ミッキーマウスの初めてのグッズは?」という質問では、あまりの難しさに頭を抱える黒沢。こちらもファンの方から教えてもらって「ノート」と答え、無事正解を出すことができました。
20171118234532-7378c0eb47b6c8f8b2e08b043dca2148003d92e6.jpg
20171118234531-f323ff2999ac065670d62eb276e857a3b851d45f.jpg
「ミッキーマウスに関する忘れられないエピソードを教えてください」と言われた黒沢は「ディズニーシーのショーで、オーディションを受けてダメだった子にミニーが『チャンスをあげて』って言ったら、ミッキーがチャンスをあげて、その子は合格するっていう話があって。大号泣しました。私にとって、チャンスをくれた人は藤井隆さんだったんですけど」と自分に重ねて共感したことを明かしつつ、「その後、ボルサリーノ・関さんともう1回観に行って。当たらないとショーは観られないんですけど、見事に当たって2人で、やったー!って喜びました」と、回想します。
一方、「ディズニーアンバサダーホテルで結婚式を挙げたこと」と話した藤本。「ミッキーが結婚証明書を持って来てくれるし、ケーキ入刀も見守ってくれるんですよ!」と興奮気味に語りました。
20171118234621-3c19a739c213268dc4c43cc47ba4242609c9999d.jpg
イベント終盤には、ミッキーマウスがサプライズ登場! これには藤本と黒沢も大喜びで、ミッキーの誕生日を祝う「ハッピーバースデー」を観客と一緒に歌います。
先ほど話していた通り、何かをずーっと話しかけ続ける黒沢。優しく頷きながら聞いていたミッキーに抱きしめられた黒沢の頬は嬉しさのあまり、緩みっぱなしでした。
20171118234647-45b4c2b122f6e81229aa0ca86391a08d99c708dd.jpg
20171118234647-14a5d9fbfee29cddcabd15e2af8421b9a69c94fb.jpg
(c)Disney

【FUJIWARA】【藤本敏史】【森三中】【黒沢かずこ】

"家事えもん"こと松橋周太呂が京都の名店と手がけるコラボおせち、クラウドファンディングの締切迫る!

"家事えもん"こと松橋周太呂が、京都の名店「三味洪庵」と本格的なコラボレーションを果たしたおせち料理が、現在、パルコ・クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて受付中です。
20171118213033-694ff766c096708c01218dba812aa11bab6740e7.jpg
こちらは、京都の伝統工芸や若き職人、伝統を守る人達が、ゆかりのあるマンガ作品やアート、よしもと芸人などといった現代のコンテンツのコラボして、新しいものを生み出していくプロジェクト「よしもとアークグラム」の一環として行なわれているもの。コラボおせちには黒豆、田作り、数の子といった三種の神器はもちろん、京都の野菜をたっぷりと使った料理のほか、松橋オリジナルレシピが4~5品加わった、20品目が並ぶ一重箱入りとなっています。さらに、松橋が直々に伝授する大掃除のためのスゴワザシートと限定レシピ付きと、オリジナリティ溢れたおせちです。

企画開発から携わった松橋。着想から完成まで2ヵ月くらいかけた自信作で、意識したのは定番のおせちにアレンジした一品を取り入れたところだそう。
「定番を食べたい方も、ちょっと新しい味を楽しみたい方も楽しんでいただけるように。自分が普段つくっているレシピから、おせちに合うものを選びながら、さらにバランスを考えながら作りました」と説明。「大人もお子さんも、皆さんのお口に合うアレンジっていうところも心がけましたね。例えば、ごぼうって、実はミートソースやボロネーゼに合うんですよ。そういう新しい発見を楽しんで欲しかったですし、普段の料理にも活かせるようなレシピを取り入れようと思ったんです」と、こだわりについて話します。
また、「おせちのアレンジももちろん楽しんで欲しいんですが」と前置きしながら、「大掃除が終わったあとでもまだ間に合う、お掃除のスゴワザシートとアレンジレシピも強調したい点です。アレンジレシピは、活用に困る鍋の残りものやお正月に飽きが来てしまうお餅をピックアップしているので、実際につくってみてもらいたいです」とアピールしました。

今後は「お料理、お掃除、お洗濯など、家事が楽になって楽しくなるような、みなさんの役に立つことをやっていきたい」と語る松橋。「普段のおせちに少し飽きてしまったけれど、あまりに攻め過ぎた変わり種を選ぶのも怖いという方に、ぴったりのおせちです。この機会にお試しください!」と呼びかけるコラボおせちのクラウドファンディングの締切は、明後日11月20日(月)。「BOOSTER」公式サイト(https://www.booster-parco.com/project/299)にて、松橋自らがアピールする動画も観られますので是非チェックしてみてください!


【松橋周太呂】

『1日チーモンチョーチュウ』の最終公演「お客様感謝ライブ~恥ずかしいけど出しちゃいます~」レポート&ミニインタビュー! メキシコ公演への意気込みも!

11月4日(土)、埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場にて「1日チーモンチョーチュウ」が開催され、チーモンチョーチュウほか多数の芸人が出演しました。
20171118173111-f7ddbaaba7c8f57602066506cfde24aa49f3b3ba.jpg
チーモンチョーチュウが1日中ライブをするという「1日チーモンチョーチュウ」。今回で3回目となるこのライブですが、今回は1日に8公演を展開するという盛りだくさんぶりで、ネタライブはもちろん、ゲストを迎えてのコーナーライブやそれぞれのソロライブなど、見どころ満載で行われました。

また、8公演目となる最終公演「お客様感謝ライブ~恥ずかしいけど出しちゃいます~」は、通し券を購入した来場者限定のライブとなっており、女装あり、デュエットあり、写真撮影もOKという大盤振る舞いで開催されました。

客席から『アナと雪の女王』のアナとハンス王子のコスプレで、名曲「とびら開けて」を歌いながら登場したチーモンの2人。菊池がアナ、白井がハンス王子のコスプレで登場したのですが、なぜか歌は逆で、白井がアナのパートを、菊池がハンス王子のパートを歌うというややこしさです。
20171118173149-674682aa0f1283638cab99feef615b76db6980ba.jpg
ふだん地声の高さがウリ(?)の白井ですが、アナの歌う伸びやかな高音部が全く出ないという怖ろしい音痴っぷりを披露。一方、菊池のハンス王子は、歌はうまいのですが、見た目がアナの女装というギャップがすごく、混沌とした空気の中、お客さんは大盛り上がりで写真を撮りまくっていました。
20171118173229-4ab062ad073bf765ef59ad782f24c512c3b21d2b.jpg
20171118173212-378f89554884fd174c0be23587fc0202a7acb76d.jpg
歌い終わって、「みなさんが喜んでくれるコスプレ、コレでしょう!」と自信満々の菊地に、白井が「激ブス!」とキツイ一言を。すると、「ウソ~! だいぶカワイイじゃん! オレ、メイクしてもらってるとき、全然かわいいな~と思ったもん」と、自身の女装に満足げな菊池の言葉に笑いが起こります。
20171118173303-3aa1d56ec7072348a10d56cd16de00621e1e257c.jpg
20171118173349-55421578c84037de3a1929996621a7d6c9c7a192.jpg
20171118173403-fe531da4a41c1bd410a9489a10c6bae3e4593715.jpg
20171118173416-a70b80ba2dfae5ffa834d1c60de0ddeee4578318.jpg
20171118173429-4930574a7ae52f914123f2ebc2dfa73b8ba55f54.jpg
「今日は本当にありがとうございました!」と深々とお辞儀をするチーモンの2人の元に、なにやらアキラ100%のコスプレをした人(作家)が登場し、「"これからもチーモンチョーチュウをよろしくお願いします"ということで、アレをやりたいと思います!」というやいなや、股間の前で銀のお盆をクルッと回し、成功させ、「ありがとうございます~!」と言いながら舞台から去っていきます。そして、これにて「1日チーモンチョーチュウ」は全公演が終了となりました。
20171118173451-c85c50bfc1cdb01e32985c3a5cf9b3196ef8e4ed.jpg
イベント終了後、チーモンのお2人に、この日の感想と、11月に行われるメキシコ単独ライブへの意気込みをお伺いしました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

20171118173518-6104ea8e0635d8b7698206de730565fb7ffbf9e3.jpg
ーー終わっての率直な感想をお聞かせください。

菊地 今日もいろいろやったなぁという感じです。

白井 楽しかったです。たぶん、お客さんよりも僕らの方が笑っちゃってた時間が長かった気がしますね。

菊地 公演と公演の合間もそんなに時間なかったんで、終わってみればあっという間でした。

ーー今日の個人的なハイライトをお聞かせください。

菊地 今回、3公演目で「世界の遊びをやってみよう!」という企画があったんですけど、そこでとっても素敵な面白いゲームが生まれたので、そこが僕の中ではハイライトでしたね。そこでしたいなと思っていた通りになったというか。『セブン・ディファンス』っていうゲームを元に、いろいろ足して足して、最終的に会場が爆笑の渦になりました。

白井 元々はフランスのゲームなんです。ナベアツさんのギャグみたいな感じで、7のつくところは「ディファンス!」って言わなきゃいけないんですけど、そこにルールを足して、3もあったり、9もあったり、1と2と4もあったり......。

ーーほとんど全部あるじゃないですか(笑)。

白井 そうそう。だから意味のわからないことをずっと言ってテンパるだけ、みたいな(笑)。

ーー白井さんのハイライトは?

白井 僕は猫ライブ(6公演目の「白井ライブ~クレーム・返金、受け付けません~」)ですね。前売りが80000円で、当日が20円のライブだったんですけど。

ーー(笑)。今後は猫ライブが8公演でもいいってさっきおっしゃってましたけど。

白井 その方がいいんじゃないかな。大宮の劇場が猫ライブを推した方がいいんじゃないかなって。

菊地 どこでどんな判断してんだよ!

ーー「1日チーモンチョーチュウ」は3回目だそうですが、今後も定期的にやっていくんですか?

菊地 どうなんでしょうねぇ。やるとしたらちょっと(期間を)あけた方がいいかなとは思いますけど。

ーーどのぐらいあけた方がいいですか?

菊地 ......東京オリンピック以降!

ーーそんなにあくんですか(笑)? じゃあ、4回目をやるとしたら、やってみたいことはありますか?

菊地 ひとつ思ったのは、公演数を増やせばいいってもんじゃないなって。適度な公演数じゃないとやっぱりお客さんも疲れちゃうんで、適度な公演数で濃い中身を届けた方がいいなと思って。3回目にして、1日ライブのコツををちょっとつかんだなっていう感じがしました。なので次回は、お客さんがもっと見やすいような工夫をしたいなと思います。

白井 僕は、もっとお客さんが盛り上がるものをやってあげた方がいいのかな、どっちなんだろう、って思ってて。

ーー自分たちがやりたいことと、お客さんが求めているものが違うのではないかと思ってるんですか?

白井 たぶんそれが今回数字に表れたんじゃないかな(笑)。よくわからないで設定しちゃった結果、通し券の方が(公演ごとにバラバラで買うより)高くなっちゃってるし。

ーーどんなことがお客さんに喜ばれると思いますか?

白井 カラオケとかなのかな?って。結局。なんかあんまりお笑いお笑いしてたらダメなのかなって。「ベンクイズ」(7公演目の「新装開店シラベガス」)なんかはお客さんがついてきてくれた方だと思います。

ーーなるほど。全体のバランスも大事そうですね。ところで、11月25、26日にメキシコライブが控えていますが、なぜメキシコでライブを?

白井 メキシコはまだ単独ライブをやった芸人がいないらしいので。あと僕、メキシコでパスポートとカードと携帯を全部盗まれたんですよ。

ーーえ~! そんなイヤな思い出がある国になんでまた行くんですか?

菊地 (笑)。

白井 取り戻そうと思って。

ーーなるほど!

白井 その時、みんなよくしてくれて嬉しかったんです。なのでその人たちにお礼がしたかったというか。みんな、メキシコは娯楽がないって言ってて、「ライブやってよ!」って言ってくれたんで、いいかなって。

ーーいい思い出もあるんですね。では最後に、そんなメキシコライブへの意気込みをお聞かせください。

菊地 僕、初海外なんで、楽しみと不安が入り混じってるんですけど、公演は成功させたいなと思ってますので、そうすればいろいろとグローバルにやりだしてもいいのかなぁって。なのでまずはメキシコ公演で、メキシコの方に笑っていただけたらいいなと思います。

白井 パスポートとカードと携帯、取り返してきま~す!

メキシコで単独ライブを成功させ、ひとまわり大きくなって帰ってくるチーモンチョーチュウの今後がますます楽しみです!
20171118173543-39320e1fe9113e118020032a5a285ba109e7d5b1.jpg


【チーモンチョーチュウ】

2017年11月17日 (金)

元王者・三浦マイルドがトレエン・たかしに3000円でピンネタ提供!? 「『R-1ぐらんぷり2018』やります記者会見」詳報

11月17日(金)、東京・ヨシモト∞ホールにて、「『R-1ぐらんぷり2018』やります記者会見」が開催されました(以下、敬称略)。

20171117171650-16ebbe9d7e2c6c74d989094d67f7f71defb73d45.jpg


2002年よりスタートし、博多華丸、なだぎ武、佐久間一行ら王者を輩出してきたピン芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり』。
今年2月に開催された『R-1ぐらんぷり2017』王者のアキラ100%も目覚ましい活躍を見せていますが、来春決勝(カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送)を予定している『R-1ぐらんぷり2018』は、いよいよ12月26日(火)から全国で予選が始まります。


今回の会見では、はりけ~んず・新井義幸MCのもと、エントリーを表明した芸人が続々登場し、意気込みに加え、ギャグの応酬、舌戦を展開。

20171117171725-230d0e3ed8600c00f3861c3752578ca670955792.jpg


まず、2017年のアキラ100%が、お盆で股間を隠しながらトロフィーを返還し、「服を着る暇がない」と売れっ子ぶりを報告します。
その後、石出奈々子、おいでやす小田、ルシファー吉岡、紺野ぶるま、マツモトクラブ、三浦マイルド、トレンディエンジェル・たかし、おばたのお兄さん、メルヘン須長、オジンオズボーン・篠宮暁の順で登壇し、にゃんこスター風のたかしを始め、「ズドン!」(吉岡)、「マイルドフラッシュ!」(三浦)、「これは事件だわ」(須長)とさっそく決めゼリフやポーズでアピール合戦がぼっ発。

20171117171729-2bc03f96ee510dd3ee4f31cdaa820d34b2ebe7f9.jpg

20171117171725-96b0851f716790a1a28fdc914bf9127772fb7233.jpg


一人ずつマイクを向けられると、昨年敗者復活から決勝へ進出した紺野は、「『R-1ぐらんぷり』とかけまして、おっぱいとときます。その心は、どちらももまれて大きくなるでしょう」となぞかけを披露し、拍手を浴びながら得意気に下着の位置を直します。

20171117171723-788fd680fb4f35b88342c28da830e79ea109458a.jpg


3年連続で決勝進出しているマツモトクラブですが、昨年は0票だったため、「ホントに悲しいです」と回想。
また、ハリウッドザコシショウ、アキラ100%とSMAの先輩である2人が2年連続裸芸で王者に輝いていることから、「僕も優勝するためには脱ぐしかないですね。おじいさんみたいな体なので、体を鍛えるところから...」といった秘策もほのめかしました。

20171117171724-62645e8cc375f351b20511e97902c7f74baaffd5.jpg


一方の小田は、2年連続決勝進出で仕事が増えたかと思いきや「全然ですね。マジでないから」「テレビで見たことあんのか! 『R-1』以来、初だわ東京!」と激昂。
さらに、同期でもある2013年の王者・三浦マイルドの「歩道に落ちてるタバコ吸うて次の日、下痢が止まらんかった(笑)」といったエピソードを暴露し、言い合いに発展し、「こいつと中山功太はロマンないわあ(笑)」と新井を呆れさせます。

20171117171734-b129e4bbf92e9ac15672002cb1308d92db0c3fbc.jpg


『M-1グランプリ』との二冠を目指すたかしですが、ネタの作り方がわからず、「さっき、ルシファー吉岡に2万円でネタ作ってくれってお願いした(笑)」と明かし、3000円でネタ作りをオファーされた三浦が前のめりになる場面も。


その『M-1グランプリ』の出場資格を失い、『R-1』にかける思いのほどを訴えた篠宮は、「土下座を超えた土下座、土下Z(ジー)!」で陳情しました。

20171117171729-b675919739a692d3f6f1e89463e2b4688b463ff3.jpg


今回の『R-1ぐらんぷり2018』にはPR大使が設けられ、アキラ100%と関根勤が就任。

20171117171725-8a5efaa0840dd8e337d960240dc015fe919ae499.jpg


さらにもう一人の大使であるRGは、客席後方から『R-1ぐらんぷり』あるあるを歌いながら登場し、ギャラリーを煽ると、「ヒューマン中村、優勝逃しがち~」と締めくくって爆笑に包まれました。

20171117171729-e355947fe655bdef54274fb8f8f656330dc6d317.jpg


関根勤からはVTRでメッセージが到着。
そこで関根からエントリーをうながされたRGですが、「RGは出ないかもしれませんが、こぶしたかしは出るかもしれませんね」と含みをもたせ、「温泉入った後は素肌にダウンジャケット着ます」「勝浦タンタンメンは一番辛いやつ食べます」といった細川たかしの『トリセツ』なる新ネタ(?)を披露しました。


質疑応答では「優勝賞金500万円の使い道は?」との質問に、「ジブリヒロインにすきっ歯いない」と叩かれるという石出が歯の矯正にあてたいとし、思い出の写真を削除しながら10年前のノートパソコンで音ネタを作っているというマツモトが、新しいノートパソコンの購入すると回答。


小田は、上京する費用にあてたいとしますが、「通用せえへん!」と三浦が異を唱えると、「誰が言うてんねん。『R-1』優勝してテレビ一周して消えた奴が言うな!」と小田が言い返し、再び一触即発になるも、RGが割って入り「これが漫才じゃないですか? コンビ組め!」と命じ、2人もコンビ結成にまんざらではない様子でした。

20171117171734-5404e477b5ebb5d33a82ff426c12bea80d8ee26a.jpg


その他、「ミニオンズに似てるって言われるので、肌を黄色くしようかなと」(吉岡)、「グラブル(グランブルー)に課金」(たかし)、「お世話になっているよしもとの各劇場にソファーとかウォーターサーバーを贈りたい」(三浦)、「細川さんの『トリセツ』ロケの帰りは運転手付きのアルファードで帰ります。アルファード買います」(RG)、「六本木あたりをうろちょろしてる人の金でゴルフしてる女たちの前で、自分の金でゴルフしてドヤ顔でインスタに載せたいです」(紺野)、「盛大なルヴァンパーティーね」(須長)、「嫁が相席屋行きたいというので、行かせてやります。息子は公文行かせてやります」(篠宮)、「この1年間、小栗さんのものまねで出させていただいたので、マージンを小栗さんに払おうかな」(おばた)といった回答でアピールしました。

20171117171734-9abc71292af851ef97a4968339e1989d54f292dc.jpg


フォトセッション中にも須長から「ルヴァンパーティー!」といった掛け声が飛び出すなど、笑いの絶えない会見となりました。


『R-1ぐらんぷり2018』のエントリー方法、予選スケジュールなどの詳細、最新情報は、公式サイトよりご確認ください。

20171117175705-c6f0dd592c3da7c666dcf12ee4c379aca78b4876.jpg


【おいでやす小田】【三浦マイルド】【トレンディエンジェル】【たかし】【おばたのお兄さん】【レイザーラモン】【RG】【はりけ~んず】【新井義幸】

fumika13枚目のシングル「花束に込めて」ミュージックビデオ解禁

fumikaの13枚目のシングル「花束に込めて」のミュージックビデオを、本日解禁致しました。

TBS「CDTV」<ウエディングソング特集>で紹介され、結婚式場での認知度が100パーセントとなったロングセラー曲「Endless Road」を歌い、最近はテレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」への出場、テレビ東京「THE カラオケ★バトル」でその勇姿を刻み反響を呼び「世紀のパワーボイス」と詠われるfumikaの新曲です。
新曲「花束に込めて」は、自身が愛してやまないウクレレで奏でた新感覚の「ハワイアン・クリスマスソング」です。
また、今回のMVに参加しているのは、今SNSでも話題の都会派贅沢キャンプで知られる"グランピング"その第一人者として有名なYURIE氏。彼女のセンスの良い私物で構築された都会とは思えない景色に息を呑みます。
この楽曲は全ての「がんばりすぎちゃう」女性に送るエールにもなっており、クリスマスの夜に喧嘩するLGBTのカップル、客に叱られる女タクシー運転手、寒空の中工事現場交通整理の女、など様々な人生が織りなすクリスマスの一夜の景色をfumikaの歌声とともに繋げていくストーリー。
監督を務めたのは、カンヌ国際映画祭でも注目を集めた新進気鋭の監督大澤健太郎氏。

また、11月28日(火)お台場・ヴィーナスフォート、29日(水)渋谷・タワーレコード渋谷店ほか、fumikaのライブが実際に体感できるニューシングル発売記念イベント ミニライブ+サイン&握手会を開催します。是非お越しください!

『花束に込めて』 ミュージックビデオ URL
https://youtu.be/ZnTM-VvmtDg



<fumikaプロフィール> http://www.fumika-official.net/
20171117135805-d9c43e496318e25853e8543c6f6c1105f0277f90.jpg
福岡県早良区出身。
2011年ソニー・ミュージックよりデビュー、映画「HAYABUSA-はやぶさ-」(竹内結子・西田敏行)の主題歌に大抜擢を受け「たいせつな光」をリリース。
2014年、鉄拳「振り子」とのコラボレーションで話題になり、リリースした「Endless Road」は動画再生回数500万回再生を記録、ウエディングソングランキングの上位を軒並み獲得。現在もロングセールスを記録中。
その強い歌声には映像クリエイターや制作プロデューサーから熱烈な指名を受け、数々のドラマ主題歌、CMソングなどをリリース。 イタリアでのフェスに出演した際は2000人の観衆を総立ちにさせその後台湾やポーランドでもコンサートを行うなど、海外での活躍も目覚しい。地元福岡国際会議場メインホールで行ったライブは大盛況で幕を閉じた。 「マツダオールスターゲーム2016」のヤフオク!ドームでは国歌独唱も披露。


<ソトアソビコーディネーター YURIE(@yuriexx67) プロフィール>
20171117135749-b52721358847e82963953e2867c0455901b640c0.jpg
キャンプ、グランピング、ソトごはん、ファッションの写真が「おしゃれすぎる!」と話題の人気インスタグラマー。
どんな場所でも、ちょっと工夫するだけでできるヒントが多数詰まったソトアソビのスタイルが人気。空間コーディネート業や雑誌、WEB媒体の連載等幅広く活躍。スタイルブック『THE GLAMPIG STYLE 〜YURIEの週末ソトアソビ〜』(KADOKAWA)も好評。
<本人コメント>
fumikaさんの歌声と笑顔、ポジティブな歌詞に元気がでます!
思わずふとした瞬間に口ずさんでいてこれからクリスマスにかけてヘビロテソングになりそう。

桂文枝芸能生活50周年記念!台湾・台北市とシンガポールの2か所でアジア公演を開催!

芸能生活50周年を記念し、桂文枝が台湾・台北市とシンガポールの2か所でアジア公演を開催する事になりました。
20171117113452-aa8c5693f7293361dfc8db30a399c293f033a2e4.png
第一弾として11月16日(木)に台北公演を実施。
意外にも台湾では今回が初公演!!
 
会場のタイペイ・アイには、在留邦人の方を中心に
多くのお客様にご来場いただきました
20171117113613-bbb6f3aa0c68dea24723d3ec0d696fdc34e12747.jpg
桂三度、桂文枝 中入り、桂三語、桂文枝の順番で文枝は
「宿題」「優しい言葉」を口演。
20171117113713-7405cf1d5ee2519c6065be349b32bb2cc84a62a7.jpg
20171117113709-6b2af019d47c1be26b93f55847d4fa83c83fbec4.jpg
文枝は「台湾の方に落語を知っていただく機会が出来て嬉しく思います。
来場者の方々が予想以上に若い客層で
しかも日本語を理解している現地の方もいて反応も良かったです。
今回開催してみて、是非、台湾人の方にも落語を教えてみたいといました。」と
意気込みました。
 
今後、12月1日にオリックス劇場で行われる
「桂文枝 芸能生活50周年 ファイナルステージ~またここからはじまる~」を経て
アジア公演第2弾を12月14日(木)にシンガポール ビクトリアシアターで開催致します。
20171117113525-08cd4c466aaef250bd5c105b08e3b43679814ae4.png
 
【桂文枝】

庄司がリンクでスピンを披露!? よみうりランド ジュエルミネーション グランドオープン~ジュエリー・ライトハウス点灯&ホワイト・ジュエルお披露目~

11月16日(木)、東京・よみうりランドにて「よみうりランド ジュエルミネーション グランドオープン~ジュエリー・ライトハウス点灯&ホワイト・ジュエルお披露目~」が開催され、ジュエルミネーションのプロデューサーである世界的照明デザイナーの石井幹子氏、噴水ショー「フレンチ・ボヤージュ~フランス幻想の旅~」プロデュースの石井リーサ明理氏、さらにゲストとして浅田舞さん、品川庄司・庄司智春が登壇しました。
20171117035955-d97b4b2c795ab4b8f6aba58f6a2b1f3e08e8884b.jpg
今年で8回目を迎えた「よみうりランド ジュエルミネーション」。すでに10月12日からスタートしているジュエルミネーションですが、本日初お目見えとなる"未来を照らす光"をテーマとした27mの光の燈台「ジュエリー・ライトハウス」に点灯することで、全てのイルミネーションスポットが完成し、グランドオープンとなります。

また、ジュエルミネーション開催以来初となるアイススケートリンク「ホワイト・ジュエル」のお披露目も行われた今イベントでは、ジュエルミネーションに囲まれたアイススケートリンク「ホワイト・ジュエル」にて、浅田舞さんの素晴らしいアイススケートパフォーマンスが披露されました。

まずはジュエリー・ライトハウスの点灯式から。MCのタケトに紹介され、株式会社よみうりランドの代表取締役会長・関根達雄氏と、同社代表取締役社長・杉山美邦氏、よみうりランドのキャラクター、グッド&ラッキーが登壇。
20171117040044-9eb6b6305e9d0ce87f421c0a1dce5f198982ab8b.jpg
杉山氏のあいさつのあとは、ジュエルミネーションのプロデューサー・石井幹子氏、噴水ショープロデュース・石井リーサ明理氏が登壇し、それぞれが担当したイルミネーションやショーへの思い入れや見どころについて語ります。
20171117040108-56f25bf45a6c0204cff38a2aedf2ad5356c7caed.jpg
20171117040125-0a30f8298adeb1797875f4171302e0ada277ac52.jpg
20171117040143-52d898dda49f45d908151703c51eb48b3db945c8.jpg
続いてゲストの浅田舞さん、庄司が登壇。庄司は「芸能界に入って、点灯式に参加することが夢のひとつだったので、めちゃめちゃ嬉しいです!」と喜び、さらに先日石井幹子氏の番組を見てすごい人だなと思っていたところにタイミングよく今回の仕事の依頼があったそうで「お会いできるなんて嬉しいです!」とニコニコ。浅田さんは「こんなおめでたい日に参加できるなんて嬉しいですし、楽しみです!」とこちらも笑顔で応えていました。
20171117040209-726ea0c733112ae45be890dcc2058e37b079d957.jpg
20171117040236-480fe74dcdb5a778c760a42d2929cc506107e7fc.jpg
20171117040252-c74fec59fb95bfcb71076cb8eac2fd1f8df54db0.jpg
さっそく点灯台が設置され、カウントダウンがスタート。「点灯!」の合図とともにジュエリー・ライトハウスが点灯すると、客席からは大きな歓声が上がりました。点灯直後にジュエルミネーションを見た庄司は思わず「ミキティー!」と叫び、タケトに「どのタイミング?」とツッコまれますが、お客さんからは拍手が。
20171117040317-cacb5c71e84a55be8f5f668abc2dfa7daf6803fd.jpg
「いやぁ~、自然に出る『ミキティー!』はいいよね。最近はカンペが出るようになったけど、自然に出るミキティーがいちばんいい」と自画自賛の庄司。息子が『仮面ライダービルド』が大好きで、ちょうどショーを見によみうりランドに家族で来ようと思っていたという庄司は、「子どもにも見せてあげたいけど、子どもが生まれてからはデートらしいデートもしていないので、奥さんも連れて行ってあげたいなぁ。子どもを昼間遊ばせて疲れさせて、ベビーカーで寝てもらって、夜は2人の時間をすごせたらいいですね」と、家族みんなの理想の楽しみ方を披露していました。
20171117040400-4bc138c6215cb55e9807039e0e8ddff6d31029af.jpg
また、「今日(家族を)呼べばよかったなぁ」と、このジュエルミネーションを家族と一緒に見たかったと庄司が話すと、浅田さんも「ずっと見ていたいくらい素敵ですね~。嬉しい!」と、ジュエルミネーションにすっかり魅せられた様子の2人。
20171117040422-55cb2987401f254f156e65dd531b3e286d9a7c9d.jpg
すると石田氏が、「このあと、照明がプログラミングされていて動き出しますので、そちらもぜひ見ていただきたい」と、ジュエルミネーションの見どころを紹介。また、石井リーサ明理氏は、噴水ショーについて「たった5分でフランスが1周できるお得なツアーです」と、噴水を使った映像でパリやボルドー、モンサンミッシェルなどフランスの観光地が見られることを説明し、「光と音のコラボレーションも楽しみにしてください」と、こちらも見どころを語ります。
20171117040439-5e289eeffd969aacfef3646d8c83f89138af1b03.jpg
イベント終了後の囲み取材では、今日のイベントについて奥さんが「いいなぁ」とうらやましがっていたことを明かした庄司。また、イルミネーションの思い出について聞かれると、「品川埠頭のあたりに丘があって、そこが夜景の穴場スポットなんです。そこに奥さんを連れていったことがあります」と話しますが、「でも実は昔の彼女も同じ場所に連れていってました(笑)」と告白し、笑いを誘っていました。
20171117040506-dd4a2bf674d028b8848750b45a8bb4b2df72dcef.jpg
今年のクリスマスの予定を聞かれた浅田さんは、「フィギュアはこの時期全日本選手権があるので、今年もたぶんお仕事だと思うんですけど、でも本当はこんな素敵なところに連れて来てもらいたいですね~」と、うっとりと夢を語っていました。
20171117040536-d7785c855419a3756d1d9ac239b7e407b82f9bd7.jpg
20171117040554-f97aaa73a3f07d28c9b0614ee3a58091de9ec921.jpg
続いて、場所を移動して、ホワイト・ジュエルのお披露目が行われるスケートリンクへ。

「スケートはすべれるんですか?」とタケトに聞かれると、「いやぁ~、すべれないですね~。舞台ではちょいちょいスベってるんですけど」と庄司。しかし気合を入れるためか、服を脱ぎ出し、タンクトップ1枚になって「ウォー! ミキティ~!」と叫んで気合を入れていました。
20171117040625-e3154dd857ab73031344bca694610f870a6ef8ee.jpg
20171117040810-243477b38ae60d3f3f5877b0830943e8431145ac.jpg
いよいよショーがスタート。まずはグッド&ラッキーがリンクの上に登場し、かわいくスケートパフォーマンスを披露、大きな拍手が起こります。
20171117040841-1aede39b3dc1e6b9f0c8a96dda2635865cb12456.jpg
20171117040853-5a554a6b73c9812f7baa6c91a538df8cf40d54f5.jpg
20171117040910-18d57cd2ead3b1524512429c5c411ee657ce2dad.jpg
続いてグッド&ラッキーに呼び込まれた浅田さんが『オー!シャンゼリゼ』をBGMに登場。パリジェンヌを思わせるボーダーのセーターに赤いベレー帽で軽やかに踊る姿は本当に妖精のよう。ジャンプが決まった瞬間は、思わず客席から大きな歓声が上がっていました。
20171117040933-467f0c12b1b1f4bc48f37b750f975a15736f55e6.jpg
20171117040954-9057a4ef4f91290c44c587877d41724f7936e154.jpg
20171117041026-20df19b9073364990dc7b93480454129734ea31e.jpg
20171117041042-31bfcd0b9d85d2fcd3a5c01bebe0702c5aa14e19.jpg
ショーが終わり、「こんなにキラキラのイルミネーションの中ですべれて本当に嬉しいです!」と感激の表情を浮かべる浅田さん。庄司は「サイコー! めちゃめちゃカッコいい!」と、そんな浅田さんを絶賛します。
20171117041112-207a4ce5c86262845931e85376bcf6c9ddfb52d4.jpg
「ジャンプの時ってどうしてるんですか?」と聞かれ、「今日の場合は(スケートリンクから見える文字の)"よみうりランド"の"よ"を見るようにして、目線を決めて飛んでるんです」と浅田さんが解説すると、庄司が「なるほど~。僕もさっき『ミキティー!』と叫んだときは"よみうりランド"の"よ"を見て、目線を決めて言いました」とバリバリのウソをつき、タケトに「目線決めなくても言えるでしょ!」とツッコまれていました。

するとここで、グッドくんとラッキーちゃんがなにやら浅田さんに耳打ち。すると浅田さんが「グッドくんとラッキーちゃんが『庄司さんとも一緒にすべりたい』って言ってます」と翻訳します。すると、「え、すべりたい?」と聞き返した庄司が、「マッチョいかがですか~? マッチョいかがですか~? "マッチョ売りの庄司"」とまさかのダジャレ一発ギャグを披露。するとすかさずタケトに「その『スベる』じゃないですよ!」とツッコまれます。
20171117041254-0b62e489591fb13f334fa3c5fc75759462cd2248.jpg
半ば無理矢理スケートを体験させられることになった庄司は、スケート靴をはいてヨロヨロとリンクに登場。「あんな素晴らしいショーを見せられたあとの、オレのこの姿......」とガックリした様子の庄司に追い討ちをかけるように、「順番逆ですよね~」とタケトが容赦なくツッコみます。

最初は庄司の両脇を抱えるようにして、転ばないようアシストしてあげていたグッド&ラッキーですが、途中から見放したのか、好き勝手にすべり始めます。リンクの中央で頼れるものがなくなった庄司は、浅田さんの隣で、スピンのつもりなのか、ゆっくりとぎこちなくですがグルグルと回転を始めます。なんとかエンディングの決めポーズまでたどりつくと、「おい! 全然サポートしてくれないじゃないか! こんなにがんばってるのにお客さんはほとんど舞ちゃんを見てるし......2つの意味でスベったじゃね~か」とグッド&ラッキーをののしる庄司。しかし浅田さんは「初めてなのにスピンを試みるなんてなかなかいない。ガッツありますよ!」と庄司をほめて(?)いました。
20171117041336-ca2e291d35fc4d497e53e31594e83edeb19e7424.jpg
20171117041405-39f1c3281a581f944e9929e914f652a7c85c6b94.jpg
20171117041423-adcfc4780b50dc99d2533c9812bf028c1f545ff2.jpg
その他、カーリングなども楽しみながら体験した2人。「ぜひみなさんも、何度も来て楽しんでください!」(庄司)、「なかなか屋外のリンクで2人ですべるという経験はないので、今度はぜひ妹と来て一緒にすべりたい!」(浅田さん)と、すっかりジュエルミネーションに魅せられた様子でした。
20171117041152-deb3ece1ebfd531d689f3f94de64ffc7b652ad4d.jpg
20171117041219-41c3715cbe829fd2dbc3e770e573248d6469d09b.jpg
よみうりランドジュエルミネーションは、2018年2月18日(日)まで開催。また、アクアジュエリーカラーのイルミネーションに囲まれたアイススケートリンク「ホワイト・ジュエル」は、11月17日(金)~2018年3月4日(日)まで開催され、アイススケートを楽しめるのはもちろん、カーリング体験も楽しめる場となっています。
20171117041449-dc6a80fff93cf5bdbb676151e5b8cf9ad80e12cd.jpg


【品川庄司】【庄司智春】【タケト】

ランウェイで匍匐前進!? 映画『火花』板尾創路&二丁拳銃・修士が『GIRLS TUNE FES 2017』に登場

11月16日(木)東京ドームシティホールで開催された LOWRYS FARMによる音楽×ファッションイベント『GIRLS TUNE FES 2017』に、映画『火花』の監督・板尾創路と、主人公の相方役で出演の川谷修士(二丁拳銃)が登場。人気モデルとともにランウェイを歩き、映画をPRしました。
20171117003828-035360b8dbb3f3f41a251dc82036eb36341ac3b9.jpg
売れない若手芸人と天才肌の先輩芸人との魂の交流の軌跡を描き、芥川賞を受賞した又吉直樹のベストセラー小説『火花』を、芸人であり映画監督でもある板尾創路により映画化。売れない芸人「徳永」を菅田将暉、徳永が師として仰ぐ先輩「神谷」を桐谷健太、ヒロイン「真樹」を木村文乃と豪華キャストが集結。そして徳永と漫才コンビ"スパークス"を組む「山下」を川谷修士(二丁拳銃)、神谷と漫才コンビ"あほんだら"を組む「大林」を元芸人の三浦誠己が演じ、本格的な漫才シーンにも注目が集まります。
10代~20代前半の若い女性を中心に2500人が集まった会場に映画『火花』のプロモーションムービーが流れると、「まさか菅田将暉が?桐谷健太が?登場するの?」とザワザワ。期待が高まる中、現れたのは板尾創路と川谷修士。主演の人気俳優ではなかったことへの若干の落胆はありながらも、会場の大歓声に迎えられ、2人はモデルとしてステージに登場。板尾監督は、気恥ずかしさから匍匐前進でランウェイを歩き、会場を沸かせました。
20171117003732-6024047c8ad59da51d68abed0a7c1ff82720e268.jpg

20171117003725-a3fab0ccffd7b731a4264c98d1bbf793a1c93b1c.jpg
モデルという大役を果たした2人は、司会の千鳥、高橋愛さんとともに映画『火花』についてトークを。まずは板尾監督が「漫才師の夢と挫折を描いた映画。漫才師の世界の話だけど、夢を持った若い子みんなに通じるものがあると思う」と会場の若者たちに映画をアピール。一方、菅田扮する主人公と漫才コンビ"スパークス"として劇中で7本もの漫才を披露する修士は、実年齢差20歳ながら"同級生コンビ"を演じるため「顔に電流流したり、サプリ飲んだり、若返りのためできるだけの全てやりました」と努力を。そのかいあって、現在43歳であることを明かすと、会場からは驚きの声が上がりました。また、若手時代の苦労を思い出すため先輩の水玉れっぷう隊・ケンの家に1週間泊めてもらったり、菅田と2人で学園祭で漫才を披露しガチすべりしたりしながら、懸命に役に取り組んだことを告白。こうして生まれた2人の息のあった漫才を、板尾監督は「最後の漫才シーンは神がかってた。これまでの芸能生活30年、あんな漫才みたことない」と絶賛しました。
20171117003803-7b61a08615faff462f079a3ee814ab9312197d70.jpg
漫才シーンに加え、菅田×桐谷が歌う主題歌、ビートたけしの名曲「浅草キッド」も必聴。映画『火花』は11月23日(木・祝)公開。

【板尾創路】【川谷修士】【二丁拳銃】【千鳥】

2017年11月16日 (木)

神保町花月公式キャラクター「じぼちょー」LINEスタンプがリリース!

神保町花月公式キャラクター「じぼちょー」のLINEスタンプが、11月14日(火)に発売されることになりました。
20171114104755-2eeca132aa25b495f843f8ba9c8f2235b552049a.jpg
じぼちょーは、神保町花月10周年を記念して誕生した、ちょっと生意気なヒヨコのキャラクター。

すでに「芸人ステッカー」「神保町花月観劇手帳」などの商品も発売されていますが、もっと気軽な存在であってほしいという思いを込めて、このほどスタンプ化いたしました。

ミキ、かまいたち、さや香、マヂラブ、とろサ、ゆにばーすが初めての決勝へ!!『M-1グランプリ2017』決勝進出者会見

11月15日(水)、東京・NEW PIER HALLにて、『M-1グランプリ2017』の決勝進出者会見が開催され、かまいたち、カミナリ、さや香、ジャルジャル、とろサーモン、マヂカルラブリー、ミキ、ゆにばーす、和牛が決勝進出を果たしました!
20171116112152-32cabf5e754fce8b9ef3550f92281a18d18c068a.jpg
2015年、5年ぶりに復活した漫才頂上決戦『M-1グランプリ』。2001年から2010年までの10年間では、当時10年目以下の若手漫才師だった中川家、フットボールアワー、チュートリアル、NON STYLE、笑い飯など多くの実力ある芸人を世に輩出してきました。
復活以降も賞金1000万円、プロ・アマ問わず参戦できるのは変わりませんが、開催されなかった5年間を考慮して芸歴15年目以下の芸人が参戦可能に。今年は4094組がエントリーする中、1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝から勝ち残った29組とGYAO! ワイルドカードで選ばれた1組を含む計30組が、今年1枠増えて9組が進出できる決勝へ向けて、準決勝で火花を散らしました。

準決勝のMCを務めるのは、M-1予選ではお馴染みのはりけ~んず。前田が「13回目のM-1。僕らも13回目のMCです!」と高らかに宣言すると、客席からは大きな拍手が。「1回戦から、あれよあれよという間にここまで来ました。ギュッとしたメンバーが揃いましたよ」と、準決勝まで進んだ30組を紹介します。
本日、決勝に進む運命の9組が決まるため、会場にはピリッと緊張感が漂います。前田が「今から出て来る芸人は人生を懸けて漫才しますが、みなさんも人生を懸けて審査しようとしてる。けど、みなさんは体を張って笑ってください。お祭りムードでいきましょう!」と呼びかけて空気を和らげると、再び拍手が起こりました。
20171116110653-0ebacbf6e9da8c1bec426a2fa37073655aab286a.jpg
GYAO! ワイルドカードで選ばれたアキナをトップに、準決勝進出者が次々と漫才を披露。幕間に登場した前田は「ここまで来たら、やっぱりレベルが高い」と感心しつつ、「東京の人達は初めて観る大阪組で、より楽しんでもらえるんじゃないかな」と話します。
30組の漫才が全て終わると、再び舞台へ登場したはりけ~んず。「これから審査しますが、みなさんも予想しながら待っておいていただければ」と呼びかけ。新井が「決勝の前には、もちろん今年も敗者復活戦があります! 会場のMCは、僕らがやらせていただきます!」と発表すると、待ってましたの拍手が。「今年もちょっとでも楽しんでもらえる力になればと思います」と意気込んだ前田が、「漫才はもちろんですが、今日寝る前に15秒だけ僕らのことを思い出してください!」と声をかけると、毎年MCを務める2人に労いの拍手が起こりました。

準決勝終了後、23時30分からは決勝進出者発表会見が行なわれました。
MCを務めるのは、『M-1グランプリ2008』チャンピオンのNON STYLE。石田は撮影する報道陣に「僕らなんてホワイトバランスを合わせるくらいで大丈夫ですよ! カメラさん、ホワイトバランス大丈夫ですか?」と話しかけ、決勝進出者をたてます。
井上が「楽屋で喋ってたんですよ」と切り出すと、石田は頷きながら「この時代に、M-1に出てたら決勝なんて全く行かれへんかったやろうなと。レベルが違いますね」と発言。「漫才の種類が増えましたね」(井上)「異種格闘技戦のようになっています」(石田)と、ここまで勝ち上がって来た漫才師たちを讃えると、いよいよ決勝へ進出した9組が発表されました(順不同/敬称略)。
20171116110757-9c426cc33cbf87eb6cc8dbd0952d607782a27d1d.jpg
20171116110825-55a83548144f78954a2de0baad89de9cffa47763.jpg
●ジャルジャル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
「昨年、無理やった分、決勝に出られてめっちゃ嬉しいです! ばり嬉しい!」と高い声で喜びを露にした福徳。一方、後藤はそのコメントに「軽い! 軽い!」とツッコみながら、「嬉しいですね」と、福徳とは対照的な低い声でふざけながらも喜びます。
20171116110813-e0197c1cecf9b44542356a67c429da01cf8d21c6.jpg
20171116110842-a5ba9bee4f4de123060efd31871ee38f3d2da8b3.jpg
●かまいたち(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
『キングオブコント2017』の10代目キングに輝いたかまいたち。井上から「2冠の可能性もありますね」と話しかけられた濱家は「その辺のことは、あまり考えずに。M-1はM-1として楽しみたいと思います」と冷静に答えますが、山内は「誰が見ても、僕らの大チャンスです」と虎視眈々とした表情を浮かべながら断言しました。
20171116110856-2674a625cf0be84189687f0b619d0125c1ce7eb6.jpg
20171116110909-89287caab24adad49f963e770037c378f5aa4235.jpg
●カミナリ(グレープカンパニー)
2年連続で決勝へ進出。カミナリ・石田は「唯一のグレープカンパニー。グレープカンパニーを背負ってるのはサンドウィッチマンじゃないぞ! カミナリだ!って言いたい」と訴えつつ、先輩であるサンドウィッチマンから「頑張れっていうメールをいただきました」と報告しました。
20171116110923-e482a1c96aff4c14d036b2c50f93058703f7a788.jpg
20171116110934-25123c8680ae5464672ff2ad3e3b0fe575d67d49.jpg
●マヂカルラブリー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
2007年から挑戦し続け、初めて決勝進出を果たしたマヂカルラブリー。エントリーナンバーが「777」だったことで、「決勝確定だった」(野田)「スーパービッグボーナス中ですよ」(村上)と幸運を感じていたと話します。そんな二人に、井上は「思う存分、決勝で暴れてください」と声をかけました。
20171116110948-4499a6914917669803eb84d2dffcc83bd8d456dc.jpg
20171116111003-9f9fc11288e2fd2ee2eee6df7ff18a9969042afa.jpg
●ミキ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
「中川家さん以来の兄弟コンビ。これはだいぶすごいことです」と自ら言い切る兄・昴生。弟・亜生が「初出場なので、このまま勝ち進んで準優勝したい」とボケると、昴生がすかさずフォローして2人でワチャワチャ。取材している報道陣の反応の薄さにもめげず、「やったー! よっしゃー!」と手応えを感じたように振る舞う昴生でした。
20171116111014-41945942fd23cd7fba7aeb27f7cc76011f0c1691.jpg
20171116111058-34917fba19a62edc9b405705f3fdbe29417a6548.jpg
●さや香(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
初めての決勝進出。「僕らのことは誰も知らないと思います」(石井)「完全なるダークホース」(新山)と言い切る2人に、「何? 今日はみんな自分から言っていく感じなの?」と井上。また、ジャルジャル・後藤に似ていると言われる石井は、「打倒後藤さんです!」とジャルジャルをライバル視。隣りに並んだ後藤は「弟より似てます。(間違われないためにも、決勝では)どっちが先に出るかが大事」と神妙な面持ちで語ると、報道陣から笑いが起こりました。
20171116111112-7c1e5246aaa7daf8b4b009e49b1f2874754c1b4b.jpg
20171116111131-d72f5acfc084e5d67557a8b6cc272cb1b41440f1.jpg
●とろサーモン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
ラストイヤーにして、初めて決勝へ進んだとろサーモン。久保田に「この時を待ってました! 同期よ、喜んでくれ」と微笑みかけられた井上は「お前らだけ、絡みがどっしりしてるねん。あと、何がイヤって、コンビ名呼ばれたときに"おっしゃ!"っていう顔をしてたこと」と話すと、石田も「で、村田さんを見つめてた」とニヤリ。村田も「オレが止めへんかったら、抱きついてたやろ?」とツッコミつつ、なんとも言えない表情を浮かべました。
20171116111144-ee9487c3c8564433b8a74fff0a73ab3149c41e38.jpg
20171116111158-d81a89055735afe24e0a57bbf6357d9d730404ea.jpg
●和牛(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
3年連続で決勝進出。ほかのコンビからライバル心を持たれやすいのではと指摘されると、「ここにいる8組、束になってかかってこいって感じです!」と男らしく言い切った水田。が、「ネタの制限時間4分で、束になるから8組やったら1組30秒ずつ。僕らは4分やらせてもらいます」と、いつものねちっこい持論を展開。その隣りで涼しげに佇んでいた川西は、「今年こそ絶対、優勝します」とにこやかに宣言しました。
20171116111211-fef92dffdbac466538b744483071dc004c96b8c9.jpg
20171116111226-723b92706a31b4131ffc5534b9ae76c8cb21d3a6.jpg
●ゆにばーす(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
初の決勝ながらも浮ついた様子は見せず、平然としている川瀬。NON STYLEの2人からその様子についてツッコまれると、「僕は優勝したくて、ここに来ているので」と真剣な表情で説明します。一方、意見を求められたはらは「ネタ以外の発言は控えています!」と飄々と話しました。
20171116111239-edc879f66af51d325ab35192c881317669ccc19b.jpg
20171116111251-b432c4ae7bb839687c03f60bf252a4ca308db4a6.jpg
決勝は、12月3日(日)18時57分よりテレビ朝日系列で放送。MCは昨年同様、今田耕司と上戸彩が務めます。
決勝前には、14時30分より『敗者復活戦』も生放送(一部地域を除く)。ここから視聴者投票によって1組が決勝へ進出するルールに変わりないのですが、決勝では新たなルールが適用されることに。「聞いてない!」との驚きの声があがる中で発表されたのは、敗者復活戦から上がって来た漫才師がトリではなくなるということ。これには喜びの歓声があがりますが、「生放送の最初に敗者復活戦1枠を発表して、10組揃った時点でくじを引いて、その都度出たコンビがネタを披露します」と「笑神籤(えみくじ)」という新ルールが発表されると、どよめきが起こります。
「アナログ的なおみくじですか?」(後藤)「それ、10組全部の順番を一気に引くんじゃなくて、1組ずつですか?」(山内)との質問も。水田は「もてあそび過ぎですよぉ~」と天を仰ぎました。
20171116111315-47072d5130a72ec0711a55b6963b73665a163ebe.jpg
20171116111315-86fcf3c5505cd56e0498c4cfb92b3237d16ded1c.jpg
20171116111348-df4db176f22e5f36fd7e2bfde5c2a2dcba807273.jpg
その後、報道陣から質問が。
優勝賞金の使い道について、山内は『キングオブコント2017』の賞金の使い道同様、「仮想通貨にぶち込みたい」と真顔で言い切ります。
さや香は「歯が3本ないので、いい歯を入れたい」(石井)「スーツの脇が破れているのを自分で縫っているし、下も2000円なのでスーツを買いたい」(新山)と若手らしい切実な使い道を。はらは、「世界で一番高いシャンプーが欲しいです!」と無邪気に話します。
「宮崎の山奥で林業を営んでいる父親がスズメバチに刺されて入院してるんで、医療費に使いたい」と話したのは、とろサーモン・村田。マヂカルラブリー・野田は「賞金を賞金にして、似たような大会を開こうと思います」と思わぬ野望を明かします。
20171116111418-4f70d95138f37f7338aa17d038d07ebf85e31bb6.jpg
20171116111418-5a2601bbf4e66f97f5ba01900a61717f3686940b.jpg
20171116111930-733d27b11fc719165967c2eb32ff53534b4b39dc.jpg
20171116111755-a2cf6bb2135effd3db158132348e4fcaf9321489.jpg
「他のコンビに負けないと思うものは?」と訊かれたジャルジャルは、「この中で、いちばんジャルってると思います」(福徳)「普段からジャルらせてもらってるんですけど、ジャルり具合はいちばんです」(後藤)と話し、不思議な空気を生み出します。
ミキが「おじさんがすごい。上岡龍太郎の血を受け継いでいる」(昴生)「血の強さは負けません!」(亜生)と断言すると、負けじと「僕のお父さんの親友のお姉ちゃんの旦那さんが、ワクワクさん(久保田雅人)です」と話すさや香・新山。カミナリ・竹内は「痛覚の鈍さ」と話すも、「やっぱり仲がいいところです」と相方・石田と笑い合いました。
「漫才に懸ける情熱」と言い切った和牛・水田は「衣装もそうです。宮川大助・花子師匠に作ってもらった」と発言。「そこから結果も上向きになったので、賞金で何かしら還元できれば」と微笑む川西は、水田の「毛糸を買ってあげたいです」との言葉を受けて、「で、僕らが毛糸の衣装を着ることになるかもしれません」と展望しました。
20171116111811-5479b96092a740f7d0e27cd4cd2905af4157172a.jpg
20171116111835-82586f4fe63eb6bbe289bcff01821d328a4c8ec7.jpg
20171116111850-06b33d9e753f5e9b776984bf780c9579016002a9.jpg
また、「負けたくないコンビは?」という質問に、ミキ・昴生は「さや香」と返答。「ミキとさや香は女の子みたいな名前なので......」と理由を話しているうちに声がどんどん小さくなると、なんとも言えない空気に。とっさに「え? 今、オレの番?」ととぼけると、ドッと笑いが起こります。一方、亜生は「昨年、敗者復活戦で和牛さんが1位で、僕らは2位やった。昨年はやられたので、今年こそ勝ちたい」と意気込みました。
「基本はない」と話したとろサーモン・久保田は「言い忘れたことがあった」と前置きしつつ、優勝賞金で宮崎に銅像を建てたいこと、海原やすよ・ともこにもらった勝負パンツのおかげで決勝まで行けたことを伝えます。
ジャルジャル・福徳は「『キングオブコント2017』で優勝したかまいたちに、2冠は獲らせない!」と断言。も、かまいたちは「負けたくないコンビは、にゃんこスターです」(山内)「絶対負けません」(濱家)と、大波乱を巻き起こした男女コンビの名前をあげました。
20171116111447-1af5c29ac19b8ce0b3d32e80c864f63bdef32598.jpg
20171116111512-7596ef93bb880f779fd093cc320fa8db58884902.jpg
『M-1グランプリ2017』の決勝は、12月3日(日)18時57分よりテレビ朝日系列にて生放送。『M-1グランプリ2017 敗者復活戦』は同日14時30分より同局にて生放送されます。
13代目チャンピオンになるのは、果たして誰なのか? コンビ結成歴15年目以下の芸人たちが今年いちばん自信のある極上の漫才を披露する頂上決戦を、今年もどうかお見逃しなく!


【かまいたち】【さや香】【ジャルジャル】【とろサーモン】【マヂカルラブリー】【ミキ】【ゆにばーす】【和牛】【NON STYLE】【はりけ~んず】

| »